バイナリーオプション

「包み足」の使い方

はじめに

本日は久しぶりとなるローソク足についてお話をしていこうと思います!

 

テーマは2本のローソク足「包み足」の使い方ということでお届けしていこうと思います!

 

これまでは単体のローソク足の解説動画だったのですが、

今回は2つ以上のローソク足を捉えて、その働きを見ていき、

どういった時にそのローソク足が出れば反転(転換点)となるのかということも含め、お話をしていこうと思いますので、是非最後までご覧ください。

包み足とは

包み足とは、一本のローソク足だけではなくて

ローソク足を2つ一組と捉えて包み足と呼びます。

 

ローソク足というのが、

左側が陽線と陰線ですね。この2つを一組として包み足。(下記の図参照)

 

右側も同様に陰線と陽線を2つ一組として包み足となります。

 

包み足という定義なんですけど、

一本目のローソク足を次のローソク足が包み込んだ状態のことを言います。

 

で、この包み足というのは

呼び名がいくつかありまして、

包み線とか抱き線とか欧米の方だとアウトサイドバーと呼んでいたりするんですけど、基本的な考え方は一緒です。

 

厳密に言えば

包み足とアウトサイドバーは少し違いますが、

今回の動画内容での支障はないと思いますので割愛させていただきます。

 

包み足の定義

では具体的に

どういった形状になっていれば正確に包み足というのか?

という部分をお伝えしていきます。

 

この陽線・陰線を例にとって説明をしていこうと思います。

まず

陽線の上ヒゲと下ヒゲがあります。

この高値と安値の次の足、

上の図でいう、陰線のローソク足の高値と安値が包み込んだ状態。

高値を超えた。安値を超えたというようなローソク足になった状態ですね。

 

且つ、陰線になっているということは始値から終値が下に引いた形にはなんですけど、最終的な終値が前回の安値を超えたというような状態をもって包み足が完成します。

 

なのでしっかりとこれが包み足の定義と認識されてください。

 

そして、

先ほど冒頭で見ていただいた陰線・陽線というのも基本的な考え方は一緒です。

包み足の役割

定義をお伝えしたので、

ここから重要になるのですが、

この包み足が発生した時にはどういった役割になるのか?

ということですね。

 

この部分に関しては一般的に

包み足が出てきたときは

「転換のサイン」になる。と言われています。

 

しかしながら、

これはこの包み足が出てくる場所によって

その転換がより強いサインとして認識出来るポイントもあるので、

一概に包み足が出たからといって、

「転換点だから次のローソク足で順張りしよう!」

という安易に取引するのは危険です。

 

これは私が毎回口うるさくいっている表面的な理解にしかなりません。

 

なのでここから具体的にどういう状況で

転換のサインになるのか?というのをお話していきます。

 

 

例えば、今例に上げている陽線・陰線の包み足になった場合なんですけども、

これがこのように、

 

上昇傾向にある中で、

レジスタンスラインなどがある高値圏で

包み足が発生していた場合、このように下落の転換のサインになりえます。

 

逆も然りで

下降トレンドの中にある底値圏で

陰線を包んだ様な陽線が出た場合はこれは転換のサインとみて上昇に変わって行くということになります。

 

その中で明確なサポートラインが引けていたりだとか、

キリ番と言われる価格のキリの良いところとか

要はそのチャート内で明らかに分かるような底。

そういった意識されている所だとこの包み足が出た時に

反発ポイントになりやすいです。

 

ここまでの内容はけっこう有名ですので、

包み足や転換のサインを知っている方多いかと思います。

 

じゃあなぜこの包み足が出た際に

そういったことになるのか?といった本質的な所や、

このローソク足がどういった価格推移を経て、この形状になったのか?

 

というようなイメージを持つことが重要です。

この内容は別の動画でもお伝えはしているんですけど。

そういったイメージをしっかり持たれていますと・・・

 

この包み足ですと、

このように

あくまでもイメージですが、

包み足の価格が動いた推移をしっかりと持ちましょうということです。

 

実際にリアルタイム見ていれば、その買い足を見れば分かると思いますが、

そういったイメージをもつようにはしていきましょう。

 

ではそのイメージを分かりやすく可視化していきます。

青の四角で囲んだところが包み足です。(下記の図参照)

 

そしてイメージにはなりますが、

包み足の価格の推移を表したチャートの動きが黄色で囲っている範囲となります。(下記の図参照)

 

 

このような形で価格が動いたと推測できるわけです。

 

ポイントとしては、

オレンジで引いているところですが、

前回の陽線の安値と高値を次の陰線が一旦は高値をつけて貫いてブレイクしたにも関わらず、

どんどん価格が下がってきての

ここが重要なんですが、

更に前回の安値をブレイクして

下ヒゲがついているので若干持ち返して

最終的に終値を付けたというような価格の動きになっています。



で、これを見てピンときた方おられると思うんですけども、

私の過去の動画で、ダウ理論についてお話していますが、

この価格でみると

下から2個目の黄色の横線が

ちょうど

「押し安値」にあたる部分になっていますので、

陰線で結果としてブレイクをしていると捉えることもできます。

 

もちろん、イメージなので必ずこのようになっているわけではありませんが、

重要なことは今お伝えしました、押し安値になる部分の安値を陰線の安値が

更新して終値をつけている。

 

というところが重要になります。

 

ですからこういった形を読み取って、

この包み足が転換点となるんだと認識をしっかり捉えて欲しいです。

次回

次の動画では

今お伝えしました以外にもう一つ包み足が効きやすいポイントがあるので、

そちらを解説していきます。

 

ですので、今回の動画もしっかりと復習されておいてください^^

 

ダウ理論が分からないとかあなたの悩みなど気軽に相談してくださいね^^

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder