チャート分析

ダウ理論の転換期

こんばんわ!

 

前回お伝えした

「ダウ理論」

が好評でしたので、

ダウ理論の転換期についてお話ししていきます。

 

ダウ理論とは

トレンドに従ってエントリーしていきましょう。

という考え方ですので、

そのトレンド発生はいつなのか?継続しているのか?

といった投資で欠かすことのできない内容をお伝えしたのですが、

 

そして

ダウ理論を知れば、

エントリーしなくてもいい場所がわかる

とお伝えしました。

 

それを知るためには

ダウ理論の考え方の一つにある

「押し安値」「戻り高値」

を知る必要があります。

 

これを知ることが出来れば

エントリーしなくてもいい場所が明確になってきます^^

 

押し安値とは、

上昇トレンド相場で

高値を切り上げる起点となった安値

の事をいいます。

 

戻り高値とは

下降トレンド相場で

安値を切り下げる起点となった高値

の事をいいます。

 

こちらの2つの事がわかると

市場全体の

“力関係”

分かるようになります。

 

 

そして、相場を動かしている

投資家やトレーダーの方は皆、これを意識してトレードをしていますので

こちらが知らずにするとすごい痛い目にあいます。

 

具体的に言うならば、

上昇トレンドが終わっているのに、ハイでエントリーしてしまう。

下降トレンドが終わっているのに、ローでエントリーしてしまう。

ということになります。

 

上記のようなことにならないために、

「押し安値」「戻り高値」を知って

トレンドの転換期をしっかり把握していきましょう!

 

文章でわかりづらい方はこちらの動画を見られてください。

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder