FX

ダマシの鉄板エントリーポイント!?

前回お伝えしていた、

上の抵抗線が

「分かりやすければ分かりやすいほど」

Bの人達の損切のラインがより加速する理由についてお話していきます。

Bの青矢印のところです。

例えば、今はレンジで表していますけど、

損切をおけるポイントは人それぞれです。

 

上の図の青点線が損切ラインです。

 

このように左側のチャートをみてたくさん線が引けるような

価格だったりすると、

損切を置くラインも青の点線のように分散されてしまうんですよね。

 

そうなるとBの売り注文というのも

必然的に分散されてしまって

価格が急激に加速して戻ってくるというよりは、

損切の注文、売りの注文が分散されているので

一番最初の青矢印のところで価格が押し戻されて上に上がる

もしくは

良くあるのはもみ合いになるということです。

そういった動きを見せることもあります。



そしてそのまま下がってきたら

上の部分をみて「ダマシだったな。」と思う人もいますし、

「いやいや、これはダマシでもなんでもなくてボックス内で起きている想定内の動き」

と捉える人もいます。

 

そういったような相場にひかれているラインとか価格の推移によっては起きたりするので一番ポイントになるのは

誰が見ても分かりやすいラインというのは

 

下の図のように重なりやすくなるので

そこは理解したほうがいいと思います。

理解しておけば、

重なっているラインを越したら、

一気に加速するというビジョンが見えるので

リスクヘッジも出来ますし、抜けたところでローのエントリーをしたりと

いろいろな事に応用出来ます。

 

と、今お伝えした内容が

ダマシが起きるというメカニズムの全貌になります。


前回からお伝えしているダマシですが、

結論を言いますと、

ダマシに見えて、そうでない時というのはけっこうあります。

 

それは今回や前回お伝えしているメカニズムを理解していないと絶対に見抜けませんし、あなたの成長につながりません。

 

必ず、このメカニズムは理解されるようにしてくださいね。

動画も撮影しましたので

文章で分かりづらい方はこちらからどうぞ^^

 

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder