FX

チャートの味方!トレンドラインの正しい引き方

本日は、

トレンドラインの役割である、

トレンド転換の時期を示唆についてのお話と、

 

正しいトレンドラインを引くということを

お伝えしていこうと思います。



トレンド転換の時期を示唆

トレンド転換の時期を示唆はどういったことかと言いますと、

例えば上昇トレンドであれば、

このようなトレンドラインを引いているのですが、(下記の図参照)

そのラインが例えば、(上記の図参照)

このように抜けてしまうと、

ダウ理論の中で言えば、

まだ上昇トレンドの中にはあるんですが、

トレンドラインという分析の指標で見ると、

ラインを抜けている訳ですから、

いよいよトレンド自体が終焉を迎えるかもしれないというところで

考える一つの目安にします。



これはFXのトレーダーがこのような言い方、使い方をするのですが、

例えば、買いのポジションを赤〇のポイント(左下赤丸)で入れたと。(下記の図参照)

 

安く買って高く売りぬけることでトレーダー達は利益を得られている訳です。

つまりこの買ったポジションをどこかで利確つまり利益を確定させなければならないです。

 

で、その利益の確定をする一つの目安として

トレンドラインを引いて、

トレンドラインを割ったところで利確をしようと。考えるわけです。



で、一応ダウ理論での考え方に基づいて解説すると、

 

実はこの上昇トレンドの図だけで見ると、

ダウ理論の定義でいうと、まだこの部分(黒矢印の上側)

と言うのは

下の転換点がここ(水平線の赤〇部分)になるので、

まだ上目線ではあるけどもトレンドラインを抜けたということを思って、

いよいよ下目線になるのではないか?ということです。

 

 

ただ、これはトレンド転換ではないです。

勘違いする方が非常に多いのでお伝えしておきます。

タイトルにもあってややこしいのですが、

トレンドラインを抜けたから売りのポジションをもってくるというのは

あまりにも早計です。

 

もちろん、いろいろな要素とか、場面によって違いますが、

ただ、これを表面的にみて。ということです。

 

基本的な考え方としては、

ダウ理論で赤丸のところ(黒矢印上)を抜けて始めて、

下目線になるので、まだトレンドラインを抜けたばかりで売りのポジションを入れていくという行為は早計になります。

 

こういった使い方でトレンドラインを見ていたりします。

 

バイナリーオプションをするかたであればこのトレンドラインを抜けて

順張りで追いかけていくというのは一つの考え方ではあるんですが、

これも同様にいろいろな根拠が積み重ってできるのであれば順張りでついていくというのもいいんでしょうけど、繰り返しにはなりますが、

この時点ではトレンド転換という部分ではないので、そこは注意していください。

 

色々ごちゃごちゃしたので

話をまとめますけども、

トレンドラインの役割

前回の動画や記事でお伝えした、トレンド継続の確認。

押し目、戻り目というところを判断してそこから自分の判断でエントリーをしていくと。

 

2点目はトレンド転換の時期を示唆すると。

利確ですね。利益確定をする一つの目安としてトレンドラインを引くというところになります。

 

前回からここまでの内容は知っている方が多いので

これからの内容が私が伝えたい内容となります。

 

正しいトレンドラインを引く

トレンドラインというのをしっかりと理解していないと、

正しいラインが引けないんです。



まずはトレンドラインを引く、定義として

この上昇トレンドは安値が二点以上あれば結べてしまう訳ですが、

トレンドが形成されている状態じゃないと引くことが出来ないということですね。

 

つまりどういうことかというと、上昇トレンドであれば

安値が切り上がって更に高値を切り上げたのを確認して

トレンドラインが引けるということになります。

(下記の図参照)

 

落とし穴

ただし、この辺を理解していない方は、

前回の高値を大きく下回っていても引いたりしてしまうんですね。

つまり、

安値だけ見て、

「なんとなく上がっているな。」

ということでラインを引いてしまいます。

 

このような形で上昇トレンドでもないところで、

ラインを引いてしまうということです。

 

ただ、先程もお伝えしました通り、これはトレンドラインには該当しません。

言ってしまえば、レンジ相場のような価格の推移になっています。

 

今、この動画をご覧の方は

こうやって順を追って説明をしていますので、

「いやいや、そんなことしないよ。」

と思っているかもしれませんが、

案外している方多いので注意してください。

 

正しいトレンドライン

念の為にもう一度正しい

トレンドラインのおさらいをします。

 

このように前回の高値を切り上げた状態の起点となった

安値で結んでいく。というのがセオリーです。

 

一般的な参考書にはこういって書いているのですが、

実は私はそこまで固執する必要はないと思います。

 

ここまで散々説明して

「なんでやねん。」

と思うかもしれませんが、

 

実はトレンドラインというのは今お伝えしたような一つの

セオリーというのがあります。

トレンドライン(半値戻し)

もっと言ってしまえば

トレンドラインていうのは

今この高値を超えないにしても、半値戻しですね。

例えば、前回の

この一波目の半値以上戻した抜けた時点で

ラインを引くって方もいます。(下記の図参照)

トレンドライン(高値同値)

又は、

この高値と近ければ引くトレーダーも私の仲間にもいます。

(下記の図参照)

 

つまり、私の結論から言えば、

あまり神経質にならないようにということですね。

 

トレンドラインの定義に従って、

その通りにしないと嫌だ。

という風な感じにしてしまうと、

チャートなどを見ていたりするとけっこうストレスだったりしますので

あまり神経質にならないようにされてください。

 

なので先ほどお伝えしました通り、



高値と近ければ引いたり、

半値戻しの状態でも

トレンドラインを引いて目安にするという風にしてください。

 

あまりに違ったら消すことももちろんできますので、

よく分からないヘンテコなところで引かなけらばいいと思っています。

 

このラインの引き方に関しましては、けっこう

私のLINE@の方でよく質問があるので、質問された方は

これを見てより理解を深めてくださいね^^

 

あと、相談することは無料なので気軽に相談ください^^

➤➤➤こちらから西条のLINE@に登録出来ます。

 

 

【チャート分析】ローソク足のヒゲ問題

トレンドラインの話をすると必ず、起きる論争が

ローソク足のヒゲ問題です。

 

ヒゲから、

ヒゲを起点にトレンドラインを引くのか、(下記の図参照)

あるいはローソク足の実体を視点として、(上記の図参照)

引くのかという問題ですね。

バーチャートで見るのは?

これは一般論ですが、

欧米のトレーダーなんかはこういったローソク足で

見ずに「バーチャート」という

違う目安で見たりします。

 

で、そのバーチャート見た場合、

このローソク足の安値、高値を引いてみたりするので、

ローソク足のヒゲひきましょう。

と解説している人がいるんですけど、

私はそんなに神経質にならなくていいと思っています。

 

というのも、

ローソク足も大きくひかれることもありますので、

そこにこのように合わせてしまうと、

このように全然違うところにいったりします。(下記の図参照)

で、重要なことは

「重要なことは全て左側にある。」

 

とことわざがあるくらいですから、これまでの通貨ペア、チャートの価格が

どういったラインで反発してきたのか?

というのを見て、

例えば、前回のトレンドラインを引いた時にローソク足のヒゲから

がっつり意識されているようなラインが引けるとかであれば、

ローソク足のヒゲの部分というところもかみして臨機応変に見ていくとか

実体で引いていっても効いてるんじゃないかな。とかで

やっていけばいいと思います。

 

ノウハウをこうやって配信している私が言うのもあれなんですが、

こういったノウハウ系を見たりとかを見すぎても

ノウハウに振り回されるといいますか、すこし混乱しますので、

あなたの大切なお金を運用するので神経質になるのは分かるんですけど、

あまりならずに経験値を積んだ方がいいと思います。

結局その経験が自分の血肉になるので。

 

ここで誤解はされたくないのですが、

あくまで自分でしっかり根拠をもってということです。

 

なにも考えずにエントリーをするのは本当に意味の無い行為になってしまうので。

もし、でもなかなか行動出来ないとかであれば、私西条にLINE@から相談してください。

 

なにがいいたいかと言いますと、

正解を求めすぎて行動が起こせないとホントに勿体ないです。

 

トレンドラインというのは、

水平線と違って、引くラインの視点がちょっとでもずれるとこのように

全然違うラインが出来るんですね。

そうすると、どんどん差が広がっていくわけですので、

一つのラインだけを信じてチャートを分析していくと

なかなか危険な状態になります。

 

さっきもお伝えしました通り、引く人によって

色んな解釈をもっていたりするので。

なので、市場の参加者全員が同じラインを引いているという根拠も

水平線と比較するとやはり低いです。

 

ということから、一つのトレンドラインだけでみるのではなく、

水平線などあらゆるものを使って、トレンドラインを使っていきましょう。と解説している人が多いです。

たしかにその通りではあるんですが、

私の中ではこのトレンドラインの信頼性をあげるポイントが5つあります。

次回は

その5つのポイントはまたの機会にお伝えしようと思います。

 

それまでに今回解説しました内容と

前回の内容をしっかり理解されるようにしてください^^

 

それでは本日も最後までありがとうございました!

→動画はこちらからご視聴いただけます。

 

続きの記事はこちらから

 

西条

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder