チャート分析

チャート分析。トレンドラインを単体で考えた際に信頼性が上がる5つのポイント。

1.反発する回数

一点目は何度も反発しているポイントです。

そのポイントというのがその後も反発されやすい・意識をされやすいところになります。

 

どういうことかと言いますと、

上昇トレンドであればこのように、

押し目を付けたポイント部分(下記の図参照)

 

これが継続して何個も何回も反発しているポイントがあれば、
その後も意識されやすいです。(下記の図参照)

ではその回数はどのくらいなのか?と思われると思うので、
定義としては3回もしくは4回以上反発しているところがあれば
その後も根拠が強いと言えます。


例え、長い時間をかけて一旦トレンドラインを抜けたとしても、
別の形で意識されるポイントになりえるということです。

 

株とか先物だとこれはけっこう定義付けされていたりします。

この反発のところを「テスト」という風に呼んで、何回テストしたらいいのか?という具体的な数字が決まっていたりします。

 

これがFXとか為替にそのまま置き換えて通用するかと言うとそこは怪しいところではありますが、一つの考え方として、この反発しているところは意識していきましょう。

 

こちらはけっこう基本的なことですので、
今ご覧になっている「あなた」も知っているのではないでしょうか?

ですが、
基礎にしてかなり重要なことなので、しっかりと復習がてら押さえておきましょう♪

2.ラインの役割が変わる

二点目は
一つのトレンドラインがその後、レジスタンスサポートラインのように
支持線としての役割が反転するときというのが
強い根拠がありますよ。という考え方です。

 

どういうことかと言いますと、
上昇トレンドがあるなかで、
やはり、抜けることがあります。(下記の図参照)

で、これが仮に抜けた後に
そのラインで反発する。

支持線の抵抗線などで言えば、
サポートラインだったものが一旦抜けて、
レジスタンスの役割を果たす。


こういったときは
の部分のように重なっているような価格が推移したとき、
その後、
最初に引いている上昇トレンドのトレンドラインを「A」として、
そのトレンドライン「A」を突き抜けて、
「A」がレジスタンスラインの役割を果たす。

 

その際に「B」の下降トレンドを示唆する
トレンドラインを引ける場合だった時は、「B」のトレンドラインは機能しやすくなる。という傾向があります。(下記の図参照)

こういった形で価格がその後も反発しやすくなる。
というような傾向があります。

 

このような形でトレンドラインが引けて
価格がここで言う三点目で反発をすると、
「A」と「B」のトレンドラインというのが意識されているという風に捉えることが出来るのでこのケースは期待値、信頼度がかなり高いです。

(下記の図参照)

3.上位足の流れに沿ったトレンドライン

3つ目のポイントは上位足の流れに沿ったトレンドラインです。
どうゆうことかと言うと

今ご覧いただいている上昇トレンド、
この上昇トレンドが仮に1時間で5分でトレンドラインを引いていた場合、
5分足で見た場合、
大きな一波の中に
5分足がジグザグして価格が推移していますよね。

で、あなたがもしバイナリーオプションで5分の取引をするのであれば
この5分のトレンドの上昇に一時間足も対極で見たときに上昇にある時は
方向性が合致しているわけですから、可能性としては信頼がおける根拠が高くなるということです。

4.角度

4つめのポイントは
「角度」です。

この角度というのは
トレンドラインの角度もそうですし、トレンドラインに対して入ってくる
価格の角度そういったことを全て踏まえての角度になりますので、とても大切です。

今はトレンドラインのお話で角度を出していますが、
基本的にこの「角度」はけっこう重要だと私は考えていまして、
ウィリアム・ギャン
というアメリカのテクニカルトレーダーが
「ギャン理論」というのを提唱しています。

 

ギャン理論というのは主に規則性を重視している理論ですが、
その中で45度の角度というのが一番理想形だ。という風に言われています。

これはトレンドラインにも置き換えることが出来て、
今引いているこの緑のラインが、
45度に推移していた方が安定的な価格の推移をしている。ということになります。

 

逆に、
鋭角になっているものは
一時的に価格自体が熱狂的に価格が上がっていると捉えれますので、
その反動というのは必ず来ます。

つまり、大きな価格を付けた場合は
それに比例して大きく下落するという一つの法則性があります。

 

価格が高い角度で上昇するということはそれに比例して

(それに反発するような形で)必ず下落というのもします。

 

高い角度で上がってきた場合は同じ角度で下がってくる傾向があります。

つまり、価格が強い勢いをもって売りが入ってくる。

そうなると、この鋭角なトレンドラインの信頼度という意味でも
ここが抜けやすくなります。

なので角度が高くなりすぎてもいけませんし、

一方、角度が低すぎると、
トレンドが形成しているという信頼がそもそも低くなってきてしまいます。

なので理想の角度は45度ということになります。


しかしながら、前にもお伝えしました通り、
あまり神経質になりすぎてもいけません。

 

それに私が実際にしているなかで+-7~10度まではバッファーとして大丈夫です。

5.ゴールとなるライン

基本的に上昇トレンドや下降トレンドを形成している時というのは
売り買いをしているトレーダーがいます。

 

私の過去の動画でこういったことをより詳しく説明している
「押し目買い」の動画と記事があるのでそこまで詳しくは言いませんが、

この売り買いをしているトレーダーというのが、
上昇トレンドの中にいる場合は、
安いところでポジションを持って高いところで売り抜けたい。
という思惑が働きます。

ではその時に目指すべき、どこで決済をしようかな。
というラインがより、明確に引けてそれが買いを入れたところから
売りを入れるまでのゴールの決済までのピプス(距離)がより長いほうが
利益が多く見込めます。

損少利大(そんしょうりだい)という考え方があるように。

そういったラインが引けるチャートだった場合、
今後も上がる可能性が高いと言えます。

この詳しい解説は5つ目のポイントの冒頭にお伝えした、
押し目買いの動画や記事をを是非ご覧ください^^


以上、この5つが
トレンドライン単体で見た場合に信頼がおけるものになります。

 

あなたも是非トレンドラインを上手く活用して

勝ちトレーダーになっていきましょう!!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder