バイナリーオプション

【投資初心者必見】トレンド継続のチャートパターン

チャートパターンとは?

本日はトレンド継続のチャートパターンという事でお伝えしていきます。

 

チャートパターンには

「トレンド転換」と「トレンド継続」

の2つがあります。

 

タイトルにもある通り、

トレンド中に発生するとトレンドの継続を示すチャートパターンを解説していきます。

 

まずはチャートパターンの説明ですが、

チャートに表示される値動きには一定の形が現れることがあります。

 

過去にも同じような値動きをして、多くのトレーダーに意識されている値動きの形をチャートパターンといいます。

 

トレーダーが意識しているチャートパターンが形成されると、

過去の値動きと同様の値動きをすると考えられ、資金が相場に流入し価格が大きく動きます。

 

では早速

上昇トレンド継続のチャートパターンを見ていきましょう。

上昇フラッグ

まず、上昇フラッグです。

大陽線を付けたあとに

高値と安値が一定の範囲内で反発しながら下降して、

その後、レジスタンスラインを上に抜けます。

ここで気をつけなければならないのは、

一見すると下降トレンドに見えるということです。

なので一見して下降トレンドと思っても、しっかりと見られるようにはされてください。

 

では次2つ目ですね。

上昇ペナント

2つ目は

上昇ペナントです。

大陽線を付けたあとに、上値が切り下がり、下値が切り上がっているものです。

レジスタンスサポートラインの中で高値が切り下げ、安値が切り上げながら、ボラリティが小さくなっていき、その後レジスタンスラインを上に抜けるというものです。

 

どんどん価格が収束していくイメージですね。

そして収束点に達して株価が上放れしてところが買いのポイントになります。

この形は見つけやすいので是非、実際のMT4で見つけていきましょう。

 

では次に移っていきます。

上昇トライアングル(上昇三角型)

次は上昇トライアングルです。

上昇三角型とも言いますね。

 

この上昇トライアングルは

高値が一定で、安値が切り上げながらボラリティが小さくなっていく為、買いの勢力が強い状態を示します。

 

つまり、その後、レジスタンスラインの高値を上に抜けるといった状態です。

 

「これ以下の価格にならないと思うから、前の下値より上で買う勢力が強くなっている」ということになります。

 

または前の下値を下抜けするだけの売りの圧力がなくなってきている状態ですね。

 

なので、

売りの圧力が弱まったレジスタンスラインを上抜けした所が買いのポイントになります。

こちらも相場でけっこう現れるので是非見つけてください。

 

まとめますと、

チャートパターンには2つあって、

「トレンド継続」「トレンド転換」です。

 

で、今回はトレンドが継続しているのを示唆している3つのチャートパターンをお伝えしました。

一つ目が

「上昇フラッグ」

これは一見すると、下降トレンドに注意が必要とお伝えしましたね。

 

2つ目が

「上昇ペナント」

収束点に達して株価が上放れしてところが買いのポイントになります。

この形は見つけやすいので是非、実際のMT4で見つけていきましょう。とお伝えしましたね。

 

3つ目は先ほどお伝えしていた

「上昇トライアングル」ですね。

圧力が弱まったレジスタンスラインを上抜けした所が買いのポイントになります。とお伝えしました。



ちなみに下降トレンドは考え方は一緒になりますが、

また記事で書いていこうと思いますので楽しみにされておいてください。

 

「この記事を見ても分からない!」

 

「トレードの事教えてほしい!」

 

「悩み相談に乗って欲しい!」

 

などあれば私西条に気軽にメッセージくださいね^^

 

こちらが西条直通のLINEとなります。(クリックかタップされてください。)

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder