副業

ポケモンGOに隠されたハイレベルマーケティング

こんばんわ!

西条です。


今日はいつもとは違う視点、
面白い視点でビジネスに触れてみたいと思います。

(今日は投資の話ではなくビジネスなので、

投資の話を楽しみにしていた方ごめんなさい。)


もう数年前に

「ポケモンGO」が
リリースされましたよね。


スマホを使ってAR(拡張現実)の世界で
ポケモンを捕まえていくというゲームです。


あのゲームはリリース直後に
1億ダウンロードを突破し、
5つの世界ギネス記録を更新しました。

当時西条も鬼ハマりしていました(笑)

課金も1日で10億円以上されているみたいです。


その人気は社会現象になり、
町に出ればスマホをいじりながら
明らかにポケモンを追いかけている
人達の様子を楽しめました。



それで重要な事は、なぜポケモンGOは
社会現象を起こすほど
大勢の人にダウンロードされたのか?

ということです。


実は、その社会現象が起こるほどの
ダウンロード数を達成した裏側では、
かなりレベルの高いマーケティングが仕掛けられています。
この事実を知らない方が多いくて、

非常にもったいないので解説していきます^^

 

【ポケモンGOに隠されたハイレベルマーケティング】

ポケモンGOを心待ちにしていた人は
わかる話だと思いますが、

あのゲームは何度も
ダウンロードの時期が延期されました。


まず先に海外からリリースされ、
全世界で楽しそうに
ポケモンGOをプレイする人達の様子が
ひっきりなしに送られてきました。

いよいよ日本に上陸するぞ!
というのが確かリリースの2ヶ月前で、
システムエラーだったり準備だったりで、
何度も延期が繰り返されました。


ネット上では、○○日にリリース!
○○日にいよいよ上陸!
といったニュースが蔓延していて
どの情報を信じていいか
わからない状態になり、

マスメディアも
「ポケモンGO配信!」
というニュースを出すのを
心待ちに構えていました。


このような「焦らし」が何度も行われ、
日本人はポケモンGOを楽しみに
数ヶ月を待たされていたのです。


そしてリリース当日。

なんの告知もなしに、
一斉にポケモンGOの配信がスタート。


みんな慌ててポケモンGOをダウンロードし、
大きな社会現象を引き起こしました。

その日は大学や職場などの校内、社内は、
スマホを持った学生で溢れ返っていましたね。



焦らして、焦らして、焦らして、
期待感を高めてから売上を爆発させる・・・


これは基本的なマーケティングのテクニックです。


同じようなセールスだったとしても、
やり方を工夫するだけで異常なほど結果がでる。

具体的なやり方としては、
商品のセールスを
複数回にわけて仕掛けるということです。


1日目「商品説明」、
2日目「明日公開」、
3日目「延期します」・・・と、

お客を焦らしながら
だんだんと期待感を高めていきます。
当時はまんまと西条もそのマーケティングにやられています(笑)

そして、お客の期待感が
MAXまで高まったときに
一斉に商品を販売するというものです。


ポケモンGOはまさに
このマーケティングを実践していたのですね。

ポケモンGOの制作から
販売までを担当したのは、
Googleからスピンアウトした、
アメリカのNianticという会社です。

任天堂ではないですよ^^

その会社のマーケティングは
世界トップレベルのもので、
実にアメリカらしい売り方です。


このポケモンGOのマネタイズ
(お金に換える方法)ですが、

ゲーム内課金はもちろんのこと
レアポケモンが出現するアイテムを
フランチャイズ店に売るなど、
色んなお金の稼ぎ方がありそうですね。


企業としても、自分の店に
レアポケモンが出るアイテムを置ければ、
莫大な集客効果に繋がりそうです。


また、そのほかにも
集めたメールアドレスに対して
広告を入れるだけでも、数億円稼げそうです。

ポケモンGOは、リリース直後に
3日で1000万ダウンロードを達成したそうです。


私が今回伝えたいことは、
これらの手法に私たちも挑戦していいってことです。


何もポケモンGO並にうまくやる必要はなくて、

要はお客さんに知ってもらい、
期待感を高めて、商品を売る。


これだけできれば、
通常では考えられないほどの
商品が売れていきます。



日本人口1億人を相手にするわけですから、
その中のたった数人に商品を買ってもらうだけでいいのです。



花火大会を思い出してください。

橋の上から見下ろすと、


こんなにいるんだってくらい
人がギッシリ詰まっていますよね?


ひとつの花火大会でそれだけなので、
日本にはさらに何千倍もの人がいるんだと思うと、
このうちのたった数人に商品を売るのは
簡単なんだなと妙に確信したのを覚えてます。


インターネットのシステムを使えば
仕組み化も可能なので、

1日たった1〜2個の商品を売れば
十分自由になれます。


もしくは、3万円の商品を
3日に1回売るだけでもいいです。



これって、難しいことですか?
才能がいることですか?
とんでもない努力が必要ですか??


僕は少なくとも、
受験勉強よりは少ない労力で済んだし

居酒屋で要領よく仕事をこなすよりは
はるかに簡単にこなすことができました。


別にネットビジネスは
同時に何種類もの仕事をこなす必要はないし、
ミスをしたら怒られるわけでもありません。


じっくり考えてゆっくりと仕組みを構築すればいいし、
間違えたらもう一度やり直せばいい。


成功するまで何回もやっていれば、
そのうち成功するときがきます。
(ちゃんと戦略を立てれば一発で成功するんですけどね)


あとは、成功したパターンを仕組み化して
その仕組みを大きくしていくだけです。


簡単ですよね。


やったもん勝ちなんですけど、
なかなかみんなやらないんです。笑


ps.

私西条が投資の世界に入るまでは

インターネットでしっかり稼いでその資金で投資を始めて今にいたります。

なんでもやったもん勝ちだと思います♬

ちなみにポケモンGOが新しいアプリだすみたいですね^^

名前は「ポケモンスリープ」です^^

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder