FX

ロンドン市場とニューヨーク市場の特徴

こんばんわ!

 

今日は前回の記事の続きとなります!

ロンドン市場(欧州)とニューヨーク市場の特徴を説明していきます。

 

この時間帯は全体の40%の取引を占める非常に盛んな時間帯になります。



市場の参加者が増えてくるのでそれに比例して、大きな値動きがあります。

ロンドン市場の開始は基本は16時くらいからなんですが、

15時から急激な値動きが出てきます。(下記の図参照)

その理由としては、イギリス・ロンドンの市場が開く前に

ドイツのフランクフルトが15時前後に開かれ、投機筋といって短期的な売買で利益を得ることを目的とした投資家が大勢入って来ます。

そうなることでこの辺りから急激な動きが価格に見えてくるというような時間帯になります。

 

さらにこれが16時以降になると

ロンドン市場が開かれてその動きにさらに加速するような形になります。

特に、ユーロ・ポンドが激しくトレンドが形成することが多くなります。

 

あとは、指標発表とかそういった影響っていうのも受けやすくなりますので、

先ほどもお伝えした値動きが急激に変化し、大きなボラリティ、ローソク足が発生したりするのも特徴になります。

 

そういった流れが徐々に推移していって

19時~21時になるとトレンドからレンジに近いような動きを見せます。

 

理由としてはイギリスの欧州の経済発表が終わって落ち着く時間というのもありますし、欧州勢の昼休みの時間がこの19時以降に当たるのでそれに合わせて値動きが落ち着きます。

 

ですのでこの時間はトレンドが一旦落ち着いて、為替の方も一休みしてレンジを形成するということになります。

 

FXをする人はニューヨークの時間に向けてこの時間に仕込む方も多いかと思います。

 

以上がロンドン市場(欧州)の特徴になります。

 

では続いて、

ニューヨーク市場になります。

ニューヨーク市場が開かれてるのがだいたい21時~です。

ここでトレンドがさらに活性化するということになります。

 

ポイントとしては

ニューヨーク市場がスタートしたことによって、相場の活性化+重要経済指標の発表がこの時間に重なることが多いのでバイナリーをするときもその時間の前後(1時間前後)には注意されてください。

 

ちなみに最も為替相場が動くと言われている指標が

多分一度は耳にしたことがあると思うんですけど、

アメリカの「雇用統計」です。

 

毎月第一金曜日の22時30分くらいから(夏だと21時30分に発表されたりします)

バイナリーでもこの指標の前後1時間は様子を見る時間にしたほうがいいと思います。

 

更に21時ごろになるとロンドンで

ゴールド(金)の値動きが活発になる時間だったりするので

金とドルというのは逆相関が強くて金が買われるとドルが売られるというような関係があるので通貨ペアを選んでいる方はそういったことを踏まえて選ばれてください。

 

2点目のポイントは

23時頃はニューヨークオプションカットによる急激な値動きがあります。

通貨オプションの権利行使の最終的な締め切り時間のことですね。

詳しく知りたい方は私のLINE@に登録されたら特典としてFXの主要用語を100以上詰め込んだ用語集をプレゼントしますのでそちらで確認ください。

 

通貨オプションとは予め定められた機関とか期日に定められた価格で買う権利

又は売る権利を売買する取引のこと言うのですが、その日の取引の行使期限のオプションが消滅する影響で突然値動きが荒くなったりします。

 

なので23時付近も注意が必要です。

 

次は3つ目ですが、24時のロンドンフィキシングの時間へということで

このロンドンフィキシングは別名でロンドンフィックスと呼ばれてもいます。

 

これは前回の動画と記事で東京市場の「仲値」について解説をしたのですが、そのロンドン版だと思われてください。

 

具体的にいうと金(ゴールド)のスポット価格の値を決めることを言います。

ロンドンは貴金属とか現物取引の世界的に重要な市場でもあるので決定された金の価格は世界の価格の指標になります。

そういったことからロンドンフィキシングが始まる前後は需要関係の影響によるんですけど、非常に為替のレートが大きく動くことが珍しくないです。

 

ですので、バイナリーを始めたばかりの人やFX初心者の方はそうなんですけど、

この時間の取引というのは正直しない方がいいと私の生徒さんやLINE@などで質問をくださる方にはお伝えしています。

 

続いて4つ目ですね。

午前2時頃まで値動きが活発になり、読みづらい時間帯に。

とありますが、先ほどお伝えしたことにもあたるのですが、

こういった重要経済指標の発表だったりオプションカット、ロンドンフィキシングだったりといった外的要素(不確定要素)が多いので予想しづらいということになります。

 

例えば逆張りをしている方は、

自身が思い描いている通りにいかない時間と言うのもこの時間になります。

 

で、ここには書いていませんが

午前2時以降は市場参加者が少なくなるので必然的に出来高も低くなりますので徐々にレンジを気付いていくような流れになります。

 

はい。以上が市場ごとの時間別の特徴になります。

前回と今回でお伝えしたのはあくまで傾向というか事実をまずは理解されてください。

 

最後に記事のまとめとしまして、

こちらが取引量増えていくというのを表したものを可視化したものがこちらになります。

基本的に市場参加者が増えてくると取引量が多くなりますし、

取引量が多くなると流動性が高くなって各通貨のレートの値幅が広くなります。

そうなることでトレンドを築きやすくなるということになります。

 

よくこういった内容の話の中での一般論というのか分からないのですが、

バイナリーをする上では

この流動性が高い時間帯ロンドン~ニューヨーク(15時~21時)が勝ちやすいと言われています。

 

それを聞いて

単純に「その時間で取引をしよう。」と思われていたら危険です。

何故かというとそんなことないです。

 

この詳細は今日の内容を使った応用編として

また後日記事でお伝えしていこうと思います。

 

ですので

必ず前回、今回の記事をしっかりと見られて

理解を深められておいてください。




ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder