バイナリーオプション

ローソク足の鉄板ポイント!?

こんばんわ!

本日もローソク足について記事にしていきますね!!

 

前回のローソク足の続きになります!

前回はローソク足の種類はどういったものがあって、

それはどういった時に出来るのか?

ということを説明しましたね^^

 

今回は

「大陽線・大陰線」を使ってもっと詳しい解説していきます!!

どう詳しくかと言いますと、

「大陽線・大陰線」が価格の動きの中で、

どういったポジションで出てきたら一つの転換点として捉えるのことが出来るのか?という具体的なお話とそれに付随して

 

実例を元に

「大陽線・大陰線」がどのタイミングで来たら期待値の高いところで

エントリーできるのか?

という事を説明していきます!!

 

そもそも、「大陽線・大陰線」は

チャートの価格の中でどういったポジションで出現するかによって、捉え方が全く変わってくるのでしっかりと押さえておきましょうね!!

ここを理解せずに表面的に

「買いの勢力が強いんだな」「売りの勢力が強いんだな」

程度に捉えていると、しっかり根拠のもったエントリーが出来ないです。

 

それでは説明していきます。

まず、「大陽線・大陰線」が価格の動きの中で、

どういったポジションで出てきたら一つの転換点として捉えるのことが出来るのか?についてです。

答えとしては

上の図のように一般的にはレンジ相場です。

レンジ相場から大陰線を付けた場合には

「いよいよ、下落に進む」という風に考えるのが一般的です。

 

「大陽線・大陰線」は一つの買い・売り勢力が一方的に勢いをもつシグナルとして捉えることが出来ます。

ですので、このようなケースで大陰線が出た場合には

下降トレンドへの「示唆」と捉えることができます。

 

逆にレンジ相場で大陽線が出た場合には

上昇トレンドへの「示唆」と捉えることができます。

 

あとは、

このような場合ですね。

上昇トレンド中の高値圏で大陽線が出た場合には

あなたはどちらになると考えますか?

 

答えは・・・・

下降になります。

 

さっきの話だと

「え、普通に考えて上昇だろ!」

と思う方多いと思います。

 

ですので、こちらの

疑問を実例とともに解説をしていきます。

 

これはある日のチャートですが、こちらを使って紹介していきますね。

 

最初の丸印の大陰線ですが、

価格が推移して大陰線を付けてそのあと上昇に転じていますね。

 

一方右上の丸印のところは上昇してきて、最後に大きな

「大陽線」をつけたのにも関わらず、下落。つまり転換していますよね。

 

私がお伝えしたいのは、

どうして「大陽線・大陰線」が出てきて転換したのか?

この理由がハッキリ説明できますか?ということです。

 

この理由がしっかり理解できると、いろいろなローソク足にも応用することが出来ます。

なので、これから書いていくことは非常に大事になってきますので

必ず理解されるようにしてくださいね。

 

説明するにあたって、右側の大陽線が皆様に分かりやすいと思いますので、

こちらを例にとって説明していきます。

 

まずFXで取引している人は

「買いのポジション」「売りのポジション」を常に持っています。当たり前ですよね?

そして

「買いのポジションを持っている人は、安く買って高く売る」

「売りのポジションを持っている人は、高いところで売って安く買い戻す」

そういった当たり前のことの考えに従います。

そして考えられることは、

中央の大きく〇で囲っているところの人達が売りのポジションを持っていた場合に、下がると思っているけども、

価格を見ていく中で、徐々に上がって行く、そうするとどこかのラインで損切りのラインを引いています。

要は「ここまで上がったらもう損切をしよう。」と。

そのラインがチャートで言うと上に赤のラインを引いているのですがそこになります。

ここは直近のレジスタンスラインになっているので、

「ここのラインを押し上げてくるようならこれは損切をしよう。」

と考えるわけです。普通は。

 

なので、

価格が徐々に上がってきてしまうと、売りのポジションを持ってもっている人達も損切ラインを赤のラインに合わせてくるという事です。

その証拠に

この赤のラインで非常に長いローソク足をつけています。

さらに、

上昇中で買いの勢力が強い中で、上ヒゲをつける(2か所の細い矢印)

ということは、一定数売りの勢力があるということです。

 

ただ、その売りの勢力がある中、大陽線をつけたということは、

売りのポジションを持っていた人達が一斉に買いの注文(決済)を入れた。

ということで大陽線をつけるということになります。

 

つまり買いの勢力がほぼいなくなってしまったと考えるので、

売りの勢力が強くなり、転換点となり、下降トレンドに向かっていく。

といった考え方になります(^^)/

 

これが

冒頭にもお伝えした転換点についてと

期待値の高いところでのエントリーをするには?

の答えになります。

 

長くなりましたので、

分かりずらかった方は動画で確認ください!

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder