チャート分析

包み足が効きやすいもう一つのポイント

包み足が効きやすいもう一つポイントとは?

本日は前回、お伝えしましたように

包み足が効きやすいもう一つののポイントをお伝えしていきます。

 

包み足の事があまり分からない方は前回私が

包み足について解説している記事を

貼っときますので是非ご覧ください。

➡前回の記事【包み足の使い方】

 

先に結論を言いますと、

上位足ですね、特に一時間とか四時間とか

そういった長い足で出た時にはこの包み足というのがより、

効きやすくなります。

 

5分などではけっこうこういった包み足は出てきます。

価格が飛んだりするので、実体が更に被って出てきたりします。

 

そういったものを転換転と捉えるのはちょっとサインとしては弱いので注意されてください。

 

なので見る基準としましては、

一時間や四時間のような上位の足で出てきたら強い転換点になります。

 

5分足でもケースによっては強いポイントになったりします。

ちょうどレジスタンスのポイントというのが、

上位足で見ても非常に高い高値圏で意識されている部分です。

 

5分足でも同じように天井にぶつかっていてこういった包み足が出ているということであれば信頼性は高まります。

 

で、具体的なエントリーの

ポイントというのは

この包み足が確定した段階で次の足でエントリーする場合、

ローになりやすいからローでかけていく。

 

というのも悪くはないですが、

出来れば、

ここのライン(下記の図の横青矢印参照)

前回の陰線を付けた安値。終値ではなく安値です。

この安値をブレイクしたタイミングでついていく、

つまりローのエントリーをしていった方が確実性があります。

 

一般的にはFXでいうと、

そのエントリーのサインと言われているのが、

ここの次の足が確定した終値からついていくというよりは、

 

安値をネックラインと捉えて

そこをブレイクしたのを(下記の図横矢印参照)

確認して売りのポジションを持っていくのがセオリーになってきます。

なので、私たちバイナリーをするのであれば、

同じようにそういった、ブレイクを確認して

ローでついていく。という風な方が可能性としては

強くなってきます。

 

ではポイントとなる判定時刻なんですが、

それは一概には言えません。

チャートというのは全体を見て、どういった勢いで価格が推移しているのかというのがあるので、一概には言えないですけど、私は判定時刻は短めの

5分や10分で追いかけていったらいいのではないかと思います。

おさらい

おさらいがてらまとめますと、

前回と今回でお伝えしたかった重要なポイントは

2つあります。

 

1つは

ローソク足というのはこういった一つのローソク足の形だけを捉えて

「ピンバー」

が出たから次は反転するだろう。とか

 

大陽線が出たから、さらに上昇していくだろう。

といったことのように一つのローソク足で捉えるのではなく、

このように2本、もしくは複数で捉えていくことによって相場のチャートの動きをより正確な視点で捉えることが出来ます。

これが1点目です。

 

2点目は

こういった2本で捉えた時に

このチャートの動きのように価格のイメージの推移というのを

しっかりと自分の中で認識してそれを

以前お伝えしたダウ理論やエリオット波動だったりなどと

置き換えて考えられてくださいということになります。

 

こういったことをあなたが

自然に行っていると、

いろいろなシチュエーションで応用が出来ます。

 

実際にバイナリーとかチャート分析をしていく為には

そういった応用して見ていく視点というのがないと、



前回に引き続きと言いますかけっこうな頻度で言いますが、

やはり表面的に捉えて本質を捉える。

 

抽象・具体、マクロ・ミクロそういった視点をしっかりと持っていただくのが

非常に重要になってきます。



はい、では本日の記事は以上となります。

前回と今回を一緒に見られることで、

包み足の本質が理解出来ますので、必ず両方の記事か動画を見られるようにしてくださいね^^

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder