FX

押し目買いを見分ける分析手法

こんばんわ!

ファイナンシャルデザイナー西条です。

 

以前の記事と動画で

押し目買い・戻り売りの基本的な事をお話ししました。

今回はその続きとなります。



バイナリーをする我々が

どのように押し目買い・戻り売りを攻略していけばいいのか?

 

という事を本日はお話していこうと思います。

 

今回の記事では

「押し目買い」を見分けるポイント。

どういった基準で押し目買いを取るポイントを見極めるのか?

といったことを紹介していこうと思います。

 

まず、

これから話すことは比較的一般論を交えてご紹介をしていきます。

その中で私が考えていること、本質的な事を交えてご紹介していきます。

 

中には、

「そんなの知ってるよ!」という方おられるかもしれませんが、

復習のつもりで聞いていただけたらなと思います。

 

まず

押し目買いを見分ける分析手法に

 

「移動平均線」

 

があります。

 

どうゆうことかと言いますと、

短期・中期・長期がパーフェクトオーダーを作って

移動平均線をローソク足が抜いたと。

そして明らかに上昇トレンドの傾向が見えたときに、

短期の

単純移動平均線の20~25この辺りにタッチした段階で押し目買いをしていきましょう。

というような考え方があります。

(下記の図参照)

 

これをバイナリーなどで推奨している人がいるんですけど、

これは正直、あまりオススメ出来ないです。

 

移動平均線を使うテクニカル分析が良くない。という訳ではないですが、

一つの根拠の材料として見ていくのはいいんですけど、

ただ、そこにタッチしたから

ハイエントリーだね。っていうような単純なことではないということです。

 

結局、移動平均線も

反発することもあるんですけど、

一旦下がってから徐々に陽線を付けて上昇するということが多く見られます。

 

なので、

移動平均線タッチしたからエントリーだな。とか浅はかなことは

私のブログ、もしくはチャンネルを見ている方にはしてほしくないです。

 

あくまで参考程度にみながら、

押し目を自分の中で見つけていくということがベストです。

 

では、なぜ、

バイナリーを教えている動画で言っている方がいるのかと言うと、

それはFXで言われいることを単にスライドして言っていることです。

 

FXとバイナリーで違うところは色々あるんですけど、一つに

バイナリーというのは自分達がエントリーをして、

最終的な判定時刻が決まっています。

 

1分や5分や長ければ1時間とか。

ただ、一方でFXというのはどこで買うのか?どこで売るのか?を決めることが出来ます。

 

なので先ほどお伝えした

移動平均線を基準として押し目買いをしていきましょう!

というのは理にかなっている訳です。

 

というのも移動平均線というのは上昇トレンドを表していますし、

そこにタッチした辺りで押し目買いをしていこうという考えの元に

買って一旦下がっても最終的には目標としているラインまで上がっていたらいいので、それを5分後に売らなければならないということにはならないからです。

 

ただ、私達バイナリーをしているものからしたら、

そういう形で出来ないので、

例えば5分でハイエントリーをして陰線を付けて下降していったけど、

30分(5分の足を6本つけた)先にはもうすでに上がっている。

目線としては悪くなかったけど、勝負には負けている。

 

というようなことがあります。

 

なので移動平均線でタッチしたら買う(エントリーする)

というような考え方は危険と思います。

 

ただ、繰り返しにはなりますが。

移動平均線は一つのテクニカル分析の参考としてみておくのは

いいと思います。

 

あと

もう一つ、水平線ですね。

 

水平線を引くことで反発するポイントを自分の中で見極めていきましょう。

というような考え方です。

 

ただ、本日の記事はこれだけにして

こちらの水平線は次回の記事で

お伝えしていこうと思います。

 

ですので本日の動画をしっかりと理解されるようにされてください。

 

最後に文章では分かりづらいという方は

動画をご覧ください。

 

続きの記事はこちら

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder