FX

押し目買い・戻り売りの基本

本日の記事は

「押し目買い」そして「戻り売り」とはなんなのか?

 

そして私が考える

押し目買い・戻り売りのポイントや考え方をご紹介していきたいなと思います。

 

内容が長くなるため、

何回かに分けていこうと考えていますのでご了承ください。

 

こちらの記事は

押し目買い・戻り売りのそもそもの考え方を理解していない方は必ず見て欲しいですし、普段注目して見ているけど、なかなかポイントが分からないから勝つことが出来ないような方も必ず見てください。

 

 

押し目買い・戻り売りとはなんなのか?

上昇トレンドもしくは下降トレンドが形成されている段階で、

今ご覧いただいているようなチャートパターン

上昇トレンド・下降トレンドになっている状態で、

 

赤丸印の部分で

FXで言うと買いをいれていきましょうというのが、押し目買いですね。

バイナリーオプションで言うと逆張りないし逆張り視点をもった順張りのエントリーをしていこうというような考え方です。

 

戻り売りというのは

考え方は全く逆ですから、

高値の所に戻ってきたタイミングで売るここでローのエントリーを仕掛けていこうというような考え方です。

 

これが押し目買い・戻り売り。上昇トレンド・下降トレンド時に使えるだろう

逆張りないし逆張り視点をもった順張りということになります。

 

私の記事や動画(ダウ理論編)をご覧いただいている方は

上昇トレンド、下降トレンドがどのようなタイミングで発生して継続しているのか?

ということは理解されていると思いますが、

分からない方の為に簡単に説明します。

 

上昇トレンド・下降トレンドというのは、

ダウ理論に基づいて

このような形で

上昇トレンドであれば、

高値・安値がありますよね。

 

その次の谷・山が高値を更新し、安値を更新しなかった(切り上げた)

ことが起きた場合に初めて、上昇トレンドと言います。

 

逆に下降トレンドは

下にチャートが動いていく中で

安値・高値が次の山の

安値を切り下げて、高値は更新しない場合が下降トレンドになります。

こういった前提条件が必要になってきます。

 

ですので、こういった前提条件が形成されていない場合は

上昇トレンド・下降トレンドと言いませんので

そこで先ほどお伝えしたところの

ポイントで

「押し目買いだな」「戻り売りだな」と入ってしまうと、

痛い目に遭います。

 

そこはしっかり押さえて置いてください。

 

分からない方は

私のLINE@でメッセージをされるか、

私の別の記事や動画で「ダウ理論編」がありますので必ず見てください。

 

で、

こういった説明をしている動画とか

バイナリーのチャンネルや記事は普通にあると思います。

私も目にすることがあるのですが、

今日私がお伝えすることはもちろんこういったポイントで

「押し目買いないし戻り売りを買ったほうがいいですよ」

とか

より具体的にお話はするんですが、

比較的抽象度が高いお話をしたいと考えております。

 

どうしてかと言いますと、

例えば、

この図で言う上昇トレンド中の赤丸印

「ワンツースリーで買ってください」とか

「ローソク足で陽線を付けたスパイクロー出たらもう次追いかけていきましょう!」とか

そういった具体的なお話も臨場感があり、満足感もあっていいのですが、

でもそれだけだと、正直勝てないんですよね。

 

なんでかと言いますと本質的な事を理解出来ていないからです。

 

物事は「具体的な事」と「抽象的な概念」があって、抽象的な事って一見聞くと想像できなかったり、臨場感がないので、ピンとこないです。正直。

ですが、ピンとこないことだからこそ、

物事の本質を捉えていて、

重要だったりします。

 

ここで誤解はされたくないのですが、

私が言っているプライスアクションは重要じゃないとかそういったことではないです。

 

「ワンツースリー」とか適当に言いましたが、

プライスアクションも重要ですし、

何が言いたいかと言いますと、具体的な事も大切ですし、

抽象的なより対極の物事を知ったうえでバイナリーをやっていかないと

局所的な部分。

よくあるような動画で

「ここのポイントで入りましょうよー」とかっていうのを覚えて

いざやってみても勝てませんから!本当に。

 

よく私は本質的な事を理解してください。

と言いますが、

あなたが魚を釣れないとしたら、

私はあなたに魚を釣ってあげるのではなく、

「魚の釣り方」を教えたいんですね。

 

先ほどお伝えした具体的例ばかり覚えても

魚を誰かに釣ってもらっているに過ぎません。

 

押し目買い・戻り売りの具体的なことばかりを

覚えていても残念ながら安定的に勝つことは難しいです。。。

 

少し厳しめのことを言っていますが、

私の動画を見ている方には絶対に勝ってほしい!と思っていますので

こういった事をお伝えしています。

 

はい。

少し脱線したので本題に入って行きます。

ここからは上昇トレンドの押し目買いを基準にお伝えしていきます。

 

先程本質ということをお伝えしましたけど、

そもそも何故、チャートが形成されるのか?ということを考えて欲しいです。

 

実際に説明できますか??

 

なんで上昇してきたときにカクンと下がって、

そこからグッと上がるのか?

(下の図青○印・黄色〇印参照)

ここの理解がしっかり出来ている方は

バイナリーにおいてもさっきの私の話じゃないですけど、本質的な事をある程度理解されているので、押し目買い・戻り売りに限らず、比較的物事をしっかりと捉えているので勝っていきやすいと思います。

 

ただ、私の質問に対してなにも答えることが出来ない方・よく分からないという方

本質を理解していないということになりますのでちょっと危険です。

 

ここで答えを言いますけど、

めちゃくちゃ簡単です。

 

そもそもこのチャートを形成しているのは、

取引をしている人達がいるので・陽線を付けたり陰線を付けたりしています。

 

要はFXなどで取引をしている人達は考え方としては

安く買って、高く売る。

もしくは高い所で売って。安い所で買い戻す。という営みを通して利益を得ている訳ですね。

 

なのでこの上昇トレンドで言うと、

下の階級の段階で買いを仕込んでいた人達。というのが

ある程度上がってきて、

「もうそろそろいいだろう」ということで利確をする。

買ってた人が売りを入れて買いの勢力が弱まりチャートが下がってくるというのが一つ。(下の図参照)

 



2つめ、

下がってきた段階で「買う」人達がいるんですよ。当たり前ですが。

 

先ほどお伝えしたしましたが、上昇トレンド中は安く買って高く売る考え方なので

下がってきたけど、上昇トレンドはまだ継続しているからもっと上がるだろうという憶測の下、買いを入れていこうというトレードがいます。

 

更に、その下がってきて買った人達がいるので

少し上がって陽線を付けだす。

 

それを見て、これは更に上がるだろうと確信をもったトレーダー達が

買いの新規を入れて、徐々に徐々に上がって今紹介しているような上昇トレンドを形成するというような流れになります。

 

これが本質的なことになります。

こういった大衆心理を下にチャートが形成されるということになります。



そういった事を考えて、私たちバイナリーをする者たちはどういう視点で見ていけばいいのか?チャートを攻略していけばいいのか?ということを

また次回にお伝えしていきますね!!

 

今回の記事は何度も言っているようにバイナリーで勝っていく為に必要な本質的な事をお伝えしていますので、必ず理解されるようにしてくださいね(●´ω`●)

 

西条

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

Japanese all-rounder