成功者の心得

成功者は孤独で群れない4つの理由【孤独との向き合い方も解説】

成功者としてメディアで取り上げられている人は多いけれど、あまりにも突出してしまっていて実は孤独に苛まれているのではないかと思っている人もいるでしょう。

人生を総合的に見た時に、孤独になってしまっても成功と言えるのでしょうか。

成功者が本当に孤独で一人ぼっちで友達はいないのか、そして、どのように孤独と向き合って人生を豊かにしているのかを解説します。

成功者は孤独で群れない4つの理由

「成功者は孤独」だと言われているのには理由があります。

自ら人とは群れない道を選んでいる成功者も、周囲の認識として集団から外れてしまっている成功者も、実は同じような理由で孤独になっています。

成功者が孤独の身になることを選んでいる、あるいは孤独を拒まずにいる理由は、一体何なのでしょうか。

普通の人とは違った考え方や価値観を持っている

まず一つめの理由として、成功者は普通の人と違う考え方や価値観を持っていることが挙げられます。

多くの人は経営が安定している会社に就職して、毎月決まった給料をもらい、波風のない穏やかな暮らしを理想としています。

確かに生活が安定しているというのは良いことです。いつ会社が潰れて給料がもらえなくなるかわからない、そんな不安を抱えて暮らしていたら疲れてしまいます。

しかし、成功する人は安定した生き方をあまり重視していません。普通の人よりも遥かに大きな目標を掲げ、リスクを取ってでも大きなことを成そうという気概を持っています。

「自分の力で世の中を動かしたい」
「その道をきわめて世界の頂点に立ちたい」

など、成功者の目標とするところは普通の人にとってかなり遠くに感じるでしょう。あまりにスケールが大きすぎるために安定志向の人たちからは理解を得られないことも多く、話が合わなくなりがちです。

学生のうちなら友人同士で夢を語ることもよくあります。しかし、社会人になると”いかに安定して生きていくか”に話の主軸が置かれます。そのため、スケールの大きな話が飛び出すと、どうしても違和感が生まれてしまうわけです。

その結果、同世代から敬遠されることになったり、反対に成功者が安定志向を理解できずに距離を取ろうとするケースもあります。

成功者としては「自分の目標は必ず達成できる」と強く信じているので、孤独になっても特に気にしてはいません。周りがどうであれ、目標に向かって着々と歩みを進めていくだけだからです。

「ドリームキラー」の存在を回避している

成功者は「ドリームキラー」を回避する目的を持って孤独の道を歩んでいるケースもあります。

ドリームキラーとは:
夢を狩るもの、すなわち「他人が抱いている夢や目標を否定する人」を指します。「夢と現実を一緒にするな」「夢なんて抱くだけムダ」といった、他人の夢を批判あるいは非難する発言が目立つのが特徴です。

このような人たちと付き合っていると、いくら自分がやりたいことを語っても揶揄されてしまうだけで、まともに取り合ってもらえません。いくら時間を費やしても結局はストレスを抱えるだけになってしまいます。

必死になっても徹底的に否定されてしまうので、長い付き合いをしようにもメンタル面に悪影響を及ぼし続けるのは明らかでしょう。

居心地が悪い思いをするくらいなら全く関わらずに済む環境を手に入れようと考え、集団から離れて一人でいることを選ぶわけです。

価値観が違っていて話が合わない程度なら我慢できるかもしれませんが、否定的に接されてしまうと会いたくもないと思うのはもっともなことですよね。

利害で結ばれた関係を好まない

成功者は自分の道を歩むのが常なので、利害で結ばれる関係を作ることは望みません。大きな成功を遂げた人ほどこの傾向が強まっていきます

成功者は富や地位、名声など、誰もがうらやましがるものを持っているため、

「あの人と仲良くなったら得をすることがあるのではないか」
「気に入ってもらえたら優遇されて高い地位につけるのではないか」

といった考えで近寄ってくる人も少なからずいます。

よく芸能人がメディアで語っている「売れて有名になった瞬間に大して仲良くもない人や付き合いのない親戚からしょっちゅう連絡がくるようになった」という話はその典型例で、業界は違えど成功者の周りには利害しか見えていない人ばかりが集まってきてしまうのです。

このような利害しか考えずに近寄る人たちは、人間同士の心からの交流をしたいという意思を持っていません。あからさまにご機嫌を取ろうとしたり、心にもないお世辞を言ってきたりするだけです。そんな露骨なアプローチをされたら、だんだんと嫌気がさしてくるのももっともなことでしょう。

これは成功者として周囲から認知されるようになった時点で、誰でも一度は味わうことになる孤独なのかもしれません。

孤独であることをポジティブに受け入れている

孤独というと多くの人がネガティブな印象を持ちますが、成功者は自らの孤独をポジティブに考えているので孤独を解消しようとは必ずしも考えていません。孤独であることを自ら選んで進んできているからです。

日本の文化として集団を重視する傾向があります。和を尊重する国民性を持っている日本では、特に集団から外れることに抵抗を感じ、外れている人を差別しがちです。そのため、孤独を避けて何とかして集団の中に居場所を作ろうと努力する人が多くいます。

ただ、その居場所が必ずしも快適なところではない場合も多いでしょう。成功者は集団の中にいることにはこだわりません。自分の価値観を重視して前に進む気持ちをはっきりと持っているので、ポジティブな気持ちで集団から離れていきます

それによって孤独になったとしても前向きに受け入れ、その環境を味方につけて成功の道を歩んでいるのです。

社会で生きるうえでは確かに孤独がデメリットになる可能性があります。しかし、孤独によって自分だけの空間と時間を作り出し、自分の目標に邁進するという考え方をすればメリットになります。どんな考え方を持っているかで、孤独の価値も違うものになるのです。

成功者は孤独で過ごす時間に何をしている?

このように、成功者は孤独であることを悲観することはありません。では、人との活発な関わり合いを持とうとせずに、一人きりの時間をどのようにして過ごしているのでしょうか。

結論から言うと、成功者は一人の時間を自分のために自分のために使っています。具体的に何をしているのか、順に見ていきましょう。

自分のやるべきことに集中している

一人の時間は当然のように自分のやるべきことに集中しています。

最もわかりやすいのは、スポーツや芸能の世界で成功している人たちの日々の取り組みでしょう。成功している人ほど練習やスキルアップに多くの時間を割いて努力を重ねています。その成果が彼らを成功者に導いたと言っても過言ではありません。

夢や目標を達成したいと思ったとき、それが大きなものであるほど多くの努力が必要となりますが、それには時間やエネルギーが足りないという状況に陥りがちです。そうすると必然的にやるべき物事に優先順位をつけ、取捨選択をしなければなりません。

ここで人付き合いの優先順位を高くするのが日本的な考え方ですが、成功者は人付き合いを必ずしも高い順位に入れず、自分を高めることを優先します。

それによって孤独がもたらされますが、自ら一人になって集中できる時間を確保することができるとも解釈できるでしょう。つまり、孤独によって効率を上げて成功に躍進していると考えられるのです。

自分自身の内面と向き合っている

成功者は自分自身の内面と向き合う時間として一人きりの時間を大切にしています。成功者は、普通の人たちよりもずっと自分自身と仲良しです。

普通の人とは違う価値観を信じ、自分の道を開拓して突き進む原動力は、成功者の内面にあります。自分のことをよく理解し、何をしたいのかを熟知しているからこそ、孤独をポジティブにとらえながら目標に向かう力が生まれています。

成功者は一人の時間に自己対話をして常に自分の本音を聞き出しています。

「これからどの道を進んでいくべきなのか」
「今歩んでいる道は本当にベストなのか」

といったことを自らに問いかけるのです。

自分だけの環境で考えれば、周囲の価値観を挟む必要はありません。ノイズを除去して純粋に自分が大切にするものを優先する道を描くことができます。

このような貴重な自己対話の時間を設けることで、ありのままの自分を正しく認識できます。そして、その信念を貫いて自分の道を自ら切り開き、ついには成功を遂げているのです。

成功者のように孤独と向き合えば人生が変わる?孤独を受け入れる3つのメリット

孤独は成功者にとって重要な意味を持つことが見えてきたでしょう。それでは、成功者のように孤独と向き合えば、誰もが成功できるのでしょうか。

結論から言うと、孤独と向き合い受け入れることで夢や目標を実現しやすくなります

孤独を受け入れることでどんな変化が起こるのかを認識すると、本当に人生が変わり得るかがわかるでしょう。

自分が本来やりたいことに気付ける

一人きりで過ごす時間を確保して肯定的に使うことで、自分が本来やりたいことを見出せるようになります。

一人になると周囲の目がありません。そのため、他人にどう思われているのかを意識して行動する必要が一切なくなります。

他人の意見に振り回されることもなく、その時間は自分自身とだけ対話できます。つまり、純粋に自分が「好きなこと」「やりたいこと」「実現したいこと」を自由に選択することが可能なわけです。

こうして自分の軸を確立し、いつも意識できるようになるのが孤独を受け入れる最大のメリットと言えるでしょう。それが成功のために前に突き進む原動力になり、重大なタイミングでの意思決定の基準ともなります。

本来やりたかったことは何だったのかがわからなくなっている人もいるかもしれませんが、自己対話を繰り返して自分の軸を作り上げれば見失うこともなくなります。自分はどんな人生を歩みたいのか、この先で叶えたい夢は何なのかもはっきりしてくるでしょう。

表面的な付き合いがなくなりストレスが減る

孤独を大切にすることで、表面的な付き合いが減るのもメリットです。

人付き合いは多かれ少なかれストレスの原因になり得ます。特に表面的な付き合いでは、相手に対する気遣いを重視しなければなりません。

世間には「友達は多いほど良い」という風潮がありますが、人生において本当に欠かせない人というのはそれほど多くありません。たくさん友達がいても表面的な付き合いばかりで、腹を割って何でも話せるような人や、価値観を共有できるような人はあまりいないでしょう。

表面的な付き合いを持つのも、一つの集団で生きる術です。多くの人は、人目を気にするがゆえに誰とでも良好な関係を築いているかのようにふるまいますが、付き合う人の数が多くなるほど自分の本音は失われていきます。

自分の時間を優先すると上辺だけの付き合いはなくなっていきます。これはいわば人間関係の断捨離で、価値観が合わない人たちからの意見に振り回されることがなくなります。

セルフイメージが高まり自信がつく

自分の自信をつけることに直結するのも孤独を受け入れる魅力です。

一人だけの時間を持つようになると、必然的に自分自身と向き合うことが多くなります。そうするとセルフイメージが高まっていき、自分軸が形成されていくのです。

自分自身と対話をしてみると、あらためて自分がどんな人間なのかを理解できるでしょう。集団の中に身を置いていると、いつの間にか自分自身の本質を見失ってしまいがちです。

「自己評価をしているからよくわかっている」と思うかもしれませんが、自己評価とは基本的に他者との関わりの中で生まれてきます。比較によって導き出された評価はあくまで集団の中で他者との違いから作り出されたもので、本当の自分の姿を見ているわけではないのです。

孤独を受け入れて自分自身をまっすぐに見つめて対話していくと、周囲からの評価によって短所だと思っていた部分も長所としてとらえられるかもしれません。そうして自分自身に対する見方を変えていくと、自分に自信が持てるようになってきます。

セルフイメージが高まるとともに、思い描いた道を進む勇気も湧いてくるでしょう。

まとめ

成功者は孤独の中を苦しみながら生き抜いているわけではありません。孤独のメリットを生かして自分自身を深く理解し、他者との違いにとらわれることなく自分の価値観に従って物事に取り組めるようにしています。

成功者に学んで孤独をポジティブに捉え、一人の時間を確保していけば、きっと夢を追い求める力が付きます。自分自身を正しく認識して、本当に自分がやりたいことが何なのかを見極めましょう。

ただ、ずっと集団の中で過ごしてきた人にとって、孤独を受け入れるのは勇気が要ることではないでしょうか。一人ぼっちになるのが怖いという人もいるかもしれません。

しかし、ここは人生を豊かにするために必要な方向転換です。その指針として、ぜひ私の電子書籍『お金がある人生への方向転換マニュアル』を読んでみてください。

成功者のように経済的自由を手に入れ、豊かに暮らす人生にシフトするための考え方がここにあります。人は誰でもその気になればいくらでも変われるものです。思考が変わり、行動が変われば未来も確実に変わります。

3冊目の書籍出版を記念しまして、ただいま無料プレゼント企画を実施中です。
詳細は以下のYouTube動画でご案内していますので、ご視聴のうえお受け取りください。

永遠に続く豊かさを望んでいるのなら、もう迷う必要はないでしょう。
あなたの成功を心から応援しています。

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら