バイナリーオプション

バイナリーオプションで借金地獄に陥る理由&解決策を地獄帰りの投資家が解説します

「バイナリーオプションはそもそもFXと比べて借金することもないし、とても安全な取引だ」というエセ投資家がいます。

最初に断言しますが、そんなものはウソです。

バイナリーオプションだって借金地獄に陥ることはありますし、実際に地獄に落ちた人間を今まで何人も私が救ってきました。

ここではバイナリーオプションで借金地獄に陥る理由とその解決策を、地獄帰りの投資家が暴露も含めて解説していきます。

バイナリーオプションの甘い罠に騙されないでください。そして本当の意味で勝ち上がっていけるバイナリーオプションの世界を知ってください。

そして今まさにバイナリーオプションで借金地獄にいる方、地獄の一丁目くらいまで足を踏み入れてしまった方、解決策もお伝えしますので絶対に見逃さないでください。

バイナリーオプションで借金が出来るってホント?

本当です。

理由は、バイナリーオプションは株式投資と異なり、無価値となってしまうケースもあるためです。

例えば、国内のバイナリーオプション会社でのラダーオプション取引で、日本時間午後2時の時点で1ドル106円00銭を上回れば、1口あたり1000円のペイアウト(受取金)を受け取ることができるトレードがあると仮定しましょう。

午後2時の時点で1ドル106円を上回っていれば、1口あたり1000円を受け取ることができます。しかし1ドル106円を下回ってしまえば、保有しているポジションは無価値となってしまい、1円も戻ってきません。

しかも、バイナリーオプションは1日あたり極めて短いスパンで判定時刻がやってきます。毎回多額の金額を投入してポジションを保有し、毎回損失を被り続ければ、簡単に手元の現金は0円となってしまいます。

それでもバイナリーオプションでトレードをしたいという場合は消費者金融などで借金をすることになってしまいますし、クレジットカードのキャッシングで借金する人もいます。

バイナリーオプション絡みで借金が出来る理由

バイナリーオプション絡みで借金が出る理由は、単純にバイナリーオプションにお金をつぎ込みすぎて勝率も上がらず、最終的に資金がパンクするだけの話です。

この辺りはパチンコや競馬で面白いように負け続けるのと同じようなイメージで、バイナリーオプションをギャンブルとして取り組んでいたり間違った手法でトレードを続けていると、生活費が底を尽きてどんどん借金地獄に陥ってしまうことになります。

では、具体的にどのような理由でバイナリーオプション絡みの借金が生まれるのか、ここから詳しく解説していきます。

資金管理が出来ていない

バイナリーオプションのトレードが原因で借金ができてしまう理由としては、まず一つに資金管理ができていないことが挙げられます。

資金管理とは、別の言い方をすれば自分のトレードの管理ともいえます。

例えば、いくら負けたらその日は撤退する、といったルールがない場合、際限なくお金をつぎ込んでしまうことがあります。そして、資金管理ができていないと、生活費など絶対に気をつけてはいけないお金にまで手をつけてバイナリーオプションにつぎ込んでしまうケースもあるでしょう。これこそが諸悪の根源です。

生活費を使い込んでいる

バイナリーオプションのトレードが原因で借金ができてしまう理由として、もう一つは生活費をバイナリーオプションのトレードに費やしてしまうことが挙げられます。

当初は、自分の余裕資金だけを使ってバイナリーオプションのトレードをするつもりでいたはずが、次々とトレードに失敗してしまって自己資金を喪失してしまい、冷静さを失い感情的になってしまうのです。

感情的になると、もはや歯止めがかかりません。そのようなケースでは、大切な生活資金をバイナリーオプションの口座に入金してしまい、なんとかお金を取り戻そうと考えがちです。内心では「すぐに10万円や20万円は稼ぐことができて、生活資金くらいは簡単に銀行口座に戻すことができる」と思っているのです。

ところが、そのようなトレーダーに限って、自分の余裕資金を失ったときと同じ方法や同じ考え方でトレードをしてしまうため、結局は生活資金も失ってしまいます。その結果、生活をしていくために銀行のカードローンや消費者金融から借金をせざるをえない状況に追い込まれてしまうのです。

借金で生活する状況に追い込まれないためには、余裕資金を失った時点で自分のトレード方法や考え方を冷静に振り返ることが重要です。

間違ったトレードを続けている

間違ったトレードを続けていると「穴の空いた桶に水を注ぎ込み続けるようなこと」が起こります。要するに、お金がどんどんなくなっていきます。間違ったトレードなので勝てることがほとんどありません。穴がふさがることもほとんどないわけです。

これはボートレースでも同じで、間違った方法で投票し続けていても、勝率を上げることはほぼ難しいと言えるでしょう。

例えるならば、進入固定レースで1号艇(最もインコース・レースの構造上最も有利)ではなく6号艇(最もアウトコース・レースの構造上最も不利)を軸として三連単で買い続けるようなイメージです。これでは勝率が上がるはずもありません。

バイナリーオプションの借金を回避する方法は?

バイナリーオプションで借金が発生することを回避する方法があります。

ここでは「まだ借金は発生していないが、このままいくと借金が発生しそうだ」というバイナリーオプショントレーダーの方のために、バイナリーオプション絡みの借金を回避する方法をまとめてご紹介していきます。

ルール遵守を徹底する

バイナリーオプショントレードを続けるために借金をしてしまう人の特徴として、トレードルールを持っていないことが挙げられます。

自分なりのトレードルールを作り、これを遵守することを徹底することで、自己資金の喪失を軽減させることが可能となりますし、バイナリーオプションのトレードをするために借金をする必要もなくなります。

トレードルールの具体例としては、

ポジションの損失額が30%を超えたら躊躇なく損切りする
ポジションの利益額が30%を超えたら躊躇なく利益確定する

といったことが挙げられます。

また、ポジションを持つタイミングを判断する指標として、

・時間足チャートや分足チャートにおいてテクニカル指標のMACDがゴールデンクロスしたときに買いポジションを持つ
・ローソク足が移動平均線の上側に出たタイミングで買いポジションを持つ

などのトレードルールを自分自身が確立させることも重要です。

これらのトレードルールの遵守を徹底すれば、自己資金を溶かして借金地獄に追い込まれるという最悪の状況を避けられます。

バイナリーオプションは投資であることを再認識する

バイナリーオプションは投資であることを再認識しましょう。というのは、バイナリーオプションをギャンブル的に扱ってしまっている人があまりに多いからです。

バイナリーオプションがは運が良ければ勝てるといったものではありません。きちんと根拠を積み重ねて勝てる時だけでエントリーを行う。これが理想型です。

コツコツと勝ちを積み重ねていって資産を形成するのがバイナリーオプションの本来の使い方です。この方法ではないトレードをしている方は、今すぐにバイナリーオプションは投資であることを再認識してトレードスタイルを変更しましょう。

トレード手法を変える

バイナリーオプションが原因で借金をしないためには、トレード手法を変えることも必要です。損失が続く場合は、トレード手法を変えることで運用成績が一変することも珍しくありません。

具体的に失敗しやすいトレード手法としては「イベントに乗じてエントリーする手法」
例えば日本銀行の金融政策決定会合の決定内容の発表前などにエントリーを行うことが挙げられます。

現在のようなコロナ不況の状況下では、日本銀行が追加の大規模な金融緩和策を決定すれば、一気にドル高円安が進むと想定できます。実際に、数年前に日本銀行が大規模な金融緩和策を決定したときは、数時間で3円ほど円安が進みました。

そのため先進国の中央銀行が金融政策の決定会合を持つときに、あらかじめ事前に自分が予想する方向でエントリーするトレーダーが多く存在します。

ところが、その手法は必ずしも成功するとは言えません。この手の予測手法はファンダメンタルズ分析と呼んだりしますが、これはFXや株式投資などの知識のある「ちょっと投資の知識がある系のバイナリーオプショントレーダー初心者」の方が陥りやすい罠です。

バイナリーオプションは、その他の為替取引や投資取引とは似て非なる独特の特徴があります。もしこの方法で勝率が上がらずにいるのであればファンダメンタルズ分析がうまく機能していないか、その分析がバイナリーオプションの投資判断にマッチしていない可能性が高いので、トレード手法を変えましょう。

生活スタイルを変える

バイナリーオプションが原因で借金をつくらずに済む方法として、現在の生活スタイルを変えるのも効果的です。

具体的には、これまでは日本時間の午前8時頃から午後4時頃までの時間帯を中心にトレードしていた生活スタイルを、日本時間の午後11時から翌日の午前5時頃までの時間帯にトレードする生活スタイルに変更するのです。

「これでは昼夜逆転ではないか」という人が多いと思いますが、実は日本時間の深夜は勝率を高めることのできる時間帯でもあるのです。逆に日本時間の昼間の時間帯は、利益が上がりにくい時間帯となっています。

その理由は、世界の通貨の中でもっとも取引されている通貨がアメリカドルであり、世界中の為替取引量の80%以上をアメリカドルが占めているためです。アメリカドルの本拠地はニューヨーク市場ですから、アメリカドルはニューヨーク市場が開いている時間帯にもっとも盛んに取引が行われます。

このため、ニューヨーク市場の開いている日本の午後23時頃から翌日の午前5時頃までは、もっともドル円の値幅が大きく動く時間帯となります。5分足チャートや15分足チャートでチェックしても、あきらかに値幅が大きく、あるときは30分程度の間に50銭もドル円が動きます。

また、もっと単純に言えば、生活スタイルを変えることでマインド的な心の動きも多少変わります。トレード手法を大きく変えなくても、生活スタイルを変更するだけで、利益を得る機会は増大すると言えるでしょう。

バイナリーオプションで作った借金の解決法は?

すでにバイナリーオプションで借金を作ってしまった人、そして今現在進行形で借金の督促に困ってしまっている人、それでもやっぱりバイナリーオプションやめられないという人、そのような人々のためにここではバイナリーオプションで作ってしまった借金の解決法をご紹介します。

債務整理

続いては、バイナリーオプションが原因で作ってしまった借金を解決する方法をご紹介していきます。

現在返済が困難な借金がある場合には、債務整理が有効です。債務整理とは「借金総額を減らすこと」をいいます。

「債務整理=自己破産」と思う人も多いのですが、実はそれだけではありません。ここでご紹介するように債務整理には“レベル“があります。

レベルが低いものであれば、下手したら家族にすらバレないほどマイルドかつ効果的に借金を整理することも可能です。

任意整理

任意整理とは、消費者金融やクレジットカード会社と任意で交渉して、

借金の支払いを一時的にストップしてもらう
毎月の返済金額を少し低くしてもらう

といったことを話し合いで決める債務整理の方法で、一般的には双方とも弁護士を立てて交渉をおこないます。

任意整理のメリットは、双方が借金減額に合意した場合に「官報」に掲載されないことです。自己破産など裁判所を通した債務整理をおこなった場合には、官報に氏名や住所が掲載されてしまいますが、任意整理の場合は官報に掲載されないため勤務先などにバレずに済みます。

また、一般的に任意整理が成立した場合には借金総額は30%程度に減額され、残りの返済期間は3年から5年程度に短縮されることもメリットとして挙げられます。

任意整理とは、借金を抱えた人が人生の再出発をするための制度です。交渉後にあらためて設定された返済期間の間に返済可能な金額を支払っていけば良いため、任意整理が成立したあとは無理なく完済できます。

個人再生

個人再生とは、裁判所に個人再生という手法の債務整理を申し立て、裁判所に個人再生の計画書を提出して認可してもらう方法です。

個人再生は、バイナリーオプション取引を原因とする消費者金融などからの借金以外に、数千万円の住宅ローンを抱えている人にメリットがあります。その理由は、債務整理の範囲を消費者金融からの借金のみに限定することが可能なためです。

多額の借金を抱えて毎月の返済に困ってしまっている人でも、所有している住宅だけは何としても手放したくないと考えている人は少なくありません。そのような人たちにとって最適な債務整理の手法が、この個人再生なのです。

しかし、個人再生にはデメリットもあります。それは、個人再生が裁判所から認められた時点で、官報に氏名と住所が掲載されてしまうことです。

そのため、例えば「個人再生をしたあとに転職をし、転職先の会社から探偵社を利用した身辺調査をされた」という場合には、自分が債務整理をしたことが会社にバレてしまうリスクがあります。

また、個人再生をおこなうと、通称“ブラックリスト“と呼ばれるJICCなどの信用情報機関に登録されてしまいます。そのため、個人再生をしたあとは金融機関から借金をすることができませんし、携帯電話の端末を割賦払いで購入することもできなくなってしまいます。

ただし、任意整理ではどうにもならないほど大きな金額の借金をバイナリーオプションで背負ってしまった場合は、個人再生も一つの選択肢として覚えておきましょう。

自己破産

自己破産は、弁護士をとおして裁判所に自己破産を申し立て、裁判所が免責を決定することによって成立します。

自己破産のメリットは、自己破産の申し立てを裁判所におこなった時点で借金返済の義務から免れられることです。そして、自己破産について裁判所から免責の決定がなされると、正式にすべての借金返済の義務がなくなります。

このように、借金の返済をしなくても済むことになるという点が自己破産の最大のメリットです。

ただし自己破産をおこなうと、今後3ヶ月分程度の生活費を除いたすべての資産を処分し、債権者である金融機関に借金返済の一部に充当しなければなりません。

つまり自己破産後は、所有している住宅や車、高価な絵画といったあらゆる資産を失うことになり、これまで積み重ねてきた人生を一からやり直さなければなりません。

さらには、自己破産をすると信用情報機関のブラックリストに登録されるため、しばらくの間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりキャッシングをすることができません。

また、自己破産が決定すると、官報に氏名と住所が掲載されるという点もデメリットとして挙げられます。特に近年はインターネット上に”破産者マップ”などというサイトが作られるケースもあるため、自分が自己破産したことが世間に知られやすい状況となっています。

このように、自己破産には多数のデメリットがありますが、総額としてだいたい4桁万円くらいの借金を背負ってしまうとこの自己破産くらいしか解決策がない場合がほとんどです。

断捨離

バイナリーオプションが原因で作ってしまった借金を解決する方法として、もう一つ「断捨離」もあります。ここでいう断捨離は、ただ身の回りにある不要な品々を処分するだけではなく、それらを売って現金化することです。

時間をかけて身辺を整理してみると、意外に金銭価値の高い物品が見つかりことがあるものです。例えばJRが発行していた「オレンジカード」やNTTの「テレホンカード」などの金券は、現在ではかなり希少価値のあるものとして扱われています。中でもオレンジカードは製造が中止されいるため、金券ショップに持ち込めば額面の数倍の価格で買い取ってもらえるでしょう。

また、借金問題まで抱えてしまったバイナリーオプションのトレードについて冷静に見つめなおすという意味でも、断捨離は必要不可欠と言えます。断捨離をおこない、あらためて自分の身の回りをすっきりさせることで、今までの思考回路をいったんリセットしたり、生活スタイルをシンプルにすることができるのです。

具体的に処分するべきものは書籍です。バイナリーオプションや株式投資、FXトレードなどに関する書籍を断捨離することで、自分の頭の中で固定されてしまっていたトレード手法を白紙にすることができます。

自室にトレードに関する書籍がいっさいなくなった後、まっさらの状態となった自分の頭の中で懸命に思考を巡らせれば、これまでは思いつかなかった新しいバイナリーオプションの考え方が開けてくるでしょう。

クレカ解約

バイナリーオプションをきっかけに作った借金を解決するには、クレジットカードを解約することも有効です。

日本国内のバイナリーオプション会社では自分の口座にクレジットカードを利用して入金することはできませんが、海外のバイナリーオプション会社はクレジットカードを利用して自分の口座に入金することが可能です。

そのため、海外のバイナリーオプション会社で口座を開いてトレードをおこない、損失を繰り返すたびにクレジットカードから入金する人が多く存在します。

このようなケースでは、クレジットカード会社に対する借金が膨らむ一方です。また、このようなトレードをおこなう人には、日常の買い物でもクレジットカードで多額のショッピングをする傾向があります。リボルビング払いを利用する人も珍しくありません。

そこで借金癖をなくすために、思いきってクレジットカードを解約してしまうのです。

クレジットカードを持てなくなると、クレジットカードを使ってバイナリーオプションの口座に入金することはできません。そうすると、これまでとは一変して冷静な思考を持つようになり「いままでのような思いつきのトレードをしていてはダメだ。理論的に売買の判断をくだせなくてはダメなのだ」という考えが生まれてきます。

もちろんショッピング枠の債務残高が残っている場合は今すぐ解約というわけにはいきませんが、まずはクレジットカードを解約するのだという強い意志を持つことが重要です。そして、日々の仕事を頑張って貯金をしたり、副業をもって収入を増やすなどして、クレジットカード会社への借金完済を目指しましょう。

借金しなくてもバイナリーオプションで勝てる方法ってあるの?

ここまでご覧いただいたとおり、借金問題に発展するとするとバイナリーオプション取引どころの騒ぎではなくなります。

では、借金をしなくてもバイナリーオプションで勝ち上がっていく方法はあるのでしょうか?
もちろんあります。

バイナリーオプションで勝ちたいのであれば、その方法を最初から知っている人間に教えてもらえば良いのです。

では、実際にバイナリーオプションで勝ち上がっている人間はどこにいるのでしょうか?

ここにいます。

通常、バイナリーオプション投資家はバイナリーオプションの技術や勝ち方、マインドセットなどを1時間7万円以上の高額なプライベートレッスンで教えることが多いのですが、私は彼らがお金を取って教えているような内容を全て無料でお教えしています。

なぜお金を取らないのか、それには深い理由があるのですが・・・それは私の出版した電子書籍でお読みいただければ、はっきりとご理解いただけるはずです。

まずは私とLINEで繋がりましょう。

そして私から様々な情報を無料で手に入れてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder