バイナリーオプション

バイナリーオプションで騙しを回避!ダマシの仕組みと対策を徹底解説

バイナリーオプションでは、初心者から上級者まで「騙し」による悩みを抱えていることがよくあります。

特に初心者の頃には、騙しに遭うのが怖くてエントリーできなかったり、エントリーしても連続で騙しに足元をすくわれてしまったりしがちです。

しかし、騙しが起こる仕組みを理解して適切なテクニックを身につければ、回避する対策を立てることはできます。

この記事では騙しを基礎からわかりやすく説明し、実践的に回避するための方策を紹介します。これから取引の成功率を上げられるように、深く理解しておきましょう。

バイナリーオプションにおける「騙し」とは?

バイナリーオプションで騙しが起こるのは、テクニカル分析をしているときです。

テクニカル分析はこの先の相場の動きを予測するために行います。売買のサインが出たときにエントリーして勝ちに行くというのが基本ですが、サインが出ているにもかかわらず想定とは逆の値動きを起こすことがあります。

この現象が騙しと呼ばれていて、確信を持ってエントリーしたはずなのに外れてしまう厳しい状況を生み出します。

インジケーターを使っていて反発のシグナルが出たのに、反発せずにそのままトレンドが続くのが騙しの典型例です。

バイナリーオプション取引の勝率を上げるためには騙しを回避することが不可欠です。騙しが起こる仕組みから理解して、適切な対策を講じられるようになりましょう。

【騙し回避のための基礎知識①】バイナリーオプションのチャートはどのように形成される?

騙し回避をできるようになるためには、まずバイナリーオプションのチャートがどのようにして形成されているかを把握することが必要です。何が要因で値動きが起こっているかがわからないと騙しの分析はできません。

ここでは具体例として「レジスタンスラインでブレイクしたと見せかけて価格が戻ってくる」場面を挙げて解説します。

チャート形成の背景にあるもの

始めに、チャートが形成されるときに何が背景に隠れているかを理解しておきましょう。

そもそもチャートは価格を表すもので、機関投資家や企業などが通貨のトレードをすることでチャートが動いています

「レジスタンスラインでブレイクしたと見せかけて価格が戻ってくる」という場面では、以下のような売り買いが起こっていると考えられます。

サポートライン付近では・・・

値上がりが起こることを予想して買いポジションを取ろうと考える人たちがいます。この人たちは価格が上昇してレジスタンスラインにかかる辺りで売り注文をして決済をするのが基本です。すると通貨は売られていくので、価値が下がる方向に動きます。

レジスタンスライン付近では・・・

反対にレジスタンスライン付近にいる人たちは、値下がりを起こすことを予想して売りポジションを取ろうと考えています。この相加効果によって、価格の下落が加速されることになります。

このような売買がレジスタンスライン、サポートラインの両方で繰り返されていることにより値上がりと値下がりを繰り返すジグザグのチャートが形成されています。

つまり、チャートとは投資家たちの売買の心理によって形成されているものなのです。

ラインのもつ影響力も反映される

もう一つ押さえておきたいチャート形成の基本として、ラインの影響力があります。

ラインの影響力とはそのラインが現状の相場において「どのくらいトレーダーから重視されているか」ということです。

仮にレジスタンスラインを2本引くことができたときに、上にあるラインの方が相場への影響力が強い場合には、上のラインにチャートの動きがコントロールされます。

基本的にはトレーダーがどれだけそのラインに注目しているかによってラインの影響力が変わり、わかりやすいラインほど影響力は大きいものになります。

チャートへの影響力が強く、大きな圧力を生み出すラインとして、

押し安値や戻り高値を通るライン
最高値・最安値(天井圏・底値圏)

といったポイントは多くのトレーダーが重視しています。

このようなラインの影響力が強いことを加味してライントレードをすると、チャートの動きを読みやすくなります。ラインについては別の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で...

【騙し回避のための基礎知識2】バイナリーオプションで騙しが起こるメカニズムを分析

騙しが起こるときには、何かしら理由があると考えましょう。何の要因もないのに突然騙しが発生することは基本的にはありません。

騙しのメカニズムをきちんと分析して理解してみると回避策を考えられるようになります。トレーダーによる売買の考え方がチャートを形成していることを踏まえて、騙しがなぜ起こってしまうのかを考えてみましょう。

ライン付近で起こっていること①

騙しはライン付近で起こりやすいのが特徴なので、まずはライン付近で起こっていることを詳しく見てみましょう。

Aの投資家たちは・・・

Aの人たちはサポートラインのところで買いポジションを取り、価格が上昇するのを待っていました。そのため、Aの人たちは価格が上昇して影響力が強いレジスタンスライン付近に到達して最大値になりそうなタイミングを狙って売り注文を出します。通貨が売られると価格は下がるのでチャートは下向きに動くことになります。

Bの投資家たちは・・・

Bの人たちはチャートを見てみるとレンジ相場だと判断して、レンジ相場からのブレイクを狙っていました。Bの人たちはレジスタンスラインを超えたときにはブレイクしたと判断し、レジスタンスライン付近を割って次の反発が起こるタイミングを狙って買い注文を入れます。すると、通貨が買われていくのでチャートは上向きに動くと考えられるでしょう。

このようにしてサポートラインで買い注文をしてポジションを取っていたAの人たちと、レンジ相場として見てブレイクを狙って買い注文をしようとしていたBの人たちの売買の動きが拮抗することになります。

このバランスのどちらが強いかによって次に価格が上昇するか、下落するかが決まります。トレーダーによって取引スタイルも違うので、どのような形で動くかはケースバイケースになり、騙しが発生する可能性が生じるのです。

ライン付近で起こっていること②

レジスタンスライン付近では、もう一つのパターンとして新規の売り注文をするCの人たちもいます。

これは新規の売り注文をして値下がりを期待し、買い注文で決済することによって利益を得ることができるからです。この場合にはレジスタンスラインによって反発が起こると予想していたことになります。

このような判断の違いはチャートの時間足の選び方によって生まれる傾向があります。仮にこのローソク足のチャートが15分足だった場合、もっと時間足が長い1時間足に切り替えてみるとローソク足の形は「トンカチ」の形状になります。

トンカチとは

チャート分析のときによく着目されているローソク足のパターンで、トンカチがあると「ここから価格が下がっていく」と判断するのが基本です。

FX取引をしているトレーダーは時間足として1時間足や4時間足を使っています。バイナリーオプションの場合にはもっと短い時間足を使うことがよくありますが、価格に大きな影響を与えているFXトレーダーが見ている長めの時間足で見ると、典型的なパターンが発生しているのがわかる場合も多いのです。

Cの人たちの売り注文が入ると、通貨の価格は下がっていくことになります。すると、Bの買い注文を入れた人たちはブレイクして価格が上昇すると予想したのが間違いだったのに気付き、損切りで売り注文を入れます。

これによってさらに価格の下落が加速することになり、レンジ相場に戻るというのが典型的なチャートの動きです。

損切りによる影響

損切りの影響について、もう少し深く掘り下げておきましょう。

レンジ相場からのブレイクを期待して買い注文をしたBの人たちは、同じポイントで損切りをするわけではありません。通常、FXトレーダーは自分なりの損切りラインを設けていて、そのラインを下回ったときに売り注文を出して損切りします。

損切りラインが集中していれば、そのラインに価格が触れた瞬間に多くの売り注文が入って明らかな価格の下落が起こるでしょう。しかし、損切りラインがまばらに分散しているときには明確な価格の下落を起こす原動力にはなりません

下落してレンジ相場に戻ってきたのが騙しだと判断してポジションをキープしたり、買い増しをしたり、レンジ内の想定内の値動きを判断して様子を見たりするなど、トレーダーによって起こす行動は様々です。

その結果として、

一時的な反発が起こる
もみ合いになってライン付近で一時的な価格の停滞が起こる

などといった現象も散見されます。

そのため、損切り注文が分散しそうなときには値動きが荒れるリスクが高いと判断するのが賢明です。バイナリーオプションでは判定時刻の瞬間における価格を予測しなければならないので、荒れているときにはリスクが高いと考えざるを得ません。

肝心なのは損切りが重なるかどうかを見極めることです。誰が見てもわかりやすいラインに損切り注文が重なる傾向があります。損切りが重なると下落が加速されるので、ここでローエントリーをすれば当たる可能性が高いと考えられます。

バイナリーオプションで騙しを回避するための対策

ここまでテクニカル分析で騙しが発生するメカニズムとあわせて回避策についても少し言及してきましたが、バイナリーオプションで騙しに遭わずにトレードするためにはもっと具体的な対策を合わせていくことが大切です。

ここではダマシ回避のための対策として重要なものを解説します。リスクヘッジのために何をしたら良いかを押さえておきましょう。

相場参加者が多いタイミングでエントリーする

相場参加者が多いときには騙しを回避しやすいので、バイナリーオプション取引をするのに適しています。取引をしているトレーダーが多いとイレギュラーが起こりにくいからです。

例えば、レンジ相場からのブレイクアウトが起こると多くのトレーダーが予想したとしましょう。そのトレンド通りの取引が次々に行われるので、反対方向に向かう取引をするトレーダーがいたとしてもあまり大きな影響が起こりません。トレンドをフォローする注文が圧倒的に多くなるからです。そのため、相場の反転が起こらずにトレンドが形成される方向で進みます。

つまり「長い物には巻かれろ」という形で多くのトレーダーが同じ取引をするので、相場の動きがはっきりしやすいのです。

相場参加者が多いタイミングとは

相場参加者が多い時間帯としてはロンドン市場・ニューヨーク市場が開いた直後が挙げられます。さらに米国雇用統計などの重要な経済指標が発表された1時間後くらいまでの時間帯も、取引が活発になると覚えておきましょう。

なお、米国雇用統計を狙った取引については以下の記事で詳しく解説しています。

バイナリーオプションは雇用統計で勝つ!基礎知識から攻略法まで解説バイナリーオプションでは「今、社会で起こっていること」に注目してチャート分析を行うトレーダーがいます。政治や経済の動向に合わせて為替レー...

複数の指標を組み合わせる

あるインジケーターやローソク足を見ていて「売買サインが出てきたから即エントリー」というやり方は騙しに遭いやすいので気をつけましょう。

複数の指標を合わせて根拠を増やし、確証を高めてからエントリーするのがバイナリーオプションの基本です。この原則を外してしまうとかなり騙しに遭って苦労するリスクが高いので注意しましょう。

テクニカル分析では、信憑性が高いサインを見つけられることがよくあります。チャートを見ているだけではわからないことも、インジケーターを使えばはっきりしてくるでしょう。しかしインジケーターを使って値動きを読み取れるようになると、つい信じすぎてしまって一つのサインでエントリーしてしまいがちです。

ただし、あまり多く組み合わせるとエントリーチャンスを失ってしまうため、3つを上限の目安としておくとスムーズに取引ができるでしょう。

トレンド系とオシレーター系の指標を使い分ける

複数の指標を合わせるだけでなく、個々の指標についても意味をよく理解して使い分けていくことが騙し回避対策には欠かせません。

インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」があって、性質がまるで異なります。使うべきタイミングを見誤ると騙しに遭いやすいので気をつけましょう。

インジケーターの分類

トレンド系インジケーター:主にトレンド相場で有効
移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・パラボリック など
オシレーター系インジケータ:主にレンジ相場で有効
RSI・CCI・・MACD・ストキャスティクス など

トレンド相場ならトレンド系インジケーター、レンジ相場の動きを見極めるにはオシレーター系インジケーターを複数組み合わせると良いでしょう。

相場状況によってはトレンド系とオシレーター系を組み合わせるのも有効です。各インジケーターの弱点を補完するという発想で組み合わせていくと、騙しのリスクが低減されます。

相関関係にある通貨を同時に分析する

バイナリーオプション取引に使う通貨の選び方も騙し回避には重要なポイントで、相関関係にある通貨を同時に分析すると根拠がはっきりとしてきます。

通貨によっては値動きの仕方が似ているので見比べてみましょう。代表的なのは以下に示すような同じエリアの通貨です。

同じエリアに属する通貨

北米:米ドル(USD)・カナダドル(CAD)
オセアニア:豪ドル(AUD)・NZドル(NZD)
アジア:日本円(JPY)・香港ドル(HKD)
ヨーロッパ:ユーロ(EUR)・英ポンド(GBP)・スイスフラン(CHF)

また、各国の経済に大きな影響を与える指数との関連性も考慮すると良いでしょう。

例えば、資源国のオーストラリアやニュージーランドの通貨は、金の価格や原油の価格に影響されやすい傾向があります。このような形で相関を見出すと一緒に見ておくべきチャートがわかり、勝率の高いエントリーを行えるようになります。

以下の記事で主要な通貨の特徴を詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションで勝ちやすい通貨ペアはどれ?通貨選びの基礎知識からおすすめの組み合わせまで徹底解説バイナリーオプションの取引をするときには、通貨ペアを選ぶことになります。どの通貨ペアが良いのかがわからず、バイナリーオプションを本格的に...

バイナリーオプションのインジケーターの騙しを回避する方法は?

先述したとおり、インジケーターの組み合わせるのは、騙し回避に効果的です。

ただ、少し詳しい人になるとインジケーターにも騙しがあるのを知っているでしょう。特にオシレーター系インジケーターでは騙しがよくあると言われていますが、この対策はどうしたら良いのでしょうか。

ここではインジケーターの騙しを攻略する方法を紹介します。

サインはあくまで「目安」と心得る

インジケーターによって示されている状況は、あくまで目安でしかないと心得ましょう。

オシレーター系インジケーターは所詮「買われすぎ」か「売られすぎ」かを示すサインに過ぎません。インジケーターの種類によって着眼点は違いますが、価格の動きの一面を見て買われすぎか売られすぎかを判断できるように作られています。

そのため、エントリーできそうな状況だというサインにはなりますが、確証を取れるわけではないのです。

【例】RSIを使った場合

RSIは70%以上なら買われすぎで反発が起こると考えるのが一般的です。しかし、強いトレンドが発生している相場では100%に張り付いてしまいます。このタイミングで逆張りをしてもあまり勝てる見込みはありません。

極端な例ではありますが、1つのインジケーターでは見えている部分が狭いので、騙しに遭いやすくなります。複数のインジケーターを使って不足を補うことにより、騙しを回避するようにしましょう。

合わせ技で騙し回避率をアップ

インジケーターの数を増やして組み合わせれば、値動きに影響する要因を多角的に見られるので、騙しに遭うリスクは低減されます。ただ、どういう合わせ技をしたら良いのかがわからずに悩んでしまうことも少なくありません。

オシレーター系インジケーターの騙しが怖いなら「ボリンジャーバンド」を使いましょう。

ボリンジャーバンドはオシレーター系インジケーターと併用すると相場の方向性が見やすくなり、反発が起こるラインがどれかも見極めやすくなります。

MT4を使えば複数のインジケーターを同時表示できるので、ボリンジャーバンドと気になっているオシレーター系インジケーターを表示して騙しを回避していきましょう。

お使いのパソコン環境でMT4が使えない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

MacでWindowsを動かす方法5選【無料版と有料版のソフトを紹介】バイナリーオプション取引はMacユーザーにとって不利なのではないか、と思っている人もいるでしょう。確かに有用なツールを調べてみると、Wi...

ダイバージェンスにも騙しはある

オシレーター系インジケーターを使うときには「ダイバージェンス」を狙うトレード方法もよく選ばれています。

ダイバージェンスとは

価格の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行する現象のことで、市場が向かいたい方向と価格の状況がずれていることを示唆しています。「価格は上がっているのにインジケーターは下がっている」というのが典型的なダイバージェンスです。

チャート上でダイバージェンスが確認されたときには、トレンドの転換が起こると予想できるので、本来であれば逆張りでエントリーすれば勝てるというサインと考えられます。

ただ、実際にはトレンドが継続してしまうこともあるので、ダイバージェンスを見ただけでエントリーするのは禁物です。

ダブルトップ・ダブルボトムやヘッドアンドショルダーなどのようなトレンド転換のパターンが出ているかもあわせて見てみると確度が高まるでしょう。

プロ直伝!バイナリーオプションで騙しを回避する最強手法

ここまで騙しの回避対策を色々と紹介してきましたが、もっと実践的な方法を知りたいという人もいるでしょう。

ここからはプロトレーダーの私、西条の騙し回避術を動画で詳しくご紹介します。インジケーターの組み合わせによる最強手法を、どうぞご覧ください。

ボリンジャーバンドとRSIの応用でダマシを回避

ダマシの回避にはボリンジャーバンドとRSIという、トレンド系とオシレーター系インジケーターを組み合わせる手法が効果的です。

「ダマシ回避率100%」を誇るこの手法は、1分足逆張りでエントリーするときに適しています。1分足チャートの分析で100%回避なんて無理だと思う人は、この動画を見てみましょう。ボリンジャーバンドとRSIを応用するとダマシを回避できるロジックまで、わかりやすく解説しています。

実際にエントリーしてから取引が終了するまでの様子も公開しているので、ぜひあなたの目でこの攻略法の信頼性を確認してみてください。

移動平均線+CCI+αでダマシを回避

複数のインジケーターを組み合わせてダマシのリスクを低減させるのは鉄板手法ですが、移動平均線とCCIだけでは心もとないでしょう。ここにもう一つのインジケーターを追加することで、さらに高確率で騙し回避が可能になります。

動画ではエントリーポイントの見分け方も詳しく説明しているので、同じパターンが出てきたら試してみましょう。私はこの方法をマスターして、一日で10万円も稼いだことがあります。

よく行われている15分足チャートの分析なので、覚えておくと日常的に活用できます。バイナリーオプションで稼いでいくなら習得必須ともいうべきテクニックです。

バイナリーオプションで騙し回避の確度向上を目指すならプロの力を借りてみよう

バイナリーオプションでは、騙しが起こるためになかなか勝率が上がらずに苦しんでいるトレーダーが多くいます。FXと違って通貨の売買によるトレードを経験したことがなく、チャートの動きについてのイメージを持てていないのも原因の一つかもしれません。

この記事を通して、チャート形成の背景や騙しのメカニズムを理解できたら、今後はダマシを回避するための方策を自分なりに考えていくことができるでしょう。

しかし、騙しを難なく回避できるようになるまでには、何度も騙されて悔しい思いをしなければならないかもしれません。

かく言う私も、幾度となく騙しに遭ってきました。今でこそ100%近い確率で回避できるようになりましたが、勝ち続けるまでにかなりの努力が必要だったのは事実です。

そんな苦い経験をしたからこそ、同じように悩み苦しんでいる人にお教えできることがたくさんあります。気になる方は、以下の画像をクリックしてLINEでつながってください。

LINE登録をしていただいた方には、私の経験則に基づいた常勝のノウハウを特別にお届けします。これから高勝率のトレーダーを目指すなら、きっとお役に立てるはずです。

もちろんお金はいただいておりません。
どうぞお気軽にご連絡ください。

まとめ

騙しのせいでせっかく分析したのに大損したという失敗は、初心者に限らず上級者でもやってしまう場合があります。騙し対策は早い段階から始めて、自分なりのノウハウを蓄積していくことが重要です。

ただ、経験則がものを言うので、高い確度で回避できるようになるには時間がかかってしまうこともあります。取引の成功率を上げて早く稼げるようになるためにも、プロの知識やテクニックを教えてもらえる環境を作りましょう。

私のLINEではプロのノウハウが詰まった情報をお届けしています。ブログや動画ではご紹介していない限定情報を、ぜひ手に入れてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら