バイナリーオプション

【バイナリーオプション1時間取引】おすすめの攻略法は?プロが忖度なしで教えます

バイナリーオプションには、短い時間の取引と長い時間の取引が2つあります。1時間取引は、その中でもやや長めの取引時間に分類されます。そして、ほぼ人気ナンバーワンと言えるほど人気の取引時間でもあります。ここでは、バイナリーオプション1時間取引についてプロの投資家が、業界やその他への忖度一切なしでおすすめの攻略方法から、ぶっちゃけ、1時間取引に向いていない人の特徴まで幅広くご紹介していきます。

バイナリーオプションの1時間取引を攻略する方法

バイナリーオプション1時間取引は、いくつかの攻略法を適用可能です。そしてそのほとんどは、FXをはじめとする外国為替取引や、それよりももう少し長い期間で取引をするような投資での手法が流用可能といってよいでしょう。

つまり、バイナリーオプション取引の中でも比較的長めの時間が設定されていますので、短い時間の取引と比べると、より投資の本質的な手法が使えるというわけです。他の投資商品や金融取引を経験したことがある方であれば馴染み深いケースも多いことでしょう。

一般的にバイナリーオプションの攻略法といえば、ギャンブルの必勝法!みたいな扱いを受けることが多いのですが、特にバイナリーオプションの1時間取引についてはこういった刹那的な方法は逆に使い勝手が悪いと言わざるを得ません。バイナリーオプションの取引時間が違えばもちろんそれぞれの時間に合わせて、おすすめの攻略法も変わってくるというわけです。

ここは、バイナリーオプション1時間取引を攻略する「忖度なし」の攻略法ですので、もしかしたら他のサイトには掲載されていない情報もある可能性があります。

転売機能をうまく使って損を小さくし、利益を確実にする

1時間取引の場合、転売機能をどれだけうまく使えるかによって勝敗や収益が大きく変わってくると言えます。転売は主に海外のバイナリーオプション業者のうちハイローオーストラリアなどの業者で提供されている機能です。転売機能を使うことにより取引時間が満了するまでの間に、取引を早期強制終了することができます。ちなみにこの転売は1時間取引の場合、かなり有利に働くことになります。

また特筆すべき内容として、転売機能は二通りの使い方ができます。特に1時間取引の場合、一方向の使い方ではなく双方向で転売機能を使うことにより、利益がより確実なものになると言えます。

転売機能は使い方その1として、勝利が確定している段階で転売を行うという使い方ができます。これにより、判定時刻が来るまでの間ハラハラドキドキすることなく、勝利が確定している段階で確実にペイアウトを受けることが可能です。

ただし、これは判定時刻が遠ければ遠いほど、当然のことながらペイアウト率が低い水準で推移します。出来る限り判定時刻ギリギリに近づくまで引っ張ってから転売を行うのがベストですが、理論上はペイアウト率1.1倍でも付いていれば利益が確定しますので、このあたりもうまく組み合わせて使うようにしたいところです。この使い方は、利益を確実にする方法のひとつです。

そしてもう一つの転売機能の使い方が、損を最小限に食い止め、傷を深くしないということです。先ほどは利益を確実にするためにペイアウト率1.1倍以上の段階まで引っ張ってから転売を使用することをお勧めしましたが、反対にペイアウト率が1.0倍を切っている段階で「損切り」の意味で転売を使うこともできます。

例えば、これからトレンドが上がってくると判断してHIGHエントリしたにも関わらず、そのトレンドの波が思ったよりも弱く、このまま行くと1時間の判定時刻が来る頃にはLOWに進んでしまう可能性の方が強い状況を想像してください。

この時、エントリーして15分後ぐらいにこのままいくと間違いなく「まずいこと」になりそうだ、と判断するのであれば、15分の段階で転売を利用するのです。もちろん、ペイアウト率は状況にもよりますがほとんどの場合1.0倍を割り込んでいます。つまり、損が出る状況です。

ただしこの方法を使うことにより、負ければ0になってしまう資金をいくらかでも残すことができます。バイナリーオプションはギャンブルではなく投資なので、複数の取引の積立が何よりも重要となります。そのため、トータルでの収支をマイナスにしないためには、このように損切りを行うことも重要です。

よくバイナリーオプションは損切りができないと言われますがそんなことはありません。取引時間が短すぎると利用できないケースもありますが、1時間取引であれば問題なく転売を利用することができます。一部のバイナリーオプション業者に限定はされるものの、転売を利用することで損切りのようなことができます。

「ロンドンフィックス」を利用した逆張り

通貨ペアによっては、欧州の通貨の基準レートによって大きな相場変動が起こるケースもあります。その基準レートの代表的なものがロンドンフィックスです。このロンドンフィックスが発生すると、何かにつけて相場が変動することが考えられます。大きくひとつの方向に値動きが発生した場合は、逆張りをすることで勝率をアップさせられる可能性があります。

ただし、ロンドンフィックスは相場の動きが大きくはなるものの、どの方向に動くかは不透明なケースも多く、1時間取引であれば転売機能などを利用しつつ様子を見ながら取引をした方が良いでしょう。

トレンドに乗じた順張りエントリー

1時間取引では、正攻法であるトレンドに乗じた順張りエントリーも攻略法の一つとすることができます。一般的にトレンドを利用した順張りのエントリー手法は短い取引期間のみで利用できると思われがちですが、それがそうでもありません。

重要な経済指標が発表される時など相場が荒れやすい時間帯を除き、トレンドがしっかりと形成されているタイミングであればトレンドフォロー作戦は十分に効果を発揮することでしょう。

例えば、ボラティリティが平均レベル、またはやや活発くらいの通貨ペアと時間帯を見つけ、緩やかなトレンドが形成された段階で順張りエントリーを行うという方法があります。ボラティリティがそこまで活発でない場合は相場の変動も急激になることがなく、緩やかに推移することが考えられます。こういったタイミングで形成されるトレンドは崩れにくく安定していますので、トレンドフォローには向いていると言えるでしょう。


その他、現在の状況がトレンド相場かどうかについてオシレーター系指標などを利用して把握することにより、崩れにくいトレンドを探し当てることもできるでしょう。

いずれにしてもトレンドがしっかりとしたものであれば、安定して順張りエントリーをすることにより勝率をアップさせることが可能となります。ただし、1時間という長い時間軸の中でトレンドが形成されていくような大きな山を見る必要があるので、いくつかの分析手法は必要となります。

30秒などの超短期取引の場合は一瞬で発生するトレンドなどもあるので特段のテクニックなどを必要とせず、直感的な戦い方もできますが、1時間の時間軸ともなればトレンドは根拠のある大きなものがメインとなります。そのため、分析が必要というわけです。

どうしてもトレンドフォローと言うと刹那的なものを想像してしまいがちですが、そもそもトレンド相場というのは1時間単位でしっかりと安定して継続するものもあります。短い時間帯の取引と1時間の時間軸では追いかけるべきトレンドの山や安定性は異なると肝に銘じておきましょう。

色々な時間のローソク足を見る

バイナリーオプション1時間取引の勝率をアップさせるなら、色々な時間のローソク足を見ましょう。意外かもしれませんがこれが勝率をアップさせる鍵となります。

というのも、1時間取引の場合はより確度の高い根拠を持ってエントリーをすることが勝率アップに直結します。そのため、現在のチャートを見てどのような相場になっているのか確認することは極めて重要というわけです。1時間軸だけで相場を判断しようとすると、細かいところでトレンドの転換などを見逃す可能性が高く、場合によっては1時間で切り取ってみるとトレンド相場だったにも関わらず、もっと大きな時間軸で見ると実はそれがレンジ相場だったという可能性もあるわけです。

ことがあるこのようなことがあると勝率もダウンしてしまう可能性があります。そこで、対策を取る必要があります。その時に役に立つのが他の時間軸でのチャートの動き方やローソク足となります。

他の時間帯でのローソク足の動きを読みつつ全体的にどのような相場にあるのかを見極めることで、より根拠をもってエントリーをすることができるようになります。もちろん、短い時間帯や細かいチャートを確認するのも重要であり、同様に1時間よりも大きな時間軸でローソク足をチェックするのも重要です。

バイナリーオプションの1時間取引の特徴

バイナリーオプションの1時間取引にはいくつかの特徴があります。ここでは、人気の取引時間ではあるものの、それが故に実はあまり誰も詳しく書いていない、バイナリーオプション1時間取引の特徴についてご紹介していきます。

さらにここでは踏み込んでバイナリーオプションの1時間取引を活用するメリット、そしてデメリットもご紹介します。また、バイナリーオプション1時間取引は残念ながら向き・不向きが存在します。この辺りについてもご紹介しておきますので保存版としてご覧ください。

バイナリーオプションの1時間取引は特徴として、良くも悪くも動き方が他の時間軸に比べて緩やかだというポイントがあります。つまり、1分取引や30秒取引などの場合はすぐに結果が出ますし、判定時刻が極めて短いため、エントリーから1秒たりとも気を抜くことができません。そのため、エントリーをしてからするまでの間、張り付いていなければならないというケースもあるでしょう。

ラスト1秒まで気を抜けないのが他の時間軸の特徴ですが、バイナリーオプション1時間取引の場合は、そもそも1時間という比較的長い時間で取引が決まることになりますので、最後の1秒・最後の1分で勝負が分かれるということはほとんどありません。大きな波で判定を行うことが基本中の基本のため、ラスト数分で勝ちが確定していれば、慌てて転売などをする必要もなくそのまま勝ちを確定させることができます

メリット

1時間取引のメリットをご紹介していきます。

まずなんといっても、動きが緩やかであるため、しっかりと安定したトレンドの山あるいは谷が形成されている時には、勝率をアップさせやすいというメリットがあります。

これが極めて短い時間での取引になってくると、どうしても途中で相場の反転などが発生して負けてしまうケースもあるでしょう。しかし1時間取引の場合は緩やかな動きと緩やかな判定ですので、トレンドの山・谷さえしっかりと安定していれば順張りで問題なく勝率を積み重ねていくことができるというわけです。

もう一つのメリットとしてはペイアウト率があります。

一般的にバイナリーオプションでは、ペイアウト率は判定時間や取引の難易度に応じて変動があります。そして1時間取引は、海外のバイナリーオプションの相場で考えれば少し時間が長く設定されている方です。そのため、普通に考えればペイアウト率も低めに設定されると思われがちなのですが実は海外のバイナリーオプション業者の中でも特に人気のハイローオーストラリアなどでは、15分取引とほぼ同等のペイアウト率が設定されるケースもあります。

また1時間取引はこのように予想しやすい部分もあるため、安定して勝率を重ねることができるところですが、ペイアウト率をもう少し高く確保することも不可能ではありません。それが、スプレッド取引を使うという方法です。

ハイローオーストラリア限定とはなりますが、スプレッド取引で1時間取引を使用することにより「予想はしやすいのにペイアウト率は若干高くなる」というメリットを享受することができるわけです。

ちなみにスプレッド取引とは、エントリーをする時に通常であればごくわずかでもエントリーした方向に判定時刻の段階で値動きがあれば勝ち判定となるところ、値動きの幅が指定されており、その幅を超えて相場の変動があった場合に初めて勝ちの判定となるという方式です。

この方式はなかなかにリスキーにも思えますが、安定したトレンドが発生しているタイミングなど、いくつかの条件や根拠が揃えば比較的確固たる根拠を持ってスプレッド取引に望むこともできるでしょう。

デメリット

1時間取引には、デメリットも存在します。

例えば、1時間取引の場合は突如発生した強烈なトレンドには対応しきれないというデメリットがあるわけです。これよりも短い時間の取引時間であれば臨機応変かつ小回りが利く形で、このような突発的なトレンドにも対応することができます。そのため、突発的なトレンドが発生した時に勝率が高くなるタイプの投資家さんは、こちらの取引時間はあまりお勧めできません。

また、取引時間が1時間ということで、どうしても30秒取引などと比較するとペイアウト率は若干渋めとなります。

それでも、国内のバイナリーオプション業者の水準と比べると海外はもう少しペイアウト率が高い水準で推移していますが、結果的に短い期間で爆益を呼び込むような戦い方は難しいと言わざるを得ません。

どんな人に向いているの?

  • 国内バイナリーオプション業者での取引経験がある人
  • 比較的勝率の高さを優先したい人
  • 難易度の低い取引から挑戦したいと思っている人
  • 取引に充てられる時間は比較的豊富だという人
  • 1日に何度も取引をするより、少ない回数で勝ちを積み重ねて行きたい人

上記の方々は、バイナリーオプションの1時間取引に向いていると言えるでしょう。

その反面、以下のような方々はバイナリーオプション1時間取引には向いていないので、他の取引時間や手法を試した方がよりコスパは良くなると言えるでしょう。

  • 退屈すぎて1時間も待っていられない人
  • スケジュールの問題で1時間も待機することが難しいという人
  • 1日に取引ができる時間に限りがある人
  • ノイズなどを利用した超短期決戦の方が好きだという人
  • 何事も一瞬で決着を付けたい人

バイナリーオプションには1時間以上の取引方法も存在する?

存在します。

バイナリーオプションの取引時間は1時間ともなればかなり長い水準ですが、それ以上の時間も存在します。多くの場合、海外バイナリーオプション業者では24時間という取引時間が用意されており、人気の海外バイナリーオプション業者であるハイローオーストラリアでも24時間取引が用意されています。こちらは文字通り判定時刻が24時間となりますので、実に1時間取引の24倍もの長い時間の取引を実践することができるようになります。

そして、日本国内のバイナリーオプション業者の場合は基本的に2時間の判定時刻が採用されています。そのためバイナリーオプションで1時間以上の取引をしたい場合には、このような選択肢があることを覚えておきましょう。

ちなみに、バイナリーオプション1時間取引の一つ短い判定時刻は15分というのがメインとなります。業者によっては30分といった時間が用意されているケースもありますが「メジャーどころ」では、基本的に1時間の次は15分と覚えておいてください。

15分取引の攻略法についてはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

まとめ

バイナリーオプション1時間取引は、最も人気の取引時間の一つです。そして、緩やかでかつしっかりしたトレンド相場の場面では最も安定して順張りエントリーを行うことができる取引時間でもあります。そのため、ある程度の根拠を持ってエントリーができる方であれば、勝率を上げられる取引時間と言えるでしょう。

また、海外バイナリーオプション業者でもほとんどの業者で1時間取引が提供されているのでメジャーな取引時間ということができます。ペイアウト率こそ他の取引時間と比べると多少目減りするものがありますが、こちらもスプレッド取引などを組み合わせることにより、高いペイアウト率まで持ってくることも不可能ではありません

1時間取引の勝率を更にアップさせ、安定した生活を手に入れる方法があるって本当?

本当です。

結論、バイナリーオプションのプロの投資家にレッスンを受けてください。

1時間取引はエントリーの根拠や分析さえしっかりしていれば安定して勝率を集めていくことが可能な取引時間です。ギャンブル的な要素を排除して、あくまでも投資として収益を積み重ねていくイメージです。

しかしここで難しい問題になってくるのが、エントリーの根拠や相場の分析といったテクニカルな部分と、資金管理を行っていく上でのマインド的な考え方や管理に関する部分となります。

この辺りは、ブログやセミナーなどで情報収集をすることも不可能ではありませんが…やはり直接プロからレッスンを受けるのがおすすめです。

とはいうものの、バイナリーオプションのプロの投資家は、すぐそこにいるようなものではありません。なおかつ、コネクションがなければ彼らからレッスンを受けるのは難しいでしょう。そして、様々なところで開催されているバイナリーオプションのセミナーは怪しいものも多く、プロのバイナリーオプション投資家が開催しているケースはほとんどありません。なぜでしょう。プロの投資家は人に教えることをせずとも自分で稼げるからです。

しかし、私は違います。プロのバイナリーオプション投資家にして、ライフワークとして、本気で生活を変えたい人や本気でどん底から這い上がりたい人を応援するという使命を持っています。

まず、ここに私のLINE@を置いておきます。繋がりましょう。

ここでは、ブログでは一切公開していないような情報もお届けしています。

ちなみに、LINE@でつながるのは無料です。安心してください。

本気で生活を変えたい、本気で家族に楽をさせてあげたいなど明確なビジョンがある方のみ、私は本気でぶつかっていきます。

ですから、本気でまずはLINE@で繋がり、私の情報を受け取ってください。

また、今LINE@で繋がってくれた方には、大きな無料プレゼントをご用意しています。

プレゼントを受け取るところから、あなたのサクセスストーリーは始まるのです。

少なくともプロの投資家のコネクションが一つ増えるわけですから、この機会は本気の方であれば絶対に逃さないでください。

 

逆に本気になるまでは、絶対にこの連絡先にアクセスしないでください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder