バイナリーオプション

バイナリーオプションの3分取引を攻略する方法を徹底解説

30秒取引では短すぎるし、1時間取引では長すぎる、そんなバイナリーオプションの取引時間にお困りの方に新たにご提案したいのが3分取引です。バイナリーオプションには取引業者によって3分取引が選択できるケースもあります。
ここでは、バイナリーオプションの3分取引で負けない方法や攻略法などについてご紹介していきます。

バイナリーオプションの3分取引を攻略する方法

バイナリーオプションの3分取引は、基本的に30秒取引、1分取引と同様に極めて短期スパンでの取引であることには間違いありません。ここではバイナリーオプションの3分取引を攻略する方法についてご紹介します。

3分取引は1日取引のような他の長めの取引時間の取引とは若干異なるポイントもありつつ、それでもべらぼうに取引時間が短いというわけでもなく、ある意味では攻守バランスの取れている取引時間といえそうです。

そんな3分取引には他の取引時間にはないような特徴などもあります。そういった要素をすべて踏まえ、3分取引向けにチューニングされたといえる攻略法をいくつかご紹介していきます。例えば他の取引時間で培ってきた手法を3分取引に持ち込んでもなかなか勝てないという方は、ぜひ以下にご紹介するような方法を試してみてください。

5分足を使う

通貨ペアの値動きや様々な為替相場を確認するのに必要不可欠な存在であるローソク足。このローソク足を利用して3分取引の攻略を押しかけていくことも不可能ではありません。

ただし、注意しておかなければならないポイントが一つだけあります。

ローソク足は基本的に3分足というものが存在しません。そのため、取引時間とローソク足がピタリと一致しているわけではないことに留意しなければならないのです。

ちなみに最も近い足は5分足です。そのため、バイナリーオプション3分取引では5分足を使うことで攻略していくことができます。
どのような方法かと言いますと、5分足のローソクは5分で完成し、3分取引は3分間で取引が完了します。この特徴を活かすのです。

例えば、5分のローソク足は5分間かけて形成されていくわけですから、形成され始めておよそ5分間の値動きや相場の動きが判別できるほどに形ができてきたら、そこで判断をして3分取引でエントリーを行うという方法になります。
この方法を使えば、5分足のローソク足を使うデメリットやリスクといったものを一切排除して完全にメリットだけを享受して取引を行うことができます。

無理やり恋愛に例えてみると、好きな相手の親友から情報を筒抜けでもらいながら取引をするといったイメージでしょうか。勝率は必ずしもマックスではありませんが、情報がある以上は勝率もそれなりにアップするというわけです。

ちなみに、ローソク足が形成され始めた段階で、ローソク足の実態が長く大きくなるようであれば迷わず逆張りエントリです。これは、ローソク足の性質を生かしたものですが、実体が大きくなるということはそれだけ動きも大きいということになりますから、逆張りエントリーを仕掛けることである程度勝率が上がる可能性があります。どの環境下でも同じことが言えますので確立された攻略法の一種と認識いただいて問題はないでしょう。

その他、ローソク足は特徴的な動きをすることがあります。例えば教科書的な動きとよく表現されますが、このローソク足の動きになった場合には、高い確率で相場のトレンドが転換するなど、いわゆるスロットなどでいうところのリーチ目のような展開が読みやすい形になることがあります。例えば、酒田五法の中の有名な三尊天井などもありますが、個のような動き方をした場合には、教科書通りの対応をすることにより、勝率をアップさせることも可能です。

三尊天井についてはこちらからご確認ください

相場のプロも使用!バイナリーオプションで使える三尊天井を徹底的に分かりやすく解説しますバイナリーオプション取引をされている方なら、チャートの動き方の分析は最大の関心事といってよいでしょう。相場のプロが使っている三尊天井は、...

もちろん、バイナリーオプションの世界で確実に勝つことができる攻略法というものは存在しないわけですが、全くの無策で3分取引に取り組むよりある程度の勝率は確保できるでしょう。

転売機能を使う

ハイローオーストラリアなどの海外バイナリーオプション業者では転売機能が利用できるケースがあります。また、他の取引時間では転売機能が利用できないケースもありますが、少なくとも3分取引はハイローオーストラリアなどで転売機能が利用可能となっています。

転売機能は文字通り、エントリーしたものが確定する前に転売することで利益を得ようという機能となります。非常に都合のよい機能と思われるかもしれませんが、実際にこの機能を使うことでリスクを軽減することが可能なんです。

ちなみに、3分取引の場合、転売機能が利用できるのはエントリーしてから2分後までです。つまり、取引時刻の1分前まで転売機能が利用可能となっています。なので、転売すべきかどうかを判断するポイントとしてはエントリーからおよそ1分30秒ほど経過したところがベストと言えるでしょう。

例えば、相場で上昇トレンドが発生していそうだ、ということで順張りのエントリーを行った場合に、そこまでトレンドが強くならなかったとしましょう。取引時間が3分ですから、3分間の間何とかトレンドが継続してくれれば良いですし、反発があったとしても最終的に3分経過の段階でエントリーしたポイントよりも相場が上がってくれていれば勝ちが確定します。

しかし、トレンドがそこまで強くならずに3分の間上昇トレンドをキープすることはおそらく不可能だろう、と誰の目に見ても明らかというケースがあります。その場合、指をくわえて見ていては負けが確定してしまいますので、転売で事なきを得ましょう。

転売を行うことで、ペイアウト率は通常の勝利の場合よりも幾分下がってしまいますが、少なくともエントリーした資金が全て溶けてなくなるという事態は回避可能です。転売をした段階で、特定のペイアウト率に応じてペイアウトを受けることが可能です。

場合によっては2,000円のエントリーでペイアウトが500円程度になってしまうケースもありますが、全くのゼロ円でフィニッシュするよりはかなりマシというもの。

こういった機能を利用することにより、リスクを低減することに努めていきましょう。なお、転売は3分取引より長い取引時間で利用することができるようになります。(※ハイローオーストラリアの場合)

取引量の少ない時間帯は避ける

3分取引は他のもっと短い取引時間に比べると若干長めの取引時間ということもできますが、結局のところ超短期的スパンの取引であることに変わりはありません。そのため、取引量が少ない時間帯に取引を行ってしまうと、3分待機したとしても満足のいく相場の変動が見られずに不利益を被る可能性があります。

ちなみに海外バイナリーオプション業者の多くが、エントリーの時と取引時刻の段階で値段に動きがなかった場合、ドローという判定を行います。そしてこのドローの扱いですが、ほとんどのケースでは負けという判定になりますので注意が必要です。そもそも勝つことができないのであれば、この時間帯の取引は避けるべきでしょう。

攻略法というよりは全体的な話になりますが、負ける要素やネガティブな要素を一切排除しながら取引を行うというのが攻略の基本中の基本です。そういった部分でも、3分取引においては、取引量が少ない時間帯をわざわざ選んで取引する理由はどこにもありません。

強いトレンドのみを見分ける

基本的に超短期スパンの取引においては、トレンド相場が発生している時にトレンドフォローという形で順張りエントリーを行うことが鉄板の攻略法です。しかし3分取引ともなれば、超短期といえども長めのスパンでの取引になりますので、トレンドが緩やかだと途中でトレンドの力がなくなってしまい、取引時刻には負けになってしまう可能性もあります。

つまり反発の波が形成されきってしまうというわけです。もっと短い取引時間であれば若干緩やかなトレンドであっても反発の波が形成される前にさっさと判定時刻が到来してトレンドの波に乗ったままで価値を確定することができるわけですが、3分ともなるとこれが若干厳しくなってきます。

それではこれを避けるためにどうすべきかと言うと、非常に強いトレンドのみを見分けてエントリーをするということが挙げられます。これは無駄に回数を重ねて取引を行うということを避ける部分でも一つの有効な攻略法と言えるのではないでしょうか。

なお、強いトレンドが発生するのは基本的にボラティリティが高い通貨ペアと時間帯であることが前提条件となります。その他、相場の大きな変動を及ぼすような重要な世界的インシデントや重要な発表など、多くの投資家が動いたり資金が流動するようなタイミングで発生することが考えられます。

また、定期的に発表される経済指標などでも大きな値動きが発生することがありますが、その中でも特に世の中の大勢の見方を180度裏切るような極めて予想外な発表がなされたり、あるいは極めて重大な事件・災害などが発生したということで世界各国の雇用情勢や経済情勢に急激かつ極めて大きな変動が起こった際には、このトレンドの動きも極めて大きくなることが考えられます。

多くの場合は相場が荒れますので初心者の方はあまり手を出さないほうが良いと一般的に言われる相場が形成されていきますが、3分取引は幸いにして短期的な取引となりますので強力なトレンドが発生している、つまり荒れているものの動きが強烈で激しい時には、逆にこれを攻略法とすることもできるわけです。

テクニカル分析を利用する

3分よりも短い取引時間の場合は、正味なところテクニカル分析の影響が及ばず、分析しきれないというケースがほとんどです。なぜなら判定時刻が短すぎて、分析も何もあったものではないからです。分析をかけようとした時には判定時刻が来てしまった、というケースもあるのではないでしょうか。

その反面、3分取引であればある程度テクニカル分析の力を借りることができます。例えば、相場がどれくらい売られ過ぎているか・あるいは買われすぎているかということを測れるオシレーター系指標などを利用しつつ、どのタイミングで相場が転換してくるかをチェックするというのは一つ有効な手段と言えそうです。

またその他にも、上昇や下降を繰り返しているレンジ相場の場合、どの段階でレンジブレイクを起こすかということをテクニカル分析でチェックするというのも良いでしょう。3分取引まで来ると、このようにテクニカル分析を利用しながら次の相場がどのように動いていくかを予想しながら攻略するということが可能となります。

ただし、3分取引の場合は十分な取引時間があるわけでもありませんので、あまり多くのテクニカル分析をかけるのではなく、シンプルなインジケーターなどを少数使うくらいのイメージでいた方が良いでしょう。

特に初心者の方はテクニカル分析といえども、最初はシンプルなものを少ない数で利用するのを心がけましょう。あまりに多くの指標を用意しすぎるとトレーダー本人が混乱してしまい、良い結果に繋がらないことがあります。

バイナリーオプションの3分取引の特徴

バイナリーオプション3分取引は、極めて短いスパンというわけでもなしに、また極めて長いスパンというわけでもなし、どちらかと言うと中庸な特徴を持つ取引時間となります。そのため、他の取引時間のようにノイズの発生に頼りきりで逆張りエントリを行えるかと言えばそうでもありません。

メリット

バイナリーオプションの3分取引には、いくつかのメリットがあります。
まず大きなメリットとしてはペイアウト率の高さというものがあります。いわゆる30秒取引など、最も取引時間が短い取引に比べると若干ペイアウト率が見劣りするものの、それでも普通の取引に比べればペイアウト率は高めの水準と言えるでしょう。多くの場合1.8倍から2.0倍近くのペイアウト率となります。

その他、3分取引の中でもスプレッド取引と言って、取引結果としてエントリーしたポイントから指定された以上の値動きが発生した場合はペイアウト率が高くなるというものがあり、このようなスプレッド取引で3分取引の場合はペイアウト率が2.0倍を若干超えるケースもあります。そのため、手元の資金がわずか3分で倍になるケースも存在するというわけです。

このような要素を持つ3分取引ですが、取引時間が比較的短いということも相まってわずか1時間少々で効率的に結果を出すことができるケースもあります。3分取引であれば、1時間の間に連続して取引をすればおおよそ15回程度は取引が可能です。
つまり、1時間の間に手持ちの資金を2倍、あるいはそれ以上まで持っていくことも理論上は決して不可能ではありません。

ただし、必然的に取引回数が増えますので資金コントロールや自己コントロールは極めて重要なポイントとなることを覚えておきましょう。反対に、この辺りのコントロールがきちんとできるようであれば、3分取引はあなたにとってとても快適な取引時間の一つとなることでしょう。

デメリット

3分取引はいくつかデメリットがあります。まず、短い時間での取引となりますので、メンタル管理や資金管理が極めて難しいという側面があります。つまり、3分という時間が悪い意味で丁度良く、リズムよく資金を投下してしまいがちというわけです。

また、極めて短い時間の間に多くの資金を溶かしてしまうリスクがあるということもよく覚えておかねばなりません。そもそも3分取引などに代表されるような超短期的な取引時間は日本国内のバイナリーオプションでは認可されていません。規制があり、日本国内のバイナリーオプションでは3分取引は利用できません。

この理由こそが、短い時間だと資金管理が難しかったりついつい熱くなりすぎる人が多く、ギャンブル性が高くなりすぎる、という理由なのです。つまり日本の金融庁の方でも、3分取引は短い時間での取引となることから、ついつい熱くなってしまう人が多いだろう、だから規制しておこう!ということなのです。そのため、適切にメンタルの管理や資金の管理を行わなければならないというデメリットは確実に存在します。

どんな人に向いているの?

バイナリーオプションの3分取引に向いているのは、下記のような方となります。このような方であれば、バイナリーオプション3分取引で効率よく、そして精神衛生上も比較的安定して取引ができるのではないでしょうか。

効率的に取引を重ねたい人
結果が出るのは早い方がいいけど30秒や1分では短すぎるという人
ある程度自分の分析手法やスタンスが確立できている人
5分取引やもう少し長い取引時間に不満を持っている人
3分取引専用の手法などがすでに確立できている・あるいは教えてもらっている人
手持ちのツールが3分取引向けにチューニングされている人

反対に、以下のような人はバイナリーオプションの3分取引は選択すべきではありません。向いていませんので、別の取引時間を探してみましょう。

1回の取引に3分も待てないという人
取引回数が多くなると負けるような気がする人
トレンド相場とレンジ相場の違いが見分けられない人
スケジュール的に取引時間が長い方が安心できるという人
FX出身で取引時間が短すぎるのは不安だという人
テクニカル系指標をふんだんに使ってじっくり予測したい人

バイナリーオプションの3分取引と5分取引の違いは?

バイナリーオプションの3分取引と5分取引。数字の上ではたった2分しか違いがありませんが、そこには大きな違いがあります。
まず3分取引では、テクニカル分析も多少であれば利用可能、くらいの重要度を占めているところですが、5分取引くらいになってくるとローソク足にも5分足というものが存在しますし、様々なテクニカル分析をかけることにより、より正確に相場の5分後を予測することができるようになります。

そのため、3分取引と5分取引の違いと言えば、テクニカル分析の重要度と言えるでしょう。
3分取引はまだ若干、超短期スパンでの取引で刹那的なものが感じられる部分もあります。その反面で5分取引の場合は刹那的なものというよりはきちんとテクニカル分析などを行い、相場の流れを予測して戦略的に勝ちを積み重ねていくと言った戦法の方がウエイトとしては大きくなります。
ちなみに、バイナリーオプションの3分取引と60秒取引の違いについてはこちらをご覧ください。

まとめ

このようにバイナリーオプションの3分取引はテクニカル分析が全くできないわけではありませんし、かと言って超短期スパンの取引のようにノイズに頼りっぱなしというのも難しい、やや中庸な取引時間となります。

ある程度バイナリーオプションの取引方法に慣れている人や、テクニカル分析の中でも簡易的なものを使ってみたいという方、すぐに結果が出て欲しいものの30秒などでは早すぎるといった人にはお勧めできる取引時間となっています。

【追伸】3分取引の攻略法が少ない理由を暴露します

60秒取引や15分取引などと比較すると、どうしても3分取引はネット上の情報が少ない印象があります。これには大きく分けて2つの理由があります。
1つ目の理由としては、3分取引が海外バイナリーオプション業者の中でも若干マイナーと言わざるを得ない取引時間であり、国内バイナリーオプション業者に至っては、そもそも3分取引自体が規制に引っかかる超短期スパンの取引となるため提供されていないことです。
特に、目立ちたいだけ・有名になりたいだけのバイナリーオプション攻略系ブログはメジャーな取引時間さえ押さえておけばそれで話が済むので、3分取引についてわざわざ触れる必要ないとすら思っているところもある可能性があります。

そしてもう一つの理由が、3分取引などのメジャーではなく、かつ投資の本質的な部分を語るにふさわしい内容については、ブログなどの公開スペースではなくクローズドな場で情報が飛び交っているというものです。
つまり、バイナリーオプションについてはネット上で無料で誰でも見られる情報だけが全てではないということです。

これはとても重要なことですが、あまり公開されている話ではないのでほとんど暴露しているのと同じですね。
※大人の事情で今後この部分の内容がすべて当たり障りない内容に差し替えになったら、申し訳ありません。
それではそのクローズドな場にはどのようなものがあるか?─LINEです。私も直通LINE@を公開しています。
↑スマートフォンにLINEがインストールされている方は、私と直通LINE@でつながる権利があります。今すぐに繋がれます。しかも無料です。
ここでは、ブログなどで公開できないような情報やオンラインの目立つところに配置すべきでない情報を中心に、本気の人だけに・本気で私についてきてくれようとしている方だけに様々な情報やプレゼントをお渡ししています。

誰でもLINEで私とつながることができますが、繋がったあとでお断りをすることもあります。
いわゆる冷やかしや、冗談半分の方、本気ではない方は申し訳ありませんが関係を断ち切らせていただくこともあるでしょう。それほどまでに、今回は本気です。

本気でバイナリーオプションで稼ぎたい人、本気で今の生活を変えたい人、本気で誰かの生活を楽にしてあげたい人のみ、是非本気で私についてきてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder