バイナリーオプション

バイナリーオプションの5分取引はどう攻略する?プロが教えます

バイナリーオプションの人気の取引時間の一つに5分取引というものがあります。5分取引はどのように攻略するのがベストでしょうか。ここでは、プロのバイナリーオプション投資家がバイナリーオプション5分取引の攻略法や特徴、そして何より重要な「タイプ別の向き不向き」まで徹底的に解説していきます。

バイナリーオプションの人気の取引時間の一つに5分取引というものがあります。5分取引はどのように攻略するのがベストでしょうか。ここでは、プロのバイナリーオプション投資家がバイナリーオプション5分取引の攻略法や特徴、そして何より重要な「タイプ別の向き不向き」まで徹底的に解説していきます。

バイナリーオプションの5分取引を攻略する方法

バイナリーオプションの5分取引を攻略する方法は、そこまでも珍しいものはありません。裏技的な手法や、悪魔の手法と呼ばれるような完全に「それ一本で勝率が上がる!」というものは存在しないと思ってください。
どちらかと言うと基本に忠実にあればあるほど、勝率が上がっていくようなイメージです。30秒などの極めて短いスパンの取引は若干バイナリーオプションの本質からそれているところもあり、若干トリッキーな手法を使う必要もありますが、この辺りの時間帯から一般的なバイナリーオプションの攻略法が適用可能となってくるわけです。

しかし、短期的な取引であることに変わりはありませんので、いわゆる超短期的な取引と通常の時間での取引のハイブリッドのような攻略法が求められます。
ここでは、5分取引向けに私も実践しているいくつかの攻略法をご紹介します。

バイナリーオプションの5分取引で勝ち上がっていきたい、勝率をアップさせたいという方は、裏技的な手法を探す前にこれからご紹介する方法をきちんと頭に叩き込むところから始めましょう。その方が「急がば回れ」ではありませんが、総合的に知識や攻略法が身につくことでしょう。

レンジ相場を利用して逆張りでエントリー

まず押さえておきたいのが、レンジ相場を利用して逆張りエントリーをするという攻略法です。これは基本的にはバイナリーオプション取引の基本的なやり方の一つなのですが、5分取引でも例外に漏れず、この方法が有効です。

具体的には、相場がレンジ相場であることが前提条件となります。レンジ相場の相場で反対の方向にそろそろ動きそうだと思われるタイミングをまず見つけましょう。
その時に、現在の動きの反対側にエントリーをすることで勝ちを狙いにいきましょう。このタイミングは様々なオシレーター系指標などを組み合わせることで確認をすることができます。

レンジ相場では、売られ過ぎていれば反対方向に動き、買われすぎていても反対方向に動くという性質がありますので、レンジ相場が存在する限り逆張りエントリーのチャンスは無限に存在するというわけです。
この中から、わかりやすい動きを見つけて、着実にエントリーを重ねるようにすれば勝率も安定することでしょう。

オシレーターのダイバージェンスで逆張り

レンジ相場を利用して逆張りエントリーを行うこともできますが、その他、トレンド相場でも逆張りエントリーができるタイミングがあります。
例えばオシレーター系指標を用いて、ダイバージェンス発生時に逆張りエントリーを行うといった方法です。

ダイバージェンスについてはとても平たく説明してしまえば、トレンドが弱くなってきており、じきにトレンド転換が発生することを示唆する状況です。
逆行現象とも言いますが、例えば相場の高値or安値を更新しているにもかかわらず、オシレーター系指標の数値がそれとは逆の数値を示している場合、ダイバージェンス発生の可能性があります。

これが発生した場合は、つ付いてトレンドが変動する可能性があるので逆張りエントリーの用意をしておきましょう。
ダイバージェンスと同様にバンドウォークなども発生する可能性がありますが、この辺りについては詳しくこちらの記事でご紹介していますので合わせてご覧ください。

バイナリーオプションとバンドウォークの相性は?仕組みや発生タイミングもわかりやすく解説バイナリーオプションで利益を出すにおいて、チェックしておかなければならない指標は数多くあります。バイナリーオプションは相場を読む力が重要...

そして時間がないのでの記事をご覧にならない方、もしくは超初心者の方のために恋愛にたとえてこの状況をご説明しますと、最近彼女がやたらハイテンションでニコニコしているけど実はそれが別れのサインだったという、あの現象と同じです。

実際に見えている彼女のテンションと、彼女の交際に対する気持ちが逆行している。これも一種のダイバージェンスです。
このように解説すると、超初心者の方でもお分かりいただけるのではないでしょうか。とにかくこのタイミングは逆張りしておいて損はありません。

トレンド転換を見逃さない

レンジ相場からトレンドに相場が動き出す時。このタイミングは絶対に見逃してはなりません。
いわゆるレンジブレイクの時です。5分取引の良い所に、ローソク足がそのまま使えるというものがあります。

3分取引などでは、ローソク足も5分足のものや1分足の物を組み合わせて使うしかありませんでしたが、5分取引の場合はそのままズバリの5分足というローソク足が使えます。
これを使わない手はありません。ローソク足などをチェックしつつ、トレンド転換発生時にエントリーを行うことで、着実に勝ちを積み重ねていくイメージで進めていくことができます。

トレンドが強すぎるときは取引をしない

また、超短期取引の場合はトレンドが強ければ強いほどチャンスと考えて取引をするように!とよく話題に上りますが、5分取引の場合はその逆です。
トレンドが強すぎる時は取引をしない方が良いでしょう。

理由としてはトレンドが強すぎる時は相場が読みづらく、また様々な要素との兼ね合いで、5分後の相場の値動きは予想しづらいのが定説です。
そのため、トレンドが強すぎる時は取引を避けて出来る限りに波が穏やかで5分後の相場をじっくりと予想することができるような相場の時に取引を行うのがベストと言えます。

重要な経済指標が発表されたタイミングなどでは、もう少し短い時間での取引を優先させるべきでしょう。
もし、5分取引を取引の「軸」にしたいと考えているのであれば、こういった時には様子を見るくらいの気持ちでいることが重要となります。
さらに言ってしまえば、トレンドが強くなりすぎたり相場が極めて荒れると思われる時間帯は最初から5分取引を控えるようにスケジューリングするというのも一つの手法となりうるでしょう。

例えば、重要な経済指標が発表されるタイミングや、雇用統計が出るタイミングはあらかじめスケジュールされています。
そのため、事前に把握することが可能です。このタイミングにわざわざ5分取引を軸にして取引に出るというのは愚策と言ってしまっても良いでしょう。
つまり、最初から嵐がくるとわかっている時には船を出さず、おとなしく見守るというのも一つ負けないための手法といえるわけです。

ボラティリティに気をつける

ボラティリティには十分に気を配るようにしていきたいところです。特に5分取引の場合はボラティリティの兼ね合いで勝率がダウンしてしまう可能性もあるわけです。
どの時間帯でもボラティリティに気を配らなければならないのは常識なのですが、バイナリーオプションの場合、取引時間に応じてボラティリティへの気の配り方が変わってきます。

例えば5分取引の場合は、ボラティリティがある程度大きくて波がしっかりとエッジの立っている状況を好みます。
このような相場であれば、その後の様子を予想しやすくなります。
また各種指標を利用した際にも、分析結果がよりシャープなものとなりますので、勝率をアップさせることに繋がります。

反対にボラティリティが少なく、波がぼやけているような相場の場合、相場がどの方向に動くか迷っている状況と考えられます。
特にそれがレンジ相場の場合はいつどこで大きな転換が訪れるか判断ができません。
正確には判断できないこともありませんが、初心者のうちはこの判断が極めて難しいため、手を出さないのが賢明というわけです。

バイナリーオプションは難しいところに突っ込んで勝ちを得るというよりは細かい勝ちを積み重ねてトータルの収支をプラスにするというほうが重要なので「君子危うきに近寄らず」という形で進めたほうがよいでしょう。

バイナリーオプションの5分取引の特徴

バイナリーオプションの5分取引は、長期的な取引の良いところと、短期的取引の良いところを掛け合わせたような存在です。つまり、バランスが良く長期的な取引の時に使用するような攻略手法が比較的通用しやすい特徴があります。

また、バイナリーオプションの5分取引は海外バイナリーオプション業者でのみ提供される方法ではあるものの多くの海外バイナリーオプション業者で提供されているため「この業者でなければ5分取引ができない」と言ったことも心配ありません。
さらに、エントリーしてから勝敗が確定するまでに5分間という時間がありますので比較的極めて短い時間の取引に比べて精神衛生上安定しやすいという部分もあります。

とはいうものの、バイナリーオプションの5分取引にも、もちろん二面性が存在します。
メリットとデメリットです。
そこでここでは、バイナリーオプション5分取引についてそれぞれ今までの経験からわかってきたものを元にメリットとデメリットを分析しました。下記でご紹介します。

メリット

まず最大のメリットとして、ある程度の取引回数は確保できるものの超短期取引に比べて精神的なプレッシャーがかかりづらいという部分があります。
というのも、30秒取引など短い時間の取引の場合は次の取引までに考える時間がそこまで確保できず、またすぐに勝敗が確定してしまうので、連続取引に陥りやすくてまた連続取引の時にもほとんど頭で考えたり相場を分析したりということができません。

その反面、5分取引は5分間という時間がありますから、ある程度物事を整理しつつ考えながら取引を続けることが可能です。
それでいて1時間の間に5回から6回以上は安定して取引ができるので、1日の中の取引回数はある程度増やすことができます。

また、強烈なトレンド相場が発生しているときは基本的には手を出すべきではないものの、5分軸でも「間違いなく上がっていくだろう・下がっていくだろう」と容易に想像ができるレベルの超強力トレンド発生時には、トレンドフォローをすることも不可能ではありません。この、小回りの良さもおすすめのポイントと言って良いでしょう。

続いてのメリットとしてペイアウト率の高さがあります。バイナリーオプションの5分取引は、1分取引などと同様に超短期取引で全体的に見れば、取引時間が極めて短いために予想が立てづらい取引時間だ、と判断される時間軸となります。

そのため、どのバイナリーオプション業者でも比較的ペイアウト率を高めに設定しています。
その他、取引業者や取引の内容によっては、スプレッド取引などが併用できるケースもあります。この場合は、極めてペイアウト率が高くなる傾向にあり、場合によっては2.0倍近くのペイアウト率になることも考えられます。

こういった取引の場合、一度の勝利で手元の資金が2倍近くになる可能性もありますので、この辺りの要素は十分に考慮して使うようにしていきたいところです。
つまり、勝率をあげられるような手法やテクニック、知識・ノウハウをきちんと持ち合わせていれば、バイナリーオプションの5分取引は30秒取引などのとても短い取引時間に比べて勝率を安定させやすく、それでいてペイアウト率も高めの水準で受け取ることができるというメリットがあります。

そして第3のメリットとして、取引時間がある程度確保されているので、基本的にドロー判定が出ることはまずない、という部分があります。
例えば、ボラティリティが低い通貨ペアや時間帯の場合、短い取引時間だと値動きが発生せずにドロー判定がでることがあります。この場合、海外のバイナリーオプション業者だとドロー判定=ユーザー側の負けと判定されるケースが多いため、勝率アップにつながらないどころか負けが増えてしまうというデメリットがあります。
それに対して5分取引の場合は、さすがにどんなにボラティリティが低い相場でもドロー判定がでるような「値動き0」といったケースはあまり見られません。
そのため、多少なりとも値動きが発生することを考えれば、様々な戦略を立てることも可能となるわけです。

デメリット

メリットがあればデメリットがあります。バイナリーオプション5分取引は超短期的取引の良いところと長期取引の良いところを両方持っていますが、残念ながらそれはそれぞれの悪いところを両方持ち合わせているという意味になります。
つまり、考え方によっては中途半端な取引時間ということになるわけです。

例えば5分取引は連続取引になりがちで、30秒取引などの短い取引時間ほどではないもののギャンブル的な取引になってしまったりで場当たり的な取引になる可能性もあるというわけです。
またその反面、大きなトレンド相場が来ている時にトレンドフォローをすることも不可能ではありません。

しかし、やはり強力なトレンド発生時にはこれよりも短い判定時間で取引をしたほうが勝率はアップすると言えます。
このように5分取引の良い所ばかりを組み合わせれば素晴らしい取引時間ではあるものの、反対に悪い所にはまってしまうと、バイナリーオプションの取引は楽しくないものになってしまいます。
5分取引のメリットとデメリットをしっかりと理解して、戦略を立てていくことが重要です。

どんな人に向いているの?

5分取引でのバイナリーオプションに向いているのは下記のような人となります。

30秒取引では短すぎるという人
短い取引時間すぎると精神安定上良くないという人
ボリンジャーバンドやオシレーター系指標を使って取引したい人
FXなどで相場取引の経験がある人
取引向けのツールをすでに使用している人
セミナーなどで5分取引を軸にしたレッスンを受けている人
短期取引と長期取引の良いとこ取りをしたい人

反対に以下のような方は、5分取引のバイナリーオプションには向いていません。その他の取引時間を選ぶべきでしょう。

とにかく取引回数を増やしたい人
ノイズを利用した逆張りエントリーなどの手法を試したい人
強烈なトレンド発生時のみトレンドフォローで勝ちたい人
超初心者でツールなどがよく分かっていない人
国内のバイナリーオプション業者のみを利用したい人

バイナリーオプションの5分取引と15分取引の違いは?

バイナリーオプションの5分取引と15分取引。
似ている判定時間ではありますがどのような違いがあるのでしょうか。

結論から申せば、5分取引と15分取引の最大の違いはペイアウト率にあります。
やはり、5分取引はまだまだ超短期的な取引という区分に該当しますので、どのバイナリーオプション業者でも基本的にペイアウト率は高めの水準がつくのがほとんどです。

その反面、15分取引ともなればいわゆる一般的なバイナリーオプションの取引時間という認識となりますので、ペイアウト率は難易度の兼ね合いでかなり下がります。
そのため、同じような判定時刻ではあるものの、ペイアウト率の部分だけを見るなら5分取引の方がお勧めと言えるでしょう。

しかし、着実に勝ちを積み重ねる方向で考えており、特にペイアウト率が低くても構わないといった手法を既にお持ちの方であれば、15分取引の方にトライするのがよろしいでしょう。
ちなみに3分取引との違いはこちらの記事をご覧ください。

【攻略法】バイナリーオプションの3分取引で負けない方法を解説30秒取引では短すぎるし、1時間取引では長すぎる、そんなバイナリーオプションの取引時間にお困りの方に新たにご提案したいのが3分取引です。...

まとめ

バイナリーオプションの5分取引は極めて人気の取引時間です。
1分取引などの短いスパンでの取引と比較すると様々な分析手法やオシレーター系指標などの介入できる部分も増えてきて、一般的な為替相場の分析に利用できるような分析やテクニカルな考え方が活きてくる取引時間と言えます。

しかも、それでいて短い判定時間であるということに変わりはありませんので、ペイアウト率など様々な部分で恩恵を受けることも不可能ではありません。
デメリットとメリットの両方が存在しますが、特徴をよく理解して取引を進めることにより、バランスよく勝ちを積み上げることのできる取引時間と言えるでしょう。

【追伸】5分取引を攻略するために重要な、もう一つの方法を暴露します

今回ご紹介したようにバイナリーオプションの5分取引は、ある意味では取り組みやすいバイナリーオプションの取引時間の一つです。
ただし、どんなに取り組みやすくバランスの取れている取引時間であっても勝率を安定させることができなければ、総合的に勝ち上がっていくことは不可能と言ってよいでしょう。

事実、バイナリーオプションの5分取引は日本国内のバイナリーオプション業者が提供している取引時間よりもはるかに多くの回数をトライすることが可能です。

そのため、勝率を上げたり勝ち上がっていくための工夫を凝らすのは極めて重要なポイントとなります。それでは、勝ち上がっていくためにはどうすれば良いか?マインドセットから何から総合的に投資家として価値上がっていくためのスキルセットを身につけることが重要です。

テクニカルな部分のみならず、マインドセットや考え方、そして何よりもバイナリーオプションをきちんとした「投資」として見極めていくことが重要です。それはどのような方法で身につけることができるか?答えはシンプルです。

プロの投資家から教えを受けてください。とはいうものの、プロの投資家との接点はそこまで多くはありません。通常彼らは、表の舞台に姿を現すことはないからです。
しかし、私は違います。

プロの投資家でありながらにして、バイナリーオプションに詳しく、にもかかわらず、もともとは「どん底の工場勤めの貧乏人」です。請求書の山に埋もれてライフラインが止まったボロアパートで泣きながら、それでも這い上がってきた「叩き上げ」の人間です。
だからこそ、これから勝ち上がりたいと本気で思っている方の味方になりたいと思っています。これはライフワークのようなものですね。

結論から言えば、無料で私のLINE@をここに置いておきます。
ここでは、ブログじゃ言えないような内容やブログの内容を踏襲してもっと踏み込んだ内容など様々なコンテンツを提供いたします。

私の情報を有効に活用して、一緒に勝ち上がりましょう。必要があれば、種銭の作り方まで教えすることも可能です。
全く同じ情報を有料で提供しているところもありますので、あまりおおっぴらには募集はできませんが…本気の人のみ、是非ご連絡をお待ちしております。

ちなみに本気な人には私も本気でぶつかります。だからこそ、貴重で濃厚な知識をお教えすることができるのです。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder