バイナリーオプション

バイナリーオプションの代行って何?稼げるの?投資家が代行の真実を語ります

何事もそうなのですが、世の中自動化や効率化はきちんと考えておかなくてはならない物事の一つです。例えば、毎日エクセルで決まった作業をしているという方は、そのエクセルに作業を自動化させてしまえば、会社でやらなければならない作業が大幅に削減されるのではないでしょうか。

同じようにバイナリーオプション投資にも自動化や代行業者に頼もうという考え方があります。しかしバイナリーオプションの代行業者、聞いたことがないという方も多くいらっしゃいます。
確かにタクシーの運転代行なら聞いたことがありますが、バイナリーオプションそのものの代行業者がいるなんて宣伝もありませんし、あまりご存知でない方が多いのも当然のことと言えるでしょう。

そこでここではプロのバイナリーオプション投資家がバイナリーオプション代行業者についてご紹介するとともに、その真実について語ります。

バイナリーオプションを何とか自動化しよう、面倒なことから解放されたいと思っている方は要チェックです。

バイナリーオプションの代行とは

そもそもバイナリーオプションの代行業者とはどんなものなのでしょう?
バイナリーオプションの代行業者は、私たちに変わってバイナリーオプションの取引をしてくれる人たちのことを言います。
株でいうところの投資信託と思ってもらえれば分かりやすいかもしれません。
ただ少し違うのは、株の投資信託の場合なら機関投資家などのプロが運用するのですが、バイナリーオプションの代行はプロではなく個人投資家が多数を占めている点です。
個人投資家としてこれまで勝ってきたノウハウで、私たちの資産も運用して配当を出してくれるのです。
当然ながら利用する場合は料金がかかります。
個人投資家なので言い値なのが基本ですが、相場としては1ヶ月で10万円程度の手数料か、勝ったお金の10~20パーセントの報酬を支払うケースが多いです。
ちなみに最近は、バイナリーオプションの代行を語った詐欺も増えています。
詐欺師たちは必ず勝てるなどと誇大広告で私たちを釣ろうとしているので注意してください。

バイナリーオプション代行は可能なの?

日本では無許可の個人や業者が投資の代行を行うことは違法とされています。
そういった解釈では一見バイナリーオプションの代行は違法行為と思われがちです。
しかし、日本であっても法的に可能な方法はあり、代行業者も存在します。
法律の解釈を変えるという難しい事ではなく、ミラートレードのような手法を使って代行することは、違法と見なされにくいのです。
例えば、実績のあるトレーダーがリアルタイムで取引手法を教えてくれて、それを自分で真似するのは違法かと言えば、決してそうではありません。
そういった解釈で、自分のアカウントを使って代行業者のトレード手法を自動で真似させるという方法をとることで代行業者が存在しています。
オークションサイトなどを調べればそういった契約をすることができることも少なくありません。
このようにバイナリーオプションの代行は不可能ではないのですが、違法と言うイメージや報酬が高い事からその数は減っています。
また、依頼するクライアントのアカウントや個人情報を取得して手動で行ってしまっている完全にアウトな業者も少なからずいるため、選ぶ場合は注意して合法な代行業者を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

バイナリーオプション代行は誰がやっているの?

バイナリ―オプションの代行は、個人投資家や代行業者が行っています。
個人投資家は、ツイッターなどのSNSで代行希望者を募っており、手数料として月額10万円前後または勝った金額の10~20パーセント程度を受け取っています。
ただし、気を付けなければならないのは、SNSには詐欺師も紛れ込んでいるという点です。あなたに代わって資産を運用しているように見せかけてそのまま資産を持ち逃げしたり、アカウントをそのまま乗ってって逃げてしまうということもあります。
残念ながら詐欺師を明確に見分ける方法はありませんが、とんでもない利回りを出すことを謳っていたり絶対勝てるといったことを謳っていたりする場合は要注意です。
そんなに儲かるのであれば、そもそも私たちの資産を運用して手数料を取るようなことはしないはずです。
代行をお願いする場合は、確実に信頼できる相手か慎重に判断しましょう。

バイナリーオプション代行を頼むメリット

バイナリーオプションの代行業者を頼むことには、確かにいくつかのメリットが存在します。

バイナリーオプション投資家として基本的にバイナリーオプションの代行業者を頼むことはお勧めこそしませんが、きちんと存在するメリットについてはお伝えしたほうがフェアというものです。

ここでは一般論でバイナリーオプション代行業者に頼むことのメリットをご紹介していきます。

時間が空く

バイナリーオプション代行を頼むと時間は空きます。
バイナリーオプションは短時間でどちらに転がるかを予想するため、頻繁に取引を行うことがほとんどです。
国内の業者のように1カ月後まで保有できるものもありますが、利益を出そうと思ったら頻繁に行うことが求められます。
そんな取引を代行してもらえば当然時間は空くのです。
では、この時間があいたメリットは何があるのか、それは別の投資に時間を費やせること、確かに自由時間が増えて生活時間も増えます。
しかしそれ以上に他の投資、例えば株式や通常のFXに投資ができるというメリットが得られるのです。
もともとバイナリーオプションをはじめとしたオプション取引は、通常の取引の損失を分散させるための投資と言う性格を持っています。
そういった意味で、補助的な投資方法と言う側面も持っているのです。
つまり、バイナリーオプションは補助的に行って代行業者に依頼し、自分が力を入れたい他の取引に時間を投入する事が可能になるというメリットがあります。
代行業者には成功報酬を支払う必要があり、時間をお金で買うという側面もありますから、せっかく買った時間を更に投資のために使うというのも有意義な選択と言えるのではないでしょうか。

手間が省ける

バイナリーオプションの代行を頼むと、予想をする手間や購入する手間を省くことができます。
バイナリーオプションは為替が上がるのか下がるのかという2者択一の予想をするだけなので簡単なのですが、勝つためにはよっぽど運や勘が良い人を除けば、為替がどう動くのかを分析する必要があります。
この手間を惜しむと、たとえ現状では勝っている人でも、いずれ負けに転じてしまう可能性が十分にあるのです。
とはいえ、予想する時間があまりないという人もいるでしょう。仕事をして疲れた中で分析しても判断が鈍ることもあります。
そんなとき、バイナリーオプションの代行を頼めば分析をする必要もなく、投資もすべて代行業者がやってくれて手間を省くことができるのです。
ただし、バイナリーオプションの代行をどこに頼むかは重要です。
バイナリーオプション業者もピンからキリまであって、マジメなところはしっかりと運用してくれますが、適当に運用して手数料さえもらえばよいと考えている業者も存在します。
バイナリーオプションの取引を代行してもらおうと考えている人は、マジメに運用してくれるところを見極めて選んでください。

気持ち的に楽

バイナリ―オプション代行を頼めば、気持ち的に楽になることは間違いありません。
バイナリーオプションでの投資は、真剣にやろうと思うとかなり神経を使います。
あてずっぽうで購入すれば楽です。そういう買い方でもそれなりに勝ててしまうのもバイナリーオプションです。
ただ、長いスパンで勝率を上げていこうとすると、どうしてもテクニカル分析やファンダメンタル分析などをして真剣にバイナリーオプションに向き合う必要があります。
そうなると精神的には疲れるので、バイナリーオプション代行に頼んだ方が気持ちは楽になります。

バイナリーオプション代行を頼むデメリット

バイナリーオプションの代行業者を頼むことには、デメリットも存在します。

メリットとデメリット、どちらが強いかはこの後で詳しく解説するとして…まずは一般論で考えうるバイナリーオプション代行業者を頼むことに対するデメリットをご紹介します。

この中には金銭的なデメリットや信頼度といったデメリット、そして大きなリスクなども含まれていますので、よく確認するようにしましょう。
その上でバイナリーオプション代行業者を頼むべきかどうか考えながら、読み進めましょう。

持ち逃げリスクがある

バイナリーオプション代行業者の中には、悪質な詐欺師が紛れている場合があります。
詐欺師たちは、依頼者の資産を運用するように見せかけて持ち逃げしたり、アカウントごと乗っ取ったりします。
非常に悪質で卑劣な行為なので捕まえたい輩たちですが、残念ながら簡単に捕まりません。
ネットの中なので捕まえることが非常に困難なのです。
あまりにも非常識な儲け話の場合は警戒した方が無難です。

業者の勝率が不明

バイナリーオプション代行業者が提示している勝率には、信頼できるものもあれば信頼できないものもあります。
信頼できる場合の勝率は、だいたい60~75%くらいです。逆に、信頼できないのは80~95%くらいです。
バイナリーオプションは、その為替が上がるのか下がるのかを予想するシンプルな投資です。
しかし、為替が上がるのか下がるのかを予測するのはなかなか難しいことです。
何も考えずに投資し続ければ、だいたい50%の勝率になります。
もちろんテクニカル分析やファンダメンタル分析などで勝率をあげられるのですが、それでも70パーセント前後が普通なのです。
そして70パーセント前後あればバイナリーオプションで十分に儲けを出すことができます。
それなのに80~95%の勝率を打ち出すような業者は、間違いなくハッタリです。
そもそもそんなに勝てるのであれば、私たちのお金を運用して手数料をもうらうというような必要はありません。
つまりは利用者を増やして私たちの手数料が欲しいのです。
勝率の画像なども今は加工技術が凄いですから、あっさりといじって変えることができます。
あまりにも高い勝率を信用してはいけません。

マジメにやらないリスク

代行業者の中には、マジメに資産運用してくれない業者も存在します。
バイナリーオプション代行業者のほとんどは、株などで投資信託を運用するようなプロの機関投資家ではなく、個人投資家です。
マジメな個人投資家に依頼することができれば、私たちの大切な資産を慎重に運用してくれます。これまで培った投資スキルをフルに活用して信用を築いていこうと努力してくれます。
信用を築いていけば、そのバイナリーオプション代行業者に依頼が殺到して儲かることを知っているからです。
その一方で、最初から依頼者の手数料狙いの業者もいます。
バイナリーオプション代行業者の利用料金は月額で10万円前後だったり、出た利益の10~20パーセントと言われています。
そういった悪質な業者は、この手数料を真の目的としており、会員の利益など考えずに運用して最終的には依頼者の資産を目減りさせてしまう可能性が高いのです。
そして、代行業者側がある程度儲かると、経営状態悪化のため廃業したなどと理由をつけて逃げられてしまうということもありえます。
このようなことにならないためにも、バイナリーオプション代行業者は慎重に選んでください。

人件費が上乗せされる

バイナリーオプション代行業者に頼むと、当然報酬を業者に支払う必要があります。
その報酬は、様々で勝ったお金の数十%というケースや固定で月10万円と言うケースなど様々です。
勝ったお金から成功報酬と言う形で支払うタイプは相場として10~20%となっています。
この点は勝った金額が高いほどパーセンテージを減らす業者もあれば、固定となっているものもあるのです。
この場合は、基本的に負けたら支払う必要がないというものですが、負けた場合であっても基本料を支払わなければならないという厳しいものもあります。
固定で決まった金額を支払うものは、負けた時も支払うので損のように思えます。
しかし、大勝しても同じ金額だけ払えばいいため、意外と安くつく場合もあるのです。
こういった報酬を支払うという仕組みになっています。
注意点として経費にはなるものの勝った金額全額が課税対象になるということ、せっかく勝っても一律で20.315%の税金を支払うのが日本の仕組みです。
勝っても代行業者に報酬を支払い、更に税金を支払えばいくら残るでしょうか。
そういったことも考えて依頼しましょう。
よほど大勝しない限りまともに利益が転がり込んでくることはないはずです。

個人情報が漏れる

バイナリーオプション代行業者が個人情報を漏らす可能性は十分あります。
もともとバイナリーオプション代行業者はこちらに変わってバイナリーオプションを行い、利益を上げてくれる業者です。
しかし、この代行業者にはバイナリ―オプションを行う証券会社に登録を代行してもらったり、手続きを代行してもらうこともあります。
そのため代行業者に個人情報を提供する必要がある場合も少なくありません。
こういった事から個人情報を握っているのです。
しかも、この個人情報は身分証明書やカード番号と言った非常に高度な個人情報なので、これを高額な金額で売ってしまう業者もいます。
そうなるとカードの不正利用や個人情報から様々な商材の営業が入る可能性があったり、儲かっていることが判明すれば犯罪に巻き込まれることもあるのです。
さらに身分証明書の偽造などをされてしまうこともあり、犯罪者の一味として摘発されることも少なくありません。
確かにバイナリーオプションを行ってくれるのが便利なのですが、こういった個人情報の漏出も十分考えられます。
なので、可能であれば代行業者を利用する前に自分で勉強してみるのも良いのではないでしょうか。
自分で勉強してバイナリーオプションをすることで個人情報の漏出というリスクも軽減できます。

バイナリーオプションで使う個人情報は日本の金融機関に登録する並に多くの情報を提供することがあります。
住所や電話番号、氏名(本名)はもちろん、身分証明書(健康保険証や免許証など)を画像としてアップロードする必要もあるのです。
こういった情報まで提供するのは、日本のネット銀行のオンライン口座開設並と言えます。
さらに支払いのためのクレジットカード番号すら伝えなければいけません。
もちろん運営側からすれば時に巨額なお金を動かすこともあることから、身元のしっかりしたユーザーとだけ相手にしたいという考えの行動です。
ただ、一部の悪質な業者はこの高レベルな個人情報を漏らすこともあります(副収入として転売)。
こうなると具体的に起こることは、犯罪に巻き込まれるということです。
クレジットカードの不正使用くらいであればいいのですが、時にパスポートや身分証明書の偽造に使われる場合もあります。
そうなると犯罪者側の関係者として、取り調べを受けるという羽目になることも否定できません。調べを受ける際、あなたがバイナリーオプション代行業者を利用していた顧客であるということが証明できるまで、身体的に拘束を受ける可能性は十分に考えられます

そんな大事にならないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし残念ながらそれは甘いと言わざるを得ません。まず近年IDセフトという言葉が流行しています。海外でIDセフトと言えば身分の盗難という意味になるのですが、最近はなりすましや様々な金銭の移動に別人のIDデータが必要になるといった需要もあるため、このIDセフトがかなり日本国内でも被害が増えてきているという情報があります。

つまり、IDセフトをするためだけにバイナリーオプション代行業者を名乗り顧客から個人情報を集めるような悪質な業者がいたとしても、全く不思議なことではありませんし、業者に見えてもそのようなダミー会社である可能性は十分に考えられます。また本物の業者が、先ほどもご紹介した通り副業的な意味合いで収集したID情報をどこかに売却している可能性もあるわけです。

こういったトラブルに遭わないためにも、国内でも十分実績がある安心できる業者を選びましょう。
使いやすさや儲けやすさなども重要ですが、こういった安全についてまず押さえておく必要があります。

バイナリーオプションの代行より、頼れるメンターを見つけよう

このようにバイナリーオプションの代行業者は存在しますが、どれほどの作業をやってくれるか、そして肝心の勝率はどの程度なのか、そして本質的にあなたのことを助けてくれる存在になるかどうかは残念ながら完全に未知数と言わざるを得ません。

タクシーの運転代行業者であればある程度約束された未来を約束された通りに連れて行ってくれますが、バイナリーオプションはそれほど簡単なものではありませんし、仮にものすごい利益が出たとして、バイナリーオプションの代行業者の心が揺れ動いてしまえば、そのお金はあなたに入ってくるという保証がどこにもない不確定なお金となってしまうことでしょう。

約束された未来へきちんと着地できるかどうかがわからないという状況は、投資の世界においては歓迎されるべきことではありません。

投資は出来る限り不安な要素や不確定な要素を排除し、出来る限り約束された未来に高い確率で着地できるようにアプローチしていくのが本質的な考え方です。また、リスクがあること自体そもそも投資には不向きと言えるでしょう。

そういった部分を考えるとでバイナリーオプションを代行業者にお金を預けるという行為が、いかにリスキーな行為であるかお分かりいただけるのではないでしょうか。

もちろん、バイナリーオプション業者によってサスペンドされる可能性もありますから、リスクはどうしても払拭できないと言った方が良いでしょう。

このようにバイナリーオプションの代行業者に頼むということはそれ自体にリスクがあるというわけです。得られるであろうメリットと、危険を冒さなければならないリスクを天秤にかけた時、どちらがより強くなるかを考えると、やはりバイナリーオプションの代行業者は、若干リスキーなものと考えることができるのではないでしょうか。

それでは、バイナリーオプションを代行業者に頼むよりも勝率が安定しており、より稼げるようになるにはどうすれば良いでしょう?メンターを見つけることです。

ここに、LINEを置いておきます。私のものです。このLINEは無料でつながることができますのでお金を取ることはありません。

それどころか、どうしてもバイナリーオプションの軍資金がないという方には種銭の作り方、つまり給与所得以外から種銭を作る方法・ビジネスの方法もお教えします。

メンターと偉そうなことを言うつもりはありませんが、もしよかったらプロの投資家である私とつながってみませんか?

なぜこんなことをするのか。答えは単純です。

私が昔、電気ガス水道全て止まったボロアパートで嫌な思いをしたことがあるからです。

今、私は稼げるようになりましたし、人生のステージもだいぶ上がりました。ならば、私のように地獄から這い上がった人を一人でも増やすこと、地獄からの生還者を増やすことが私の使命だと感じているのです。

ということで、これはライフワークですからお金がかかりません。安心してください。


連絡をお待ちしています。

まとめ

バイナリーオプションの代行業者、実際問題最近は代行業者も増えており質の担保が難しくなりつつあります。

 

結論から言ってしまえば、バイナリーオプションの代行業者はさほど稼げません。依頼をして、いきなりトンズラされる可能性も否定できません。リスキーな存在と言わざるを得ないというわけです。

それなら、バイナリーオプションについてきちんと勉強をして、出来る限り勝率を高く一度のトレード時間を短くというスタイルを確立するのが何よりも重要と言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder