バイナリーオプション

バイナリーオプションの自動売買は実際どう?現役トレーダーが解説

バイナリーオプションといえば避けて通れないのが自動売買の話題です。実際問題、バイナリーオプションの自動売買はどうなのでしょう?ここでは、自動売買について気になる方のために現役のバイナリーオプショントレーダーが解説を行います。自動売買に頼りたい方、というより、そもそもバイナリーオプションで勝ち上がりたい方は必見です。

バイナリーオプションの自動売買とは

バイナリーオプションの自動売買とは、文字どおりバイナリーオプション取引を自動で行ってくれるツールを利用した取引のことを言います。

そんなことができるの?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、自動売買軽の取引については、かなり昔から存在します。その精度はさておいて、自動売買をするというのは昔から投資家の要望だったわけです。

FXの方が自動売買としては有名かもしれませんが、バイナリーオプションにも自動売買ツールは存在します。自動売買ツールを使えば、仕事をしている時間は勿論、趣味やプライベートを楽しんでいる時間、さらには寝ている間にも自動的に取引を行うことができるようになります。

詳しい仕組みはこの後ご紹介しますが、自動売買ツールを利用するのは、仕組みとしては人間の代わりに機械がバイナリーオプションのチャートを読み込み、そして分析して必要な時に必要なエントリーなどを行う、一連の流れを全て自動で行うことができるというものとなります。

そのため、ルール設定さえきちんとしておけば、機械が勝手にルールに従って自動売買をしてくれるようになるというわけです。通常はバイナリーオプションでトレードを行う際、インジケーターなどを使って取引を行うわけですが、ほとんどの場合人間がチャートを見ながら、決めたタイミングでエントリーをしなければなりません。

ここまでをすべて機械が代行してくれるという部分で、自動売買は本当の意味でのロボットトレードとも言えるのではないでしょうか。

ただし、ロボットが勝手に「考えて」トレードしてくれるというわけではないことに注意が必要です。あくまでも、事前にルールを決めておいてそのルールに適合する瞬間のみ指定されたトレードを行うというのがバイナリーオプションの自動売買ツールの基本的な動き方です。

このプログラミングがどこまで洗練されているかによって、バイナリーオプションの自動売買ツールの良さや品質は変わってくると言ってよいでしょう。

具体的な仕組みは以下のようなものとなります。

主な仕組み

主な仕組みとしては、事前に設定したタイミングやチャートの動きがあった場合に、エントリーを行うのが一般的です。

ちなみにAIのように自動でチャートを読み込み分析を行い、そして投資までしてくれるという完全なるロボットツールは実験的なものはあるでしょうが、ほぼ完成していません。

仕組み上も、物理的に常勝レベルの自動売買をAIで行うのは若干難しいものがあり、まだこの領域までは踏み込んでいない印象です。

それではどんな仕組みでバイナリーオプションの投資を行っているか?ということですが、高精度と呼ばれるバイナリーオプションの自動売買ツールはエントリーのタイミングやチャートの分析などに関連するルール設定が極めて細かく多岐にわたり、丹念に作られているといった印象です。

自動で考えてくれるというよりは、ルールが細かく決められているのでどんなタイミングやどんな相場になったとしても、きちんと動ける、という印象のほうが強いでしょう。

イメージ的にはガチガチのマニュアル業務を行うおカタイ事務員さんがロボットのように作業しているといったイメージです。

例外に関することは一切動きませんし、人間の直感的な部分でエントリーをすべき、というポイントでは自動売買ツールは驚くほど動きません。この部分は認識しておいた方が良いでしょう。

そして、自動売買ツールそれぞれがどんな場面でどんな動きをするか?については非公表になっているケースがほとんどです。

理由は単純明快で、自動売買ツールの仕組み=実際のトレードの手法ということになりますので、自動売買ツールを公開している人にとってはその仕組みをばらしてしまうのは本人の売買のやり方や中身を公開してしまうのと同じことになってしまうのです。

ただ、多いケースとしては矢印のシグナルを拾ったらエントリー指示を出し取引を行う、という形が一般的と考えておいて良いでしょう。

シグナルを拾うことも、エントリーもすべて自動で行って貰うことができるため、手軽にバイナリーオプションを行いたい時に便利なツールとして注目を集めています。

特に、サラリーマンなど時間に制約があり四六時中バイナリーオプションのチャートに張り付いていることはできないが、チャートを見ることによって、ある程度ルール決めされた取引が行えるなら勝率を担保できそうだ、というバイナリーオプション中級者の方も自動売買ツールを利用することがあります。

使える通貨ペア

基本的にはどの通貨ペアともバイナリーオプションの自動売買ツールは動作します。特に、この通貨ペアだから自動売買ツールを作ることができない、といったことはありません。よほどのことがない限り、それぞれ対応している通貨ペアで取引ができます。

とはいうものの、やはりドル円などボラティリティの高いバイナリーオプションの通貨ペアについては、多くの自動売買ツールが出回っている印象です。

バイナリーオプションの自動売買ツールでできること

自動売買ツールでできることといえばいろいろと妄想が広がりそうなものですが、実際にできることはそこまで多いわけではありません。

あくまでもバイナリーオプションの自動売買ツール、つまり道具であることを忘れてはいけません。

では、バイナリーオプションの自動売買ツールでできることにはどのようなものがあるのでしょうか。基本的にさまざまなことができますが、多くの場合は以下にご紹介する二つの機能を持っていることになります。

トレード

まず一番大きいのはトレードです。実際のトレード業務を自動売買ツールが行なってくれるため、人間が手を動かす必要はなくなります。イメージ的に、会社を立ち上げたばかりの時は社長さん(トレーダー)が自分で手を動かさねばなりませんが、慣れてきたら、作業を社員に任せて自分の手があく、といったイメージです。

運用

続いて、トレードができるということは運用もできるということになります。自動売買ツールはあくまでもルールに従ってトレードを継続して行なってくれる機能を持つツールです。トレードを継続するということはそれはすなわち運用ということになります。

そのため、バイナリーオプションの運用までも自動売買ツールに任せることができるケースもあります。ただし、これは自動操縦のように完璧なものではありませんので、できる限り目を離さないということも重要です。

バイナリーオプションの自動売買ツールを使えば勝てるのか?

結論から言うと、バイナリーオプションの自動売買ツールを使えば勝てる!というわけではありません。

バイナリーオプションは、自動売買ツールを使って取引が可能であり、様々なツールを業者や個人が販売しています。

確かに、きちんとしたツールをきちんと使えば、勝率はアップするでしょうし何より作業効率が上がります。効率が上がり勝率が上がるということは、それだけ勝ちやすくなるというのは小学生でもわかるほどにシンプルな理論です。

さらに言ってしまえば投資家本人も時間が空きますので様々な部分で事態は好転することになるでしょう。

ただし、世の中そんなに甘くはありません。

そもそも自動売買ツールの中には低品質の悪いものも多数存在します。

一般的な商品開発や商品の販売という部分で見れば、そこまで粗悪品は出回っていない、という共通認識があります。

特に日本人は、生まれながらにしてモノづくり大国に生まれているわけですから、一般的にお金が発生する販売商品についてはそこまで粗悪なものがないという固定概念があります。

しかし、現実はそう甘くはなく、自動売買ツールに関しては粗悪品が極めて多く存在します。つまり、ルールの設定が甘かったり、詳しくは後述しますがそもそもその自動売買ツールが使用できないようなものだったりするケースもあるわけです。

そのため、完璧に間違いなく勝ち上がっていける相性の良い自動売買ツールを手に入れるまでは自動売買ツールを使っても勝つことは難しいと言えるでしょう。

基本的に有料の自動売買ツールを手に入れたとしても、それを使う投資家がきちんと投資のタイミングや設定などを理解していなければ、これもまた用をなさないというわけです。

Q&A

ここでは、バイナリーオプションの自動売買や自動売買ツールに関連するよくある質問をまとめましたのでご紹介します。

特にバイナリーオプション初心者の方がぶつかりやすい質問をまとめてありますので、自動売買ツールがよく分からないという方はまずこちらのQ&Aからご覧ください。

これ以外のご質問がある方は是非お問い合わせください。

購入費用は?

完全にピンキリですが、価格帯として多いのは安いものでは数千円、少し高額なものになると30万円前後の価格帯で販売されることが多い印象です。ちなみに、クローズドな場で販売されているものの中には数百万円単位のツールも存在します。

いずれにしても変に値引きがかかっていたり、あなただけの特別価格!と出ているようなツールについては、信用しない方が良いでしょう。特別価格の提示があるのは、必ず何かしらのギブアンドテイクがあった場合のみです。誰にでも値引きを出しているようなツールは購入すべきではありません。

どの業者でも使える?

「使おうと思えば使える」というのが答えです。自動売買ツールそのものは、物理的な部分で言えばほとんどの業者で利用可能です。ただし、各業者が定めるルールによっては、自動売買ツールの利用が禁止されているケースもあります。この辺りは、後ほどご紹介します。
ちなみに利用が禁止されているバイナリーオプション業者でバイナリーオプションの自動売買ツールを無理矢理使った場合、動作するケースと動作しないケースがあります。無事に動作したケースでは、一時的なトレードは可能ですがその後待っているのはペナルティや出金ロックです。場合によっては、口座そのものが消滅する危険性もあります。

詐欺ってあるの?

結論、詐欺はめちゃくちゃあります。ほとんど、バイナリーオプションの自動売買ツールは詐欺というキーワードがついて回ると思っても良いくらいです。

正確に言うと、バイナリーオプションの自動売買ツールは数多く存在し、本物はその中のごく一部でしかなく、99.9%は偽物または詐欺ツールと説明する方が良いでしょうか。

バイナリーオプションは、自動売買ツールを使って取引が可能であり、様々なツールを業者や個人が販売しています。

その中には詐欺ツールもあり、機能性の低いものを高額販売しているケースがあります。

バイナリーオプションの取引関連ツールには、無料のものと有料のものがありますが、特に有料の自動売買ツールには注意が必要です。

詐欺に遭った場合、ツールの購入代金と実際の取引の損失で、二重の損害を受ける可能性があります。

これが地味にダメージが大きく、取引に係る損失が出るのはまだトレーダーの責任ということもできますが…ツールの購入代金もプラスして収支がマイナスになりますので、資金力がそこまで伴っていない状態でツールを購入して失敗すると再起不能、つまり退場になる可能性もあります。

ツールが高額な場合はすぐに回収することができず、資金繰りが持たずに退場というケースがよく聞かれます。ご注意ください。

なお詐欺ツールは特徴として、高い勝率が出ると明記しながら、実際は低いパフォーマンスしか出ません。

販売ページで「確実に儲かる」というような表現は、詐欺ツールではよく見られます。
また、販売ページで実際にツールを利用した検証結果を載せ、高いパフォーマンスが実現できることを証明しているものがありますが、基本的に信頼できない無名のトレーダーから購入すべきではありません。

高額でツールを販売し、その後に顧客からクレームを受けても全く対応しないことも詐欺ではよく見られます。

例えば、ブログの記事がそこまで多くなく、開設されて間もないブログやSNSの流行っているサイトなどで紹介されている案件は歴史が浅く、誰が運営しているかもよくわからないため、手を出さない方が賢明でしょう。

もしこういったツールを購入するのであれば、ブログやメールマガジン、その他YouTubeなどもきちんとやっている人間かどうかを見極めるのが何よりも重要です。

これらのポイントがないと、バイナリーオプションの自動売買ツールを購入しても結局詐欺ツールだったり勝率の伴わないツールであるばかりか、返金保証がついていたとしても、相手に請求すらできないことになってしまいます。

さらに酷いケースでは、顧客の足元を見てアドバイス料を請求するような場合もあります。
高額のセミナーに呼んで、そこでさらにお金を取る非常に悪質なパターンにも警戒が必要です。

詐欺ツールに引っかからないためには、ネット検索を利用し、そのツールの口コミがどの程度あるかを確認することも大切です。

ほとんど誰も口コミしていないツールや、悪い評価の多いツールは、詐欺の可能性があるため手を出さないことが大切です。

日本語版はある?

ありますが、そこまで多くはありません。

バイナリーオプション取引は国内よりも海外で先に浸透した影響もあり、自動で取引できるようにするためのツール開発も海外で先に進められました。その影響で昔から有名なツールには英語版がほとんどになっています。

日本よりも海外諸国の方がバイナリーオプション取引に関する知識も技術も数年ほど先をいっているといった印象でしょうか。日本は投資という考え方が一般的なところまで浸透しだしたのがここ最近の話なので、ここはやや海外に遅れをとっている状況です。

また日本で古くから自動売買をしている層は基本的に英語版を使っていることが多かったため、需要がそもそも少なかったという事情もあり、なかなか日本語版の開発は進んでいませんでした。

ただ、日本でもバイナリーオプションが注目されるようになった影響も手伝って、日本語版の自動売買ツールも利用可能になっているのが現状です。

スマホでも使える?

結論、簡単には使えません。やろうと思えばできます。

自動売買ツールはあくまでもPC環境のみで利用することを想定していますので、基本的にスマホ向けに開発された自動化売買ツールではありません。

ただし、VPSサービスを利用することでモバイル端末からでも利用することができます。VPSサービスとはクラウドサーバー上に仮想デスクトップを作るサービスで、お名前.comのようなFX取引での利用を目的としたクラウドサービスを使ってサーバーをレンタルすればスマホやタブレットからもバイナリーオプションの自動取引ツールを使えます。

わかりやすく解説すると、スマートフォンにPC端末そのものをインストールし、そのPC環境から無理やりトレードをしようとすれば自動売買ツールは使えるというわけです。

ただ、PCとスマートフォン、どちらが性能が良いの?と考えれば物理的な大きさから見てもわかる通り、PCの方が性能は数段上となります。そのため、スマートフォンでそもそもPC環境を動かそうとすると、スマートフォンがフリーズを連発したり場合によってはアプリの起動すらままならないというケースもあるでしょう。

そのため、スマートフォンでバイナリーオプションの自動売買をしようとすると一般的なスマートフォンよりも、もう1ランク上のいわゆるハイスペックなモデルのスマートフォンを利用する必要があります。

そこまでするくらいであれば、いっそのことモバイルPCを購入して、出先からトレードした方がまだ現実的と言えるのではないでしょうか。ということで、バイナリーオプションの自動売買ツールをスマートフォンから動かすのは結論、現実的ではありません。

自作出来る?

自作は可能です。ただ、ある程度の知識が必要です。

必要な知識としてはまずそもそもの投資の知識、プログラミングの知識、パソコン、そしてサインツールと自動売買ツールを動かすプラットフォームです。

投資の知識は当然バイナリーオプションに必須です。

プログラミングの知識も必要です。「C言語」、「C++」、「MQL4言語」の3つは必須で、特に「MQL4言語」は自動売買ツールをプラットフォームで動かすのに必要な知識と言えます。

よほど仕事でプログラミングをしているとか、もしくは天才ハッカーでもない限り、自動売買ツールの自作は難しいものがあります。どうしても自分オリジナルの自動売買ツールを自作したいということであれば、外注制作も視野に入れるべきです。

しかし手間と費用と時間を考えると、これも現実的ではありません。それなら、ブログやSNSでYouTubeなどで信頼できるトレーダーを見つけてそのトレーダーが推奨しているツールなどを導入したほうが総合的なコスパは安上がりになると言えるでしょう。

【悲報】自動売買ツールNGな業者増加中!

大変残念なお知らせがあります。自動売買ツールNGな業者が最近急増中です。

もともと自動売買ツールはサーバーに負担をかけたり様々なセキュリティ上の事情から、利用を断るとしているバイナリーオプション業者が数多く存在するわけですが、その中でも特に最近は自動売買ツールを利用したユーザーについては厳しいペナルティーを科すと宣言している業者が増えてきました。

日本国内のバイナリーオプション業者はもちろんのこと、海外のバイナリーオプション業者の代表格であるハイローオーストラリアなどでも基本的には自動売買ツールの利用を禁止しています。

そのため、自動売買ツールを使ってバイナリーオプションで勝ち上がっていくのは今後難しい問題となりそうです。

それではどうすれば良いの?という話ですが、対処法としては、機械がダメなら人間のメンターをつけましょう。

人間のコーチをつけることにより、あなたは二人三脚でバイナリーオプションの勝率を上げていくことができるようになるというわけです。

そんなメンターどこにいるの!?という話ですが、私がここにいるではありませんか。

私は、さまざまな情報発信を行う傍らでLINE@によるクローズドな場での情報提供もおこなっています。

詳しい経緯は私の電子書籍をご覧いただきたいのですが、私が月収12万円の工員時代にどうしても勝ち上がりたくて頑張ってきた、という経験があるため、銭金の問題ではなく、私と同じように勝ち上がりたい人をなんとか救済したいという一心から運用しているLINE@となります。

こちらは無料でつながることができますので是非利用してみてください。

まとめ

バイナリーオプションの自動売買は、投資家の手間を削減してくれる素晴らしい仕組みや考え方ではありますが、技術的にはまだAIという領域には入っておらず精度はバラバラです。そればかりか、各バイナリーオプション業者では利用を禁止しているところが増加傾向にあります。

自動売買ツールに頼るのも悪くはありませんが、できる限り人間のメンターを見つけて、二人三脚でバイナリーオプション投資に邁進して行った方が今後の為になるでしょう。投資はあくまでも人の心や思惑、感情が入っているものなので、そもそも機械に全てを頼るというのが、ナンセンスだという考え方も出来ますね。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder