バイナリーオプション

バイナリーオプションのチャートの見方まとめ【素人・初心者でも簡単なチャート分析方法を解説】

バイナリーオプションは為替相場をチェックする必要のある投資です。
そのため、バイナリーオプションで勝ち上がっていくなら、チャートの見方を覚える必要があります。

そこでここでは、バイナリーオプションを始めたばかりの初心者の方でも安心して見られる、簡単なチャート分析方法をご紹介します。

バイナリーオプションのチャートを見られるようになって、相場の上がり下がりを分析できるようになりましょう。

バイナリーオプションのチャートとは

バイナリーオプションで本気で勝って稼いでいきたいと考えたときにはチャートを活用することが重要になります。
バイナリーオプションでは為替レートを指標にする取引が一般的ですが、金や銀などの相場を用いることも、株価指数や各種仮想通貨を指標とすることもあるでしょう。

どの場合にも基本的には世界中で取引が行われたり、政治や経済の変化が起こったりすることによって数値が経時的に変化しています。
その推移を時間軸に沿って表示したものがバイナリーオプションで用いられているチャートです。

最もよく利用されている為替レートを指標とするバイナリーオプションについて取り上げてもう少し詳しくチャートについて説明しておきます。

バイナリーオプションのチャートはFX取引で用いられるものと基本的には同じもので、縦軸に通貨ペアの為替レート、横軸に時間軸を取って図示しています。
時間軸としては月足、日足、時間足、分足などといったような形で、自分が見たい時間間隔に合わせたチャートを表示することが可能です。

一方、通貨ペアの為替レートについてはローソク足を使って表示するのが一般的になっています。
通常のグラフのようにある時間における為替レートの値が一つの点で示されるのではなく、幅を持って表示されるのが特徴です。

  • 通貨ペアの為替レートについてはローソク足を使って表示するのが一般的
  • ある時間における為替レートの値が一つの点で示されるのではなく、幅を持って表示されるのが特徴

線が細い線と太い線の二種類、色が赤と青の二色で示されるのが基本になっているので、その見方まで詳しく理解しておくことがチャートを正しく読み取れるようになるには欠かせません。
ローソク足のチャートでは線の種類と色によって、その時間にレートがどのような範囲で推移したかを示しています。

例えば、ある1時間にいくらから取引が始まって、どの範囲でレートが推移し、最終的にいくらになったのかを読み取ることが可能です。
レートが上がった場合には赤色の陽線、レートが下がった場合には青色の陰線で示します。

そして、太い線を柱と呼び、赤色の陽線の場合には最も低いところが始値、最も高いところが終値です。下に出ている細い線を下ひげと呼び、最も低いところがその時間内における安値を示しています。
逆に上に出ている細い線を上ひげと呼び、最も高いところがその時間内における高値を指すというのが基本です。
青色の陰線の場合には始値と終値が逆になるだけで他は同じになっています。

  • 下に出ている細い線を下ひげと呼び、最も低いところがその時間内における安値
  • 上に出ている細い線を上ひげと呼び、最も高いところがその時間内における高値

このような形で値動きの様子を視覚的に見ることができるのがバイナリーオプションのチャートの特徴です。

多くの投資家がチャートを活用している状況がありますが、初心者にとっては取っつきにくいものでしょう。
しかし、初心者のうちからバイナリーオプションのチャートの見方を学ぶのはとても重要になります。

初心者こそバイナリーオプションのチャートの見方を学ぶべき理由

バイナリーオプションのチャートの見方はなぜ初心者こそ学ぶべきなのでしょうか。

バイナリーオプション取引は特に予備知識がなかったとしても、一定時間後に為替レートが特定の条件を満たすかどうかを予想するだけでできる簡単な投資なのが魅力と考えている人もいるでしょう。

確かに当たるか外れるかの二択なので、何も考えずに取引をしていったとしてもペイアウト倍率が2倍なら確率的にプラスマイナスゼロの収支になります。
そして、少しでも勝てる可能性が高い形でバイナリーオプション取引ができれば、その分だけ利益を生み出しやすくなると考えることが可能です。

実際にはペイアウト倍率が2倍を切っていることが多いため、ランダムに投資をしていても稼げるわけではありません。
何らかの方法を使って少しでも勝てる可能性が高い取引を選び、本当に勝てるときには大きなお金を投入するようにすることが重要です。

  • 何も考えず取引してもペイアウト倍率が2倍なら確率的にプラスマイナスゼロの収支は可能
  • 実際にはペイアウト倍率が2倍を切っていることが多いため、ランダムに投資をしていても稼げるわけではない

バイナリーオプションのチャートの見方を学ぶことが重要なのは勝てる取引を見極めるための根拠を導き出せるようになるからです。

初心者ほど何となく直感で資金を投入してしまいがちになり、失敗した後には取り返さなければならないという気持ちに駆られてさらに大きな資金投下をする傾向があります。

しかし、それが原因で大損をしてしまって資産を失っている人も決して少なくはありません。

このような失敗をしないようにするためには安定して勝てるようにするための戦略を練ることができるようになるのが肝心です。

バイナリーオプションのチャート分析を通して、この判定時刻にはきっとこのような値動きが起こっているはずだと予想できるようになれば胸を張って資産を運用できるでしょう。

その自信によって稼げるようになればバイナリーオプションの魅力も強く実感できるようになり、初心者を脱却することになります。
初心者から一人前の投資家になるための登竜門と考えると良いでしょう。

バイナリーオプションのチャート分析で読み取れること

バイナリーオプションのチャートを分析することで何がわかるのでしょうか。
バイナリーオプションで勝てるようになるための基本的な情報を引き出すことができるのがチャート分析をする魅力です。

しかし、具体的にどのような情報を読み取れるのかがわからないとやってみようという気持ちも生まれてこないでしょう。

ここでは三つの観点からどのような情報をチャートから導き出すことができるのかを紹介します。

相場の状態

バイナリーオプションのチャート分析をすると相場がどのような状態なのか、あるいはどんな状態だったのかを理解することが可能です。

相場の状態を把握できるとこの後の値動きがどうなるのかを予想できるようになるため、バイナリーオプションで勝てるようにするための基盤を作れると考えられるでしょう。

バイナリーオプション取引をする上ではチャート分析によってトレンド相場かレンジ相場にあることを見い出せると有効活用できます。
それぞれがどのような特徴を持っている相場なのかを確認しておきましょう。

トレンド相場

トレンド相場はチャートの分析を通してわかる値動きの傾向です。
上昇トレンドと下降トレンドの二種類に分けて考えることができます。
全体として値動きが上昇傾向か下降傾向かを見極めることができると、バイナリーオプションの予測に使えることは想像できるでしょう。

適切な分析をしてチャートからトレンドを把握するのは投資家の間では一般的に行われていることです。
トレンドラインをチャート上に引くことによって上昇傾向、下降傾向について理解することができます。

  • 上昇トレンドと下降トレンドの二種類に分けて考える
  • 適切な分析をしてチャートからトレンドを把握するのは投資家の間では一般的

レンジ相場

レンジ相場は横ばい傾向の相場のことを指します。
上値と下値の間で上下動を繰り返していて、そのバンドから抜け出せずに一定のレンジに入り続けている状況になっているときにレンジ相場と言います。

バイナリーオプションではこの相場で安定していると考えることで予想をしやすくなります。

特に短期勝負のバイナリーオプション取引では効果的な相場の傾向で、このレンジにレートが維持されるはずだという判断で予想することができるでしょう。

また、逆に大きな相場変動がないから予想しにくいという考え方で取引をやめておくという考え方もできます。
一般的にはレジスタンスラインやサポートラインを引くことでレンジ相場がどのような領域に入っているかを把握することが可能です。

  • 上値と下値の間で上下動を繰り返しバンドから抜け出せず、一定のレンジに入り続けている状況になっているとき
  • 短期勝負のバイナリーオプション取引では効果的な相場の傾向

相場の取引量(ボラティリティ)

ボラティリティと呼ばれる相場の取引量についてもバイナリーオプションのチャート分析から推察することができます。

取引量が少ない状況になっているとレートの変動率が高くなり、相場が不安定だと判断することが可能です。
このような状況をボラティリティが高いと言います。

逆に取引量が多くてボラティリティが低い状況なら相場が安定していて値動きが小さくなります。
取引量が多いほど取引による値動きが平均化されて安定しやすくなり、取引量が少ないと一つの注文による値動きの影響を大きく受けるので不安定になると捉えると良いでしょう。

  • 取引量が少ない状況になっているとレートの変動率が高くなり、相場が不安定→ボラリティが高い
  • ボラリティが高いと一つの注文による値動きの影響を大きく受けるので不安定になる

相場の取引量はボリンジャーバンドあるいはRSIと呼ばれるインジケーターを元にして分析するのが一般的なアプローチです。
視覚的にわかりやすいのはボリンジャーバンドで、幅が小さいところほどボラティリティが低いと判断することができます。

相場の転換タイミング

チャートの分析によって相場が転換するタイミングを見計らうことも可能です。

相場の読み方が基盤になっているのが特徴で、トレンドラインを引いてトレンドを把握した上でトレンド相場から抜け出すタイミングを導き出す、あるいはレジスタンスラインとサポートラインを引いてレンジ相場を確認してから抜け出すパターンを探し出すというのが一般的なアプローチです。

基本的にはトレンドラインやレジスタンスライン、サポートラインをクロスしたときに相場からの転換が起こる可能性が高いと判断できます。

しかし、クロスしたにもかかわらずトレンドやレンジを維持する「だまし」も起こることがあるので詳細な分析をして転換タイミングを見極めることが欠かせません。

バイナリーオプションのチャート分析に必要なもの

バイナリーオプションのチャート分析をすれば確かに勝てる可能性を上げられそうだというイメージができてきた人もいるでしょう。

しかし、ただチャートを眺めているだけではバイナリーオプションの取引をする上で重要な情報を引き出せません。
バイナリーオプションのチャートを活用するには色々な種類のインジケーターや分析手法を駆使することが必要です。

その中でも初心者であってもわかりやすく、チャート分析に取り組むのが簡単なものを紹介していきます。
何がわかっていればどんなことができるのかを具体的に把握しておきましょう。

移動平均線

移動平均線はバイナリーオプションのチャート分析で最もよく用いられているインジケーターの一つで、トレンド分析に用いられるのが通例です。

移動平均線にもいくつかの種類がありますが、単純移動平均線と呼ばれる一定期間の為替レートの終値の平均値を示したものが主流になっています。

例えば、日足の5日線であれば当日、前日、二日前、三日前、四日前のそれぞれの終値の平均を出すことによってその当日の値とします。
これを全ての日について計算してチャート上に表示し、実際の為替レートの値と比較することで相場の動きについて傾向を把握するのに用います。

25日線や75日線などもよく利用されていますが、週足や月足などでも分析することは可能です。

  • バイナリーオプションのチャート分析で最もよく用いられているインジケーターの1つ
  • 単純移動平均線と呼ばれる一定期間の為替レートの終値の平均値を示したものが主流
  • 全ての日について計算してチャート上に表示し、実際の為替レートの値と比較することで相場の動きについて傾向を把握する

移動平均線は実際の為替チャートの平均を取った数値をプロットしたものなので両者には相関関係が見られます。

例えば、上昇トレンドのときには前日以前の低いレートの影響を受けるので移動平均線がチャート上では下側に表示されるでしょう。

しかし、ある時点で移動平均線が実際の値よりも大幅に小さくなったり、実際の線をクロスして上に抜けたりすることがあります。
このようなときには相場の変動が起こったと考えることが可能です。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドもバイナリーオプションのチャート分析では主流のインジケーターとなっていて、テクニカル分析によく活用されています。
ボリンジャーバンドは移動平均線をベースにして、統計で用いる標準偏差を組み込んだ指標になっているのが特徴です。

標準偏差は平均値を求めた母集団の中にどれだけのばらつきがあるかを示します。
ボリンジャーバンドは移動平均線に標準偏差をそのままあるいは2倍、3倍して加えた線と、引いた線です。
つまり、標準偏差の大きさに応じて幅を持ったバンド状の移動平均線になります。

ボリンジャーバンドが狭いときには標準偏差が小さいので終値が安定していたことがわかります。
レートの変動が起こりにくい、ボラティリティが低い相場になっています。

ボリンジャーバンドが広いときにはレートが大きく変動していると判断することができるでしょう。

  • ボリンジャーバンドは移動平均線をベースにして、統計で用いる標準偏差を組み込んだ指標になっているのが特徴
  • 標準偏差の大きさに応じて幅を持ったバンド状の移動平均線
  • ボリンジャーバンドが狭いときにはレートの変動が起こりにくい、ボラティリティが低い相場

ただし、気を付けなければならないのが上昇や下降のトレンドがあるのか、レンジ相場になっているのかも考慮する必要があることです。
レンジ相場でレートが不安定になっているときだけでなく、大きな上昇トレンドがあるときなどにもボリンジャーバンドが広くなります。

そのため、バンドが広い状況から狭くなった、あるいは狭くなった後に広くなったといった標準偏差の変化を指標にした取引がよく行われています。

フォーメーション分析

バイナリーオプションの初心者でも比較的簡単にできるチャート分析の手法としてよく知られているのがフォーメーション分析です。
フォーメーション分析とは、対象としている為替レートや仮想通貨などの指標に関して、過去に何度も発生したことがあるチャートの動きのパターンと、現状の値動きのパターンが一致するかどうかを見る分析方法です。

  • 初心者でも比較的簡単にできるチャート分析の手法
  • 過去に何度も発生したことがあるチャートの動きのパターンと、現状の値動きのパターンが一致するかどうかを見る

過去にこういう値動きが繰り返し起こってきたことを考えると、同じような値動きをしている今ならきっと同じ感じになるはずだと判断します。
多くの投資家がバイナリーオプションだけでなくFX取引などでもフォーメーション分析に挑戦してきたことから、典型的なパターンも定式化されています。

その中でも理解しやすい三尊天井と逆三尊について確認しておきましょう。

三尊天井

三尊天井とはヘッドアンドショルダーとも呼ばれるパターンです。
高値でレートが推移しているときにチャートに三つの山ができるのが特徴です。

三回連続で反発を受けてさらにレートが低下した場合には相場が変わってレートの下落が進行するという解釈をすることができます。

特に三つの山の間にある二つの谷を結ぶ直線をネックラインと言い、三回目の反発の後にネックラインをクロスすると下落する可能性が高いと判断するというのが一般的な分析の仕方です。

逆三尊

逆三尊は逆ヘッドアンドショルダーとも呼ばれるパターンで、三尊天井とは全く逆のパターンになります。
低値でレートが推移しているときに谷状の値動きが三回繰り返されたときには逆三尊の可能性があります。

三回の反発を受けてさらに上昇する様子があった場合には、相場が変わって上昇傾向のトレンドが生まれると判断するのが典型的です。

逆三尊の場合にも三尊天井のケースと同じでネックラインを引いて考えるのが基本で、三回の反発を受けてさらにネックラインをクロスするほどのレートの上昇が見られたときには相場が変わったと考えます。

ネックラインの引き方も三尊天井のときと真逆で、三つの谷に挟まれた二つの山の頂点を結ぶ直線がネックラインになります。

バイナリーオプションのチャートQ&A

バイナリーオプションのチャート分析に関して、投資家の間では様々な質問が飛び交っています。
その中でも特に多い三つの疑問についてプロの投資家の視点から率直な回答を提供します。

今までバイナリーオプションで成功してきた人も失敗してきた人も、これからやってみたいと思っているけれど不安があるという人もよく確認しておきましょう。

バイナリーオプションはチャートを見なくても良いってホントですか?

バイナリーオプションはチャートを見なくてもゲーム感覚で取引できるものなのは確かです。
しかし、確率論的に考えるとペイアウト倍率が2倍以上ないと損をする方向に向かってしまうでしょう。

チャートを見なくてもできないわけではありませんが、資産形成のためにバイナリーオプションに取り組むのならチャート分析が重要です。

行き当たりばったりで勝てるときがあれば良いというゲームのつもりなら無理にチャート分析をする必要はありません。

しかし、安定して勝てるようになってバイナリーオプションで稼いでいきたいのなら、移動平均線やボリンジャーバンドなどの簡単なインジケーターの意味を理解してチャートを分析して取引をするのが必須でしょう。

  • 確率論的に考えるとペイアウト倍率が2倍以上ないと損をする方向に向かってしまう
  • 資産形成のためにバイナリーオプションに取り組むのならチャート分析が重要

数学の成績が悪かったのですが、私でもチャートを見れるようになりますか?

バイナリーオプションのツールを使用すれば数学的な計算ができなくてもチャート上に重要なインジケーターを表示することができます。
それぞれのインジケーターが意味することが何かを理解し、これから起こり得ることのパターンを認識していくだけでチャート分析は可能です。
数学の成績が悪いどころか、数字を見ると嫌悪感が出てしまう人でも折れ線グラフを見るだけでできるので心配はありません。

チャートは原理原則を学び、繰り返し分析に取り組むことで正しく見ることができるようになります。
多少のトレーニングは必要ですが、きっとチャートを読み解けるようになるでしょう。

  • 数字を見ると嫌悪感が出てしまう人でも、折れ線グラフを見るだけでできる
  • 多少のトレーニングは必要

バイナリーオプションでチャート分析をするメリットを教えて下さい。

バイナリーオプションではチャート分析を正しく行えるようになることで勝率が飛躍的に上がるのが最大のメリットです。
これかチャート上でどのような変化が起こる確率が高いかを客観的な理由に基づいて説明できるようになり、論理的な判断でバイナリーオプション取引を進められるようになります。

チャート分析は基本形がいくつもありますが、その組み合わせ方に加えてオリジナルの手法の取り入れによって自分だけの勝ち法則を作ることも可能です。
それによって他の人よりもずっと楽に稼げるようになる可能性もあるので、工夫をして稼ぐ楽しみも生まれるでしょう。

  • チャート分析を正しく行えるようになることで勝率が飛躍的に上がる
  • 客観的な理由に基づいて説明できるようになり、論理的な判断でバイナリーオプション取引を進められる

バイナリーオプションのチャートをより簡単に学ぶ極意

バイナリーオプションのチャートをより簡単に学ぶ極意は、やはりバイナリーオプションのチャートの読み方を理解している人間のそばでバイナリーオプションの勉強を進めることです。
水泳も、本を読んで畳の上で練習するだけでは泳げるようにはなりません。泳げるようになったとしても、それは自己流でしかありませんし、習得までにそもそも時間がかかってしまいます。
ということで、バイナリーオプションもコーチが必要です。

バイナリーオプションのチャートの読み方をより簡単に学ぶためには、バイナリーオプションのことを理解している投資家の教えを受け、その方法を真似するのが一番早いわけです。

まずはバイナリーオプションのコーチ探しから始めるのが良いでしょう。
もし、適任のコーチが見つからないということであれば、私のLINE@とまず繋がるところから始めませんか?後からコーチを変更しても構いませんが、私はもともと極貧生活を送っていた人間なので、生活が苦しい方の気持ちもよく理解できます。

私と繋がると、私のAmazon4冠を達成した書籍のプレゼントも行いますし、さらにブログなどでは公開できないような情報の提供も惜しみなく行います。
規定の人数に達し次第、募集を締め切る可能性もありますので、まずは私と繋がるところからスタートしておきましょう。

まとめ

バイナリーオプションで安定して勝てるようになるためには運を天に任せずに、客観的な根拠を持って取引をしていくことが大切です。
そのための重要な情報源となるのがバイナリーオプションのチャートです。

チャートの分析には移動平均線やボリンジャーバンドなどのインジケーターを活用したり、フォーメーション分析などの分析手法を利用したりすることができます。

チャート分析のやり方に決まったルールがあるわけではないので、自分なりに勝てる分析の方法を確立していきましょう。
試行錯誤を繰り返すだけでなく、プロから教わるといった工夫も重要です。

安定してバイナリーオプション取引で稼げるようになるようなチャート分析をどのやったら短期間で身に付けられるのかをよく考えて学んでいきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder