ハイローオーストラリア

公務員でもバイナリーオプションは出来るのか?【処分対象にならないための注意点や禁止行為も暴露】

公務員でもバイナリーオプションはできるのでしょうか?

結論、公務員でもバイナリーオプションは可能です。

ただし、公務員の場合は一般の会社員とは立場が異なりますので、いくつかのポイントに気を付けなければ処分の対象となる可能性があります。

ここでは現役のプロバイナリーオプション投資家が、

公務員でもバイナリーオプションができる明確な根拠
処分対象にならないために注意しておきたいポイントや禁止行為

などについてわかりやすく具体的に暴露していきます。

バイナリーオプションは公務員でも取引可能!理由も併せて解説


冒頭でお伝えしたとおり、バイナリーオプションは公務員でも問題なく取引可能です。

公務員は「信用失墜行為の禁止」「守秘義務」「職務専念の義務」といった三原則に基づき、法律で副業を禁止されています。

そのため「バイナリーオプションは副業に該当するのではないか?」「もしやったら懲戒処分になるのではないか?」と気になっている方もいるでしょう。

しかし、バイナリーオプションは「資産運用」としての「投資活動」であり、公務員の副業禁止行為にはあたりません。

では公務員の規定における「副業」とは一体どんなものなのかというと、

公務員として勤務する国や地方自治体以外の企業に所属している
店舗などでアルバイトとして働く

といった多重労働のことを指します。

つまり公務員の副業行為とは「どこかに雇用されて働く」ことなのです。したがって、バイナリーオプションのように個人で収入を得る行為は、法律上で禁止されている副業にはあたりません。

ただし、いくら法律で禁止されていないとはいえ、業務に支障をきたすようなことがあった場合は、当然勤務先から目をつけられることになってしまいます。

バイナリーオプションは、平日はほぼ一日を通して取引することができます。手元にスマホやパソコンがあれば勤務時間中でもエントリーできてしまうため、勤務先のパソコンでバイナリーオプションの画面を開いたり、仕事そっちのけで取引にハマッてしまう人も中にはいるものです。

もし発覚した場合は注意だけでは済まされず、厳重な処分を受ける可能性もあるでしょう。最悪、仕事を失ってしまうかもしれません。そうならないためには公私混同をしないこと、すなわち仕事の時間とバイナリーオプション取引の時間をきっちり線引きして考えることが大切です。

公務員がバイナリーオプションに取り組むメリット


では、公務員がバイナリーオプションに取り組むメリットはどのようなものがあるでしょうか。特に大きなメリットとしては、次の3つが挙げられます。

資産形成が出来る
収入が安定している
長期的なスパンで取り組める

ここからは公務員がバイナリーオプションに取り組む3つのメリットをステップバイステップでご紹介していきます。

資産形成が出来る

公務員は原則として副業が禁止されているので、本業以外に資産形成をするのは難しいと考えがちですが、バイナリーオプションなら公務員でも取り組むことができるので安心です。

公務員は「公僕」として国民や地域住民に対して適切なサービスを提供できる状況を維持することが求められています。そのため、本業に支障をきたすような副業をすることは法律で禁止されているのです。

しかし、公務員にも資産形成をする自由は認められています。その典型例として挙げられるのが、金融商品による投資行為です。

資産形成が出来る株式取引
先物取引
不動産投資

といった投資商品による資産形成は、公務員が行っても問題はありません。

バイナリーオプションも店頭デリバティブ取引として金融商品の一つになっているため、公務員でも特に指摘を受けることなく取り組むことが可能です。

また、本業とは別にバイナリーオプションに取り組む人にとっては、ルールが単純で一度覚えてしまえば取り組みやすいという点もメリットです。

ただ、繰り返しますが、本業に支障をきたすほどにバイナリーオプションに打ち込んでしまうと問題になります。

簡単に取り組めるということを「仕事中でも手軽にできる」ととらえるのはよくありません。バイナリーオプションは本業以外の時間を選んで取り組むようにしましょう。

平日の朝や夕方以降の時間を利用すればコンスタントに取引を続けることができるはずですし、それでもきちんとノウハウを学んで取り組めば大きな資産を作り上げることも不可能ではありません。

収入が安定している


公務員は収入が安定しているという点でも、バイナリーオプションに向いていると言えます。

景気の低迷が続く今、民間企業に勤務するサラリーマンは、誰しもいつ給料が減ってしまうかわかりません。

企業業績が悪化して、数年間赤字決算が続くような場合、経営者は労働組合と話し合って社員の給料を一律10%削減できるだけでなく、社員の一部をリストラすることも可能です。リストラによって職を失ったり、会社が倒産してしまえば、当然のことながら無収入となってしまいます。

また、勤務先の企業業績は好調であっても、人事考課で毎回悪い評価をされてしまうと、左遷人事をされてしまい給料が減ってしまうケースもあります。このように、サラリーマンの身分は常に不安定であり、収入も不安定になりやすいのです。

一方、公務員の収入は盤石といっても過言ではないほど安定しています。どんなに景気が落ち込んでも、国家や自治体は潰れることがないからです。

近年は税収が伸びないため収入が増えないケースが目立ちますが、サラリーマンのように給料削減やリストラがあったのは北海道の夕張市の事例くらいで、それ以外はほとんどありません。

このように安定した収入があれば、バイナリーオプション取引にも安定して取り組むことができます。そのため、一度に大きく稼ぐことは難しくても、長期的に継続できることによって着実な資産形成が可能になるのです。

長期的なスパンで取り組める

雇用が安定していて収入にも支障をきたすことがほとんどない公務員は、生涯にわたって予想しているような収入を得ていくことができます。そのため、バイナリーオプションにも長期的なスパンで取り組むことが可能です。

一時的に手に入れた資金しかバイナリーオプションに使えないというような状況では、ちょっと失敗したらもう続けられなくなってしまいます。宝くじやギャンブルが当たったから、そのお金を元手にバイナリーオプションをはじめようというのが典型例です。

実際、バイナリーオプションを始めたばかりの頃はまだ勝つためのノウハウが十分に見についていないため、負けてしまうことのほうが多いでしょう。バイナリーオプションでは予想が外れると投入した資金が全てなくなるので、思い切って全額を投入してしまったために資金が底を尽きてしまうというケースもあり得ます。

しかし、公務員なら給与が安定しているので、例えば「毎月の給料のうち○○円をバイナリーオプションの口座に移す」といったルールを決めて取り組むことができるでしょう。そうすると最初のうちは負けてしまって口座の残高がなくなってしまったとしても、翌月にはまた資金が用意されます。負けた経験から学んで勝てるようになってくれば、残高がゼロになることもなくなってくるはずです。

このように、毎月安定した収入が得られると、長期的なスパンでの投資によって大きな資金形成をできるほどに成長できる可能性があるのです。

公務員がバイナリーオプション取引をする際の注意点


では、公務員がバイナリーオプション取引をする時は、どんなことに注意すれば良いでしょうか。

注意点を一言でまとめれば「周囲の誤解を受けないように行動する」ということです。法律上は禁止行為にあたらないとはいえ、人によって認識の違いはありますし、それがもとでトラブルに発展する可能性もあるのです。

ここからは、公務員がバイナリーオプション取引をする際に注意しておきたいポイントを細かくご紹介していきます。

周りに公言しない

公務員がバイナリーオプションをする時は、取引を行っていることを周りの人に公言しないようにしましょう。

先述したとおり、バイナリーオプションに関しては公務員の副業禁止には抵触しません。バイナリーオプションは公務員が規定する労働を伴う副業ではなく、純粋な投資活動です。株式取引と同様の投資行為なので、どれだけ取引してもどれだけお金を稼いでも処分の対象にはなりません。

しかし、そのことを公言していいかどうかはまた別の問題です。周囲にバレても処分の対象にはならないからといって、バイナリーオプション取引のことをベラベラ話すのはあまりおすすめできません。

バイナリーオプションにかぎらず、投資行為は周囲のやっかみを買いやすいものです。楽して儲けていると思われれば嫉妬の対象になりますし、金品や飲食をねだられる可能性もあります。過剰に利益を得ているのではと邪推されれば、ありもしない脱税の噂などをたてられて仕事に支障をきたすおそれもあります。

余計なトラブルを招かないためにも、バイナリーオプション取引の事実は公言しないほうが懸命です。周囲にバイナリーオプション取引のことがばれないためにも、職場では極力投資やお金にまつわる話題は避けましょう。

スマホで取引する場合でも、就業時間中はもちろん休憩時間でも周囲に人のいないことを確認して操作するように注意してください。投資雑誌なども職場では読まないほうが無難です。

少しでも疑われるような行為は慎み、職場にいる時は「投資やお金儲けには関心がない」という態度を貫くのがばれないためのコツです。

住民税の徴収に注意する

公務員は所属している機関以外の会社で働いたり、アルバイトをすることができません。ですが、バイナリーオプション取引は投資であるため、この公務員における副業禁止にはあたりません。就業時間中に取引を行わないなど、常識を守って取引を行えば問題ないと言えます。

ただし、投資で利益を大きくあげた場合には給料とは別に納税の申告を行う必要があり、税金の納付方法がこれまでどおりだと経理担当者に知られてしまう可能性があります。内部の人とはいえ、他の人に知られるのはトラブルのもとになることもあり、あまり好ましいものではありません。

このようなことを避けるためには税金に関するルールをきちんと把握しておく必要があります。

まず、国内業者でバイナリーオプション取引を行った場合、課税方法は「申告分離課税」です。利益が20万円以下であれば申告は不要、20万円を超えた際は申告が必要となりますが、ここで「特別徴収」という納税方法を選ぶと、給与から税金が引かれることとなり経理担当者に利益をあげていることがばれる可能性があります。

先述したとおり、他でお金を儲けているとわかると急に態度を変えたりするような人もいます。決して悪いことをしているわけではありませんが、人間関係のトラブルを避けるためにも、税金は職場に任せず自分で納付しましょう。

申告時に「普通徴収」を選ぶと、バイナリーオプション取引で得た利益分にかかる税金を別途自分で納付できるようになります。

投資の枠を超えない

公務員がバイナリーオプションを行うことは、資産運用の範囲内であれば特に問題はありませんが、副業化すると大きな問題です。

公務員の副業は、国家公務員法や地方公務員法で規制されています。

法律違反を起こした場合は

厳重注意
戒告
減給
停職
免職

など、その行為の重さのレベルによって該当する処分が行われます。

しかしこの法律は副業に関しての定めであり、資産運用については法律の適用外です。資産運用には、株式投資、投資信託、不動産投資、FXなど様々な投資方法がありますが、バイナリーオプションも投資商品として認められたものです。

公務員のバイナリーオプション取引は副業とは関係のない行為ですが、資産運用の範囲を超えてビジネスと見なされるような状況になっている場合は副業と判断される可能性があります。

勤務時間中に取引をするなど、公務員の信頼性を損なう行為をした場合については明確な処分対象になりますし、バイナリーオプションに関する情報商材を販売したり会員を集めてセミナーを行うような行為も明らかな副業です。

バイナリーオプションはネットを利用して簡単に取引ができます。のめり込むことで取引時間を取られ、副業化するリスクにはしっかりした対策が必要です。資産運用として普通に利用している場合は法律違反に問われることはありませんが、本業の仕事に差し障りがあるような過剰な取引には注意しなくてはなりません。

副業が疑われると、どのような処分が下されるかは別にしても、そのことが周囲に知れることで、自身の勤務評価に悪影響を及ぼす場合があります。

【公務員は絶対やるな!】バイナリーオプション関連の禁止行為


バイナリーオプション関連で公務員は絶対にやってはいけない行動がいくつかあります。この行動を行うことにより、公務員としての職を失う恐れがあります。

バイナリーオプション自体は問題ない投資行為ですが、バイナリーオプション「関連」の行為となれば話は変わってきます。ここでご紹介する内容は、公務員であれば絶対に行ってはなりません。

セミナーの開催

バイナリーオプションに取り組んできた人は自分のノウハウを使って利益を生み出せないかと考えることがよくあります。

バイナリーオプションセミナーを開催して、参加者から参加費などを徴収すればきっと儲けられるのではないかと思うのはもっともなことでしょう。しかし、公務員の場合には違法行為に該当するリスクが高いので避けなければならない行為です。

公務員は副業禁止というよりも、営利目的の事業を行うこと自体が法律で禁止されています。バイナリーオプションセミナーを実施したいと思うときには慈善事業ではなく、利益を得たいという目的を持っているでしょう。参加費を徴収して稼ぐという形を整えてしまっていると、これは営利行為となってしまって違法行為として摘発されてしまう可能性が高いのです。

それなら参加費を取らないセミナーとして実施して、協賛してくれるバイナリーオプション業者などから広告費を取ろうと考えるかもしれませんが、この場合にも広告費収入による利益を得る事業として捉えられてしまいます。

つまり、バイナリーオプションセミナーを完全無償で利益を得られないような形でやらない限りは違法になってしまうのです。仮に慈善事業として行ったとしても、本業に支障があるような場合にはやはり違法とされてしまうリスクがあります。

このため、バイナリーオプションセミナーを実施するのは諦めるのが安全策です。

有料コンサルをする

有料セミナーの開催と同様に、公務員がバイナリーオプションの有料コンサルをするのも禁止行為にあたります。

国家公務員法や地方公務員法という法律の中には、

「公務員は自ら営利企業を営んではいけない」
「営利事業に従事し、報酬を得てはいけない」

と明記されているため、報酬を得る形で第三者に対してバイナリーオプションのコンサルティングを行うことは認められません。

もし有料でコンサルをしていることがバレてしまった場合は、何らかの処分を受けることになるでしょう。具体的な処分内容は、コンサルをしていた期間の長さや、得ていた報酬の金額のによって異なると考えられますが、注意だけではすまない可能性もあります。

過去に公務員が副業を行っていることがバレてしまい、処分を受けた事例としては次のようなものがあります。

市役所の職員が新聞配達をしていたことが発覚し減給6ヶ月の処分
市役所の職員が水田耕作の仕事を行って停職6ヶ月の処分

ここまで公務員の副業について厳しい処分が課される根拠としては、国家公務員法で「公務員の三大原則」が明記されていることが挙げられます。これは冒頭でも触れた「信用失墜行為の禁止」「守秘義務」「職務専念の義務」です。

副業は「信用失墜行為の禁止」と「職務専念の義務違反」に該当します。このため、公務員が営利事業を行っていることがバレてしまうと、予想外に厳しい処分を受ける可能性があるため注意が必要です。

ツールの販売を行う

公務員がバイナリーオプションのツール販売をするのも違法行為になる可能性が高いのでやめましょう。

まず、バイナリーオプションのツールが他の企業の開発したもので、その企業でアルバイトなどとして働くという場合は完全に違法行為です。国家公務員法では、営利目的で経営されている企業で働くことを禁止としています。

アルバイトをせずに販売すれば良いのではないかと抜け道を考える人もいるでしょうが、公務員は自分で企業を立ち上げて営利目的での事業を行ってはならないことも定められています。

たとえばバイナリーオプションのツールを開発した企業から委託を受けて販売するのも、自分が営利目的で事業を行っていることになるので違法です。正規代理店などとして代理店契約をした場合も同様で、営利行為と判断されてしまいます。

それなら自分で開発したバイナリーオプションのツールなら大丈夫なのかと考える人もいるかもしれません。しかし、それでもツールを販売する行為を行った時点で国家公務員法に違反してしまいます。

どういった形であれ、バイナリーオプションのツールの販売行為を行うことは違法になってしまうと考えましょう。

無償提供であれば営利目的の事業とは見なされないので問題はありませんが、それが確かに信用できるツールでなければ違法とされる可能性があります。これは国家公務員法では信用の失墜になるような行為を禁止しているからです。

公務員が最短距離でバイナリーオプション投資に成功するには?


何かと資産形成だとか、お金を儲けることに対して「煙たがられる」印象の公務員。

苦労も多いのは、私は重々承知しています。

そしてそんな公務員の方が、最短距離でバイナリーオプション投資に成功するためには、いくつかのポイントがあります。

結論から言ってしまえば、

プロのバイナリーオプション投資家である
なおかつ公務員でも稼いで良いのだということを理解している

という人に”コーチ”を依頼することです。

何事もそうですが、コーチがいるのといないのでは、その成果は差があります。

例えば、全く野球経験のない少年が甲子園に行くためには、どう考えても野球のことを手ほどきしてくれるコーチもしくは監督のような存在が必要でしょう。一人で素振りしているだけでは、まず間違いなく甲子園は難しいと言えます。

これと全く同じことがバイナリーオプション投資でも言えるわけです。とりわけ、公務員の方はバイナリーオプション投資などを教えてくれる”コーチ”という存在にアクセスする選択肢すら与えてもらえないケースがほとんどです。

一般的な企業であればもう少し、そういった世界にアクセスできるチャンスもあるでしょう。しかし「副業やお金を儲けること=悪」であるという公務員の世界においては、その世界にアクセスできるチケットすら与えられないのです。

しかし、今あなたは自分でバイナリーオプションのことについて調べ、そして公務員のバイナリーオプション投資は問題ない事を理解し、そしてバイナリーオプションを始めてみようという気持ちになっているのではありませんか?

それなら、チケットを手にするまであと一歩のところまで来ています。

ここに、プロのバイナリーオプション投資家である、私のLINEを置いておきます。

これでまず私と連絡を取りませんか?

LINEではブログなどのオープンスペースでは公表できないような内容も多数扱います。

しかも、この情報を手に入れるために支払うべき対価は無料です。

無料である理由はいたってシンプルで、私は公務員の方を含めて「人生を這い上がりたい」「人生をより豊かにしたい」という人の味方でありたいと思っており、それが私のライフワーク(=銭金の問題じゃない)になっているからです。詳しいことは私の著書をご覧頂ければと思います。

そちらの著書も、私のLINEで繋がった方に無料でプレゼントしております。

まとめ


結論から言えば、公務員のバイナリーオプションは違法ではありません。

もっと言ってしまえば、バイナリーオプションは副業ではありませんので、公務員にも広く認められた権利と言えるでしょう。ここを勘違いする方が多いので要注意です。

ただし、公務員がバイナリーオプション投資の枠を超えて、セミナーを開催したりツールを販売したり、人からお金をもらってバイナリーオプション関係の商業行為を行うのは、副業禁止規定に抵触する可能性が高いでしょう。こちらに関しては控えるようにしたほうが良さそうです。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder