バイナリーオプション

バイナリーオプションで勝ちやすい通貨ペアはどれ?通貨選びの基礎知識からおすすめの組み合わせまで徹底解説

バイナリーオプションの取引をするときには、通貨ペアを選ぶことになります。どの通貨ペアが良いのかがわからず、バイナリーオプションを本格的に始められないという人もいるでしょう。

そこでこの記事では、そもそも通貨ペアとは何かを解説した上で、通貨ペアを選ぶときの基準を解説します。どの通貨にどのような傾向があるのかを把握しておきましょう。

【基礎知識】バイナリーオプションにおける「通貨ペア」とは?

バイナリーオプション取引をするときには、通貨ペアの選択が鍵になります。

通貨ペアとは為替取引における2つの通貨の組み合わせのことで、たとえば「ドル円」なら米ドルと日本円の組み合わせを指すものです。

各国の通貨を交換する取引が為替取引で、これによって各国の通貨が世界に流通しています。この通貨ペアについて詳しく理解して、バイナリーオプションをうまく進められるようになりましょう。

通貨ペアの見方

始めに通貨ペアの見方を正しく知っておきましょう。通貨ペアは「/(スラッシュ)」を使って二つの通貨の名称を組み合わせて表示するのがルールになっています。

通貨ペアの例

ドルと日本円なら「ドル/円」
ユーロとドルなら「ユーロ/ドル」
オーストラリアドルと日本円なら「豪ドル/円」

このときにスラッシュの左側と右側では通貨の意味が異なります。

スラッシュの左側の通貨:基軸通貨
スラッシュの右側の通貨:決済通貨

基軸通貨と決済通貨は相補的な関係にあり、一方が買われているときには他方が売られています

たとえば、よく投資のときに注目されているドル/円では価格が上がっているとドルが買われて円が売られている状況があります。逆にドル/円の価格が下がっている際には、ドルが売られて円が買われている状態です。

バイナリーオプションではドルが買われるならば価格が上がるので「HIGH」、ドルが売られるなら「LOW」でエントリーすることになります。

主要な通貨の種類とコード一覧

各国の通貨は円や米ドルなどといった名称で呼ぶこともありますが、わかりやすいように「通貨コード」が割り振られています。

通貨コードは3文字のアルファベットで構成されていて、同じ並びのものは一組もありません。以下に挙げる通貨はバイナリーオプション取引で頻繁に用いられているので、通貨コードと合わせて覚えておきましょう。

日本 JPY(日本円)
アメリカ USD(ドル)
イギリス GBP(ポンド)
オーストラリア AUD(ドル)
EU(欧州連合) EUR(ユーロ)
カナダ CAD(カナダドル)
ニュージーランド NZD(ニュージランドドル)
スイス CHF(フラン)

なお、通貨ペアの書き方は通貨の組み合わせによってはどちらが基軸通貨になるかが決まっています。ドル/円なら円/ドルとすることはなく、基軸通貨はドルとするのがルールです。

バイナリーオプションで通貨ペアの選択が重要な理由

バイナリーオプション取引では通貨ペアの選択肢がたくさんありますが、この選び方が重要なのはなぜなのでしょうか。

バイナリーオプションはあまり深く考えずに通貨ペアを選んで取引することも可能です。しかし、通貨ペアによって相場の動き方に癖があり、その傾向を理解していると予想が当たりやすくなります

また、社会的な影響の受けやすさも、注目している通貨ペアによって異なります。金融政策が行われたり、経済指標の発表があったりしたときに、影響を受けやすい通貨ペアではトレンドの変化を追いやすいでしょう。

あらゆる通貨ペアを追っていくこともできますが、通貨ペアを絞り込むとニュースなどから値動きに影響する情報を集める範囲を狭められ、効率的な情報収集が可能になりバイナリーオプション取引がしやすくなります。

バイナリーオプションの主要通貨の特徴

どの通貨ペアが良いのかについて考えるためには、各国の通貨についてもある程度の知識が求められます。その通貨の特徴によって相場の変化の仕方にも特色が生まれることが多いからです。

そこで、ここではバイナリーオプション取引で用いられている主要通貨の特徴について解説します。勝ちやすい通貨と勝ちにくい通貨がどれなのかをまずは見極められるようになりましょう。

JPY(日本円)

日本円は誰もが知っている日本の法定通貨で、国内在住の初心者にとって最も安心できる通貨でしょう。

日本の通貨なので通貨の価値を変動させるような政治経済の動きに関する情報量が多く、タイムラグなしで手に入れられます。バイナリーオプション取引をする人が多い昼間に市場が動いているので市場情報も得やすいのも魅力です。

また、他の通貨に比べても価格が比較的安定しているのも特徴で、急な値動きを起こすことはあまりありません。

安心という意味では最も優れている通貨と考えられますが、大きな為替の動きを狙ったトレードをしたい人には日本円は物足りないと感じられる場合もあります。

USD(米ドル)

米ドルはアメリカ合衆国の法定通貨で、しばしばドルと略されることもあります。

「世界の基軸通貨」とも呼ばれていて、国際金融取引の基準とされているのが特徴です。世界的にビジネスなどでも基本的には米ドルをベースにして取引をすることが多く、まさに世界の中心になっていると言える通貨でしょう。

米ドルは、アメリカの雇用統計を代表とする経済指標の発表による値動きが大きいのが特徴です。金融政策による影響も大きく、政治経済の動きに敏感なトレーダーによる売買が多いことがわかります。

また、米ドルは世界的に取引量が多いことから「有事のドル買い」が起こることも知られています。テロなどの有事の際にはこぞってドル買いに走るトレーダーがいるので注意が必要です。

AUD(オーストラリアドル)

オーストラリアドルはオーストラリアの法定通貨で豪ドルとも呼ばれます。

オーストラリアドルは高金利を維持していることから、FX取引では低金利の通貨との金利差を活用するスワップトレードでよく用いられています。また、金利の高さに着目して外貨預金で資産運用をしているケースも少なくありません。

オーストラリアは資源国なので金などの値動きにつられる傾向があります。また、輸出先となっているアジア圏の国の経済状況による影響も受けやすいことから、通貨価値を考えるときにはオーストラリアだけでなく関連国の状況も確認するのが重要です。

EUR(ユーロ)

ユーロはEU(欧州連合)で用いられている法定通貨です。

ヨーロッパ圏の19か国が加盟国となっている影響で、それぞれの国で起こった経済状況の変化によって値動きを起こすのが特徴です。不安定な経済状況の国も少なくないため、年間を通して変動幅が大きい傾向があります。

変動の予測も比較的難しいので初心者にはあまり向きませんが、大きな変動を狙った取引ができる点でユーロは魅力的です。

価格の変動を予測するために全ての加盟国の経済状況を追っていくのはかなり大変になります。EUの中でも主要国であるフランスやドイツに加えて、経済状況が不安定な国の情勢を把握するだけでも相場の方向性は読み解きやすくなるでしょう。

GBP(ポンド)

ポンドはイギリスの現行通貨です。

イギリスはEUを離脱してからは単独で国家経営を行うようになりましたが、それでもEU諸国とのつながりは強いので取引も活発です。そのため、イギリスのポンドとEUのユーロの値動きは相互に関連し合うことがあります。イギリスの国内情勢だけを追っていても予想外の値動きを起こすケースも多々あるので注意が必要です。

ここまでに挙げたバイナリーオプションでよく用いられている通貨の中でも、ポンドは最も値動きが激しいのも特徴です。ユーロとの違いはありますが、ヨーロッパの通貨は値動きが大きくてあまり初心者向きではないと考えると良いでしょう。

バイナリーオプションの通貨ペアを決めるときのポイント

通貨について理解できたところで、次に通貨ペアを決めるときに考慮すべきポイントを押さえておきましょう。

為替の価格変動を起こす要因として、以下の点がよく知られています。

「通貨の取引量」
「取引する時間帯」
「相場の状況」

それぞれがどのように値動きに影響するかを理解して、勝ちやすい通貨ペアを選び出せるようになりましょう。

通貨の取引量で決める

通貨の取引量は相場の安定しやすさを見極める上で重要な要素です。

一般的に取引量が大きい通貨ペアを選ぶと相場は安定しやすく、取引量が少ない通貨ペアほど不安定になります。取引量が多いとはトレーダーが通貨の売買をしていることを示します。

個々のトレーダーが「買い」と「売り」をして値動きを起こさせる要因を作りますが、大勢のトレーダーが参入していると均されてしまって急激な変動が起こりにくくなるものです。

しかし取引量が少ない通貨の場合、トレーダーはその通貨の売買をあまり行っていません。相場の方向性がわかりにくいことから特に初心者にとっては難易度が高いでしょう。無難に勝ちたいときには取引量が多い通貨を選んでおくに越したことはありません。

取引に参入しているトレーダーが少ないと、個々のトレーダーの売買による値動きが目立つようになります。結果として大きな「買い」または「売り」による値動きがチャート上にも現れやすくなり、全体として荒い値動きが起こります。

取引時間帯で決める

取引時間帯によって市場の影響の受け方が違うため、通貨の値動きの仕方が大きく変化します。

バイナリーオプションで取り扱う通貨は世界中のもので、その通貨を使用している国の市場が開いているときには活発な価格変動を起こします

東京市場なら朝に開いて夕方に閉じますが、ヨーロッパのロンドン市場は夕方に開くのでユーロは夕方から活発に値動きを起こすのが一般的です。アメリカのニューヨーク市場は日本のほぼ真裏なので、夜に市場が開いて明け方に閉じます。よって、米ドルの値動きは夜が活発と考えられるのです。

このようにどの時間帯にどの市場が開いているのかを頭に入れ、時間帯に応じた値動きの傾向を押さえておくと、通貨ペアの相場の流れを読みやすくなります。予想も立てやすくなるため、バイナリーオプションの勝率も上がっていくでしょう。

ただし、市場が開いた直後は相場が荒れる傾向があるのでトレンドを読みにくくなります。初心者は市場が開いてから1時間くらいは様子を見た方が無難でしょう。

相場の状況で決める

相場の状況は個々の通貨ペアを確認してから判断することが重要です。

バイナリーオプション取引で勝ちやすくするためには、方向性が明確なトレンド相場を選ぶのが基本です。トレンド相場になっているかを通貨ペアごとに確認していって、はっきりとわかりやすいトレンド相場を見つけたらエントリーするというやり方は合理的でしょう。

取引に慣れている通貨ペアがある場合にも、レンジ相場になっているなら諦めるという考え方もあります。レンジ相場だから勝てないというわけではなく、きちんとテクニカル分析をすれば実はエントリーすべきポイントだとわかることもあるでしょう。

ただ、レンジ相場は基本的に相場の方向性がわかりにくい状況なので、避けて通った方が失敗を減らせます。

方向性が読みにくい通貨ペアにリスクを負ってまでエントリーするのは、特に初心者のうちはやめておくのが賢明です。無難に勝てるトレンド相場の通貨ペアを探すようにしましょう。

【おすすめ】バイナリーオプション初心者が勝ちやすい通貨ペア

通貨ペアの選び方のポイントはわかったけれど、具体的に勝ちやすい通貨ペアなのがどれかを教えて欲しいと考えるのももっともなことです。

ここではバイナリーオプション初心者におすすめの通貨ペアを挙げて詳しく紹介します。通貨ペアごとに特徴があるので、違いを把握して状況に応じた使い分けをできるようになりましょう。

USD/JPY

ドル円はバイナリーオプションで使用される通貨ペアの中でも取引量が比較的多いことから、相場が安定しているのが特徴です。

日本は自国なので情報が手に入りやすく、アメリカも世界経済に大きな影響を及ぼす国なので情報が日本にもタイムリーに入ってきます。政治や経済の動向を見る上でもドル円は有利な通貨ペアでしょう。

日本もアメリカも先進国であり、もともと通貨価値が安定している影響もあって予想から大きく外れるような値動きを起こしにくいのも特徴ですが、アメリカの雇用統計の発表などのように重要な経済指標が発表されると急変が起こる可能性があります。

しかし、急激なトレンドの変化が起こるタイミングを見極めやすいため、エントリーポイントを判断するのが比較的容易です。トレンドに沿って順張りをしても、転換点を狙って逆張りをしても勝ちやすいので、初心者だけでなく上級者からも人気が高い通貨ペアです。

EUR/JPY

ユーロ円は先進国通貨ペアなので比較的相場が安定していますが、ユーロの動きが読みづらい分だけドル円に比べると予測の難易度は上がります。

ただ、極端な値動きが予想外のタイミングで起こることはあまりありません。EU加盟国の情勢も比較的手に入りやすいので、いつもアンテナを張っておけば急変にも対応できるでしょう。

アメリカの経済指標による変動も受けやすいことから、ドルの動きも合わせて見ておく必要があります。ドル円を追っていると類似性を見出せることが多く、相場の動きを予測しやすくなるでしょう。

ユーロ円も順張り、逆張りのどちらも勝ちやすいので、初心者も選んでみるべき通貨ペアです。ユーロ円はロンドン市場が開いた直後は値動きが激しい傾向があるので、落ち着いてきた時間帯を狙った方がバイナリーオプション取引はリスクが少なくて済みます。

FXではこのタイミングを狙う投資家もいますが、取引ルールが違うのでFXと同じ考え方をしないように気を付けましょう。

EUR/USD

ユーロドルはバイナリーオプションで選ばれている通貨ペアに限らず、あらゆる通貨ペアの中で最も取引量が多い通貨ペアです。

相場の動きが安定している点では突出しているので値動きを追いやすいでしょう。よく知られているテクニカル分析が通用しやすいため、きちんとチャート分析を学べば勝ちやすい通貨ペアになります。

ただ、値動きが小さいわけではなく、トレンドに沿った値動きや典型的なパターンに応じたトレンドの逆転が起こりやすいだけなので注意しましょう。

またトレンドが長続きするポイントが多いので、順張りをしやすいのも特徴です。逆張りのポイントをまだうまく見極められない初心者にとってエントリーポイントを見つけ出しやすい通貨ペアでしょう。

上述のドル円やユーロ円との親和性も高いため、三つ合わせて相場を追うようにするのが初心者にはおすすめです。

【要注意】バイナリーオプション初心者は避けるべき通貨ペア

ここまでに挙げたのとは逆に、バイナリーオプション初心者が避けるべき通貨ペアもあります。通貨ペアの選び方のところでも説明したように、予測が難しい通貨ペアもあるので注意が必要です。

ここでは具体的にバイナリーオプション初心者には向かない通貨ペアを紹介するので、なぜ避けた方が良いのかを簡単に理解しておきましょう。

GBPとのペア

イギリスのポンドと各通貨のペアは、値動きが突出して激しい通貨ペアとして知られています。

先進国通貨で例外的に大きな値動きを起こすことから、FXでは一攫千金を狙ってポンドとの通貨ペアを選ぶ人もいます。

しかし目立った前触れもなくトレンドが大きく変わることがよくあるのでポンドとの通貨ペアは予測が困難です。長時間の取引では予想外のトレンドが発生したり、レンジ相場に入ったりして失敗するリスクが比較的高いので注意しましょう。

FXではスキャルピング取引で注目される通貨ペアで、やはり長時間の取引に用いているトレーダーは多くありません。バイナリーオプションでも短時間取引では勝てる可能性がありますが、短時間取引はますます予測が難しいので初心者は避けて通った方が良いでしょう。

AUD・NZDなどオセアニア通貨とのペア

オーストラリアドルやニュージーランドドルは高金利なのでFXでは注目されます。しかし金利を使った取引ができないので、バイナリーオプションでは必ずしも魅力的な通貨ではありません。

なぜなら各国との通貨ペアはオセアニア時間に値動きするため、日本では夜間に市場が動いて状況を追いにくいからです。また、資源国なので金などの価格の影響を受けやすく、輸出先や同じ資源国の経済状況の影響も受けて相場が変わっていきます。

特に中国やアメリカの経済に左右されやすいことから中国時間・アメリカ時間の市場変動も大きくなり、十分な情報量を手に入れて網羅的に分析しなければ予測が難しくなるのが特徴です。

上級者になると勝てるポイントを探してエントリーできるようになる可能性は十分にありますが、初心者には相場の予測をするのはかなり難しい通貨ペアです。

商品や株価指数なども使ってバイナリーオプション取引をするようになると、変動要因になる情報を普段から手に入れることになります。その段階に到達してからオセアニア通貨とのペアの検討を始めると良いでしょう。

取り扱い通貨ペアが多いバイナリーオプション業者

通貨ペアの選び方によってバイナリーオプションの取引のしやすさも勝ちやすさも違うことがわかってくると、できるだけ取り扱っている通貨ペアが多いバイナリーオプション業者が良いと思うでしょう。

最初は上述のおすすめペアで良いかもしれませんが、取引に慣れると多様な戦略を描けるようになります。勝機の増加にもつながるので、ここでは取り扱い通貨ペアが多い国内外の業者を紹介します。

国内のバイナリーオプション業者

国内のバイナリーオプション業者の中でも取り扱い通貨ペアが多くておすすめなのはYJFX!(オプトレ)です。

オプトレは、取引タイプとしてラダー取引だけでなくレンジ取引も取り入れていることで幅広い戦略をとれる魅力があります。取り扱い通貨ペア8種類というのは国内でもトップクラスで、オーストラリアドルやイギリスポンド、ニュージーランドドルの取り扱いが多いのが特徴です。

またYJFX!ではこの8つの通貨ペアのチャートを同時に表示できるツールがあるため、バイナリーオプション初心者のうちからこれらの通貨ペアも見慣れておくことができます。

トレードに慣れてきたときには、このような通貨ペアも駆使して勝てる戦略を立てた方がチャンスを増やせます。その敷居を低くしてすぐに挑戦できるようになる点でYJFX!がおすすめです。

取り扱い通貨ペア
(8種類)
  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • AUD/JPY
  • GBP/JPY
  • GBP/USD
  • NZD/JPY
  • AUD/USD

海外のバイナリーオプション業者

海外のバイナリーオプション業者では、かなりの数の通貨ペアを取り扱っているところがたくさんあります。その数とサービスの充実度、業者の信頼性や安全性などを総合的に加味するとおすすめなのはハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアは日本円を決済通貨とする7種類を含む合計17種類の通貨ペアで取引ができます。他にも株価指数や仮想通貨、金や石油などの指標による取引も可能で、取引の幅を飛躍的に広げられます。

取引時間も30秒から1日まで幅広く選べることに加えてハイローでの取引が可能なので、シンプルな考え方で取引の戦略を練ることができるメリットがあります。国内からの口座開設もわずか数分でオンライン手続きができ、日本語のサポートが徹底しているといった点も魅力です。

日本人のユーザーも多いので安心して利用できる海外バイナリーオプション業者なので、初心者も気軽に口座を開設できるでしょう。

取り扱い通貨ペア
(17種類)
  • AUD/JPY
  • AUD/NZD
  • AUD/USD
  • CAD/JPY
  • CHF/JPY
  • EUR/AUD
  • EUR/GBP
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/AUD
  • GBP/JPY
  • GBP/USD
  • NZD/JPY
  • NZD/USD
  • USD/CAD
  • USD/CHF
  • USD/JPY

なお、以下の記事ではハイローオーストラリアの口座開設手順を詳しく解説しています。まだ口座開設が済んでいない方は、ぜひこちらを参考に手続きを進めてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

バイナリーオプションを通貨ペアで攻略する方法!

バイナリーオプションはどの通貨ペアで取引するかによって勝ちやすいかどうかが大きく左右されるため、そのことがわかるようになると通貨ペアで攻略したいという気になってくるでしょう。

そこで重要なのは勝ちやすい通貨ペアを見極めることです。それぞれの通貨の特徴を知った上で、自分なりの取引スタイルを確立して組み合わせるという考えを持つと良いでしょう。

自分の取引スタイルから考えて、今の状況で最もチャンスが多い通貨ペアはどれかという視点で考えてみると、候補をスムーズに絞り込めます。タイムリーにチャートを見て分析できれば、より勝ちやすいタイミングでエントリーできるでしょう。

このようにして着実に勝てるようになることを目指すのが、通貨ペアでバイナリーオプションを攻略する基本的なアプローチです。

しかし、実際にやってみようとすると一朝一夕にして勝率が急騰するわけではありません。
自分の取引スタイルを確立するにも時間がかかり、さらに通貨ペアとの相性を判断できるようになるには努力が必要になります。独学ではなかなか通貨ペアでの攻略を達成できないでしょう。

最短最速で成功できるトレーダーになりたいと思ったら、バイナリーオプションで頂点に立つプロを味方につけるのが最適です。プロトレーダーなら時間も手間も省いた有効な攻略法を伝授してくれるでしょう。

私もプロトレーダーとして通貨ペアによる攻略を遂げてきた一人です。本当に成長して勝てるようになりたいなら、私とLINEで繋がってみませんか。

上の画像をクリックしてLINE登録していただくだけで、私独自の「勝ちのノウハウ」を惜しみなく詰め込んだプレゼントをお受け取りいただけます。

LINEで繋がったあなたは、いわば私の戦友です
何も遠慮することはありません

ぜひ特典を手にして、バイナリーオプションで勝ち上がってください。
私はその先で待っています。

まとめ

バイナリーオプションでは、ドル円、ユーロ円、ユーロドルといった安定性のある通貨ペアが初心者にはおすすめです。

ただ、通貨の取引量や各国の経済情勢などは刻々と変わっていきます。自分の取引スタイルに合わせて通貨ペアを選び、十分な情報を手に入れながら取引をしていくと長期的に見て大きな成長を遂げられるでしょう。

ぜひ私からお届けするLINE限定プレゼントを活用して、通貨ペアを攻略してください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder