バイナリーオプション

バイナリーオプションは経済指標で稼ぐ!重要指標と勝ち方のコツ

バイナリーオプションを攻略するためには、経済指標を気にかけてトレードするのが重要になります。

この記事では経済指標とはそもそもどういうものなのかを概説した上で、バイナリーオプションで活用するための方法をプロの見地から解説します。

テクニカル分析ばかりが攻略法ではないので、経済指標についても理解を深めましょう。

経済指標とは?バイナリーオプションとの関係性も解説!

経済指標とは、世界各国の政府や経済関連の中央省庁が発表している「経済に関する指標」で、経済状況の背景的な要因を数値化して評価したものです。

日本を含む世界の国々は、統計調査などを通じて経済に影響する要因を調べ、数値として定期的に公開しています。経済に影響を与える要因としては、物価や金利、生産、貿易など様々なものが挙げられます。

その国の景気の良し悪しを推し量る目安となる経済指標は、為替相場の予測においても非常に重要な意味があり、バイナリーオプション取引についても例外ではありません。

バイナリーオプションをやる上で経済指標チェックは必須

バイナリーオプションにおける経済指標の重要性について、もう少し詳しくお話しておきましょう。

バイナリーオプションでは為替レートが上がるか下がるかを予測してエントリーし、予測が当たると利益になります。その予想の正確性を高めるためには、これからどのように為替レートが動くかを見極められなければなりません。

テクニカル分析は予測の手法として頻繁に用いられていますが、予想外の値動きが起こることもよくあります。このようなテクニカル分析では把握できない値動きには、経済指標の発表が影響していることが多いのです。

経済指標の発表は日時が決まっているため、そのタイミングでのトレードが有効かどうかを判断できるようにチェックするのが重要と言えます。経済指標の発表内容とタイミングがわかっていれば、起こり得る値動きを予測してリスク回避できるだけでなく、あえて値動きを狙ったトレードをすることも可能です。

経済指標をチェックする方法

経済指標の内容や発表されるタイミングを確認するには、FX情報サイトやFX関連のアプリを使うのがもっともスムーズです。為替に関連する情報に基づいたトレードの歴史はFXの方が長いので、情報サイトもアプリも充実しています。

各国の経済指標の発表日時をカレンダー形式で見ることができたり、パソコンのデスクトップやスマホの待ち受けに表示したりすることも可能です。近年では発表時にプッシュ通知が届くアプリも登場しており、上手に活用すればタイミングを逃さずに済みます。

様々なサイトやアプリがありますが、ここでは多くのトレーダーから高評価を獲得しているものをピックアップしました。それぞれ特徴があるので、使い勝手を比較してみると良いでしょう。

FX情報サイト みんかぶFX
ザイFX!
Yahoo!ファイナンス
スマホアプリ
(公式サイト)
ヒロセ通商「スマホ版LION FX」
みんなのFX「FXトレーダー アプリ版」

そのほか、新聞やTVなどから情報収集する方法もあります。詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプション・ファンダメンタルズ分析の基礎講座【情報収集や実践手法まで公開】バイナリーオプションでは「ファンダメンタルズ分析(ファンダメンタル分析)」の活用が重要だと言われています。 取引を始めたばかりの初...

バイナリーオプションで覚えておきたい重要経済指標まとめ

世界のあらゆる国々の経済指標を見てトレードするのは大変だと思うかもしれませんが、実は為替相場に大きな影響を及ぼす経済指標はそれほど多くありません。すべてチェックしようと思わずに、重要な指標をピックアップして見ていきましょう。

ここでは、為替相場で大きな値動きを起こす可能性がある指標を紹介します。

①米雇用統計

雇用統計はどの国のものでも重要度が高いのですが、特に米国の雇用統計はチェック必須です。

米雇用統計は米国労働省(U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)から発表される指標で、雇用情勢から米国の景気動向がわかる重要な指標として多くの投資家が注目しています。

発表されるタイミング

米雇用統計は以下のスケジュールで発表されます。

発表日程 毎月第1金曜日
発表時間 冬時間 日本時間22:30〜
夏時間 日本時間21:30〜

日本と違って、米国では「サマータイム制度」が導入されています。そのため、冬時間と夏時間で発表される時刻が1時間ずれる点に注意が必要です。

サマータイムについては以下の記事で詳しくご説明していますので、ぜひあわせてご覧ください。

バイナリーオプションのサマータイムを解説【夏時間と冬時間のズレに注意!】サマータイム制度は日本では取り入れられていませんが、海外では一般的に取り入れられている制度です。 バイナリーオプションのように外貨...

数値の見方と値動きの傾向

米雇用統計では雇用情勢に関わる10数項目の統計が発表されますが、そのすべての数値を見ることは必ずしも重要ではありません。

特に為替相場への影響が大きいのは「失業者数」と「非農業部門就業者数」です。

失業率は失業者を労働力人口(失業者+就業者)で割ったもので、数値が前回より高い場合は雇用情勢が悪化しつつあることを示し、米ドルの価格が下がる傾向があります。

非農業部門就業者数は米雇用統計の中で最重要項目と言われていて、予想値が発表されたタイミングでも影響が生じますが、実際の結果と予想値の乖離が大きいときにはさらに変動が起こることがあるので注意が必要です。

なお、以下の記事では米雇用統計の発表タイミングを狙ったトレード方法をご紹介していますので、よろしければぜひご覧ください。

バイナリーオプションは雇用統計で勝つ!基礎知識から攻略法まで解説バイナリーオプションでは「今、社会で起こっていること」に注目してチャート分析を行うトレーダーがいます。政治や経済の動向に合わせて為替レー...

②政策金利

政策金利とは、各国の中央銀行が一般の銀行などの金融機関に融資する際に適用される金利です。景気や物価の安定などを考慮して、定期的に金融政策が決定します。

景気が良いときには金利を高く、景気が悪いときには金利を低くして、通貨の流動性をコントロールしているのです。

発表されるタイミング

政策金利が発表されるタイミングは国によって異なります。一般的には1ヶ月に1回から2ヶ月に1回くらいの頻度で、発表時刻も決まっています。

政策金利の中でも特に重要なFOMC(米国)の発表スケジュールは以下のとおりです。

発表日程 年8回、約6週間ごとに1日〜2日
発表時間 冬時間 日本時間04:15〜
夏時間 日本時間03:15〜

こちらもサマータイムによる発表時刻の変動には注意しておきましょう。

数値の見方と値動きの傾向

政策金利は前回発表時に比べて金利上がったか下がったかを見ます。金利が上がった場合は金利による利益を得ようとする動きが生まれ、その国の通貨が買われやすくなります。

特に米国のFOMCの発表は世界的に大きな影響を与えるため要注目です。

FOMCの発表時には米国における景況感や政策金利の方針が発表されますが、指数そのものよりも会見の内容によって値動きを起こす傾向があります。景気が良化する・政策金利の引き上げを行うといったことを示唆した場合には、米ドルの価格が上がります。

③国内総生産

国内総生産は一定期間中に国内で生み出された付加価値を合計したもので、英語の「Gross Domestic Product」の頭文字をとって「GDP」と呼ばれています。

各国が定期的に発表するGDPからは経済活動の活発さと経済規模がわかり、期間中にどの程度の経済成長があったかを見極めることができます。

発表されるタイミング

国内総生産の発表のタイミングは国ごとに決められていて、スケジュールが発表されています。発表の頻度も国によって違いますが、四半期に一回が一般的です。

主要国のGDPは月の下旬に発表されるケースが多く、発表時刻も国ごとに明確に決まっています。こちらもサマータイム導入国は気を付けておきましょう。

数値の見方と値動きの傾向

GDPの数値は「速報値」「改定値」「確定値」の順で3回発表されるケースが多くなっています。四半期に一回の発表で、この3つが1ヶ月おきに示されるため、結果的には毎月発表されていることになります。

この中で為替市場への影響が最も大きいのは「速報値」です。特に4月・7月・10月・1月は速報値の変動によって大きな値動きが起こるケースがままあります。

GDPが上がったときには景気が良くなっているので相場が上がり、GDPが下がると景気の低迷が起こっているので相場が下がるのが通例です。

④消費者物価指数

消費者物価指数は消費者が購入する商品やサービスの価格がどの水準にあるかを示したもので、インフレ率を分析するための重要な指数です。

米国や日本では英語表記の「Consumer Price Index」の頭文字から「CPI」、欧州ではEU加盟各国のCPIをまとめて「HICP」と呼ばれています。

発表されるタイミング

消費者物価指数の発表タイミングも国ごとに決まっているので、スケジュールは個々に調べる必要があります。基本的には毎月1回の発表で、発表時刻も決まっています。

例えば、米国CPIの発表は以下のとおりです。

発表日程 毎月15日前後
発表時間 冬時間 日本時間22:30〜
夏時間 日本時間21:30〜

数値の見方と値動きの傾向

消費者物価指数は前月比でどのように動いたかを見るのが基本です。基準時を「100」としたときに数字がいくつ増減したかで物価が何パーセント上下に動いたかがわかります。

CPIが上がったときはインフレが加速したことを示し、政策金利の引き上げが予想されます。それにより通貨買いが進みやすく、値上がりを起こすのが一般的です。逆にCPIが下がると通貨が売られていき、値下がりを起こす傾向があります。

⑤小売売上高

小売売上高は各国の小売やサービスにおける売上高をサンプル調査して集計したものです。コンビニやスーパー、百貨店などを対象として毎月実施している国が多くなっています。

特に米国はGDPの構成比率の約7割を個人消費が占めるため、景気の動向を知るための重要指標として注目されています。

発表されるタイミング

小売売上高が発表されるタイミングも国ごとに独自に定めています。

特に重要視されている米国の小売売上高の発表スケジュールは以下の通りです。

発表日程 毎月中旬
発表時間 冬時間 日本時間22:30〜
夏時間 夏時間 日本時間21:30〜

数値の見方と値動きの傾向

小売売上高は個人消費の動向を見極めるために有効な指標で、前回の発表値と比較して増えたか減ったかを見ます。

米国の小売売上高は耐久財と非耐久財に分けて発表され、特に注目されているのは自動車部門を除いた小売売上高です。

小売売上高の上昇は個人消費が増えていることを示しており、景気が良くなっていると判断できます。そのため、小売売上高の上昇は米国経済が上向きになっていると解釈され、米ドルの購入が進みます。

特に感謝祭やクリスマスなどがあるホリデーシーズンにはプレゼントの購入が多いため売上高が伸びやすく、11月・12月分の米小売売上高の結果は特に注目されています

⑥ISM製造業景況指数・ISM非製造業景況指数

ISM製造業景況指数およびISM非製造業景況指数は、全米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)が企業の購買担当者に対して行った調査を基に作成される、米国の製造業および非製造業における景況感を示す指数です。

米国の景気を予測するうえでは、こちらもチェックが欠かせません。

発表されるタイミング

ISM製造業景況指数およびISM非製造業景況指数の発表タイミングは以下のとおりです。

発表日程 ISM製造業景況指数:毎月第1営業日
ISM非製造業景況指数:毎月第3営業日
発表時間 冬時間 日本時間00:00〜
夏時間 日本時間23:00〜

なお、ISM製造業景況指数およびISM非製造業景況指数は、発表タイミングが早いことから毎月の他の経済指標の予測にも用いられています。

数値の見方と値動きの傾向

ISM製造業景況指数もISM非製造業景況指数も、総合指数の「50」を境にして大きいか小さいかを見るのが基本です。

景況指数が50よりも大きい場合は、企業の経済活動が活発化することが予想されます。数値が良ければ米国の景気も良化すると考えられ、米ドル買いが進むのが一般的です。

一方、景況指数が50よりも小さいときには企業が経済活動を縮小し、景気が低迷する方向に向かうと考えられます。米国の景気も悪くなる懸念が生まれるため、米ドルが売られていきます。

⑦オーストラリアの経済指標

オーストラリアドルを使って取引をしている場合には、オーストラリアの経済指標に目を向けることも重要です。

雇用統計や政策金利などのほか、住宅許可件数や貿易統計もオーストラリアドルの為替レートに影響を及ぼします。

発表されるタイミング

オーストラリアドルの為替レートに影響する主要な経済指標として「雇用統計」「CPI」「住宅建設許可件数」「小売売上高」は特にチェックしておく必要があります。

発表日程 ・雇用統計:毎月中旬
・CPI:四半期に一度
・住宅建設許可件数:毎月上旬
・小売売上高:毎月上旬

なお、これらの指標は日本時間の昼間に発表されますが、この時間帯は通貨の取引量が少なく予想外の値動きを起こすこともあるので注意しておきましょう。

数値の見方と値動きの傾向

雇用統計やCPI、小売売上高の見方については、米国のケースと基本的に同じです。

もう一つ、オーストラリアの重要な経済指標として「住宅建設許可件数」があります。これは地方自治体が建設を許可した新築物件の数で、景気が良いと数値が高くなりやすく、オーストラリアドルが上がる傾向があります。

ただし、天候や月による変動幅が大きい点には注意しましょう。新築住宅を建てるには天気が良くなければならないからです。個人の生活状況は月による違いが大きいので、月ごとの変動が大きくなっています。

経済指標を利用してバイナリーオプションで稼ぐコツ

経済指標の発表タイミングを狙ってバイナリーオプションで稼ぐのにはコツがあります。端的に言えば、指標発表前後の値動きの特徴をおさえたうえで取引に挑むことです。

ここではプロトレーダーだからわかる経済指標の有効活用法を紹介します。

短時間取引ができる業者を選ぶ

経済指標の発表タイミングを活かしたトレードをするためにまず重要なのが、短時間取引ができるバイナリーオプション業者を選ぶことです。

経済指標が発表されると、ほんの数十秒や数分のうちに大きな値動きが起こることがしばしばあります。取引時間が長いと、このような値動きに対応できません。

現在、国内業者の取引時間は規制により最短でも2時間となっていますが、海外業者なら数分単位での取引が可能です。

中でも「ハイローオーストラリア」は30秒や1分の取引ができるうえにペイアウト率も高いことから、多くの日本人トレーダーが利用しています。

以下の記事で口座開設の手順をご紹介していますので、経済指標の発表を狙った取引を行うなら手続きを済ませておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

予想値からトレンドを予想してエントリーする

(引用元:みんかぶFX

経済指標の発表タイミングを狙ってバイナリーオプション取引をするときは、事前に発表される「予想値」をもとにしてエントリーの方向性を考えます

先ほど紹介したFX情報サイトやアプリでは、各経済指標の「前回の数値」と「事前予想値」が公開されています。それを比較してみると、発表直後にどのような値動きが起こるかを予測することが可能です。

予想値が為替レートを上げるような良好な数値になっているならHIGHエントリー、反対に悪くなっているならLOWエントリーをするのが良いと考えられます。

また、米雇用統計などのように為替相場への影響力が大きい指標の発表時は、発表時間よりも数秒から数分前にエントリーしておくのも一つのコツです。

ただし、想定外の発表結果になる可能性もあるため、取引のリスクが高い点を考慮して掛金は少なめにしておきましょう。

経済指標発表後の反発を狙ってエントリーする

経済指標が発表されるタイミングを見計らってエントリーするのは不安があるという人もいるでしょう。その場合は経済指標が発表された直後に反発が起こるのを狙ってエントリーするのも有効です。

相場は大きな価格変動を起こした後にはそれを調整するかのように反対方向に動いて元に戻ろうとする性質があります。経済指標の発表によって相場が急変を起こし、少し変動が落ち着いてきた辺りで逆方向のエントリーをするのがこの方法です。

ただし、経済指標の影響が大きいと反発が起こらずトレンドが継続することもあります。経済指標の内容を確認しつつ、チャートをよく読んで値動きを正確に見極めるのが大切です。

スプレッド取引に挑戦してみる

バイナリーオプションにおけるスプレッド取引とは、目標レートに「勝ちにならない価格幅(スプレッド)」があらかじめ設定されている取引方法をいいます。

スプレッド取引は通常よりもペイアウト率が高いのが魅力ですが、単純に上がるか・下がるかだけでは勝ちにならないため、安定して勝ちにくいのが難点です。

しかし、米雇用統計などの重要な経済指標が発表されるタイミングは、普段よりも大きな値動きを起こすことがよくあります。スプレッド取引は値動きが大きいときほど勝ちやすくなるので、経済指標発表時はまさに好機と言えるでしょう。

ただし、スプレッド取引では取引時間やエントリーのタイミングの見極めに加え、エントリーすべきかどうかの判断力も求められます。まずはデモ取引でトレーニングを行い、慣れてきたら実戦に挑みましょう。

スプレッド取引については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションのスプレッド取引とは?通常取引との違いやプロ投資家が実践する攻略法を紹介!バイナリーオプションでは「スプレッド」という専門用語が登場します。取引に慣れてきた方であれば、すでに何度か耳にしているかもしれません。 ...

経済指標の発表時にバイナリーオプションをする時の注意点

経済指標発表時の値動きを狙ってエントリーすれば簡単に勝てそうだと思った人もいるでしょう。しかし、このタイミングはリスクも高いので慎重にならなければいけません。

具体的にどんなことに気をつけてトレードをすれば良いのか、ここではプロトレーダーの視点から経済指標発表時の注意点をわかりやすく解説します。

経済指標発表前のエントリーは避ける

基本的には経済指標が発表される前の時間帯はバイナリーオプションには向きません。

発表前というのは数分前という意味ではなく、重要指標なら1時間前くらいからリスクが高くなります。経済指標の発表を機に為替変動が起こるのを想定して、FXトレーダーなどによる為替取引が活発に行われるからです。

相場が荒れてしまって予測が当たらなくなる場合が多いので、経済指標発表前は様子を見るだけにしておくと良いでしょう。経済指標の重要性によって動向も違うため、傾向をつかんでおくのが大切です。

資金管理のルールを守る

資金管理のルールはいかなるときも守るべきものですが、経済指標の発表を狙ってトレードするときには特に徹底することを心がけましょう。

経済指標は予想値の通りに発表されるとは限らないため、想定していたのとは逆方向の値動きをしたり、イレギュラーを起こしたりすることもあります。値動きが大きいのは魅力ですが、必ずしも稼げるタイミングとは言いきれません。

いわゆる”ハイリスクハイリターン”のタイミングだと考えて、大金を掛けるのは避けましょう。特に予想が外れてしまうと損失を取り返そうとして無謀なエントリーをしがちなので、ルールを守って取り組むのが肝心です。

乗り遅れたらエントリーは見送る

タイミングが悪いと経済指標の発表の結果をうまく活用したトレードはできません。もしエントリーすべきタイミングを逃し、少しでも乗り遅れてしまったときには潔く諦めましょう。

特に短時間取引は、わずか数秒や数分の差が勝敗を分けます。慌ててエントリーして失敗するケースもしばしばあるので、理想的なタイミングを決めて、その瞬間にエントリーできなかったら見送ることが大切です。

また、想定していたよりも値動きが早くて予測が難しいようなときもエントリーは控え、リスクを回避するようにしましょう。

約定拒否になっても動揺しない

約定拒否はバイナリーオプションで時々起こるトラブルとして知られています。

エントリーが集中したときにシステムが対応できなくなったり、価格変動が激しすぎるのが主な原因で、エントリーしてもキャンセルされてしまいます。

経済指標の発表時は値動きを狙ったエントリーが殺到するので約定拒否が起こりやすくなりますが、約定拒否が起こりやすい=価格変動のリスクが高いということでもありますから、エントリーしたとしても勝つのは難しいでしょう。

ここはエントリーを弾かれてしまっても焦ったりせず「リスクを回避できて良かった」というくらいのとらえ方をするのが賢明です。

情報に惑わされない

バイナリーオプションで経済指標の発表を狙ったトレードをするには、発表によって起こり得る値動きについてよく考える必要があります。

しかし、その結果について世の中がどのように捉えるのかがわかっていないと、トレンドが継続するのか反発が起こるかどうかが予測できません。

その判断には情報が必要ですが、過度に情報を集めて惑わされてしまったために失敗することもあります。経済指標発表時にはアナリストなど様々な人たちが予想情報を発信していますが、人によって意見が違うので何が正しいのかがわからなくなりがちです。

情報を集めるときには信頼度が高いものだけに厳選することが大切です。あらゆる情報をかき集めようとすると、かえって失敗します。

そこで、信頼できる情報源を確保する方法として、私のようなプロトレーダーとつながりを持つことをおすすめします。以下の画像をクリックして、ぜひ”本物”の情報を受け取ってください。

今は様々なシーンで情報収集力が求められますが、これはバイナリーオプションも例外ではなく「情報を制する者がトレードを制する」と言っても過言ではありません。

あなたもぜひこの機会に確かな情報源を手に入れて、バイナリーオプションで勝ち上がってください。ご連絡をお待ちしております。

まとめ

経済指標の発表はバイナリーオプションの取引に活用できるチャンスですが、使い方を誤ったり、情報収集に失敗したりすると大損をするリスクもあるときです。そのため、確かな予想を立てられるように準備を整えてエントリー判断をするのが重要となります。

経済指標の発表に関わる情報を信頼できるプロトレーダーから手に入れて、これからのトレードに活かしていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら