バイナリーオプション

バイナリーオプションは雇用統計で勝つ!基礎知識から攻略法まで解説

バイナリーオプションでは「今、社会で起こっていること」に注目してチャート分析を行うトレーダーがいます。政治や経済の動向に合わせて為替レートも変動するからです。

為替相場に特に大きな影響を与えるものとして、各国の「雇用統計」は多くのトレーダーが重要視しています。

今回の記事では、雇用統計とはどのような指標なのかを詳しく解説したうえで、バイナリーオプション取引での活用方法をご紹介します。

目次
  1. 【基礎知識】雇用統計とは?
  2. バイナリーオプションで注目すべき雇用統計の項目
  3. バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するメリット・デメリット
  4. バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するならおさえておくべき情報サイト
  5. 【プロ直伝】バイナリーオプションで雇用統計を狙った取引攻略法!
  6. バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するならハイローオーストラリアがおすすめ!
  7. バイナリーオプションで雇用統計を狙った取引をするときの注意点
  8. バイナリーオプションを雇用統計で攻略するために必要な「本物の情報」を得る方法
  9. まとめ

【基礎知識】雇用統計とは?

まずは雇用統計について「聞いたことはあるけれど詳しいことはよく知らない…」という人のために、概要を解説します。

雇用統計とは

労働者の雇用状況に関わる統計調査のことで、各業種での労働者数の増減や失業率などが各国から定期的に発表されています。

中でもアメリカの労働省労働統計局から月次発表される「米国雇用統計」は相場に影響を与える重要な経済指標の1つとして注目されています。

米国雇用統計は、ドル相場に影響が大きいことからバイナリーオプションでも特に大事な指標です。本記事でも特に言及しない限りは米国雇用統計について詳しく解説します。

雇用統計が発表されるタイミング

米国雇用統計は、毎月第1金曜日に前月分の統計データが集計された結果が発表されます。

サマータイムがある影響で発表時刻は季節によって異なり、4月~10月は日本時間の21:30、11月~3月は22:30です。夜に発表されるという点に違いはないですが、4月と11月は変わり目の時期として覚えておきましょう。

他の国の雇用統計についても国ごとに発表する日時が決まっています。アメリカと同様にサマータイムを導入している国の場合には、シーズンによる違いがあることも念頭に置いて確認しておきましょう。

【覚えておこう!米雇用統計の発表日時】
発表日 毎月第1金曜日
発表時間 4月~10月(夏時間):21:30分(日本時間)
11月~3月(冬時間):22:30分(日本時間)

雇用統計で発表される内容

雇用統計で発表される項目には国による違いがありますが、世界的に重視されている内容は共通して発表されます。

冒頭で挙げた「失業率」や「週労働時間」などは多くの国で共通している項目です。米国雇用統計ではこれらを含む10数項目が毎月発表されています。

【雇用統計で発表される主な項目】

雇用統計で
発表される項目

  • 失業率
  • 非農業部門就業者数
  • 建設業就業者数
  • 製造業就業者数
  • 小売業就業者数
  • 金融機関就業者数
  • 週労働時間
  • 平均時給など

代表的な項目を挙げましたが、バイナリーオプションで見落とせないのは「失業率」と「非農業部門就業者数」の2つです。少なくともこの2つについては、ファンダメンタルズ分析をそれほど重視しないという人もチェックしておいたほうが良いでしょう。

それぞれの内容については後ほど詳しく解説しますが、バイナリーオプション取引ではこの2つが大きく影響する可能性が高いのです。

雇用統計が為替相場に影響する理由

バイナリーオプション取引をするときに米国雇用統計に着目するトレーダーが多いのは「為替相場に影響するから」に他ありません。

では、なぜアメリカの雇用に関する情報が公表されると為替レートが変動するのかというと、米国雇用統計はアメリカ経済の動向を示す重要な指標の一つだからです。

アメリカの国内総生産(GDP)は世界一位で、その7割ほどを個人消費が占めているという特徴があります。そのため、雇用状況の良し悪しがGDPに大きく影響するのです。賃金が上昇していたり、失業率が改善していたりすると、個人消費が増加すると考えられます。

世界経済の中心となっているアメリカの経済状況が変動すれば、他国にも波及するのは明らかでしょう。

さらに米ドルは世界の基軸通貨なので、世界中の投資家が注目しています。米国雇用統計の動きによって売買をする傾向が強いため、発表に合わせて為替変動が起こりやすいのです。

バイナリーオプションで注目すべき雇用統計の項目

先述したとおり、バイナリーオプションでは米国雇用統計の中でも「失業率」と「非農業部門就業者数」の2項目が重要になります。

続いては、この2つの項目の意味と為替レートへの影響について確認していきましょう。

失業率

米国雇用統計の失業率とは、文字通り失業者数の指標です。

軍隊従事者や服役者を除いた16歳以上の男女の人数を労働力人口として定義し、失業者がどの程度いるかを計算して失業率を算出しています。

計算式は「失業者÷労働力人口×100」です。

失業率が低いときには各事業所が人材雇用を進めている状況なのに対し、失業率が高い場合には採用活動を差し控えたり、不要な人材を解雇したりしている状況です。

そのため、失業率が低ければアメリカの景気が良く、失業率が高いときには景気が低迷しているとわかります。失業率が前月から増加しているか、減少しているかで景気の動きを見ることが可能です。

景気が良いときには米ドルが買われるので、失業率が低いと米ドル買いによって貨幣価値が上がります。反対に、失業率が高いと米ドルが売られて貨幣価値が下がります。

非農業部門就業者数

非農業部門就業者数は、農業従事者以外で民間企業や政府機関で雇用されている人口です。
全国民に対して調査を行うわけではなく、事業所の給与支払帳簿から集計して人数を割り出しています。

非農業部門は景気の影響を受けやすく、景気が良いときには人材を増やして事業拡大を図るのが一般的です。そのため、非農業部門就業者数の増加はアメリカ経済が良い方向に向かっていることを示すと解釈できます。反対に、非農業部門就業者数の減少は景気が低迷する傾向が生まれていることを示すのです。

失業率の場合と同様にして考えると、就業者数が増えているときには米ドルが世界的に買われるようになり、反対に減少した場合には米ドルが売られることになります。毎月推移を追っていると、発表された米国雇用統計の内容を見たらすぐにどのようなレートの変動が起こるかもおよそ予想できるようになるでしょう。

バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するメリット・デメリット

雇用統計を狙うトレード方法にはメリットもデメリットもあります。

うまく米国雇用統計を活用するために留意しておくべきポイントでもあるので、メリットとデメリットを正しく理解しておきましょう。

メリット:予想的中なら短時間で大きな利益を得られる

雇用統計は予想が的中すると短時間で大きな利益を生み出すトレードができるのがメリットです。

バイナリーオプションではトレンドを見ることが大切ですが、米国雇用統計の発表は一時的に大きくはっきりとしたトレンドが生じる要因になります。その流れに乗ってトレードできれば、予想が当たって大きな利益を上げられるでしょう。

米国雇用統計では事前予想値が発表されますが、必ずしもその通りになるわけではありません。むしろ予想値どおりの場合には多くのトレーダーが準備しているので、大きな流れが生まれない場合が多くなっています。

事前予想値から大きな乖離があったときほど変動が大きい急変が起こり、それを予測できると利益に直結するのが魅力です。

デメリット:事前予測が困難

米国雇用統計の事前予想値は、いわば経済のプロが出している値なので、かなり正確性が高いと考えられます。それでも大きく外れることがあるほど、アメリカの経済状況を熟知している人でも予想が難しい点が雇用統計に注目してトレードするデメリットです。

プロトレーダーでも100%の予測は不可能で、予想とは真逆のトレンドが発生することもあります。発表前後には市場が動揺して、明確なトレンドが生じないことも稀ではありません。見極めが難しい状況になって、エントリーを断念するトレーダーも多いのが実情です。

そこで諦められれば良いですが、相場の流れを読めない状態でエントリーすると大損する可能性もあります。ハイリスクハイリターンの性質も持っているトレードなので、慎重にならなくてはなりません。

バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するならおさえておくべき情報サイト

雇用統計を狙ったトレードは、事前の情報収集が成功のカギとなります。集めた情報をもとにして、自分なりの予測を立てておくのです。

雇用統計に関する情報を掲載しているサイトはたくさんあります。発表スケジュールや専門家の見解などがまとめてチェックできるので、有効に活用しましょう。

みんかぶFX

みんかぶFXは、為替に関する情報をニュースとコラムを交えて掲載しているFXメインのトレード情報サイトです。経済指標については予想や結果に加え、前回改定値も過去二2年分閲覧することができます。

みんかぶFXには公式のTwitterアカウントがあって、フォローすると米国雇用統計を含む経済指標のツイートを確認できます。発表10分前に重要度や前回の結果や変動幅などが配信されるので、リマインダーにもなるでしょう。

ツイートには関連記事のリンクも添付されているので、速やかに必要な情報を集めてトレードに活かすことができます。

みんかぶFX:https://fx.minkabu.jp/

Zai FX!

Zai FX!は、情報提供が早いことに定評があるサイトです。その日の経済指標の予定に関する記事が毎朝9時頃までに投稿される仕組みになっています。

各指標や相場に影響するイベントのほか、発表時間や注目度、影響度、市場予想値、前回発表値がまとまっていて便利です。コラムやニュースも満載で、解説も充実していることから有用な情報が手に入りやすいでしょう。

為替を動かすイベントについてまとめて知りたいときにおすすめのサイトです。

【プロ直伝】バイナリーオプションで雇用統計を狙った取引攻略法!

この記事を読み始めたときから「雇用統計を使ってバイナリーオプションを攻略するにはどうしたらいいの?」と思っていた人もいるでしょう。

ここからはいよいよ実践編です。雇用統計を狙って勝つためのテクニックを紹介するので、あなたのリスク許容度に合わせて挑戦してみてください。

雇用統計発表直前を狙った攻略法

まず最初は、雇用統計の発表前に出される事前予想値を狙ったテクニックです。専門家の分析値を前回値と比較して発表直前にエントリーをします。

米国雇用統計の場合には、以下のように予測ができます。

事前予想値が前回の結果よりも良い場合:
景気が良くなってドル買いが進むと予想し、HIGHでエントリー
事前予想値が前回の結果よりも悪い場合:
景気が悪くなってドルが売られると予測し、LOWでエントリー

ただし、発表後は事前予想値と実際の結果の大きな乖離が生じるサプライズと呼ばれる現象が起こることも少なくありません。投入する資金は少なめにするなどのリスクヘッジをして対策をしておかないと、大損をして資金を失ってしまうおそれがあります。

100%の予想は不可能であることに加えて、あくまで他力本願のトレード方法だという認識をしてリスクをコントロールしていきましょう。

雇用統計発表後の反発を狙った攻略法

雇用統計を狙ったエントリーは発表後にするのが一般的です。発表直後のトレンドに乗る方法もありますが、より確実性を重視するなら反発を狙いましょう

相場は一定方向に向かう動きと、その変動を調整するように反対に向かう動きがあります。発表直後の大きな混乱の中でエントリーするよりも、動きが落ち着いてきて本来あるべき相場に戻ろうとするときにエントリーするほうが、安定した値上がり・値下がりが起きるからです。

ただ、戻ろうとする力がどれだけ大きく働くかがケースバイケースなので、雇用統計の結果を踏まえて最終的にどのくらいの価格で落ち着きそうかを見極める必要があります。また、短時間での反発になる場合が多いので1分などの短時間取引を選ぶのが安全策です。

反発が起こらないこともあるため、チャートの分析もしっかりと行ってエントリーすべきかどうかを慎重に考えましょう。

両建てを使った攻略法

雇用統計の発表を狙った攻略法としては「両建て」も有効です。

両建てとは

上がる方向と下がる方向の両方にエントリーする手法です。通常の取引では一方にしかエントリーしませんが、ペイアウト倍率が2倍以上になるケースなら両方向にエントリーしても利益を生み出せる可能性があります。

ラダー取引では特に有用な方法で、上下両方について大きく値動きする外側の方にエントリーしておくのが効果的です。外側の方が安くポジションを獲得できるので、どちらか一方が当たれば利益が出るようにエントリーすることも難しくありません。大きな変動が起こりやすい雇用統計の発表時だからこそ、やりやすい方法です。

ただ、バイナリーオプション業者の中には両建て取引を禁止しているところもあります。規約を見て両建てをしても大丈夫かどうかを確認してから実行しましょう。

両建てについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションの両建て必勝法!相場の見極め方も解説バイナリーオプション取引をする上では、勝てるようにするためにどうするかを意識することが求められます。色々な取引の仕方を知っていると多様な...

スプレッドを使った攻略法

スプレッド取引を使うチャンスだととらえて雇用統計のタイミングを狙う手法もあります。雇用統計の発表前後は通常よりも値動きの幅が大きい場合が多いので、スプレッド取引で勝てる可能性が高くなります。

スプレッド取引とは

ハイロー取引と違って、業者が総取りをする「スプレッド幅」が存在する取引です。スプレッド幅を超えてレートが上がるか下がるかすれば勝てる仕組みなので、値動きが小さいときにはなかなか勝てません。しかし、その分だけペイアウト倍率が高くなっているので、的中すれば大きな利益を得られます。

ハイロー取引でエントリーしたときには、雇用統計発表の影響で大きな値動きをしたとしても、微々たる変化でわずかに価格が上下したときにも獲得できる金額は変わりません。大きな変動が起こる可能性が高いタイミングだからこそ、スプレッド取引で勝ちに行くのは賢い攻略法と言えるでしょう。

スプレッド取引については、以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションのスプレッド取引とは?通常取引との違いやプロ投資家が実践する攻略法を紹介!バイナリーオプションでは「スプレッド」という専門用語が登場します。取引に慣れてきた方であれば、すでに何度か耳にしているかもしれません。 ...

バイナリーオプションで雇用統計を狙って取引するならハイローオーストラリアがおすすめ!

雇用統計発表のタイミングでの取引に注目していきたいなら、バイナリーオプション業者の選び方も重要です。

数ある業者の中でも、ハイローオーストラリアはもっとも狙いやすい業者なので、口座を開設してみましょう。

ここではハイローオーストラリアのメリットを解説します。

おすすめポイント①:短時間の取引が選択できる

まず、ハイローオーストラリアは短時間の取引を選べるのがメリットです。

雇用統計が発表された後はわずか数十秒、数分の間にレートが大きく動くことがよくありますが、国内のバイナリーオプション業者では取引時間が2時間もあるのでなかなか雇用統計発表による値動きに対応できません。

一方、ハイローオーストラリアではターボ取引で30秒、1分、3分、5分を選択できます

取引時刻が決まっていると、雇用統計の発表直前にエントリーしたり、発表後の反発を狙ったりするのは困難です。自由なタイミングで短時間取引できるハイローオーストラリアは、雇用統計を狙ったトレードでは有利なのです。

また、ハイローオーストラリアのターボ取引はエントリーしたタイミングの価格に対してハイローのどちらになるかを予想すれば良い仕組みなので、勝てる瞬間を狙ったエントリーができます。

おすすめポイント②:両建てが可能

雇用統計を狙ってバイナリーオプション取引をする際に両建てが自分のスタイルに合っていると思った人もいるでしょう。ハイローオーストラリアでは両建てを禁止していないので、堂々と取引できます。

前述のとおり、バイナリーオプション業者の中には両建てを禁止していることがしばしばあります。両建てで勝たれてしまうと、業者としては儲けにならないという問題があるからです。

中には両建てをしたことが発覚した際に口座凍結まで行っている業者もあります。両建てで勝って大きな利益を得られたとしても、口座凍結されて出金できなくなっては意味がありません。

両建て取引により利益を得るにはコツが必要なのは確かですが、公認されている取引方法なので積極的に使ってトレードを進められます。雇用統計の発表のタイミングで一方にエントリーするのに不安があったときにも、躊躇なく両建てに切り替えられるでしょう。

おすすめポイント③:スマホでも取引できる

ハイローオーストラリアがおすすめの理由として、スマホを使ってどこからでも取引できることも挙げられます。

米国雇用統計の発表は金曜日の夜なので、恋人や友人と過ごしたり、飲みに出掛けたりしたいという人も多いでしょう。他の国の雇用統計についても、日本と時差があまりない国では日中に発表される場合が多く、会社勤めをしている人であれば毎回その時間にパソコンの前で構えているのも難しいのではないかと思います。

しかし、スマホを使えば外出先からでも発表をチェックし、必要に応じてその場で取引を始められます。

雇用統計を狙った取引は、一度のチャンスがとても貴重となります。米国雇用統計だけを狙うとしたら月に一度、その他の国の雇用統計も月に一回以下の発表であることがほとんどです。

スマホを使って取引できるハイローオーストラリアを選べば、大事なタイミングを逃さずに取引ができるでしょう。

おすすめポイント④:独自ツールが相場予想に便利

バイナリーオプション業者によって提供する取引ツールの仕様に違いがありますが、ハイローオーストラリアでは「トレーダーズチョイス」という独自の相場分析ツールを利用できます。

トレーダーズチョイスとは

トレーダーズチョイスはハイローオーストラリアを使ってエントリーしている他のトレーダーの動向を探ることができる機能です。個々の取引銘柄について、他のトレーダーがHIGHまたはLOWのどちらにエントリーしているかを割合にしてグラフ表示してくれるので、エントリーを決める際の判断材料の一つとして活用できます。

このトレーダーズチョイスの動きを見れば、雇用統計に合わせて事前にエントリーしているトレーダーの様子や、発表直後のエントリーの動向を探ることが可能です。

ハイローオーストラリアで口座を開設すると利用できるようになるので、どんな使い心地かを早速試してみましょう。

以下の記事で口座開設の手順を画像付きでご紹介しています。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

 

バイナリーオプションで雇用統計を狙った取引をするときの注意点

雇用統計の発表を狙って取引するときには、リスクについての意識を持つように注意しましょう。勝てそうだと思って闇雲にエントリーすると、損をする可能性があります。

特に押さえておくべきポイントは以下の2つです。

値動きが激しすぎる時は無理にエントリーしない

雇用統計が発表されると相場が混乱することはよくあります。

値動きが早いときにはどの業者でも約定されずにトラブルになるケースがあるため、不可解なほどに値動きが激しくなって収拾がつきそうもない場合もあります。このときには無理にエントリーしないのが安全策です。

相場の勢いが十分についていて反発が起こらない
反発をしているのにそれ以上の勢いがあって乗り遅れている

という場合も先が読めない状況なので、順張りでも逆張りでもハイリスクです。

いくら月に一回の米国雇用統計発表だからといって、勝てないときにエントリーしても仕方ありません。ここは見送って次回に期待するという諦めも大切だと心しておきましょう。

資金管理のルールを守る

もう一つ重要な注意点は、資金管理を徹底することです。

雇用統計に限らず経済指標の発表があるときには高いペイアウト倍率の取引を狙えるという魅力があります。しかし、イレギュラーが起こることも多く、いわゆるハイリスクハイリターンです。

雇用統計発表は稼ぎ時だと考えて普段よりも大きな金額でエントリーしてしまうと、予想外の発表だったときや発表内容に対する世の中の動きが想定外だったときには、大損して資金が尽きてしまうかもしれません。むしろこのタイミングは投入額を減らしてリスクヘッジをするのが大切です。

想定外なことで予想が外れると、熱くなってむやみなトレードをしてしまいがちです。やたらにエントリーして資金が目減りしていく失敗も多いので、必ず予算を決めて取引を始めましょう。

バイナリーオプションを雇用統計で攻略するために必要な「本物の情報」を得る方法

ここまでに説明してきたように雇用統計の攻略にはアプローチも色々あります。どの方法を選ぶと良いかを決めるにも、その方法でどうエントリーすると良いかを判断するにも情報が必要です。

雇用統計と値動きに関連するあらゆる情報をニュースなどから集めていくと「今回はこれだ」という方針を決められるでしょう。しかし、雇用統計に合わせて幅広くニュースをチェックするのも大変で、日頃から政治経済にあまり興味がない人にとっては重荷になるかもしれません。

ここで紹介した2つのサイトを見るとわかるように情報量も莫大なので、収拾がつかなくなる場合もあります。

確実に必要な情報を厳選して集め、効率よく雇用統計でバイナリーオプションを攻略するには、プロとのコネクションを持っておくのがおすすめです。

私もプロトレーダーの一人であり、雇用統計を活用した取引を極めていると自負しておりますが、確度の高いエントリーができるのは信頼できる情報をもとに分析を行っているからに他ありません。

そんな私とLINEでつながっていただくだけで、あなたも本当に価値のある情報が受け取れます。以下の画像をクリックして、ぜひつながってください。

情報過多の現代において、有益な情報を探すのは容易なことではありません。こうして本物のプロトレーダーとつながる機会があるのですから、どうか迷わず手をのばしてください。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

まとめ

米国を中心とした雇用統計の発表のタイミングは、バイナリーオプション取引のチャンスになります。しかし、その一方でイレギュラーが起こるリスクも高いので注意が必要です。

値動きが大きい時は「ハイリスクハイリターン」と考えて、安全に勝てる方策を練るのが重要となります。本当の攻略法を知っているプロとつながりを持ち、有益な情報を得ながらトレードしていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら