バイナリーオプション

バイナリーオプションの経費を使うと儲かる?実業家トレーダーが暴露します

バイナリーオプションには経費という概念が存在します。自営業やビジネスをされている方なら経費の概念がよくお分かりかと思いますが、税金が発生した場合経費はその大きな助けとなります。

つまり経費がかかっていればかかっているほどバイナリーオプションで収益が上がった場合の税金が安くなるというわけです。

ここではバイナリーオプションの経費を効率的に使うと儲かるかどうかについて実業家トレーダーが暴露します。

バイナリーオプションで経費に出来るお金はあるの?

バイナリーオプションで経費にできるお金はたくさんあります。これを経費計上することにより事業上の損金という扱いになりますから、収益が上がっていてもその経費を差し引いた金額しか利益が出ていないと正式に申告をすることができるようになるわけです。

つまり、年間で例えば500万円のバイナリーオプション収益が発生していたとしましょう。その時に経費申請を一切していなければ、あなたがバイナリーオプションで儲けたお金は500万円フルでかかることになります。ちなみに、その場合は税金も500万分かかることになりますので注意が必要です。

詳しい控除などについては、ここでは分かりやすく説明するため敢えて割愛しています。さらに、ここに経費の概念を入れてみましょう。例えば、年間で500万円のバイナリーオプションによる収益が出ていた場合で、なおかつ経費として300万円くらいのお金がかかっていた場合、儲けの金額は200万円とカウントされることになりますからその分だけかかる税金も安くなるというわけです。

バイナリーオプションで経費計上するメリット

バイナリーオプションに取り組んできたときにかかった費用は経費計上すると節税できるメリットがあります。

バイナリーオプションを通して利益を得た場合には日本の税制に従って税金を納めなければなりません。しかし、利益とは単純にバイナリーオプションで得られたお金から投入した資金を差し引いたものではなく、さらにそこからバイナリーオプションを行うのに必要だった費用を差し引くことができます。

その金額に対して、例えば国内で取引をした場合には20.315%の税率で税金を納めることになります。そのため、経費が大きければ税金が少なくて済み、トータルで得られる利益額が大きくなるのがメリットです。

バイナリーオプションではパソコンやインターネット環境などが必要になるでしょう。さらにバイナリーオプションについて学ぶために本を買ったり、セミナーに参加したり、ツールを購入したりすることもあります。

パソコンやインターネットの場合には他の用途でも使っているなら按分を計算する必要がありますが、多様な経費を積み上げていくことで税金が全くかからなくなることもあります。経費をきちんと管理して確定申告をすれば稼いだお金が無駄にならずに済むのです。

バイナリーオプションで経費計上するデメリット

バイナリーオプションをしていると色々な経費がかかりますが、きちんと計上して節税をするのにデメリットはあるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

経費計上をして確定申告をするだけで還付金をもらえるなどのメリットがあると言われると魅力的ではあるものの、本当にそんなに甘い話があるのかと慎重になってしまう人もいるかもしれません。

経費計上をするデメリットは実はあまりありません。強いて言うのであれば、やり方によっては手間や費用がかかることがデメリットです。

例えば、経費傾向をするために税理士に相談して何が経費として認められるかを取捨選択し、按分計算などもしてもらうと報酬を支払わなければなりません。その報酬も経費にすることができるものの、余計な費用が掛かってしまうのは明らかでしょう。

それがもったいないと考えて自分で全部やろうとすると何を経費にできるのかを学び、自分で経費計上するものを選んで確定申告書類を作成する手間がかかります。

バイナリーオプションをするのにもっと時間を費やしたいのに、確定申告のために時間を取られてしまった結果、取引回数が減ってトータルとしては減ってしまうリスクがあることは念頭に置いておきましょう。

バイナリーオプションで経費計上する条件は?

経費にできる条件についてはいくつかありますが、基本的には、バイナリーオプションを一つの事業として捉え、その事業の中で成功のために必要であった経費については経費計上できると考えておいてよいでしょう。

そのため、詳しくは下記でご紹介しますが、バイナリーオプションをビジネスとして捉えた時にかかった費用はおおよそ経費計上が可能というわけです。

バイナリ―オプションで経費にできる項目は?

ここでは、バイナリーオプションで経費にできる項目について具体的な例を挙げながらご紹介していきます。多くの人は、この辺りの経費計上に関して実践していないので、大変もったいないと言えます。

PC代

バイナリーオプションをするために使い勝手の良いPCを買ったけれど、その費用を経費にできるのか疑問に思う人もいるでしょう。

PCとなるとバイナリーオプション以外にも使えるものだから経費に計上するのは難しいのではないかと懸念するのももっともなことです。

結論としてはPCの購入代金は経費に計上できるのが原則ですが、全額計上できるかどうかは使い方次第です。

PCをバイナリーオプションにしか使用していないという場合にはそのPCの購入代金は全額が経費になります。しかし、バイナリーオプション以外の用途にも使用している場合には按分を計算しなければなりません。

バイナリーオプションのために使っている割合については経費に計上できる仕組みになっています。
例えば、購入したPCを使っているときの30%はバイナリーオプションで70%は他の用途だったとしましょう。購入代金が5万円だったっときには30%の1万5千円が経費になりますが、残りの3万5千円は経費になりません。

基本的にはこのように時間で按分することになるので、どのくらいの時間をバイナリーオプション、バイナリーオプション以外で使ったかを記録しておくようにしましょう。

タブレット代

タブレットの購入代金についても、バイナリーオプションの経費に計上できるというのが原則です。

ただし、どのように使用しているかによって全額を経費計上できるか、一部しか経費にできないかが異なります。

タブレットをバイナリーオプションにしか使っていないのなら全額が経費になりますが、他の用途でも使用している場合には使用時間での按分計算になります。

タブレットをバイナリーオプションに使っていた時間と、ネットサーフィンに使っていた時間が半々なら購入価格の50%が経費です。

また、タブレットを購入したときにはSIMを購入して通信の契約をしている場合もあるでしょう。タブレットでどこでもバイナリーオプションをできるようにするというのはよくあるやり方ですが、タブレットのデータ通信量が費用としてかかってしまいます。

この場合にも按分で考えるのが基本で、バイナリーオプションが目的のデータ通信量4割、他の用途が6割ならデータ通信契約の料金の4割を経費にできます。

この按分割合は波があるのは確かなので概算で考えるのが一般的です。ただ、根拠を求められたときに説明できるように使用時間や通信量の記録を保管しておくのが無難です。

電気代

バイナリーオプションの経費について色々なものを計上できることがわかってくると電気代も計上できるのではないかと思う人もいるでしょう。

バイナリーオプションをするには電気代もかかるのは確かで、パソコンやインターネット接続機器だけでなく、暗くなったら部屋の照明も必要になります。

このような電気代はやり方次第では計上することが可能です。

大きな課題となるのが電気代をいかにして計算するかです。オフィス物件を借りていて、その中でバイナリーオプションだけをやっている場合にはそのオフィスで使用した電気代を全額経費計上して問題ありません。

しかし、実際には自宅で取引をしていることが多いでしょう。その場合にはバイナリーオプションをするための執務スペースをどこなのかを明確にする必要があります。

そして、そのスペースと残りの部分の床面積の比率から電気代の按分割合を出すのが一般的です。例えば、家の床面積が100平方メートルで執務スペースが30平方メートルという場合には3:7の割合だと考えます。

電気代が4000円だったとすると、その30%の1200円がバイナリーオプションに必要になった電気代として計上できることになります。

書籍代

バイナリーオプションの経費として書籍代が認められるのかというのはよくある疑問の一つですが、内容によっては経費に計上することが可能です。

バイナリーオプションに取り組んで行くためには情報を得て学ぶことは必要と考えられるため、バイナリーオプションをするために必要な書籍だったということを示せるものであれば経費にできます。

例えば、バイナリーオプションの指南書や理論などを説明した入門書などであれば経費にして問題ありません。バイナリーオプションは基本的には為替取引なので、為替に関わる書籍についてもほぼ経費に計上して大丈夫です。

特にFX取引に関連する書籍であればかなり関連性が高いので経費に計上してもっともだと解釈されます。

ただ、どこからどこまでを経費にできるかはグレーゾーンのものもあります。投資の参考書で少しだけバイナリーオプションにも触れているという程度でも経費にしても問題はないでしょう。

しかし、株式投資の本という場合にはバイナリーオプションしかやっていなくて株式投資はしていないのであれば経費にはできません。

バイナリーオプションを題材にした小説や漫画というのもグレーゾーンですが、経費として認められないリスクがあるので注意しましょう。

接待費

バイナリーオプションで稼いでいる人は接待費を経費に計上できるのかと疑問に思うことがあるのは確かですが、それがどんな接待費かによって経費にできるかどうかは異なります。

バイナリーオプションではそもそも接待をするようなことはないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、やり方によっては重要になります。

例えば、バイナリーオプションのノウハウを成功者から聞きたいというときにコンタクトを取って会食に招待し、話を聞いて学ぶという場合があるでしょう。この費用は一般的に接待費と呼ばれるものです。また、バイナリーオプションに取り組んでいる人たちのフォーラムなどに参加して、食事をしながら意見交換をすることもできます。この際の飲食費用は交際費と呼ばれる場合が多いものです。

このような費用はバイナリーオプションをするのに必要な情報収集のための経費として捉えられるので計上することができます。

ただ、金額によっては問題になってしまうこともあるので注意が必要です。情報収集のための接待だとしても一人あたり何万円もの費用を使っているともはや必要以上の費用を支払っていると解釈されます。

一般的には一人あたり5000円までが経費として支障がない範囲です。

セミナー受講費用

本格的にバイナリーオプションのノウハウやテクニックを学びたい、ベテランから知識を伝授してもらって成功したいというときにはセミナーなどに参加することもあります。

バイナリーオプションの経費を算出するときにはセミナーへの参加費も含めて良いのかは慣れない人はよく悩む点ですが、セミナーに参加したときには参加費や受講費などといった費用は全て経費に計上することが可能です。

セミナーの内容がバイナリーオプションに関係がない場合には経費にすることはできないものの、何らかの関連性を見出すことができれば、例えば為替変動や社会動向に関するセミナーなどであっても経費にすることができます。

また、セミナー会場への往復が必要な場合には、その交通費についても必要経費として認められます。

新幹線や飛行機などを使用した場合にも領収書や半券を用意しておけば確定申告をすることが可能です。

宿泊をしなければ参加できなかった場合にはホテル代も経費にしてしまって問題がありません。

オンラインで実施された場合には受講のために必要になったパソコンやネット通信費、ヘッドセットなどについても経費に計上できます。

ツール購入費用

バイナリーオプションではツールを使ってやることもよくありますが、経費計上という観点ではツールの購入費用や月額費用などは計上して良いのかと不安になる人もいるでしょう。

バイナリーオプションのツールはインジケーターのように、なくてもできるけれどあると効率が良くて稼ぎやすくなるツールがあります。

必要経費という言葉で経費を考えると、なくてもできるものは計上できないのではないかと思いがちです。しかし、ツールの購入費用や月額費用はバイナリーオプションに使っているものなら全額を経費に計上できます。

自分がバイナリーオプションをする上で必要なものにかかっている費用であれば経費にできるというのが原則だからです。

他の人が必要とするかどうかはともかく、あくまで自分のやり方でバイナリーオプションをするのに使う必要があったかどうかで判断すれば良いのです。

そのため、インストール型のツールだけでなく、オンラインツールなどについても費用がかかるのならその費用は全て経費にできます。

バイナリーオプションなどの投資系のサポートサイトに登録してツールを使っている場合にも、そのサイトの登録費用を経費にしてしまって問題はありません。

椅子・デスク費用

バイナリーオプションをするために専用の椅子やデスクを買ったときには当然経費にできると考える人もいるものの、汎用性がある家具だから経費にはできないのではないかと不安になる人もいます。

椅子やデスクなどの家具に関しては、基本的にはバイナリーオプションに使用する目的で購入したものだと示せる根拠があれば経費にできます。

オフィス物件を賃貸したり、自宅内に執務室を用意したりして、その場でバイナリーオプションの取引をするのに使うデスクを用意し、椅子を買ったというのであれば経費にして何も問題はありません。

ただ、普段はキッチンのテーブルにパソコンを置いてバイナリーオプションをしていたけれど、椅子の座り心地が良くないから買い替えたという場合にはグレーゾーンです。

その椅子に座るのはバイナリーオプションをするときだけというのであれば経費にできますが、食事のときも座っているのなら案文を計算しなければならなくなります。

基本的には何らかの根拠があれば大丈夫なので、4人家族で4つの同じ椅子があり、さらに1つ椅子を買ったというような形になっていればバイナリーオプション用だと説明できるでしょう。

買った椅子を含めて4つしかないときには説明が難しく、経費にするのにはリスクがあります。

バイナリ―オプションで経費にできない項目は?

バイナリーオプションで経費にできない項目はいくつかありますが、ほとんどの場合はバイナリーオプションに関連することでお金を使った場合、経費にすることができます。

具体的にバイナリーオプションで経費にできない項目についてご紹介するならば、例えばバイナリーオプションとは全く関係ない完全プライベートで、夜のお姉ちゃんがいるような店舗に遊びに行ったりした場合、これはバイナリーオプションの経費にすることはできないと考えて良いでしょう。

その他、バイナリーオプションで収益が出たからといってご家族と一緒に海外旅行に遊びに行こうとした場合、こちらについても残念ながらバイナリーオプションの業務とは一切関係のない完全プライベートの旅行となりますので、海外にバイナリーオプションに詳しい人がいてその方のセミナーに参加しに行くなどの正当な理由がない限りバイナリーオプションの経費にすることは難しいといえます。

基本的に税務申告をする際には一枚一枚領収書をチェックされるようなことはほとんどないといってよいでしょう。初めての確定申告であればそのようなチェックを受けることはまずありませんのでご安心ください。

また、そもそも論ですが税理士さんなどに税務申告をお任せしている場合は、特にこのような心配もないと言えるでしょう。

ただし、チェックがないからといって全く経費計上できないようなお金を無理やり損金に計上して確定申告を繰り返していると、ある日突然税務署から税務調査が入る可能性があります。

この場合、売上を普通に小さく見せていたと判断されれば、様々なペナルティーを受けることになりますので注意しましょう。場合によっては脱税で立件される可能性もあります。

バイナリーオプションは経費で賢く投資しよう

オプションは経費で賢く投資することが何よりも重要です。結局、トータルでプラスになっていれば投資としては成功という考え方ができるものですから、バイナリーオプションで成功するために必要なものは積極的に購入すべきと言えるでしょう。

その中に、バイナリーオプション関連のツールというものがあります。

バイナリーオプションには、いろいろなインジケーターやまたシグナルといったものを出してくれるツールなどがあります。その他、バイナリーオプションのエントリーに直接関わりのあるツール以外にも、投資家の手間を省いてくれる効率化ツールや自動化ツールのようなものも、世の中に沢山あります。

そして今までフリーソフトしか使ったことがないという方に関してはかなり衝撃的なことだといえそうですが、世の中には、自動化ツールの中でも極めて高性能なものも多数存在します。また、経費でツールを購入する以外にも、人件費をかけるという考え方も不可能ではないでしょう。

例えばバイナリーオプションで勝利するための方法論を勉強するのに一人で勉強すれば48時間以上フルでかかるとしましょう。そしてその48時間という学習コストをかけたにも関わらずイマイチ理解することができなかったり、正しい情報にたどり着けないというリスクも十分に考えられます。この時、人件費をかけてバイナリーオプションに詳しい人間から直接レクチャーを受けることができたとしたら?そしてそのレクチャーの代金が経費計上できるとしたら?これほどスムーズで良いことはないでしょう。

最終的にプラスになるようにお金を積極的に使う賢く投資するという考え方はバイナリーオプションのみならず人生の勝者になるためには必要な考え方と言えるでしょう。

もし、あなたが投資に経費をかけることを考えているのなら、そしてバイナリーオプションで税金の申告が必要なほど稼ぎたいと本気で思っているなら、このようなことも教えしている私のLINE@と繋がってみませんか?

非常に濃い情報を無料でご提供中です。そして、バイナリーオプションの投資のために必要なお金を稼ぐビジネスをする方法についてもこちらのクローズドな環境でお伝えしています。電子書籍のプレゼントもありますので、まずは、こちらから私のLINE@で繋がりましょう。

まとめ


バイナリーオプションは取引をする際に「経費」という概念が存在します。そしてこれは、何も法人を持っていなければならないということはどこにもありません。個人事業主としてバイナリーオプション投資を行っているのであれば経費の概念はもちろん活用可能です。

バイナリーオプションの経費を使うことができれば税金もある程度安くなりますし、また、経費で情報交換がてら出張に行く、どこか食事に行く、ということであってもその分のお金は経費計上することが可能なケースもあります。

もちろん経費は適正に使われるべきものではありますが基本的に、よほどのことがない限りバイナリーオプションの収益を上げるために使ったお金であれば経費として認められると覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder