バイナリーオプション

【実例あり】バイナリーオプションで失敗する人には共通点があった!?連敗地獄から脱する方法も紹介

バイナリーオプションで失敗してしまって、取り返しのつかないことになるようなことはないのかと心配になっている人もいるでしょう。

興味があってもなかなかうまくいかずに、大損をしてしまうリスクが高いのなら、やめておきたいと思うのももっともなことです。

実際にやってみて失敗している人もいるのは確かですが、たとえ失敗したとしても勝ち上がっていく方法はあります。

この記事では、バイナリーオプション取引でよくある失敗に基づいて、どのようにしたら勝てるようになるかを解説します。

【あるある】バイナリーオプション初心者が陥りがちな失敗3選

まずはバイナリーオプション取引での失敗として、初心者に多いものを確認しておきましょう。

まだ取引に慣れていないうちに、初心者がよくやってしまう代表的な失敗が3つあります。

ここでは実際に失敗してしまった人からの口コミ報告例を紹介した上で、どうしてそんな事態に陥ってしまったのかを考察します。

よくある失敗を知っていれば同じ失敗をするリスクは少なります。バイナリーオプションで失敗した人から学んで同じ失敗をしないようにしましょう。

失敗1:短期間のうちに大金を溶かす

短期間で大金を溶かしてしまう失敗は、バイナリーオプション取引ではよくあります。

バイナリーオプションは条件を満たすか満たさないかで二択でエントリーするだけで、判定時刻が来たら結果が出てきます。非常に単純でわかりやすいルールになっているために、失敗した直後でもまたすぐにエントリーできてしまうのが原因です。

FXのバイナリーオプションで今月に入って300万円大損しました。取り返そうと思ってトレードしたら更に大損してしまいメンタルがやられてショックで立ち直れません。心の持ちようを教えてください。
(引用:Yahoo!知恵袋)

本当に勝てるようになっていれば、大損した分をすぐに次の取引で取り返せるかもしれません。しかし、メンタルが崩れてしまっていると、負けた直後にもう一回エントリーすると判断を誤ってしまいがちです。

次は勝てるかもしれないという淡い期待を持ち、エントリーして負けたらまた同じ思いを持つ、ということを繰り返しているうちに、大金を失ってしまうことは決して珍しいことではありません。

負けている金額が大きくなるほど、リスクが高くても大きなリターンを期待して資金投入をしてしまう傾向もあります。

その結果として指数関数的に資金を失っていってしまうことになり、取り返しがつかないような状況に陥ってしまうケースがあるとこの口コミからわかります。

失敗2:負け続けた挙句に多額の借金

バイナリーオプション取引で負けてしまうと、資産が減ってエントリーできなくなってしまいます。

どのようにして資金を手に入れて負けを取り返そうかと考えたときに、借金をしようと考える人も決して少なくありません。

バイナリーオプションで借金ができ 自己破産を考えています 総額1000万近く使い込み
親戚400に万 友達に480万 カード会社に210万
(引用:Yahoo!知恵袋)

負け続けてきたために焦る気持ちもあり、何度も取引をしていればきっといつかは勝てるのではないかと思い込んで借金をしてしまうのです。

バイナリーオプションは、確率論的に考えると勝率は50%です。負け続けてきた場合にはこれから勝ち続けられるのではないかと期待できてしまいます。

実際にはそんなにうまくいかないことが多いのですが、今までよりも大きな金額でエントリーすれば、負けを取り返せると考えてしまうのも確かでしょう。

特にバイナリーオプション取引は、勝てれば短時間で利益を生み出せます。多額の借金をしても、利子が膨大になってしまう前に全額返済できると考えて借りているケースもあります。

その典型的なケースが、合計1000万円以上も借りてしまったこの口コミの例です。

失敗3:情報商材詐欺に遭った

バイナリーオプションは初心者でも簡単に始められる特徴があるため、詐欺行為で騙して儲けようと考えている人たちからターゲットにされることがあります。

情報商材詐欺は典型的なもので、この口コミのように「送られてきた情報通りにエントリーすれば勝率100%」といった売り文句で購入を促している事例はたくさんあります。

バイナリーオプション取引のプロをうたう詐欺師の○○に被害にあいました。
口座を開設させて、ハイローの配信を受けて、指示通り購入したのに負けてばかりで、負けたら、20万もする商材を売りつけようとします。
皆さんもプロの○○から被害にあわないように気をつけて下さい。
(引用:Yahoo!知恵袋)

バイナリーオプションは外国為替を主に利用して、その値動きを予想してエントリーする仕組みになっています。その動きを100%予想することは不可能で、政治の動きや経済の変動によって予想外の値動きを起こすことも少なくありません。

しかし、きっと楽に勝てるかもしれないという気持ちになってしまって情報商材を購入し、いくら指示された通りに取引をしても負けてしまうといった失敗をするケースは、この口コミのように存在するのです。

バイナリーオプションで失敗する人の共通点【思考編】

以上のように、初心者がバイナリーオプションで失敗するケースは典型例があります。ただ、このような失敗をするのは必ずしも初心者だけではないので注意しましょう。

バイナリーオプションで失敗する人には共通する思考パターンがあります。

実際にはこれまでに挙げてきた例以外にも、負ける思考をしてしまって大きな失敗に陥っている事例は少なくありません。

その共通点を挙げて詳しく解説するので、どんな考え方が良くないのかを理解しましょう。

ギャンブルやゲームに近い感覚で取引している

バイナリーオプションをギャンブルやゲームと同じようなものだと思っている人は、ほぼ確実に失敗しています。

バイナリーオプションのルールは確かに単純で、上辺だけ見ればただの二者択一のギャンブルと捉えられるでしょう。

そのため、あまり深く考えずに、

何となくこれで当たる気がする
さっきは上がったから今度は下がるはずだ

などといった根拠のないエントリーをしてしまいがちです。

しかし、バイナリーオプション取引は投資の一種です。論理的に考えて勝てるタイミングを探してからエントリーすることで勝率を上げ、資産を増やすために取り組むものと言い換えることもできるでしょう。

投資の考え方を持たずにゲームのようだと錯覚してしまうとお金をどんどんつぎ込み、負け越し続けてしまってついには借金に手を伸ばすようになるという失敗を起こします。

バイナリーオプション取引は遊びではないということを肝に銘じて、勝つためには論理的に勝てるところを導き出せるようになることが必要なのです。

とにかく稼ぎたい気持ちが強い

バイナリーオプションに興味を持っている人の中には、お金を稼ぎたいと思っている人が多いでしょう。

投資は資産形成をするためのものなので「お金を投資して増やす」というのは基本的な考え方です。

稼ぎたい気持ちを持っていること自体は当然ですが、その気持ちが強くて何としてでも稼がなければならないと思っているのが、失敗する人のよくある思考パターンです。

既に借金をしていて返済しなければならない
今お金が手に入らなかったら借金しなければならない

などといったように、金銭的に窮地に立たされているときもあるでしょう。このようなタイミングではとにかく稼ぎたい気持ちが非常に強くなってしまいます。

このようなメンタルのときには、負けたら取り返さなければならないという気持ちが強まります。「負けたら二倍の金額でエントリーする」「負けたら通貨ペアを選んで二つエントリーする」などといったように、負ければ負けるほどお金の使い方が激しくなりがちです。

勝てないタイミングでのエントリーが増えて、ついには資産を失うことになってしまうでしょう。

勝負事にはつい熱くなってしまう

勝ち負けで考えていると「負けたら悔しい」と感じるのは当然です。その悔しさが我慢できないと思うほど勝負事に熱くなってしまう性格の人も、バイナリーオプションで失敗する思考パターンを持っています。

バイナリーオプション取引は勝つか負けるかの勝負事だと考えて熱くなり、負けたときほど積極的にエントリーして勝ちに行こうとし過ぎてしまうからです。そして結局負け続けてしまって、資金を失うことになります。

バイナリーオプション取引では、勝負事というイメージを持っている時点で失敗するリスクが高いとも考えられるでしょう。目の前の勝ちにこだわってしまって冷静さを失い、エントリーポイントを見誤るようになりがちだからです。

大きな資金を投入して勝ったときほど嬉しいのは確かでしょう。しかし、勝負事に熱くなってしまう人は、その喜びや栄光を手に入れたいと考えて無謀な賭けに出る可能性も高く、安定して利益を上げるのが難しいのです。

依存心が強い

他者に依存する傾向があるのも、バイナリーオプションで失敗する人の共通点です。

バイナリーオプションのような投資では、自分で考えて判断できないと大きなリスクを負うことになります。このエントリーは勝てる可能性がどのくらいなのを見積もることができないと、リスクを回避できないからです。

自分の力で取引をコントロールしようとせず、

自動売買ツール
信憑性のない情報商材
勝てる保証のない法則

といったものに頼って稼ごうとしていると、まず失敗します。

ツールや法則などの良し悪しを判断できる知識がなく、ツールなどが弾き出してきたエントリーポイントで勝てる確率が十分に高いかどうかもわからないでしょう。

すると詐欺まがいのツールを使って大損をしたり、よく知られている法則に安直に従って失敗してしまったりするのです。

他者に依存せずに「自分で学んでいこう」という気概がないと、バイナリーオプション取引ではいつまでも失敗続きになってしまうでしょう。

バイナリーオプションで失敗する人の共通点【行動編】

バイナリーオプションで失敗する人に共通しているのは思考パターンだけではありません。

人は思考をして行動を起こすので、バイナリーオプションで失敗する人には行動パターンにも共通点があるのです。

これまでに説明してきた思考が、どんな行動を引き起こして失敗に向かってしまうのでしょうか。

ここではバイナリーオプションで失敗する人に共通する行動について具体的に解説します。行動しなければ負けることはないので、何が問題なのかを知っておきましょう。

大きな勝負に出ようとする

バイナリーオプション取引で失敗の道を歩む人は、大きな勝負に出て負けるケースが多々あります。

バイナリーオプションはギャンブルやゲームだと考えている人によくある行動パターンで「負け続けてきたから次は勝てるはずだ」といった感じで、根拠のない勝ちの法則から大金をつぎ込んで失敗するのが典型例です。

また、ボラティリティが高い通貨ペアで高いペイアウト倍率を狙うなど、ハイリターンではあるもののハイリスクのところを狙う傾向もあります。

例えば、バイナリーオプションでは、

ポンド×円のように普段からボラティリティが高い通貨ペアを主軸にするとリスクが高くなります。
ポンド×米ドルのように円が関わっていない通貨ペアも予測をしづらく初心者にはあまり向いていません。

といったように、通貨ペアの組み合わせによってリスクが変わります。

このような通貨ペアを選んでも勝てる理由があるのなら問題はありませんが、ギャンブル感覚で取引をしていると大損をするだけになりがちです。

根拠のないエントリーを繰り返す

これは勝てるという根拠を持たずにエントリーを繰り返してしまうのも、負ける人の行動パターンとして典型的です。

これもギャンブルやゲームというイメージを持っている人によくあるもので、運や勘でエントリーして失敗しています。

バイナリーオプション取引では確率的には半々で勝てるのは確かですが、勝ったときにリターンが2倍以上になることはあまりありません。

海外のバイナリーオプション業者ではペイアウト倍率が1.8倍くらいのことが多く、国内業者でもペイアウト倍率が2倍を超えるようなときに勝てることはほとんどないでしょう。

そのため、勝てる根拠を持ってエントリーしないと、バイナリーオプション取引では勝てないのです。

チャートやニュースを通して為替市場の動向を確認し、このタイミングなら勝てるはずだというときを選んでエントリーするのがバイナリーオプション投資の基本です。それを怠ってしまい、手あたり次第に直感で取引をしてしまうパターンは失敗を招きます。

取引結果の検証を行わない

自分が勝てるエントリーの仕方をしているのかを分析していないのも、失敗する人の共通点です。

バイナリーオプション取引では、上述のようにこのような根拠があるという形で理由を付けてエントリーするのが基本です。その結果として、予測が当たるときもあれば外れてしまうときもあるでしょう。

その取引結果を集計し、自分なりのルールを検証することで本当に勝てるルールができあがります。このような検証をしていないと負けるルールを運用し続けてしまうことになりかねません。

そもそも根拠のある取引をしていない場合には検証に至ることもできません。ただ、本気で市場分析をしている人でも、検証を怠ってしまって失敗しているケースが多々あります。

自分なりに考えると論理的に正しい予想のはずだというだけでエントリーを繰り返してしまい、取引結果を総合的に見ていないと、勝てない論理で取引を続けることになりかねないでしょう。

せっかく作った自分なりのルールを無駄にしてしまっているもったいないパターンです。

収支の管理ができていない

バイナリーオプションは投資だとわかっていないと、資産全体を見るのを忘れてしまいます。収支の管理をしてトータルで資産が増えているか、減っているかを見ていないのも失敗している人の共通点です。

投資と考えていれば、どのくらいの期間に何のためのお金をいくら使ったのかを把握したいでしょう。その結果として、資産がどうなったのかもきちんと管理することで、投資による資産形成ができたかどうかを判断できるからです。

もし利益になっていないのならやり方を改善するか損切りをしていき、高い費用対効果で資産を増やせる投資方法を選んでいくのが基本です。

収支管理をしていないと本当に勝てているのかどうかがわからなくなるだけでなく、手元に残すべきお金までつぎ込んでしまいがちです。

生活費や将来のための貯蓄まで口座に入れてしまったり、借金をして資金調達をしたりするのは資金管理ができていない証拠なので、気をつけなければなりません。

もう失敗しない!バイナリーオプションで勝ち上がる5ステップ

今までバイナリーオプション取引で失敗をしてきた人は、ここまでに説明した思考や行動のパターンに心当たりがあるかもしれません。

これからバイナリーオプションを始めたい人にとっては、自分はこういう思考パターンを持っているかもしれないと不安になることもあるでしょう。

たとえそうだとしても勝ち上がれるようになる道はあります。バイナリーオプションで勝てるようになるための5つのステップを紹介するので、きちんと理解して上っていきましょう。

投資を行うという覚悟をもつ

何よりも重要なのは、バイナリーオプションが「投資」だと認識し、覚悟を決めて資産形成のために取り組むことです。

たとえルールが簡単だったとしても、ギャンブルやゲームとは違って高度な取引をする必要があるのだと理解しましょう。

そもそも「投資」とは?

中長期的な視野で資産を形成するために余剰資金を投入する資産運用を指します。目の前の利益にこだわるのではなく、数年後といった長い目で見た利益を得るのを目的とした資産の動かし方です。

負け続けたとしてもトータルで勝ち、かつ余剰資金以外に手を付けずに済ませられれば成功になります。そのためには収支管理をして資金を無駄に浪費することをなくし、勝てるときに大きく動かす心掛けが欠かせません。

そして、勝てると確信できるように、バイナリーオプションの必死にノウハウを学んでいくことが必要になります。「決して簡単なことではないけれど成し遂げたい」という気持ちを高め、覚悟を決めて取り組んでいきましょう。

ルールや仕組みを再確認する

バイナリーオプション取引のルールは単純だと考えられがちですが、取引ルールや仕組みをあらためて詳しく学んでみると複雑な面もあることに気づきます。

簡単だと思い込まずに、ルールや仕組みの再確認をして、バイナリーオプション取引の難しさも理解しましょう。

例えば、バイナリーオプションは取引タイプによって勝敗を決める基準が異なります。

取引タイプとは?

バイナリーオプションの取引タイプには海外業者で代表的なハイローもありますが、国内ではラダーオプションが主流です。さらにレンジオプションという選択肢もあります。

このように、取引タイプごとの特性を理解して「このタイミングはハイローなら勝てる」などといった判断を下せるようになるのが大切です。

他にも転売の仕組みなど、知っておくと使えるルールがあります。場当たり的な取引をしてしまわないようにするためには、バイナリーオプションの基礎知識を頭に入れたうえで「勝てるようにするにはどうしたら良いか」を考えられるようになるのが重要です。

市場分析テクニックを身につける

根拠のある取引をするのは、バイナリーオプションで成功するための必須条件です。

その根拠となるのは、今まで何度も言及してきたように為替市場の動向です。確実に勝てるエントリーポイントを見つけるためには、市場分析を的確に行えるようになる必要があります。

為替チャートをあまり見たことがない人はまず見方から学び始めましょう。

トレンドライン
レジスタンスライン
水平線

といったようなラインの引き方も覚えていくと、ただ見るだけから分析できるステージに進めます。

さらに、ボリンジャーバンドやRSIなどのインジケーターも使いこなせるようになると、詳細な分析をして勝てる根拠を見つけられるようになるでしょう。

市場分析では取引ツールの使い方を学び、分析したい内容に応じてチャートにインジケーターを重ねて表示したり、適切な時間足にすることができるのが大切です。

もたもたしている間にエントリーポイントを逃すこともあるので、スムーズにツールを使えるように練習しましょう。

なお、以下の記事ではバイナリーオプションの鉄板手法をご紹介しています。

バイナリーオプションの鉄板手法・鉄板ポイントを現役トレーダーが公開!「全ての道はローマに通ず」という言葉がありますが、バイナリーオプションも様々な道があります。この道を間違えないことで、バイナリーオプショ...

自分なりの成功法則を作る

市場分析によって根拠になる情報を取得できるようになったら、バイナリーオプション取引で勝つための成功法則を自分なりに作りましょう。

基本的には実践と検証の繰り返しによって、確度の高い成功法則を作り上げることができればバイナリーオプションで常勝できるようになります。

「この状況でエントリーすれば勝てるはずだ」という条件を見つけてルールにしたら、そのルールに従ってしばらく取引を繰り返しましょう。

そして、その結果を振り返ってみて、勝っているときと負けているときの状況を比較してみると、もっと確度の高い条件を見出せます。このような検証によって、勝率の高いルールに仕上げることで成功法則を生み出すことができるのです。

検証の段階で大きな資金を動かしてしまうと、大損するリスクがあります。少額取引やデモツールでエントリーと検証を繰り返しつつ、トレードの練習するのがおすすめです

プロ投資家の指導を受ける

50%を大きく越えるような成功法則をいくつも作り出すことができれば、きっとバイナリーオプション投資による資産形成を実現できます。

しかし、分析手法を学び、自信を持って勝てるルールを作って実践と検証を繰り返していくのはかなりの時間と労力が必要だという印象を受ける人もいるでしょう。

それは本当のことで、一朝一夕にして確度の高い成功法則を見出せる人はそれほど多くはありません。

それでもやはりバイナリーオプションで勝てるようになりたいなら、プロ投資家の指導を受けましょう。

プロ投資家は勝てる方法を独自に研究し、オリジナルの成功法則を導き出してバイナリーオプション取引をしています

プロとして稼げるようになるには、勝率を常に上げることを意識してトレードしなければなりません。強いプレッシャーを受けながらもメンタルを維持し、冷静に実践と検証を積み重ねて勝てるトレーダーになっています。

取引の失敗を減らすには、その成功者のマインドやテクニックを学ぶのがもっとも効率的なアプローチです。

私自身もプロ投資家として、バイナリーオプション取引で成功してきました。

今までお話ししてきた内容に納得していただけるなら、ぜひ私をコーチの候補として考えてみましょう。

ここに、私の連絡先をおいておきます。

私はこのLINEでつながった方々に、様々な角度からバイナリーオプションを指導をしています。

もちろん、お金はかかりません。

なぜなら、こうしてバイナリーオプションのコーチをさせていただくことは、私のライフワークの一つだからです。

失敗しないトレーダーになりたいなら、ぜひ気軽に連絡してください。

まとめ

バイナリーオプションで失敗してしまう人には思考や行動のパターンに共通点があります。

失敗する理由を正しく理解した上で、勝つための道を歩んでいけばきっと勝てるトレーダーになれるでしょう。

ただ、勝ち上がるためのステップを上るのは決して簡単とは言えません。重要なのはスムーズに勝てるようになるための道を切り開くことです。

プロ投資家の私をコーチとして、マインドもテクニックも体得して失敗しないトレーダーを目指しましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder