バイナリーオプション

バイナリーオプションで生計を立てるには?リスクヘッジ案も解説

バイナリーオプションはギャンブルではなく投資です。相場を読む力とバイナリーオプションで稼ぐだけの力があれば、バイナリーオプションで収益を発生させるばかりか、それで生計を立てていくことだってできるでしょう。

ここではバイナリーオプションで生計を立てるのは可能だという前提に立って、生活モデル別にバイナリーオプションでどれくらい稼げば良いのか?といった内容や、バイナリーで食べていく際にもう一つ持っておきたい「収入の柱」をリスクヘッジとして保つ方法なども併せて解説していきます。

バイナリーオプションで生計を立てるとは?

バイナリーオプションで生計を立てる、というのはどういう状況なのか、いま一度確認しておきましょう。

バイナリーオプションで生計が立てられている!というと、少なくとも毎月黒字が出ており、翌月~2ヶ月後くらいまでは生活していけるくらいの余剰資金がある状態と言えるのではないでしょうか。

もちろん、その日暮らしとは言わずまでも、当該1ヶ月間くらいまではバイナリーオプションのリアルタイムの収益で生活できている、ということであれば、ひとまず合格ラインですね。それもバイナリーオプションで生計が立てられているといってよいでしょう。

このラインを目指してバイナリーオプションに取り組んでいく、というのも一つのライフプランと言えます。

ちなみに、バイナリーオプションは取引する金額が大きくなれば大きくなっただけで収益が発生する時の金額も物理的に大きくなる仕組みとなっています。

ただし、一発逆転を狙って大きく取引をするとリスクがあまりにも大きくなりますし、リスクヘッジもできなくなる可能性が極めて高いため、バイナリーオプションで生計を立てようとしている人は特に注意しましょう。

バイナリーオプションはコツコツと少ない勝ちを積み重ねて収益を伸ばしていくイメージを常に持っていなければなりません。

バイナリーオプションで生計を立てるのに必要な金額は?

しかし「誰でもバイナリーオプションで生計が立てられます」と宣言するのは不可能です。

1ヶ月あたりの生活にどれくらいの費用が必要なのか?という部分があるからです。

例えば地方都市のワンルームマンションに一人で住んでいて掛かる費用もひとり分だけ、ということであればおそらく月に20万円もあれば生活が成り立ってしまうでしょう。これだとバイナリーオプションで生計を立てるのはそこまで難しい話でもなくなります。

東京都内に住んでいて家賃がそもそも二桁以上、家族四人で生活しています!という状況とは、自ずと毎月必要な金額に差が出てきます。

バイナリーオプションで生計を立てられるレベルに到達するまでに目標にしなければならないのは自分一人が食っていける金額ではなく、自分と一緒に住んでいる家族の生活まで全額カバーできるレベル、ということを忘れてはなりません。

バイナリーオプションで生計を立てるために必要なものは?

バイナリーオプションで生計を立てるレベルで取引をしていくにはいくつかのアイテムや考え方、その他持ち合わせが必要となります。

ここではバイナリーオプションでちょっとしたお小遣いを得るのではなく、がっちりと生計を立てるために取り組む際に用意しておきたいものをご紹介していきます。

バイナリーオプションに取り組む環境

バイナリーオプションに取り組んだり、その他投資案件などでも同様のことが言えるのですが…ネットの接続エラーなどで取引やデータの送受信がうまくいかないのは正直言って問題外です。

例えば、wi-fi。wi-fiの調子が悪くてなかなかデータのやり取りがうまくいかないという経験、皆さん一度や二度はお持ちでしょう。

これがもしバイナリーオプションの極めて重要なエントリーのタイミングで発生したら?あなたは、運が悪かったとwi-fiやその他環境のせいにするでしょうか?バイナリーオプションをライフラインと考えるのであれば、絶対にこのあたりは整備しておかなければなりません。

具体策としては、まずwi-fiの電波ではなくきちんと有線LANに頼るようにしたいところです。結局、有線の方が無線よりもはるかに接続切断率や通信エラー率は下がります。

もっと言ってしまえばスマホについても、wi-fiではなく可能な限り有線LANでやり取りをするようにしたいところです。

もしスマホやタブレットでバイナリーオプションに関連して重要なやり取りなどをしているのであれば、まず間違いなくその時間帯だけでもスマートフォンも有線LANで接続するようにしましょう

※専門の記事ではないため詳細は割愛しますが、充電ケーブルに差し込む形でスマートフォンやタブレットでも有線LANが使えるようにできる道具があります。

これ以外にも、様々な不確定要素を残したままバイナリーの取引を行うのは絶対に避けましょう。

生計のためにお金の絡む取引をするわけですから、不確定なマイナス要素は全て排除するくらいの勢いでやらなければなりません。

例えばバイナリーオプションの取引中に猫が乱入してきて、手元が狂い取引が水の泡になってしまったというケースもよく聞かれます。

家族と同居している場合は、バイナリーオプション取引がお金に直結するものであること、今は仕事として取り組んでいることに対してきちんと理解を得なければなりません。

理解が得られていないとせっかくの場面でバイナリーオプション取引が家族によって中断させられてしまうこともあるでしょう。

規則正しく生活する決まり

意外と言われるかもしれませんが、自営業・投資家などいわゆる勤め人ではない身分になると、ついつい寝過ごしてしまったり、だらだらと時間が決められずに一日が過ぎ去っていくという現象に襲われがちです。

これはフリーランスでも同じことが言えますが、大原則としてはやはり規則正しく生活できるようなルール決めだけは先に行っておくと良いでしょう。

というより、会社に強制された早起きをするのはあまり気持ちの良いものではありませんがバイナリーオプションで必要なお金を稼ぎ、その後の時間は自由に使えるとなると、早起きもだんだん楽しくなってくるものです。

バイナリーオプションや経済の動向に関する知識

当然ですが、バイナリーオプションで稼ぐ際にはバイナリーオプションに関連する相場を見抜く知識や、経済の動向に関する幅広い情報収集能力も必要となります。

世界各国の経済の動向や、政府要人あるいは経済的に極めて重要な影響力を持つ人間のスピーチひとつで大きく稼げるタイミングが変わってきます。

そのためバイナリーオプションをお小遣い稼ぎやアルバイトのレベルではなく生計を立てるレベルで取り組んでいくのであれば、こういった情報収集もいわゆるガチ勢としてやっていかなければなりません

ただし、悲観することはありません。

効率化したりきちんと学習をすることにより、こういった情報収集にかかる時間はある程度圧縮できるようになるはずです。

少なくとも、毎日必ず8時間以上情報収集をしなければならないみたいな決まりはありません。

生活防衛資金

これが一番重要です。間違っても来週の生活資金がない状態でバイナリーオプションの世界に飛び込むのだけはやめておきましょう。

出来る限り、向こう3ヶ月分、可能であれば向こう半年分程度の生活防衛資金があると安心です。

バイナリーオプションの専業になるということは、いわゆる個人事業主になったり会社の経営者になるわけです。勤務先が守ってくれるということは今後なくなります。

自分と家族の生活は自分で守るしかありません。その最も重要な盾となるのが生活防衛資金です。

このお金には絶対にトレードなどで手を付けることのないようにしなければなりません。

バイナリーオプションで生計を立てるときのリスクヘッジ:副業とは?

バイナリーオプションで生計を立てると決めた時、バイナリーオプションの投資家であることが本業になります。

しかし、自宅勤務だからといって副業をしてはいけないわけではありません。副業をすることで、バイナリーオプションの収益をある程度カバーすることも出来るでしょうし、バイナリーオプション勝率が良い時には副業の収入を更なる投資に回したりも可能です。

あらゆる方向で、バイナリーオプションで生計を立てる時の助けとなるでしょう。

ちなみに最もサラリーマン世代から人気なのは、せどりなどのビジネスとなります。その他、デザインに明るい方であればデザイナーとしての仕事をフリーランスとして受けるという方法もあるでしょう。

人によっては、最初はフリーランスとして仕事を自分で取りながらバイナリーオプションに副業として取り組み、数ヶ月程度でバイナリーオプションが本業に昇格したというケースもあるほどです。

このように色々な要素を複合的に取り入れることで、バイナリーオプションで生計を立てるということの難易度は徐々に下がっていきます。

またリスクもある程度下がっていくと言えるでしょう。

そして、バイナリーオプションに初めて挑戦する時は情報もありませんし、右も左も分からずでどうしてよいかわからないというケースもあるでしょう。

そんな時には、是非私のLINEを頼ってください。私のLINEでは、ブログでは紹介していないようなマル秘情報を含め、バイナリーオプション投資家として活動をしている私・西条の生の情報をお届けしています。



まとめ

バイナリーオプションで生計を立てるのは今や不可能なことではなくなりました。

それどころか、副業やリスクヘッジなどの部分でご紹介した通り、バイナリーオプションで生計を立てることのリスクも下がりつつあるといってよいでしょう。

生活防衛資金の話や家族から理解を得る話など、バイナリーオプションで生計を立てる際には色々と環境整備が必要です。バイナリーオプションの知識を取り入れるのと並行してこちらも行っていくと良いでしょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder