バイナリーオプション

バイナリーオプション・ファンダメンタルズ分析の基礎講座【情報収集や実践手法まで公開】

バイナリーオプションでは「ファンダメンタルズ分析(ファンダメンタル分析)」の活用が重要だと言われています。

取引を始めたばかりの初心者にとってファンダメンタルズ分析は「難しそう」「大変そう」といった印象があるかもしれませんが、基本を押さえてしまえば日常的に取り組んでいくことができます。

この記事では、バイナリーオプションでの利用を想定したファンダメンタルズ分析の実践的な方法を紹介します。

ファンダメンタルズ分析とは?相場変動の要因にも言及

まず最初に、ファンダメンタルズ分析とはどのようなものかを理解しておきましょう。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析は、各国の景気や社会情勢などのように相場を動かす背景的な要因に着目することで値動きを予想する分析手法です。一般的には、中長期的な相場動向を予測するのに有効とされています。

相場変動の要因に関する情報を集めてみると、将来の相場の動向を考えることができます。相場を動かす要因には様々なものがありますが、大きく分けると以下の3つに分けることができます。

経済的要因

相場変動の要因として最もよく着目されているのが経済的要因です。

各国の景気や物価の変動により通貨の需要も変動するため、相場も大きく変わります。金融政策による影響も大きく、金利が変更されると投資家による売買が活発に行われて価格が変動します。この他にも貿易収支や投資収支などの指標によって変動することもあります。

特に主要先進国の経済事情は他国への波及効果が大きい傾向があり、中でも世界の基軸通貨であるドルを扱うアメリカの景気は特に影響力があるので注意が必要です。

政治的要因

相場の動きに影響する重要な要因としてしばしば注目されているのが政治的要因です。

各国の政権交代や制度改正が行われるときには為替取引が活発に行われて価格が変動します。主要先進国の影響力が大きいのは経済的要因と同じで、アメリカの大統領選挙などは注視する必要があります。

また、テロの発生や戦争・紛争の勃発は世界的な不安を引き起こし、安定通貨の獲得や金などの安定資産の購入に動く傾向があります。

その他の要因

経済的要因・政治的要因以外にも様々な現象が相場を動かします。

その他の要因としてよく注目されているのが自然災害や異常気象で、リスク回避のための為替取引が進められ、被害を受けた国の通貨が売られる傾向があります。昨今の新型コロナウイルス感染拡大や、インフルエンザの流行など疫災も重要な変動要因です。

さらに、オリンピックの開催などのような世界的イベントも相場に影響を与えるため、世界にまたがる様々なニュースに目を向けることが大切です。

バイナリーオプションのファンダメンタルズ分析の情報源

ファンダメンタルズ分析で着目すべき情報としては、以下の3つがメインになります。

経済指標
要人発言
金融政策

分析材料を広げていくと限りがないので、まずはこの3つの中から特に重要なものをピックアップして紹介します。

経済指標

経済指標とは、各国の政府や省庁、中央銀行などが公開している経済への影響力がある指標を指します。主に統計調査によるデータで、その多くは発表される日時が決まっています。

その中でも重要な4つの指標の概要を確認しておきましょう。

雇用統計

雇用統計は各国の就業者人口や失業率、給与水準などに関する統計です。

特に為替に影響力があるのが米国雇用統計で、毎月第一金曜日の午後10時半(サマータイム時は午後9時半)に発表されます。

雇用統計の項目のうち、バイナリーオプショントレーダーが注目すべきは「失業率」と「非農業部門雇用者数」の2つです。

失業率
失業率の低下は景気の向上が見られることを示し、米ドルが買われる傾向があります。
非農業部門雇用者数
非農業部門雇用者数が増えた場合も経済状況が良い方向に向かっていることを示し、米ドルが買われます。

なお、雇用統計については以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

バイナリーオプションは雇用統計で勝つ!基礎知識から攻略法まで解説バイナリーオプションでは「今、社会で起こっていること」に注目してチャート分析を行うトレーダーがいます。政治や経済の動向に合わせて為替レー...

国内総生産

国内総生産(GDP)は各国が発表している生産活動に関する指標で、国内で生み出された消費財やサービスなどの付加価値を示しています。

GDPは四半期ごとに発表されるのが一般的ですが、発表の仕方は国ごとに異なります。例えば、米国では「速報値」「改定値」「確報値」として発表されます。

この中で最も注目されるのは「速報値」で、大きな変化があったときには大きな値動きが起こるのが一般的です。

消費者物価指数

「消費者物価指数」は消費財やサービスの平均的な価格がどの程度になっているかを示す指標で、各国が国内の状況を調査して発表しています。

「インフレ率」を示しているのが消費者物価指数の特徴で、インフレ率に大きな変動が起こったときには金融政策による調整が入るのが一般的です。

基本的には前月の消費者物価指数と比較してインフレ率を算出して考えます。大きなインフレやデフレが起こっている場合には大きな価格変動が起こり得ると想定できます。

景況感指数

「景況感指数」は消費者などへの調査結果から現在の景気についてまとめた指標で、投資の世界においては特に以下の指数が注目されています。

ZEW景況感指数・IFO景況感指数(ドイツ)
米国消費者信頼感指数(アメリカ)

「IFO景況感指数」はドイツ企業視点での景気の先行きに対する考えを示しています。「米国消費者信頼感指数」は消費者視点での景気の見通しを調査した結果が反映されているのが特徴です。

いずれも基本的に指数が上がった場合は景気の向上を示唆しており、その国の通貨の購入が進みます。

要人発言

要人発言とは、投資や為替に影響を与えるような重要な人物によるコメントです。経済を動かし得るような重要人物による発言は大きな変動を起こし得ます。

具体的には、以下のような人物による発言が注目されています。

各国の大統領や首相

各国の長である大統領や首相による発言は大きな影響力があります。たった一言の発言によって通貨の売買が活発になることも多く、翌日に発表が予定されているときには投資家なら誰もが注目しています。

相場に影響が起こった発言例

安倍晋三元首相は、2017年2月15日に日本の金融緩和の必要性について「米国から理解を得られた」と発言しました。これによりドル円の売買が活発に行われ、相場はもみ合いとなりました。

各国の経済政策・財政政策を担当する大臣

経済政策や財政政策によって各国の経済事情が変化することから、それを担当している財務大臣などの発言も為替に影響を与えます。

相場に影響が起こった発言例

麻生太郎氏は2016年4月8日に財務大臣として円高の傾向を止める旨を発言し「場合によって必要な措置を取る」という一言だけで円安に向かう動きを生み出しました。その後も為替の急激な変動は望ましくないことから為替市場介入をする用意があると述べ、円安を加速させるのに成功しています。

各国の中央銀行当局者

金融政策を担当する各国の中央銀行の要人の発言も為替を変動させる重要な要因です。

相場に影響が起こった発言例

欧州中央銀行のドラギ元総裁はユーロ高を牽制するような発言を繰り返してきたことが知られています。通貨切り下げの競争を米国が無視していると非難したり、各国の要人発言に対して批判の発言をしたりして為替市場に大きな動揺を生み出してきました。「今後一段の金利引き下げが必要になるとは思わない」という一言でユーロドルが急騰したこともあります。

その他の金融関係の重要人物

金融や経済に関わる著名人が世界に向けて情報を発信するだけでも為替は動きます。

経済学者による市場分析の結果が発表されたり、有名な投資家が今後の経済動向について発言したりすると為替取引の状況が一転することも稀ではありません。

特に、以下に挙げる「世界三大投資家」の発言は多くの市場関係者の注目を集めます

ウォーレン・バフェット
ジム・ロジャーズ
ジョージ・ソロス

ジム・ロジャーズの「ポンドやユーロはさらに売られるだろう」という発言のように、わかりやすい一言が為替の動向を大きく揺るがす事態も起こっています。

金融政策

金融政策は各国の中央銀行が実施している金融面からの経済政策を指します。中央銀行は政府の銀行でもあり、国債なども取り扱っている銀行です。

ここでは金融政策として、政策金利の調整を伴う「金融緩和」と「金融引き締め」について解説します。

金融緩和

「金融緩和」は景気が低迷した際に実施される金融政策です。

主に政策金利の引き下げが行われ、通貨の流動性が高まることで消費を促し、景気回復を促進することができるのが特徴です。国外に比べて金利が低くなることから、通貨が売られる傾向が強まります。

政策金利の引き下げだけでは対応できなかった場合には量的緩和政策も行われることがあります。この場合にも同様に通貨が売られて通貨安につながるのが通例です。

金融引き締め

「金融引き締め」は金融緩和とは逆に、政策金利の引き上げをするのが基本です。

景気が良くなりすぎてしまうと、物価が上がりすぎてしまう問題が起こります。政策金利を上げると消費が抑えられるので、景気が低迷する方向に動きます。

金融緩和とは反対に、量的緩和を抑えることで対応する場合もあります。金利が上がると通貨買いが進むようになり、通貨高になるのが一般的です。

バイナリーオプションのファンダメンタルズ分析に必要な情報の集め方

ファンダメンタルズ分析を通してバイナリーオプションで勝てるようになりたいと思ったときに重要なのが情報収集です。

ここまで述べてきた経済指標や要人発言、金融政策についての情報を手に入れるには何を使ったら良いのでしょうか。

ニュースサイト

ニュースサイトは貴重な情報源なので普段から見るようにしましょう。政治や経済についての最新情報をサイト上でタイムリーに取得することができます。

幅広く世界中の情報を得られる点でも優れているので、具体的に使えるサイトを確認しておきましょう。

ブルームバーグ

ブルームバーグは「金融の世界がより鮮明に」と銘打つアメリカの大手情報サイトです。

金融や経済に関わる情報を網羅的に集めているのが特徴で、為替に限らず市場一般に影響を及ぼす経済ニュースが豊富です。金融コラムも掲載されているため、プロの見解も確認してバイナリーオプション取引に生かせるでしょう。

URL https://www.bloomberg.co.jp/

ロイター

ロイターは世界の為替やマーケットに関する経済ニュースが豊富な情報サイトです。本社があるのはイギリスですが、日本にも支社があります。

株式市場などの各種市場についての情報量も多く、為替関連の情報は特に優れています。「外国為替フォーラム」などのコラム系コンテンツもあり、見ごたえがあるのが魅力です。

URL https://jp.reuters.com/

FX会社

FX会社のウェブサイトは貴重な情報を得られるので、積極的に活用しましょう。FXもバイナリーオプションも為替を利用した取引ですから、共通して活用できる情報はたくさんあります。

中でもファンダメンタルズ分析に使える情報を効率良く得られるのは、以下の2社です。

ヒロセ通商

「ヒロセ通商」はFX会社の中でも情報配信量が多く、参考になる記事が見つかりやすいのが魅力です。「ロイター経済指標速報」はファンダメンタルズ分析をする上で有用なサービスで、ほぼリアルタイムで指標発表の内容を確認できます。

指標発表の事前通知をスマホのプッシュ通知で知らせるサービスは大変便利です。

URL https://hirose-fx.co.jp/

外為オンライン

外為オンラインは為替情報の発信量が多いのが特徴で、ロイターだけでなく「FXi24」「MarketWin24」のように為替情報に強い会社の情報をまとめて配信しています。

アナリストレポートやドル円相場予想などのコンテンツも豊富なので、プロの視点からどのような動向が考えられるのかを学ぶのにも適しているサイトです。

URL https://www.gaitameonline.com/

新聞

新聞はまとまった内容の政治や経済に関わる情報を得るのに適している情報源です。インターネットやTVよりも速報性はやや劣りますが、電子版では比較的スピーディーに情報が配信されます。

バイナリーオプション取引に使うなら、以下の新聞がおすすめです。

日本経済新聞

経済関連の情報量なら、日本経済新聞がトップです。経済に影響し得るニュースを政治や文化、スポーツなどの様々な切り口から掲載しています。

独自の視点での構成になっていることから好き嫌いこそあるものの、為替の動きに影響するかどうかを判断しやすい内容になっているので魅力的な新聞です。

購読料 4,900円(朝刊・夕刊)
※一部地域は4,000円
電子版 あり 宅配+電子版で5,900円
※一部地域は5,000円
公式サイト https://www.nikkei.com/

毎日新聞

毎日新聞は日本の大手としてよく知られている総合的な新聞で、網羅的にニュースを確認したい人に向いています。

電子版では世界の金融情報や経済動向についての情報源となる「ウォール・ストリート・ジャーナル」が読み放題になるのが魅力です。日本版のオリジナル記事も含んでいるので、有用な情報が豊富に手に入るでしょう。

購読料 朝刊・夕刊:4,037円
朝刊のみ:3,093円
電子版 あり(料金はプランにより異なる)
公式サイト https://www.mainichi.co.jp/

Twitter

Twitterはスピーディーな情報収集に直結することから、バイナリーオプションのファンダメンタルズ分析で有効活用できます。

上述のニュースサイトやFX情報サイトのほか、以下のような有名FX情報サイトのアカウントなどもフォローしておくと良いでしょう。

ザイFX!

「ザイFX!」は最強の為替サイトと謳っている総合情報サイトで、Twitterを通して為替に関わる様々なニュースを配信しています。

相場の急変時に緊急ツイートが配信されることもあるため、スマホでバイナリーオプション取引をできるようにしておけばいざというときにすぐに対応できます。

Twitterアカウント @ZAiFX

みんかぶFX

「みんかぶFX」は為替ニュースやコラムなどを発信しているサービスで、要人発言や経済指標なども調べやすくなっています。

Twitterでは経済指標が発表される10分前に重要度や前回の結果、変動幅などが配信されます。ファンダメンタルズ分析に基づく取引を行っていくなら、フォローしておいて損はないアカウントの一つです。

Twitterアカウント @min_tame

経済情報番組

テレビの経済情報番組からもファンダメンタルズ分析のための情報を得られます。

テレビは速報性が高いのが特徴で、すぐにタイムリーな情報をキャッチできます。以下の2つの番組は見ておく価値があるので活用していきましょう。

Newsモーニングサテライト

「Newsモーニングサテライト」は平日の早朝にテレビ東京系列で放送されている経済番組です。

日本の夜中に世界で動いていた市場の様子を知ることができるのが特徴で、特にアメリカ・ニューヨーク市場の解説に注力しています。

ニューヨーク市場の動きを受けて東京市場がどのように動くのかも伝えてくれるので、その日の取引の仕方を考える際に有効活用できるでしょう。

放送時間 月~金曜 朝5時45分から
放送局 テレビ東京/BSテレ東

ワールドビジネスサテライト

「ワールドビジネスサテライト」は1988年からテレビ東京系列で放送されているニュース情報番組です。

どのようなマーケット状況があるのか、為替の動向がどうなのか、経済に影響を及ぼすようなニュースはあったのかを、一日の終わりにまとめて確認できます。翌日の取引に生かすための情報を得る目的で使いやすい番組です。

放送時間 月~金曜 夜11時から
放送局 テレビ東京/BSテレ東

バイナリーオプションでファンダメンタルズ分析を活用するためのポイント

ファンダメンタルズ分析をバイナリーオプションに生かすには欠かせないポイントが3つあります。

何を押さえておく必要があるのかを詳しく解説するので、ファンダメンタルズ分析を活用する際には念頭に置いておきましょう。

取引対象となる2カ国の経済状況の差を見極める

ファンダメンタルズ分析をするときには、取引対象として考えている通貨ペアに着目するのが大切です。

それぞれの通貨を使っている国の経済状況の差で取引相場は変化します。バイナリーオプションでは必ず通貨ペアで取引するため、1カ国だけの情報を見ても意味はありません

通貨ペアの一方の国の景気が高騰しているとき、もう一方の国でも景気が良くなっているような場合はあまり差が生じず、為替レートにほとんど影響が出ないこともあります。

現実的にはファンダメンタルズ分析の結果以外にも影響する要因があるので為替レートは変動するかもしれませんが、予想外の動きになってしまうリスクが高いでしょう。そのため、バイナリーオプションのファンダメンタルズ分析は2カ国を対にして考えるのが基本です。

以下の記事でバイナリーオプションの主要な通貨ペアの関係性について解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

バイナリーオプションで勝ちやすい通貨ペアはどれ?通貨選びの基礎知識からおすすめの組み合わせまで徹底解説バイナリーオプションの取引をするときには、通貨ペアを選ぶことになります。どの通貨ペアが良いのかがわからず、バイナリーオプションを本格的に...

市場で注目されるテーマを見つける

ファンダメンタルズ分析では市場で何が注目されているのかを考えることも欠かせません。

市場関係者が注目するテーマに関連する報道があると、為替レートは大きく変動します。多くの市場関係者が関心を持っているテーマをピックアップし、関連する経済指標や要人、ニュースなどを厳選すると効率的に分析をすることが可能です。

たとえば現在であれば、

新型コロナウイルス感染拡大
東京オリンピック開催

といったように、世界的に注目されるテーマは相場への影響力も大きいでしょう。

何が注目されているかを判断する上では、ニュースサイトや経済情報サイトに掲載されているコラムが役に立ちます。

政策金利や経済指標の発表予定スケジュールをおさえておく

経済指標や政策金利のように、ファンダメンタルズ分析に使われる指標の多くは発表されるスケジュールが決まっています。そのタイミングでバイナリーオプション取引をしなければ意味がないので、発表予定スケジュールは確実に押さえておきましょう。

具体的な方法としては、次のようなものが挙げられます。

スケジュールを一覧にして印刷し、すぐ目につくところに貼り出しておく
パソコンのデスクトップにカレンダー機能を追加して表示しておく

外出が多い人はスマホでスケジュール管理するのも効果的です。アプリを使用していつでも確認できるようにしたり、発表前にアラートが出るようにするなどして、取引のタイミングを逃さないようする工夫をしましょう。

【Q&A】よくある質問に回答します

ファンダメンタルズ分析について理解できたところで、色々な疑問が生まれてきたのではないでしょうか。

ここからは多くのバイナリーオプション初心者が抱く疑問に対して、プロトレーダーの視点から回答していきます。

ファンダメンタルズ分析だけでも勝てますか?

ファンダメンタルズ分析を完璧に行えばバイナリーオプションで勝てると言えれば良いのですが、実際のところは難しいものがあります。

ファンダメンタルズ分析だけでは勝てないので、以下の方法にも取り組んでいきましょう。

テクニカル分析も併用する

ファンダメンタルズ分析は中長期的な市場動向を理解するのに適していますが、短期的な値動きを予測するのにはあまり向いていません。

バイナリーオプションの場合は短時間で取引を行うため、ファンダメンタルズ分析でエントリーポイントの判断根拠を得るのは困難です。

したがって、

エントリーできるかどうかの判断はテクニカル分析で行う
ファンダメンタルズ分析で中長期的な見通しを立ててリスクヘッジする

といったように、2つの手法を組み合わせて分析を行うのが合理的と言えます。

ファンダメンタルズ分析を併用するとテクニカル分析では予測できない急な値動きにも対応できるようになります。「リスクが高いタイミングではエントリーしない」という判断も可能なので、高い勝率を維持しやすくなるでしょう。

テクニカル分析については以下のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプション・テクニカル分析の基礎講座【指標の種類や組み合わせも解説】「テクニカル分析を学べばバイナリーオプションで勝てるようになる」と聞いたことがある人もいるでしょう。実際、成功しているトレーダーの多くは...

資金管理のルールを徹底する

ファンダメンタルズ分析に基づいてエントリーする場合、資金管理はとても重要です。

たとえば米国雇用統計の発表後など、相場の大きな値動きを期待して取引に挑むトレーダーは少なくありません。

しかし、経済指標の発表後や要人発言があった後は相場が荒れやすく、突発的な値動きをすることもままあります。そのため「稼ぐチャンスだ」と思って多額の資金を投入した結果、かえって損をしてしまうケースも多いのです。

損失を大きくしないよう、資金管理のルールは徹底して守るようにしましょう。勝てそうもないときには諦めるのも大切なので、慎重に分析してからエントリーするのも肝心です。

PDCAを回すためにトレード記録を残す

PDCAサイクルを回すことも、バイナリーオプションで勝てるようになるための重要なポイントです。

PDCAとは

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)

「仮説を立てて実践し、その結果を検証して次に生かす」というサイクルを繰り返し、勝率を高めることができれば、安定的に利益を得られるようになります。

そのためには、トレード記録を残して内容を振り返る習慣を作るのが効果的です。

自分が立てた仮説の結果がどのようになったのかを集計してみると、有効な方法とそうでない方法を区別できるでしょう。そして、勝てる条件を満たしたときだけエントリーするようにすれば勝率が上がっていくはずです。

「専用のノートを作る」「スマホのメモ機能やアプリを使う」など、自分のやりやすい方法でトレード記録をまとめておきましょう。

勝てるトレーダーになるにはどうしたらいいですか?

バイナリーオプションのトレーダーとして勝てるようになるためには、とにかく勝率を上げるのが重要です。

ファンダメンタルズ分析を中心にして取り組んでいくのなら、短時間取引が可能な海外業者を使いましょう。経済指標の発表などの突発的な値動きに対応するには、分単位での取引ができる必要があります。

ハイローオーストラリアは短時間取引ができるだけでなくペイアウト率も高いので、理想的な候補です。経済指標の発表時には大きな値動きを期待できるシーンもあるため、高ペイアウト率のスプレッド取引も有効利用できます。

日本語にも対応しているので、海外業者を利用したことがない人でも安心感があるでしょう。以下の記事を参考に、ぜひ口座開設を行ってみてください。

スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書...

有料メルマガや有料コミュニティは入るべきですか?

有料のメルマガやコミュニティを利用するのも良いでしょう。ファンダメンタルズ分析の情報源の一つとして活用できるほか、トレードスキルを磨くのにも役立ちます。

ただ、有料だからといって、その”質”が高いとは限りません

ブログやSNSなど、不特定多数の人に向けて無料で発信される情報には信憑性に欠けるものが多く見られます。しかし、お金を払えば有益な情報を手に入れられるというわけではなく、残念ながら根拠の正確性が疑わしいものも存在します。

バイナリーオプションでファンダメンタルズ分析をうまく使って利益を得られるようになるには、本当に成功している人のトレードから学ぶのがベストでしょう。プロトレーダーとのつながりを持てば、実戦で役に立つ情報を効率良く手に入れられます。

私のLINEでも、登録者様限定の情報をお届けしています。以下の画像をクリックして、どうぞお受け取りください。

情報過多なこの時代、情報を受け取る側にも質の良し悪しを見極める目が求められます。

私のLINEでは、バイナリーオプションで勝ち上がりたい人のために質はもちろん”鮮度”も重視した情報を厳選して提供していますので、ぜひご活用ください。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

まとめ

経済や為替、政治や金融などの情報を集めて相場への影響を考えるのがファンダメンタルズ分析です。

バイナリーオプションでは、テクニカル分析とあわせて活用すると勝率向上に役立ちます。中長期的な予測に使うものだからとないがしろにするトレーダーもいますが、短期取引にも有効活用できる分析手法です。

重要なポイントをプロから学びつつ、積極的に使っていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら