バイナリーオプション

バイナリーオプションはギャンブル?賭け事好きな投資家が語る「バイナリーの真の勝ち方」

バイナリーオプションはギャンブルなのか?このような議論は昔からあります。ここでひとつ、白黒つけましょう。バイナリーオプションはギャンブルかどうかについて、賭け事好きなプロの投資家が解説します。また、バイナリーオプションで収益を上げている投資家が、バイナリーオプションをただのギャンブルにしない方法も解説します。

バイナリーオプションはギャンブルか?

結論からあげてしまえば、バイナリーオプションはギャンブルではありません。バイナリーオプションは投資といったほうが正しいでしょう。ただし、バイナリーオプションは一般的な為替相場を利用するFXなどの投資取引とは若干ルールも、そして収益の上がり方も異なります。

基本的にチャートの「上がり下がり」が一定時間の後にどうなっているか?を予想する2択問題のようなものなので、同じようなルールのギャンブルが存在することもあってバイナリーオプションはギャンブルだとする人もいらっしゃいます。しかし、そうではありません。

バイナリーオプションがギャンブル的な立ち位置になっている理由

バイナリーオプションがギャンブル的な立ち位置として認識されるのにはいくつかの理由があります。

  • 日本国内は投資=賭博性の高いもの
  • 詐欺だ

という認識の方も多いため、ギャンブル的な立ち位置として紹介されることもしばしば。バイナリーオプションがギャンブル的な立ち位置になってしまっている理由をいくつか見ていきましょう。

知名度

バイナリーオプションの知名度はあまり高くありません。知名度が高くないということは情報がないということで、情報がないということはそれだけ疑心暗鬼になったりネガティブな情報が流れやすくなるというわけです。

バイナリーオプションという取引はれっきとした投資取引の一つです。

多くの国内証券会社などでも提供している取引の一つです。しかしその知名度はどうでしょう?日本はもともと投資・財テクの類に否定的な民族性ということもあり、あんまりこういった話が世間一般にされることはありません。

どちらかと言うとお金を稼ぐ=汚い、お金は汗水たらして稼ぐもので、投資で手に入れるようなものではない!というイメージを持っている方もご高齢の方を中心に多くいらっしゃいます。

こういった事情から、バイナリーオプションの知名度はあまり高いとは言えません。そもそも投資取引に関する全般的な知名度が高くないという日本独自の背景もある中で、バイナリーオプションだけが有名になろうはずもないのです。

もっと言ってしまえば、FXの方がどちらかと言うと投資の中では比較的知名度が高く、FX業者が一つのオプション取引の選択肢としてバイナリーオプション取引を提供しているという状態であることも、バイナリーオプションの知名度が上がってこない理由の一つとも言えるでしょう。

とにかく、知名度がなく情報が少ないという事実が手伝ってバイナリーオプションはギャンブルとして認識されているわけです。

イメージ

めちゃくちゃ取引の方法としてはシンプル!というのがバイナリーオプションの特徴です。もちろん為替相場を見たり様々なテクニカル分析などを行うことで勝率を上げていくというのがバイナリーオプションの本質なのですが、初心者の方にそんなことを言っても理解されないのは明々白々です。

つまり、ギャンブル的なイメージがついてしまうのはある意味では仕方のないことでもあるわけです。

ルールがとてもシンプルでどこかギャンブルのゲームのルールと似通ったものがあり、さらにその動く金額も為替相場を利用した投資取引であることから大きくなる傾向にあり、これによってバイナリーオプション=ギャンブルだというイメージがあります。

もう一つ、バイナリーオプションのイメージがギャンブルであり、また危険なものであるというイメージをつけてしまっている存在があります。それがバイナリーオプション業者です。

一部のバイナリーオプション業者は国から認可を受けずに営業をしていたり、また海外の一部バイナリーオプション業者は入金はできるものの、お金を引き出すことが出来なかったりなど、残念ながら詐欺的な業者も幾つか存在します。

そういった業者との取引について日本の当局が取引を控えるようにと注意喚起情報を出しているのです。この注意喚起情報自体は私も歓迎されるべきだと考えています。海外バイナリー業者の中には危ないところも多く、実際にお金が返ってこないケースも何度か目の当たりにしてきました。

当局から出ている注意喚起情報は、よくよく見ると一部のバイナリー業者や一部の地域で運営されているバイナリーオプション業者に絞られたものであるケースが多く、特にバイナリーオプション取引自体を全否定するようなものではありません。

しかし、噂というのは恐ろしいもので、バイナリーオプションは国から取引しないように注意喚起情報が出ているようだ、という情報だけが切り取られて拡散してしまい、いつしか国が指定するくらいの危険なギャンブルがバイナリーオプションだ、というイメージがついてしまっているのです。

これらが相まってバイナリーオプションはギャンブルだというイメージが横行しているということになります。

勝ち負けの存在

バイナリーオプションには勝ち負けが存在します。それも、かなり明確な勝ち負けです。このことがバイナリーオプション=ギャンブルと混同されてしまう原因の一つです。

一般的な投資は、どちらかと言うと中長期的に行うものです。数分で損益が確定するということは、あまりありません。もちろん短期決済をすることも可能ですし、デイトレードという言葉もあるくらいですが、

バイナリーオプションとギャンブルの違い

バイナリーオプションとギャンブルの違いは明確です。そしてとても、わかりやすいものです。

バイナリーオプション=勝率は自分の実力や分析力で変動可能

ギャンブル=基本的には運任せで外部要因が及ばない

バイナリーオプションは勝率を上げていくことが可能です。それも独力や自分の実力によって勝率を上げることができるという特徴があります。

対するギャンブルはどうでしょう。ギャンブルは基本的に運の要素や偶然性という要素によって勝率が左右されます。

ただしこの部分は、ある程度予想を組み立てたり、ロジカルな予想が通用するギャンブルもあります。

例えば、競馬や競艇などがそれにあたります。競馬や競艇は出走する馬やボート、そして騎手やレーサーなど様々な要素が複雑に絡み合い、またフィールドの気象条件などによってもその結果が左右されることがあります。

このように人や物の要素が介在する場合にはある程度予想を組み立てやすくなるため、予想の実力などによってある程度勝率が変動します。

これらの要素を排除して、単純に次に出てくるトランプの色が赤か黒か、もしくはその場にあるカードの次に出てくるカードの数字がそのカードよりも大きいか小さいかを予想するようなギャンブルの場合は、完全に偶然性がものをいう世界になります。この場合は勝率に外的要因を加えることはほぼ不可能です。

突き詰めれば、これがバイナリーオプションとギャンブルの大きな違いです。

【投資家が解説】バイナリーオプションをギャンブルにしないコツ

バイナリーオプションは、何の予備知識も戦略もなければただのギャンブルになってしまいます。偶然性に頼ったギャンブルになると、理論上は何度も取引を重ねるうちに必ず勝率50%に収まることになります。

これでは、バイナリーオプションで収益を上げていくことはできません。ここではバイナリーオプションを通すとして捉え、きちんと投資収益を上げていくためのコツ、言いかえればバイナリーオプションをただのギャンブルにとどめないコツについて、いくつかのポイントからご紹介していきます。

分析

バイナリーオプションは為替相場の動きを予想する際に「○分後に今よりチャートが高くなるか/低くなるか」を予想することになります。これだけだとただのギャンブルなのですが、為替相場の変動は、分析によって上がるか下がるかを判断することが可能です。例えば極めて簡単な話をしましょう。

今あなたはチャートが物凄い勢いで右肩上がりになっている状態を目の当たりにしているとします。

さらに30分後、チャートがまだものすごい勢いで右肩上になるであろう、重要人物による記者会見が控えているとします。この状態で、1時間後のチャートが上がっているか下がっているかを予想するなら、あなたはどちらにエントリーしますか?9割の人はチャートが上がる方にエントリーをするでしょう。

これがギャンブルとバイナリーオプションの違いであり、分析の結果です。もしあなたがチャートの動きを一切見ずに、またこの会見があることも知らずにエントリーをするなら勝率はギャンブル同様に50%です。しかしこの情報を知っているということ、またチャートが上がっていることを知っているならば、勝率は50%よりはほぼ確実に上がると考えられます。

このようにきちんと分析を行い情報を集めることをこそが、バイナリーオプションをただのギャンブルにせずきちんとした投資に引き上げるための一つのコツです。

分析をするには様々な方法があります。代表的な大枠としてはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の二つがあります。チャートを分析するためには様々な手法やソフトを使うと良いでしょう。

マインドセット

マインドセットも極めて重要です。マインドセットは日本語にすれば心の持ちようということになるわけですが、バイナリーオプションの取引においてマインドセットは何よりも重要な要素のひとつです。

なぜなら、例えば一回のエントリーで負けてしまった場合、ギャンブルであれば次で負けを取り返そうとしてついつい心が熱くなってしまい頭はオーバーヒートすることでしょう。そして思考停止状態になり、ギャンブルでは次のレースや次の勝負についつい多額のお金をかけてしまうのではないでしょうか。

勝率50%のギャンブルならそれも一つの考え方でしょう。また負けた時にかける金額を倍額にしていくというギャンブルの方法も存在します。しかし、バイナリーオプションは投資です。負けもあり得るということをきちんと織り込んだ上で取引をしなければなりません。勝率100%はバイナリーオプションの性質上ありえない話なので、とにかく勝率は6割から7割程度になっていればMAX最高!くらいの気持ちでいることが重要です。

そして負けを織り込んだ上で、最終的に利益をあげられれば勝負に勝った、と思えるようなマインドセットを持つことも重要です。

またギャンブルは一発あたりの勝ち負けが大きく、基本的には一回の勝負で逆転ホームランが打てればそれですべて良しという考え方のケースが圧倒的多数派でしょう。しかしバイナリーオプションは一回の勝負で全てが決まるような大きな取引を行うのは愚策と言えます。

仮に手元の資金が5万円あればギャンブラーならおそらく25000円を2回か、もしくは5万円を一回でつぎ込んでしまうというスタイルの方が多いでしょう。しかしバイナリーオプションはイメージ的には5万円の資金があれば5000円で出来る限り細かく10回に分けて勝負をしていくという考え方の方が良いでしょう。

ペイアウト率

ペイアウト率も極めて重要です。あえてギャンブルの世界の言葉を借用するなら、ペイアウト率はオッズと同じようなものです。

バイナリーオプションの取引に勝利できた場合に払い出される配当率のことをペイアウト率と呼びます。このペイアウト率もバイナリーオプションが単純なギャンブルになるか、継続的に収益を生み出してくれる投資になるか?を左右するような重要なポイントです。

例えばバイナリーオプション業者や取引の内容によってペイアウト率は異なります。基本的にこの辺りはギャンブルのオッズの考え方と同様で、例えば「単勝」で一番人気のものにBETした場合、当然ながらオッズは低くなります。これは予想がしやすいためです。バイナリーオプションでも同じような事が言えます。バイナリーオプションの取引内容によっては、予想がしやすいもの、また予想がしづらいものがどうしても存在します。

究極にわかりやすく噛み砕いて説明するので実際とは異なるケースもありますが、例えばチャートが順調に右肩上がりになっている相場で1時間後の上がっているか下がっているかを予想するなら、比較的これは簡単な予想と言えるでしょう。そのため取引に勝利した場合もペイアウト率はそれなりというわけです。

反対にものすごく相場が荒れている状態で、相場がどちらに転ぶか1秒ごとにわからないという状況の中でわずか30秒後の相場を予想しなさいと言われたらその難易度はかなり高いものになるのではないでしょうか。

このような取引の場合は比較的ペイアウト率が高めに設定されるケースもあります。もちろんバイナリーオプション業者や取引のルールによってこの辺りの厳密なルールはそれぞれ異なりますが基本的な考えはこのようなものです。

そのため、どのようなスタイルがもっとも本人にとって予想しやすくまたトレードしやすいかということを考えつつ戦略を練りあげるのもバイナリーオプションを投資にしていくための一つの方法といえるわけです。

業者選び

そもそも信頼できるバイナリーオプション業者かどうかという部分も一つ重要な指標となります。国内のバイナリーオプション業者は基本的に証券会社やFX業者が一つの商品として提供しているため、ほとんどの場合は日本の国から認可を受けています。

しかし海外のバイナリーオプション業者の中には、トラブルを年がら年中を起こしているようなものもあります。そのため、業者選びで転ばないように人気の高いバイナリーオプション業者を選ぶと良いでしょう。

海外バイナリーオプション業者の中には極めて格式の高い金融機関と取引のあるハイローオーストラリアのようなものもあります。こういった業者を選ぶようにしたいところです。

バイナリーオプションを勝てる投資にする、たった一つの方法

バイナリーオプションをギャンブルではなく、勝てる投資にするための方法はいくつかありますが、その全てのゴールがたった一つの方法に集約されます。

バイナリーオプションで勝つための分析力や知識を徹底的に身につけるということです。バイナリーオプションは知識をつければつけるほど勝率をアップさせることができるものと言ってよいでしょう。なぜならバイナリーオプションの本質はチャートの動きを予測することにあるからです。もちろんペイアウト率など様々な要素は介在しますが、チャートの「上がり下がり」をある程度正確に判断することができれば、バイナリーオプションはギャンブルではなく勝てる投資に変身します。

そこで、バイナリーオプションの知識やチャートの読み方を身につけるにはどうすれば良いか?という話になるわけですが、これは唯一無二の方法があります。バイナリーオプションで既に稼いでいる投資家からリアルな情報を継続的に受け取ることです。それも、ネットでは公開されていないようなクローズドな情報です。

こういった情報は基本的に知っている人数が少なければ少ないほど有効性が高まります。なぜなら、バイナリーオプションは基本的にパイの食い合いだからです。そして、多くの場合クローズドでバイナリーオプションの情報を提供している人間は、クローズドな場を提供することで対価を得ています。

これが収入源になるわけです。しかし、私はそのようなことは一切しません。クローズドな場で情報を提供しているのはお金のためではなく、本気で人生を這い上がりたい人のためなのです。詳しくは私が出版した書籍をご覧いただければと思いますが、私もなかなか苦労人だったため、同じように人生を這い上がりたいと思っている人のことは仲間だと思っています。だからこそ、今この記事を読んでくださっているあなたには、私のLINEをお教えしたいと思います。

 

こちらから、様々なクローズドな情報をお届けしていきます。そしてこれも何かのご縁ですから、先ほどの書籍もこちらからプレゼントいたします。

やるかやらないかは、自由です。しかし、今やらない人はおそらく一生やらないままでしょう。無料ですぐに出来るのにやらないということは、まだあなたが勝てるマインドになっていないということです。

そこを脱却できている人は、もうすでにLINEの追加が完了しているはずです。

西条のLINE@はこちら

まとめ

日本の国民性としての投資に対する考え方や為替取引そのものの知名度、その他いくつかの事情によってバイナリーオプションをギャンブルだと表現する方も多くいらっしゃいます。しかし、バイナリーオプションはギャンブルではなく、投資です。それも、いくつかのポイントを抑えることにより、きちんと収益を出すことができる投資になります。バイナリーオプションとギャンブルの最も大きな違いは勝率が自分の要素で高くできるかどうかに集約されます。

為替チャートを正確に読み取りそして様々な情報をもとに今後の成り行きを予想することができれば、バイナリーオプションの勝率が上がり、投資した金額に見合うリターンを得ることができるようになるでしょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder