バイナリーオプション

バイナリーオプションをゴトー日(ゴトウ日)で攻略!高勝率の仕組みとタイミング

バイナリーオプションでは「ゴトー日」に着目した取引がしばしば行われています。

「ゴトー日には勝ちやすい」という理論がありますが、なぜ勝てる確率が上がると考えられるのでしょうか。

この記事ではゴトー日がいつなのかを紹介した上で、ゴトー日にバイナリーオプションに取り組むメリットやデメリット、活用のコツを解説します。

バイナリーオプションのゴトー日とは?高確率で勝てる仕組みを解説!

バイナリーオプショントレーダーの間で話題にのぼる「ゴトー日」とは、その名のとおり「5」と「10」の付く日のことです。

毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日が該当します。

なぜこれらの日はバイナリーオプションで勝ちやすいのでしょうか。まずはその仕組みについてご説明します。

ゴトー日の読み方は、正しくは「ごとおび」です。「ごとうび(ごとーび)」と呼ばれることもあります。一見わかりにくいですが「ごといちにち」ではありません。なお、漢字では「五十日」と書きます。

ゴトー日にはドル買いが増える

ゴトー日にバイナリーオプションで勝ちやすくなるのは、ドル買いが増えると予想されるからです。ドル円の為替レートで考えると「円安ドル高」になる傾向があります。

ゴトー日にドル高になるのは、投資家が利益を得る目的で取引を活発に行うのが原因ではありません。海外企業や外資系企業、輸入企業などでは、ゴトー日にドルによる資金決済を行うケースが多くあります。そのため、手持ちの通貨をドルにする動きが強まるのです。

また、ゴトー日に給与を支給している企業も多いことから、まとまった金額のドルを確保しなければならないケースが多くなっています。このように実需によるドル需要の高騰が世界的に起こることからクロスドルの為替レートの変化が読みやすくなるため、バイナリーオプションでも容易に勝てるようになるのです。

特に日本ではゴトー日に各種決済や給与支給などをすることが多いため、ドル円でのバイナリーオプション取引が活発に行われています。

「仲値」の役割

ゴトー日におけるバイナリーオプションでは、仲値について理解しておくのが肝心です。

仲値とは

仲値とは金融機関が定める為替レートで、外貨の買値と売値の中間値を指します。「TTM」という略称で表記されることもあります。

仲値は東京時間の午前9時55分のレートを基にして決まる仕組みになっていて、その日の外貨の売買の際に基準として用いられています。

外貨が買われて値上がりしたり売られて値下がりしたりしたときに、その都度為替レートを照会して為替取引をしていると手間がかかります。金融機関としては、シンプルに取引できるようにするために重要なのが仲値です。

また、企業としても仲値取引の単純な仕組みがあることで、為替レートを常に見て取引をするタイミングを見極める必要がなくなっています。仲値によって1日の取引価格を決めてしまうことで、両者にとってメリットが生まれるわけです。

仲値と相場の関係性

仲値がゴトー日のバイナリーオプション取引にどのように影響するかを理解するには、仲値と相場の関係性を読み解くことが大切です。

ゴトー日には銀行による大量のドル買いが行われますが、銀行としても利益を得るために少しでも安くドルを買わなくてはなりません。そのため、どの銀行も仲値が決まる前にドル買いをしようと一斉に動くのが一般的な傾向です。

為替レートは基本的に需要と供給によって決まるため、大量にドル買いが行われた後は仲値が高くなります。ゴトー日の仲値が決まる9時55分になってしまうと高値で買わなければならないと予想されることから、各種決済や給与支給をするために不足しているドルを9時55分よりも前に買うのが合理的でしょう。

その結果として、ドル円の相場は仲値が決まるタイミングに向かって上がっていきます。このタイミングを狙うことで為替レートの変化が予想しやすくなることから、バイナリーオプションも勝ちやすくなるという考え方が生まれているのです。

2021年のゴトー日一覧

2021年のゴトー日はいつなのか確認しておきましょう。

ゴトー日は原則として5日、10日、15日、20日、25日、30日です。

ただ、土日と日本の祝日には為替取引が行われず、各種決済や給与支給なども休日前に前倒しをするのが一般的となっています。そのため、定義上のゴトー日が土日祝日にあたる場合には、その前の平日がゴトー日になると考えることが必要です。

例えば、20日が月曜日の祝日となっている9月の場合には、17日がゴトー日トレードを行える日になります。また、2月は30日がありませんが、月末が代わりにゴトー日になるわけではないので注意しましょう。

このような考え方でまとめた2021年のゴトー日は以下のようになっています。

【2021年版】ゴトー日カレンダー
1月 5日(火) 8日(金) 15日(金) 20日(水) 25日(月) 29日(金)
2月 5日(金) 10日(水) 15日(月) 19日(金) 25日(木)
3月 5日(金) 10日(水) 15日(月) 19日(金) 25日(木) 30日(火)
4月 5日(月) 9日(金) 15日(木) 20日(火) 23日(金) 30日(金)
5月 10日(月) 14日(金) 20日(木) 25日(火) 28日(金)
6月 4日(金) 10日(木) 15日(火) 18日(金) 25日(金) 30日(水)
7月 5日(月) 9日(金) 15日(木) 20日(火) 21日(水) 30日(金)
8月 5日(木) 10日(火) 13日(金) 20日(金) 25日(水) 30日(月)
9月 3日(金) 10日(金) 15日(水) 17日(金) 24日(金) 30日(木)
10月 5日(火) 8日(金) 15日(金) 20日(水) 25日(月) 29日(金)
11月 5日(金) 10日(水) 15日(月) 19日(金) 25日(木) 30日(火)
12月 3日(金) 10日(金) 15日(水) 20日(月) 24日(金) 30日(木)

バイナリーオプションでゴトー日を狙ったエントリー方法

バイナリーオプションでは、ゴトー日の値動きの特性に着目することで勝ちやすい取引の仕方が可能です。

具体的にどのようにエントリーをしたらうまく勝てるのかを見てみましょう。

当日9時55分まで:HIGHエントリー

ゴトー日の特性を考えると、仲値が決まる時刻を境に値動きの仕方が違うということはイメージできるでしょう。

当日の9時55分よりも前の時間帯では、ドル買いが活発に行われます。ドルが買われるとドル高になると予想することができます。

特にドルが買われる9時30分~9時50分頃にはUSD/JPYの値上がりが起こっていくと想定して「HIGH」でエントリーするのが合理的な方法です。

9時55分を過ぎると値動きの傾向が変わってしまうため、その前に判定時刻になるようにエントリーのタイミングを考えるようにしましょう。

当日10時以降:LOWエントリー

仲値が決定した9時55分を境にして、ゴトー日の値動きには大きな変化が生じます。9時55分を過ぎるとドル買いの勢いが弱まることに着目すれば、バイナリーオプションで勝ちやすくすることが可能です。

USD/JPYが高値になった影響を受けて投資家によるドル売りが進められることから、レートが下がるのが通例です。9時55分から10時を過ぎた辺りに「LOW」エントリーをして値下がりを期待する取引ができます。

ただ、仲値が決まった後は値動きが不規則になりがちです。そのため、短時間取引で値下がりを期待して繰り返しエントリーをするよりも、1時間取引にして勝率重視のエントリーをするのがおすすめです。

金曜日×ゴトー日は勝率アップ!?

ゴトー日での勝率をさらに上げるために「金曜日」を狙うと良いという考え方が提唱されていることも知っておくと良いでしょう。

「ザイFX!」の検証によると、ゴトー日が金曜日にあたる場合には7時から10時にドル円が上昇する確率が74.1%と最も高いことが示されています。

つまり、統計的に見ると金曜日のゴトー日のこの時間帯にエントリーすれば、7割以上の確率で勝てることがわかります。

なお、この検証は2012年1月2日~2017年9月19日にわたる過去の値動きから分析されたものです。ゴトー日全体では55.6%、金曜日全体では61.6%となっているため、この相乗効果によって高い勝率を期待できると考えられるでしょう。

【例外】ゴトー日でも狙ってはいけないケース

ゴトー日なら確実に勝てるというわけではないのは「ザイFX!」の検証結果からもわかります。

ゴトー日の例外について知っていれば、さらに勝率を上げることが可能です。どのようなときにエントリーしてはならないのかを確認しておきましょう。

当日9時を過ぎても下降トレンドが続いている時

ゴトー日の仲値付近の時間帯にエントリーするリスクが大きいパターンとして代表的なのが、ゴトー日当日の9時台になっても下降トレンドが続いているときです。

相場が下降トレンドならLOWでエントリーすればいいのではないか思いがちですが、9時55分までは相場が急に上がり始める可能性もあるのでエントリーリスクが高いと考えられます。下降トレンドの影響とゴトー日のドル買いが相殺される可能性もあり、9時30分以降も相場が上がるとは一概には言えません。

この際にはむやみにエントリーせず様子を見るのが無難です。本来であれば9時くらいにはドル買いが進んでいるはずだと考えて、想定外の値動きをしているときには取引を見送りましょう。

重要な経済指標の発表があった時

ゴトー日と重要な経済指標の発表が重なったときにもエントリーを控えるのが安全策です。

例えば、ゴトー日付近で米国の雇用統計が発表されたという場合には、ゴトー日の影響による円安ドル高と雇用統計の発表による売買が同じタイミングで起こります。同じ方向に値動きをせず、相殺される形になる場合もあります。

投資家の思惑も複雑になるので相場が荒れるケースが多く、想定外の値動きによって取引に失敗するリスクが高いでしょう。

このような失敗をしないためにはファンダメンタルズ分析を行っておくのが大切です。ゴトー日トレードをするときだけに限りませんが、リスクを回避するにはファンダメンタルズ分析が欠かせないと念頭に置いておきましょう。

ドル円(USD/JPY)以外の通貨ペア

USD/JPY以外の通貨ペアでもゴトー日トレードをすることができるのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、ゴトー日の値動きはUSD/JPY以外の通貨ペアでも同じように起こるわけではありません。米ドルの需要が高騰するだけで、他の通貨はそれほど需要が変動しないからです。世界の基軸通貨として用いられている米ドルだからこその特徴的な値動きだと理解しておきましょう。

他の通貨ペアでも同様の値動きになることがないわけではありませんが、USD/JPYのように確率が高いとは言えません。似たような値動きが他の通貨ペアで見られたときには、むやみにエントリーしないようにしましょう。

バイナリーオプションでゴトー日に取引するメリット・デメリット

ゴトー日に取引をすればバイナリーオプションで成功できるのかというと、一概にそうとは言えません。どんな手法を使う場合にも、メリットやデメリットを総合的に考える必要があります。

ここからは、ゴトー日のトレードにはどのようなメリット・デメリットがあるのかを確認していきましょう。

ゴトー日に取引するメリット

ゴトー日に取引するメリットについてはこれまでも述べてきましたが、もう少し具体的に理解しておきましょう。

バイナリーオプションではゴトー日を活用するメリットが4つあります。

勝てる確率が高い

ゴトー日にバイナリーオプション取引をする最大のメリットは、勝率の高さが統計的に示されていることです。

先ほどご紹介した「ザイFX!」による調査結果からわかるように、仲値が決まる前の時間帯においてUSD/JPYが値上がりを起こす確率はかなり高くなっています。

金曜日のゴトー日:7割以上
通常のゴトー日:5割以上

月間で6日のゴトー日があるので、4日くらいは勝てると考えられるでしょう。毎回必ずエントリーしていれば月間収支はプラスになると期待できます。

エントリーしてはならないパターンを認識していればもっと勝率が上がる可能性もあることも考慮すると、魅力的なトレード方法です。

勝ちやすい時間帯が決まっている

ゴトー日を狙ったバイナリーオプション取引は勝ちやすい時間帯がはっきりしているのがメリットです。

本気でバイナリーオプションで稼ごうとしたら1日中取引画面を見て、エントリーポイントを探さなければならないでしょう。エントリーすべきタイミングを見落としてしまうのではないかと、食い入るようにして画面を見続ける人もいます。

しかし、ゴトー日の取引では仲値が決まる前後、つまり10時前後に焦点を当てて取引することが可能です。毎回この時間帯に取引する時間さえ確保できれば、着実に稼ぐことができるでしょう。

テクニカル分析をしなくていい

また、ゴトー日に行う取引はテクニカル分析が不要です。

バイナリーオプションで勝つにはテクニカル分析が必須だと思っている人もいるでしょう。確かにテクニカル分析によって値動きを予測するのは重要ですが、ゴトー日トレードの場合には必須ではありません。

ゴトー日トレードは当日の決まった時間帯に決まった方向でエントリーすれば良いだけなので、初心者でも取り組めます。まだ実際にバイナリーオプション取引を行ったことがないという人は、まずゴトー日だけ取引することから始めるというのも良いでしょう。

スプレッド取引で勝ちやすい

ゴトー日の取引では、スプレッド取引による勝率が上がりやすいのもメリットです。

通常、スプレッド取引は大きな値動きがある時でないとなかなか勝てません。しかし、ゴトー日は仲値が決まる時刻を境にして大きな値動きが起こる場合が多いことから、スプレッド取引で勝ちやすいと言えます。

スプレッド取引ならペイアウト率も高く、普段よりも大きな利益を狙うことも可能です。スプレッド取引でも100%勝てるというわけではありませんが、値動きの様子次第ではスプレッド取引でのエントリーも検討してみると良いでしょう。

スプレッド取引については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションのスプレッド取引とは?通常取引との違いやプロ投資家が実践する攻略法を紹介!バイナリーオプションでは「スプレッド」という専門用語が登場します。取引に慣れてきた方であれば、すでに何度か耳にしているかもしれません。 ...

ゴトー日に取引するデメリット

ここまでご説明してきた通り、バイナリーオプションをゴトー日狙いで行う方法にはメリットが多いのは確かです。しかし、安定的に稼ぎたい人にとってはデメリットもあります。

ゴトー日に取引する際の問題点についても押さえておきましょう。

取引後のフィードバックができない

ゴトー日に取引を行うデメリットとして、まず取引後のフィードバックによって成長することができない点が挙げられます。

バイナリーオプションで安定的に勝てるようになるためには、取引を振り返ることが重要です。自分で仮説を立ててエントリーし、その結果を検証して次に生かすことで勝率が上がると収益も安定してきます。

しかし、ゴトー日の取引ではテクニカル分析をしないので、勝っても負けても何か根拠があるわけではありません。つまり、次に生かしたいと思っても何もできないのです。

トレーダーとしての成長には分析に基づくエントリーをしていくことが必要だと理解しておきましょう。

運の要素が大きい

ゴトー日に取引する方法は、テクニカル分析による根拠を持っていない影響で、運の要素が大きいのもデメリットです。

統計的に見れば、仲値が決まるまではドル円が上がりやすく、仲値が決まった後は下がりやすい傾向があります。しかしゴトー日だからといって必ずこのパターンで値動きをするわけではなく、運良く通常のパターンで値動きを起こせば勝ち、想定外のパターンになったら負けです。

バイナリーオプションはFXのように勝てるタイミングで決済できないので、完全な運任せになります。ギャンブル的な取引になるということを念頭に置いて、本当にそれでもゴトー日を狙うのかどうかをよく考える必要があるでしょう。

バイナリーオプションでゴトー日の損失リスクを最小限にするには

どのようなトレード方法でも損失リスクは存在しますが、取り組み方次第では低減させることも可能です。

運に左右されやすいゴトー日狙いのバイナリーオプションでは、どのようにすればリスクを抑えられるのでしょうか。

多額のエントリーは避ける

運要素の強さを考えると、多額のエントリーを避けることが大切です。

掛け金を上げてしまうと運が悪かっただけで大損をすることになります。リスクを自分でコントロールできない取引方法なので、取引をするときには少額エントリーを心がけましょう。

特に近年では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて企業活動が低迷しています。その結果としてゴトー日の値上がりがあまり大きくならない傾向があるので、現在は以前よりも勝ちにくいと考えて様子を見ながらエントリーしましょう。

大きな掛け金で失敗すると焦って何度もエントリーして失敗することもあるので、予算を決めてトレードをするのが賢明な判断です。

転売を活用する

転売を活用することで損失リスクを減らす方法もあります。

バイナリーオプションにおける「転売」とは

転売とはエントリーしてから判定時刻になるまでの間に利益または損失を確定する方法です。エントリーして得たポジションを破棄する代わりに、判定時刻になるまで待った場合よりは低い倍率でペイアウトを受け取ることになります。

転売をすれば大きく予想から外れる値動きをしたときや、エントリーのタイミングを見誤ったときにも損失を最小限に抑えられます。

ただ、どのバイナリーオプション業者でも使えるわけではないので、ゴトー日を狙って取引をするなら転売に対応している業者を選んで口座を開設した方が良いでしょう。

転売については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションの転売とは?【損切・利確のタイミングを見極める方法を伝授】バイナリーオプションには「転売」という機能があります。FXなどでいうところの利確や損切りのような動きをしてくれる機能です。 しかし...

バイナリーオプションでゴトー日に取引するならハイローオーストラリアがおすすめ

ゴトー日に取引をするときにおすすめのバイナリーオプション業者は「ハイローオーストラリア」です。

ハイローオーストラリアはゴトー日取引の特性を生かしやすいサービスを提供しています。どのような特徴がある業者なのかを見ておきましょう。

ゴトー日におすすめの理由①ペイアウト率が高い

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高いのが特徴です。ペイアウト率が高ければそれだけ稼ぎやすくなるのでメリットになるのは明らかでしょう。

ゴトー日に取引をする方法は勝率が高い代わりに、エントリーできる回数は多くありません。勝てるときに少しでも多くの利益を生み出そうと考えると、ペイアウト率が高いハイローオーストラリアを選ぶのは合理的と言えます。

ハイローオーストラリアでは通常のハイロー取引でも1.9倍近いペイアウト率になっていて、業界トップクラスの高さを誇ります。スプレッド取引をすれば2倍以上のペイアウト率になるため、短時間で大きな利益を上げられるでしょう。

ゴトー日におすすめの理由②転売が認められている

転売に対応しているバイナリーオプション業者はあまり多くありませんが、ハイローオーストラリアは転売が公式に認められています。

ハイローオーストラリアでは、取引終了の1分前までならいつでも転売が行えます。9時30分にエントリーしておいて、10分後に様子を見たらドル円が下がっているというときには転売するといった戦略を考えることもできるでしょう。

勝率7割で取引し、3割ほどは転売で損失を抑えられたとしたらかなり利益を上げやすいのは明らかです。ゴトー日取引のリスクを抑えるためには転売は重要な機能なので、ハイローオーストラリアの利用を前向きに検討してみましょう。

ゴトー日におすすめの理由③スマホからエントリー可能

ハイローオーストラリアはスマホを使ってトレードできる点でもゴトー日に取引をするのに向いています。

ゴトー日は月に最大で6回しかないので、逃してしまうと稼ぎにくくなります。しかし、スマホで取引できれば外出中でも対応可能です。

テクニカル分析をする必要があるとスマホの小さな画面では厳しいのは確かですが、ゴトー日トレードならテクニカル分析が不要なので問題はありません。チャンスを逃がさずに勝ちやすいタイミングでエントリーできる点でハイローオーストラリアは優れています。

次のゴトー日に利用できるように、以下の記事を参考に口座開設をしておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

ゴトー日以外でも勝てる!バイナリーオプションの常勝トレーダーになるには

ゴトー日を狙ってバイナリーオプションに取り組んでいても、簡単に利益を上げることはできません。統計的には勝てる可能性が高いとはいえ、運に任せてエントリーすることになるので安定して勝てるようになることはまずないからです。

バイナリーオプションでしっかり稼げるようになりたいと思ったら、ゴトー日の特定のタイミング以外にも勝てる高勝率のトレーダーを目指しましょう。

普段の取引でも勝つためには、裁量を身につける必要があります。ギャンブル的なエントリーをするのではなく、相場分析を通じて根拠のある取引を行い、結果の検証を繰り返して勝率を上げていきます。

ただ、相場分析といってもその手法は様々で、一つずつ覚えて成果を出せるようになるまでにはそれなりの時間が必要です。いくつもの手法を使いこなして裁量トレードを極めるとなると、独力では途方もない月日がかかってしまうかもしれません。

トレーダーとして早く成長したいあなたには、プロトレーダーとのつながりを作っておくことをおすすめします。すでに裁量を身につけて常勝しているプロトレーダーとつながり、様々な情報を得ながら取引をしていけば、スムーズに成長できるでしょう。

ちょうど今、あなたに有益な情報をもたらすプロトレーダーがここにいます。以下の画像をクリックしていただければ、私とLINEでつながることが可能です。

LINE登録者様にお届けしているのは、ブログのようなオープンスペースでは決して公開することのない限定情報です。

もちろん情報提供料などはいただいておりませんので、あなたもぜひこの機会に受け取ってください。

ご連絡をお待ちしています。

まとめ

バイナリーオプションではゴトー日の仲値が決まるタイミングの前後を狙ったトレードをすれば高い勝率を期待できます。

ただ、安定して勝てるようになるには裁量トレードを習得するのが必須です。バイナリーオプションで稼ぐためのノウハウを身につけていき、ゴトー日以外にも自分の判断でトレードできるようになりましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら