バイナリーオプション

バイナリーオプションの安全な始め方をプロ投資家が徹底解説

稼ぎたい、収入の柱をもう一つ作りたい、人生のどん底から這い上がりたい…などなど人は様々な理由で投資の世界に足を踏み入れます。そして、その中でも最近話題なのがバイナリーオプションです。

とはいうものの、バイナリーオプションはなかなかハードルが高いイメージもあります。そこでここでは、バイナリーオプション始める前に知っておきたいことを完全制覇しました。

バイナリーオプションを始める前に知っておきたいこと

まず何よりも先にお伝えしておきたいことがあります。

バイナリーオプションは、正しい方向でスタートすることができ、その後正しい取引の考え方や知識を携えて勝率をキープする事さえできれば必ず稼げます。

そしてバイナリーオプション=危険なものであるというイメージもありますが、これもほとんど正しいものではありません。

いくつかの業者は確かに悪質な行為などを行っていたりトラブルの報告もありますが、これはバイナリーオプションそのものが悪いのではなく、バイナリーオプションを食い物にしている悪質業者が存在することが原因なのです。一般的にきちんとした業者で取引をすれば何ら怖いことがありません。

バイナリーオプションは、FXと同じ一定の通貨ペアのチャートの動きをもとに取引を行います。

簡単に言うと、例えば米ドルと日本円のレートをチャート化した時に、1時間後にチャートが上がるか下がるかを予想して、当たればペイアウトを受けられます。外れればゼロ円で終わります。つまり、エントリーした金額がなくなるというわけです。

このように、バイナリーオプションのルールは極めてシンプルです。そして、シンプルであるがゆえに一部のギャンブルとルールが似通っています。

そのためバイナリーオプションはギャンブルだと言われることがありますが、こちらについては明確に否定しておきます。ギャンブルとバイナリーオプションの違いについては別の記事でも扱っていますのでまずこちらをご参考ください。

ちなみに、バイナリーオプションは投資ですから、収益があがれば当然状況に応じて納税の義務が発生します。

バイナリーオプションと税金については、こちらの記事が参考になるので是非ご確認ください。

また、バイナリーオプションを始められるのは20歳以上の人というのが大原則ですので未成年の方はデモ取引などで練習をしておきましょう。

もう一つ、知っておいておきたいことがあります。バイナリーオプションを始める前に知っておいてほしいことの最たるものなのですが、バイナリーオプションは金運だけで勝てるようなものではありません。逆に言えば、バイナリーオプションで勝ち上がっていくために必要なのは金運だけではないということです。

ギャンブルではありませんので、きちんとチャートを見極められるような分析力やチャートの状態が把握できる知識などが必要となります。

その他、バイナリーオプションは数多くの専門用語が飛び交います。バイナリーオプションの情報やチャートの分析手法、その他必勝法の類を連載しているブログなどもありますが、こういった情報を得ていくためにはまず専門用語に関する知識が必要不可欠です。

そうじゃないと、まるで外国語の文章を読んでいるような感じで全く意味が分からないということになってしまいます。

意味が理解できないものを読み進めるほどストレスのかかることはありませんので、まずは基礎知識としてバイナリーオプション用語はある程度覚えておきたいところです。

バイナリーオプション用語については下記の記事が辞書的な役割を持っていますのでご覧ください。

あわせて、ブックマークしておきましょう。わからない単語が出てきたら、こちらの記事で検索をかけてみてください。

バイナリーオプションの取引に必要なもの一覧

ここでは、バイナリーオプションの取引に必要なものを一覧にしましたのでご確認ください。バイナリーオプションの取引にはいくつか必要なものがあり、モノによっては用意するのに少し手間がかかるものもあります。バイナリーオプションの取引をスムーズに始められるようにするためにも、ここで必要なものを事前に確認しておきましょう。

また不足しているものがあれば、先に取り寄せるなど準備を進めておくことでよりスムーズにバイナリーオプション生活をスタートさせることができます。

バイナリーオプション口座

まずはバイナリーオプション口座の用意が必要不可欠です。バイナリーオプション口座は、一般的な銀行の口座ではありません。バイナリーオプション業者に対して開設する口座で、ここでバイナリーオプションの資金管理を行います。

銀行口座とは明確に違うものなのでここは留意が必要です。バイナリーオプション口座はFXやその他の投資取引で言うところの証券口座や取引口座と同じような意味合いを持ちます。口座の開設には多くの場合費用はかかりません。

またスムーズに口座開設ができれば早ければその日のうちにバイナリーオプション口座が開設出来るケースもあります。

ちなみに、バイナリーオプション口座の開設には一定の審査があります。この審査に通過することができれば晴れてバイナリーオプション口座が開設されます。

また、この後ご紹介する通りバイナリーオプション業者にはいくつかの種類がありますが、基本的にはバイナリーオプション取引を行いたい業者ごとにバイナリーオプション口座を開設していくというイメージですので、バイナリーオプション口座が複数あることは決しておかしいことではありません。

むしろ、複数のバイナリーオプション口座を用意しておくというのも一つの選択肢と言えるでしょう。

銀行口座

バイナリーオプション口座のほかにも、一般的な金融機関や銀行の口座も必要となります。おもに、バイナリーオプションで得られた収益の受け皿・入金先となる銀行口座のことです。こちらは生活資金の銀行口座と同じにしておいても、システム上や仕組み上は何ら問題はありません。

しかし、資金管理の問題で、色々と面倒なことが起こる可能性が高いことから、もし可能であれば出来る限りバイナリーオプション専用の銀行口座を一つ用意しておくとよいでしょう。

バイナリーオプションで最も難しいことの一つに自分の管理というものがあります。例えば取引の際に何度か負けが続いてしまい、さらに追加入金をすれば負けが取り返せるかもしれないというタイミングが必ずやってきます。

その時、バイナリーオプション専用の銀行口座ではなく生活費の銀行口座と直結していると、9割の人は自分の生活資金からバイナリーオプション口座に反射的に入金してしまうことでしょう。これを止めるのは極めて難しいことです。

こういった事情や、その他税金の兼ね合いなどで計算がややこしくならないように、という考え方もあり、バイナリーオプション専用の銀行口座を一つ作っておいた方が良いというわけです。

個人的には、バイナリーオプション取引はオンラインでの取引がほとんどとなるためオンラインバンキングなどに対応している銀行口座のほうが良いと感じています。

また、他の口座から資金移動を行うという手間などを考えると、振込手数料が一定回数無料になるようなプログラムを採用している銀行口座の開設がおすすめです。バイナリーオプションは投資です。投資の中でやはりコスト意識は極めて重要です。

例えば振込手数料が一回150円だとしてもそれを20回繰り返せば、振込手数料というコストだけで3000円もの金額が出て行ってしまいます。

 

バイナリーオプションで3000円の収益をあげるとなると…初心者のうちはなかなか無視できない金額でもあります。そういったところから着実に投資家としてのマインドを身につけていくというのも一つの重要なことです。

ここでは特定の銀行口座については触れませんが、利便性が高く、コストがかからないという点を主眼において銀行口座選びをしてみてください。

銀行口座は一般的に開設の際にいくらか初期入金をする必要がありますが、ネット専業銀行などの場合は最近、初期入金不要で残高ゼロの状態の口座を作ることもできるようになりました。

多くの場合、連休や長期休暇期間を除いて2週間程度で銀行口座の開設は完了します。

パソコン・スマホ

バイナリーオプションの取引を行うためのパソコンやスマートフォン、あるいはタブレットなども用意しておきましょう

合わせて、インターネット環境も必要です。ちなみに、バイナリーオプション取引のためにはまずパソコンは1台用意しておきたいところです。

パソコンが手元にないという方は何も家電量販店などにある最新機種を購入する必要はどこにもありません。新機種を一般的な店舗で購入すると、場合によって20万円近くの出費になるケースもあります。

それだけの費用があるなら中古のパソコンで十分です。中古のパソコンなら、高いものでも8万円も出せばかなり上等なものが手に入ります。

そしてその差額はバイナリーオプションの費用にしてしまいましょう。

スマートフォンやタブレットでも取引が不可能というわけではありません。しかし、どうしても動作スペックや画面の小ささ、また利便性というところを考えると、分析などもありますからパソコンが必要というわけです。

スマートフォンやタブレットはどちらかと言うとパソコンの補佐的な役割を果たすものだと思っておいてください。

現段階でパソコンもスマートフォンもあるよ!タブレットも用意できているよ!という方は、メインの取引環境はパソコンで、その他外出先や細かい取引などはスマートフォン・タブレットで補助的に行うというイメージで環境を構築してください。

インターネット環境については、wi-fiが自宅にあれば文句なしです。いわゆるギガを消費しながら携帯の電波だけでやっているという方は、少なくとも自宅にインターネット回線を開いておくことを強く推奨します。

さらに突然の電波状況の悪化や、場合によっては回線切断などのリスクで取引不能によるロスが出てしまったら目も当てられませんので、可能であればパソコンは有線LANで接続するようにしてください。

ちなみに、バイナリーオプション回線が途切れたり電波状況が悪くなって通信が途絶えてしまうと、何もいいことがありません。特にそういった保証なども一切ありません。完全自己責任なので、回線が途切れないようにしておくのは基本中の基本と言えるでしょう

本人確認書類

これが最も重要であり、最も入手難易度の高いケースがある書類となります。本人確認書類は、どの取引スタートの際にも必要なものとなります。

例えば先程ご紹介したバイナリーオプション口座を開く際にも本人確認書類が必要であり、また銀行口座開設の際にも当然必要となります。

また、インターネット回線がまだないという方も回線を開く際に本人確認書類が必要なケースもあります。

一般的に日本国内で本人確認書類といえば運転免許証や健康保険証があれば事足りるイメージですが、バイナリーオプションの場合は、状況に応じてもう一つ必要な本人確認書類があります。それが自宅に届いた本人名義宛の郵送物のうち公的な機関から送られたものです。

これがまずイメージがつきづらい、手に入らない、なかなか届くもんじゃないだろう、という声が非常に多いのですが、バイナリーオプション口座によってはこれが必要なケースもあるので下記の表に表す郵送物が届いた際には絶対に保管しておくようにしてください。

<バイナリーオプション口座開設に必要となる書類>

  • 本人名義宛に届いた電気中区の水道・ガスなどの請求書もしくは領収書などの明細
  • 市役所や区役所など、政府関係機関から届いた書類で年金に関するものや納税に関する書類
  • 公職選挙の投票所入場券
  • 電話やネット関係の請求書や明細書
  • その他公共料金の書類

なお下記の書類などについては、公的機関からの発送ではないため・あるいは契約状態が確認できないため審査で弾かれる可能性があります。

  • 友達から届いた年賀状
  • パチンコ屋からのダイレクトメール
  • 公共料金の見積書・申込書など(契約確定後に送られてくる書類ではないためグレー)

またもうひとつ気をつけておきたいポイントがあります。多くの場合バイナリーオプションの口座開設で本人確認書類を使用する際、写真付きの本人確認書類を最低限1点を提示するように求められます。

運転免許証やパスポートなどには写真が使われていますが、健康保険証は写真がないため補助書類などが必要となるか、そもそも本人確認書類として利用できないケースが見られます。

この辺りの詳細な扱いについてはバイナリーオプション業者各社によって対応が分かれますので、基本的には写真付きの身分証明書を用意しておくという方向で動きましょう。

その他現住所と本人確認書類に記載の住所が一致していることも条件となる可能性があるので、そのような場合には、その本人確認書類に現住所が記載できるかどうか確認しておくとよいでしょう。

自分で記載・あるいは役所などで記載してもらえる場合には、必ず現住所と一致した状態の本人確認書類にしておきましょう。

バイナリーオプションの始め方

バイナリーオプションを始めるために必要なものが把握できたら、バイナリーオプションを始めてみましょう。

バイナリーオプションを始めて取引に至るまでには、いくつかのステップがあります。ここでは、ステップバイステップでバイナリーオプションを始めるための行動について解説していきます。

業者選び

まずは業者選びです。バイナリーオプションは、先ほども解説した通りバイナリーオプション業者ごとに口座開設が必要です。そしてどの業者で取引をするかによってバイナリーオプション取引のスタンスも変わってくることになります。

そしてバイナリーオプション業者には二通り存在します。一つが日本国内で営業しているバイナリーオプション業者・国内バイナリー業者と海外のバイナリーオプション業者・いわゆる海外バイナリー業者です。

日本国内のバイナリー業者は、基本的にその全てが金融庁から営業許可を受けています。これは、FX取引やその他の証券取引、投資取引などの営業許可を包括的に受けている業者が、つ一つの商品としてバイナリーオプション取引を提供しているというわけです。

日本国内のバイナリーオプション業者は、金融庁が定める様々な基準に従う形で営業していますので、特段ギャンブル性や投機性が高くなりすぎないような配慮などがなされていることがあります。

その他、取引できる内容についても危険なものにならないような配慮や規制がかかっているのが特徴です。

続いて、海外バイナリー業者ですが、個人的には海外バイナリー業者の取引をお勧めしています。

海外バイナリー業者は日本の金融庁の規制を受ける立場にありません。そのため、日本のバイナリーオプション業者にはないような多彩な取引方法が用意されていたり、ペイアウト率も日本のそれとは若干異なることがあります。

シンプルにバイナリーオプション取引を行い、自由に取引を進めたり決済ができるのは海外バイナリーオプション業者の良いところのひとつです。

反面、デメリットとしては、海外バイナリーオプション業者は日本の取り締まりの範囲外となりますので運営も不透明なところも多く、場合によっては入金した資金が戻ってこなかったりペイアウトが受けられないなど弊害を受けるケースがあります。

海外のバイナリーオプション業者は玉石混交といってよいでしょう。

予算決め

続いて予算決めです。バイナリーオプションは、いくら投資するかを事前に決めておくのが最もおすすめです。お財布にあるお金をとりあえず入金して、負けたらさらに追加入金して、という方法だと計画も何もありませんのであまりお勧めできません。

バイナリーオプションの予算は、生活を営んでいくのに必要な資金以外のところから捻出するようにしましょう。生活資金に手をつけてしまうと、マインド的にもバイナリーオプションで勝てなくなってしまいます。

なお、バイナリーオプションの軍資金やどのくらいの金額を用意しておけば良いか?という部分についてはこちらの記事が参考になりますのでご確認ください。

口座開設

続いて行うのは口座開設です。バイナリーオプション口座は開設する際に国内業者を中心に審査があります。

国内バイナリーオプション業者の場合は、取引を行おうとする人の個人情報や情報の正確性に加えて、バイナリーオプション取引を行うだけの基準を満たしているかのチェックが入ります。

その他、バイナリーオプションやFXなどをはじめとする外国為替取引を提供する企業に勤めている人やその家族などの関係者かどうか?という部分でもチェックが入ります。

ここでいう基準とは、自分の意思で最低限の取引操作ができること、また年齢が20歳以上であること、その他、金融資産をどれほど保有しているか、といったものです。

このうち資産に関するものについては、先ほどの予算の部分でも触れましたがバイナリーオプションは生活資金に手を出してしまうと生活が成り立たなくなってしまうため、きちんと金融資産などの余剰資金で取引ができるかどうかをチェックするわけです。

ただしほとんどの国内バイナリーオプション業者はこの辺りについて自己申告制を採用しています。ほとんどの場合は口座開設の基準として、100万以上の金融資産を持っている旨申告がなされればほぼ確実に口座開設に至るでしょう。

対する海外バイナリーオプション業者の場合は、口座開設はほとんどの場合本人確認のみという極めてシンプルな審査のみで終わります。特に審査基準などもなく、海外の各国で成人年齢とされる18歳以上であればバイナリーオプション口座の開設が可能です。

特に3分で口座開設可能・各国からの信頼性と評価が高い「ハイローオーストラリア」の口座開設についてはこちらからどうぞ。

※ただし、本人確認書類の提出すら求められない海外バイナリーオプション業者は運営体制に疑義が残るため、あまりおすすめはできません。

入金

続いて入金を行います。バイナリーオプション口座への入金は国内業者と海外業者でわずかに方法が異なります。

まず国内業者から説明します。国内バイナリーオプション業者の場合は、ほとんどの場合は銀行などの金融機関の口座から証券会社の口座に資金を移動させ、そこからバイナリーオプション向けの専用口座に資金を移す形となります。

基本的なのは振込による入金です。証券会社から提示される銀行口座宛てに、通常使っている口座から振込入金を行うことでバイナリーオプション資金が入金が完了します。

振込入金の場合は、送金にタイムラグがどうしても発生するため、残高に反映されるまで1営業日程度かかるケースもあります。

そのため、振込入金を使った場合は即時に口座残高に反映されるわけではないことに注意が必要です。

特に、長期連休や土日祝日などの振込送金については注意しておきましょう。現在、銀行振込自体は土日祝日であっても24時間リアルタイム着金が可能ですが、業者側が営業していないと口座残高への反映は当然行われません。

の場合は1営業日以上の時間がかかるケースもありますので注意しましょう。

その他、国内のバイナリーオプション業者や証券会社が提供しているのがクイック入金です。こちらは手数料がかからず、すぐに残高に反映されるというメリットがあります。一般的にはオンラインバンキング経由で入金することになります。

いずれにせよ、国内バイナリーオプション業者の場合は現金で入金を行うのが基本です。

その一方で海外バイナリーオプション業者の場合は、勝手が少々異なります。海外バイナリーオプション業者の場合は、現金での入金の他にクレジットカード決済が利用できるケースがあります。

海外バイナリーオプション業者の場合でも、日本国内の提携企業の口座に振込送金をすることで口座入金が行えるケースもあります。

しかし、この場合は振込手数料もかかりますし、反映までにタイムラグが発生してしまいます。

こういった問題を解決するかの如く、海外業者はクレジットカードから直接決済をすることで入金が可能となっています。この方法を使うと振込入金よりもかなりスピーディーに、即時残高反映が可能となります。決済が完了した数分後には残高に反映されているイメージです。

なお、国内バイナリーオプションはクレジットカードなど現金以外によるバイナリーオプション口座への入金は不可能です。

これは日本国内の金融取引に関係する様々な法規制によるもので、日本国内でクレジットカード入金OKのバイナリーオプション業者は基本的に無認可の業者または危険な業者と言わざるを得ません。

その他、海外の業者によってはビットコインなどの仮想通貨・暗号資産による入金に対応しているケースもあります。

取引

全ての用意が万端整ったら、いよいよバイナリーオプション取引です。様々な法規制の兼ね合いで、日本国内のバイナリーオプション業者の場合はいくつかの制約があります。しかしそれは裏を返せば安全に取引ができることの証左でもあります。

しかし、バイナリーオプションの醍醐味はやはり短期取引や自由な取引です。自由度の高さで言えば、海外バイナリーオプション業者にどうしても軍配が上がります。

最短で30秒後の相場の上がり下がりを判定することができるなど、国内にはない様々な取引が可能です。なお、国内バイナリーオプション業者は1日あたりに可能な取引回数が10~11回程度に制限されています。海外バイナリーオプション業者はこういった規制はありません。

バイナリーオプション業者の失敗しない選び方

バイナリーオプション業者選びは極めて重要なポイントです。バイナリーオプションの業者を選び間違えると

  • なんとなく使い勝手が悪い
  • 無駄にお金がかかってしまった
  • トラブルに巻き込まれてしまった
  • 結局バイナリーオプションを諦めることになってしまった

など様々な悪影響が生じることが考えられます。これでは、せっかくのスタートが台無しになってしまいます。ここでは、バイナリーオプション業者の特に失敗しない選び方をご紹介します。

国内業者

国内業者に関しては、最低限、国から認可を受けている業者を利用するようにしてください。基本的に国内のバイナリー業者は金融庁など監督省庁の指導を受けており、業者が全て無許可の業者ということになります。

そのため、認可を受けている業者については様々な規制の中で営業していますので、条件面ではさほど各社とも大きな変わりはありません。

あとは使い勝手や「バイナリーオプション取引そのもの」というよりは様々な手数料など条件面での比較が重要です。

取引画面の雰囲気や使い勝手という部分でも違いがありますので、比較検討の際はこういったポイントを基準にすると良いでしょう。

海外業者

海外バイナリーオプション業者に関しては口コミが多くて人気の高いバイナリーオプション業者を利用するようにしましょう。当サイトで基本的にオススメしているのはハイローオーストラリアです。ハイローオーストラリアはライセンスを発行している当局によって安全性が担保されており、利用者も多く、また私も実際に利用している業者なのでオススメできます。

それ以外の業者については、運営している会社がどこの国にあるどんな業者なのかも定かでないものが残念ながら多い印象です。

日本の金融庁などからも注意喚起情報が出回っているケースも散見されますが、こういった業者を選んでしまうとお金が返ってこなかったりサポートが満足に受けられないなど様々な弊害が発生する恐れがあります。

なおハイローオーストラリアなどの人気海外バイナリーオプション業者は日本語でのサポートも充実しています。

こういった部分からも初心者の方は特に、海外バイナリーオプション業者はハイローオーストラリアを選んでおけば間違いないでしょう。

よくある質問

ここではバイナリーオプションの始め方についてよくいただく質問をまとめました。バイナリーオプションを新たに始めようとされている方の多くはこのような疑問をお持ちです。ここでは、質問に対する答えをQ&A形式でお届けしていきます。

初期費用は?

バイナリーオプションの初期費用は、多くの場合1万円から2万円程度です。これは、バイナリーオプションの口座開設までは基本的にゼロ円なのですが、各バイナリーオプション業者は初回入金額というものを定めています。

初回入金額:口座開設後初めて入金する際の最低入金額のこと。

最低入金額:初回入金の後、再入金する際に必要な1回あたりの最低入金額のこと。

そのため、初期費用がいくらか発生することになります。その金額は業者によって異なるため、取引を行おうとしているバイナリーオプション業者で確認してみましょう。

その他、環境を整えるために物理的な買い物をしようとすると当然ですがその分だけ費用がかかります。ですが、特に最初のうちはそこまでの費用を環境にかける必要がありません。もっとも、投資家として本格的にチャレンジして行くなら、環境の整備は重要になってきます。

お試し取引は可能?

ほとんどのバイナリーオプション業者で可能です。デモ取引と言います。

お試し取引はお金がかかりません。無料でトライすることができ、特に海外バイナリーオプション業者であるハイローオーストラリアでは個人情報の入力すら必要なくすぐにお試し取引が可能です。 こういった取引では基本的に実際のリアルタイムの相場を使って練習が可能となっています。

ちなみにお試し取引はバイナリーオプションに習熟している人もよく使います。例えば、実際のチャートを使って取引ができるため、新たな手法を試そうとしている時や、バイナリーオプションのチャートの読み方を練習しているときなどにはリスクなしに実験のデータを取ることができます。

本来の目的としてはそれぞれのバイナリーオプション業者が自社の使い勝手を試してもらうために提供しているのですが、使い方も可能です。もちろん、バイナリーオプションの口座開設を検討している人もバイナリーオプションの雰囲気をつかむために利用可能です。

攻略ツールは必須?

基本的には必須です。攻略ツールの利用がなければバイナリーオプションは単純に勝率50%のギャンブルに成り下がってしまいます。チャートの動きをさまざまな指標などで分析するためにも、攻略ツールは利用しておいた方が良いでしょう。ただし利用すべきでないタイミングがあります。

それが、バイナリーオプションを初めて1日か2日という超初心者の状態の時です。このタイミングでは攻略ツールを使って情報をチェックしてもおそらく使いこなすことができないため、ある程度チャートの読み方やその他の指標などについて学んでから使うようにしていきたいところです。

ちなみに必勝!攻略ツール!というわけではありませんが、チャートを分析するならMT4は必須のソフトと言えます。

MT4とは

MT4は、簡単に言えば為替のチャートの動きを追いかけることのできるパソコン用のソフトです。無料で導入可能です。MT4のダウンロードから導入までは、こちらの記事をご覧ください。

勝てる初心者になる方法

バイナリーオプションは方向性さえ間違わなければ初心者でも勝てます。

ただし、もちろんバイナリーオプションで勝ち上がっていくためには技術も知識も必要です。それを習得するための時間的なコストもかかります。

これがスポーツやアスリートの世界なら、筋力トレーニングなども必要となりますので時間コストはある程度固定でかかってきます。

しかしバイナリーオプションは技術と世界がものをいう世界です。技術を習得するための時間は短縮可能です。

では、どうするのが最短ルートかといえば、すでに稼げている投資家からリアルな情報や最新の分析手法を学び取るのが爆速最短ルートです。

既に習得している人物からの情報をインプットすることにより、本来独学であればかかるはずだった学習コストを圧倒的に削減することができます。

とはいうものの、多くの投資家は自らの手法を公開したがりません。自分の「飯の種」だからです。

惜しげもなく情報を公開したり、手法を教えるという投資家も数多くいますが、それらも結局は情報代として対価を求めるケースがほとんどです。しかし、私は違います。

ブログでも様々な情報は公開していますが、それよりもさらに強力で濃い情報をクローズドな場で、無償で提供しています。

その入り口はこちらです。

なぜここまでの情報を無料で公開しているのかと、よく驚かれます。

バイナリーオプションで勝ち上がっていくための必要な情報を提供しているばかりか、書籍のプレゼントに、バイナリーオプションの主となる資金の稼ぎ方まで、余すとこなく公開しているからです。

この理由はただ一つ。私が過去にどん底から這い上がりたいと一心に願い、 電気や水道が止まった真っ暗な部屋で請求書に埋もれながら這い上がるための方法を模索してきたからです。

過去の私と同じような経験をして、いま縁あってこの記事を読んでいただいている方には是非私の情報で這い上がって欲しいのです。

稼げる人になって頂きたいからこそ、採算は度外視で情報を提供し続けています。ただし本気の人にしか情報を提供する気はありません。そのため、クローズドな場で情報を公開しているというわけです。

申し訳ありませんが、生半可な覚悟の人に私のクローズドな情報をお渡しすることができません。本気の人のみ是非私とLINEで繋がっていただければと考えています。

まとめ

.

バイナリーオプションは初心者でも簡単にスタートすることができます。始め方は業者選び→口座開設→入金まで進んだら、あとは取引をするのみ。

取引で利益が出てきたら出金をして、初めての取引が完結します。バイナリーオプション口座開設も国内業者と海外業者で若干の違いはありますが、どちらもさほど難しいものではないでしょう。

特に海外のバイナリーオプション口座は早ければ3分で開設できてしまいます。あなたが思っているよりもバイナリーオプションはスタートが簡単です。是非、まずは口座開設から始めてみましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder