バイナリーオプション

バイナリーオプションの一目均衡表とは?見方や必勝法を徹底解説!

バイナリーオプションには多くのインジケーターがありますが「一目均衡表の使い方がよく分からない」と悩まれている方も多いのではないでしょうか

一目均衡表は明確なエントリーポイントが特徴となり、非常に活用しやすいインジケーターです。

この記事では、一目均衡表の基礎知識から具体的なエントリーポイントについて詳しく解説していきます。

一目均衡表について何も知らない方でも簡単に理解できるようなるため、ぜひ最後までご覧ください。

バイナリーオプションのやり方・始め方【初心者が犯すミスも解説】バイナリーオプションのやり方・始め方は至って簡単です。 口座を開設する 入金する 取引スタート たっ...
海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回...

バイナリーオプションの一目均衡表とは?  

バイナリーオプションの一目均衡表とは?  

一目均衡表とはトレンドの転換を見極めるために考案された、トレンド系のテクニカル分析です。

ローソク足と5本のライン、そして先行スパン1と先行スパン2に囲まれた「雲」の位置関係によって、トレンドの把握ができます。

一見複雑に感じるインジケーターですが、各ラインの意味と見方さえ分かれば、シンプルに活用できる点が特徴になります。また明確なエントリーポイントが存在するため、他のインジケーターと比べて根拠の強いエントリーを行なえる点が強みです。

ここでは、一目均衡表で重要な5本のラインについて詳しく解説していきます。

基準線 

基準線は、過去26日間における最高値と最安値の平均値を表した線です。

一目均衡表の中では、相場の方向性を判断する基準として見られることが多いです。また中期的なトレンドを把握する際に役立ちます。

転換線 

転換線は、過去9日間における最高値と最安値の平均値を表した線です。

一目均衡表の中では最も短い期間となり、短期トレンドを把握する際に役立ちます

一般的には転換線との交差を確認することが多く、相場の転換時に転換線が基準線を追い抜く特徴があります。

転換線が基準線の上を推移:上昇トレンド
転換線が基準線の下を推移:下降トレンド

先行スパン1

先行スパン1は、基準線と先行線の平均値を26日先に表した線です。

先行スパン2

先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に表した線です。

遅行スパン

遅行スパンは、当日の終値を26日前に表した線です。

ローソク足との位置関係から現在のトレンドを判断します。

遅行線がローソク足を上抜ける:上昇トレンド
遅行線がローソク足を下抜ける:下降トレンド

バイナリーオプションで一目均衡表の雲を活用する見方 

バイナリーオプションで一目均衡表の雲を活用する見方 

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2の間にできる幅のことです。また、先行スパン1と先行スパン2が重なる位置を「ねじれ」と呼び、雲がない状態を指します。

雲は一目均衡表の中でも重要な役割を持ち、ローソク足の雲に対するアプローチから相場の動きを判断できることが特徴です。

抵抗体の役割
トレンドの予想

ここでは、雲の2つの役割について解説していきます。

抵抗体の役割 

雲は厚さによって抵抗力が変化し、抵抗体の役割を持ちます。

雲が厚い場合:抵抗力が強い
雲が薄い場合:抵抗力が弱い

雲が厚いとローソク足を跳ね返すほどの抵抗力を持ち、雲が薄いとローソク足が簡単に抜けてしまうほど抵抗力が無い状態になります。

またローソク足が雲を抜けた場合、その後のトレンドを判断できます。

ローソク足が雲を上抜け:上昇トレンド
ローソク足が雲を下抜け:下降トレンド

ただしローソク足が雲の中にいる場合は、方向性が定まっていない状態のため注意が必要です。トレンドの判断は、雲を完全に抜けきるのを確認してからにしましょう。

トレンドの予測 

雲のねじれは、先行スパン1と先行スパン2の位置が逆転した場合に発生するため、変化日としての役割を持ちます。

そのためローソク足がねじれを通過する場合は、相場の方向性が大きく変わりやすく、その後の動きに注意が必要です。

ローソク足がねじれを上抜け:強い上昇トレンドの示唆
ローソク足がねじれを下抜け:強い下降トレンドの示唆

【MT4】バイナリーオプションに適した一目均衡表の設定方法

【MT4】バイナリーオプションに適した一目均衡表の設定方法

バイナリーオプションで一目均衡表を活用するには、インジケーターを活用できるツールが必要です。

今回は世界中で利用されている「MT4(Metatrader4)」を使用する場合の設定を解説していきます。

設定方法①「Ichimoku Kinko Hyo」を開く

Ichimoku Kinko Hyo

一目均衡表を活用するには、まずMT4を開きましょう。

MT4起動後は、画面上部のメニュー欄から「挿入」をクリックします。

次に「インディケータ」から「トレンド」を選択し「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックしましょう。

設定方法②「期間」を設定 

期間

「Ichimoku Kinko Hyo」を選択すると設定画面が表示されます。

「パラメーター」・「色の設定」・「表示選択」の3つのタブが表示されますが、基本設定は「パラメーター」で行います。

「Ichimoku Kinko Hyo」の設定は初期設定で問題ありません

一目均衡表の初期設定

転換線:9
基準線:26
先行スパンB:52

最後に「OK」を選択し、チャート上に表示されれば設定完了です。

一目均衡表を活用したバイナリーオプションの攻略方法

一目均衡表を活用したバイナリーオプションの攻略方法

バイナリーオプションで一目均衡表を活用する際に、最も重要な要素が「三役好転」と「三役逆転」です。

「三役好転」と「三役逆転」は、一定の条件を満たした場合に強いトレンドを示唆するポイントになります。

非常に有効活用できるエントリーポイントのため、タイミングがきた場合には逃さずにエントリーしましょう。

三役好転

三役好転は、以下の3つの条件を満たした場合に強い上昇トレンドを示すポイントです。

そのため三役好転が確認できた場合はHIGHエントリーに適したタイミングだと判断できます。

  1. 転換線が基準線を上抜け
  2. 遅行線がローソク足を上抜け
  3. ローソク足が雲を上抜け(雲は薄い方が強い)

三役好転の中でも理想的な形は、すべての条件を同時に満たしたタイミングです。また雲の厚さも薄い方が抵抗の少ない状態を示すため、その後のトレンドも勢いよく上昇する傾向にあります。

3つの条件を同時に満たしていない場合は、基本的に上から順に満たしていくと考えましょう。特に最後の「ローソク足が雲を上抜け」では、厚い雲の場合はローソク足が跳ね返され、三役好転にならない場合もあります。したがって最後の雲をしっかりと上抜けるまでは、エントリーしないように注意しましょう。

三役逆転

三役逆転は、以下の3つの条件を満たした場合に強い下降トレンドを示すポイントです。

そのため三役逆転が確認できた場合はLOWエントリーに適したタイミングだと判断できます。

  1. 転換線が基準線を下抜け
  2. 遅行線がローソク足を下抜け
  3. ローソク足が雲を下抜け(雲は薄い方が強い)

三役逆転においても、理想的な形はすべての条件を同時に満たしたタイミングです。また雲の厚さも薄い方が抵抗の少ない状態を示すため、その後のトレンドも勢いよく下降する傾向にあります。

三役好転と同じく3つの条件を同時に満たしていない場合は、かならずローソク足が雲を下抜けることを確認してからエントリーしましょう。

一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法 

一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法 

一目均衡表の「三役好転」と「三役逆転」は根拠としては強いものの、エントリー回数は少ない点がデメリットです。そのため他のインジケーターと組合わせることで、一目均衡表の強みを活かしたままエントリータイミングを見極めることができます。

ここでは、一目均衡表と相性の良いインジケーターとの組み合わせについて詳しく解説していきます。

一目均衡表×ボリンジャーバンドを活用したエントリー方法  

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を活用し、トレンドを把握できるインジケーターです。移動平均線の上下に±1σ・±2σ・±3σが引かれ、バンドの大きさによって現状のトレンド・レンジ相場を判断できます。

一般的に、ボリンジャーバンドは以下のように判断します。

±1σのバンドに収まる確率:約68%
±2σのバンドに収まる確率:約95%
±3σのバンドに収まる確率:約99%

一目均衡表とボリンジャーバンドの組み合わせでは、雲とバンドの広がりでエントリーを判断します。

「雲」を抜けたタイミングはトレンド示唆のため、同時にボリンジャーバンドの広がりから根拠を強めることができます。

以下がHIGHエントリー狙いの基本的な条件です。

  1. ローソク足が「雲」の中を推移し上抜け
  2. ボリンジャーバンドが広がっている(エクスパンション)

以下がLOWエントリー狙いの基本的な条件です。

  1. ローソク足が「雲」の中を推移し下抜け
  2. ボリンジャーバンドが広がっている(エクスパンション)

なお、ボリンジャーバンドの使い方については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー...

一目均衡表×MACDを活用したエントリー方法

MACDはMoving Average Convergence Divergenceの略称で、相場の過熱感を示したインジケーターです。MACD線・シグナル線・ヒストグラムの3要素から、直近の値動きに対して敏感に反応する点が特徴です。

一般的に、MACDは以下のように判断します。

MACDラインがシグナルラインをゴールデンクロス:上昇トレンド
MACDラインがシグナルラインをゴールデンクロス:下降トレンド

一目均衡表とMACDの組み合わせでは、雲とクロスのタイミングでエントリーを判断します。

「薄い雲」はローソク足が抜けやすい特徴のため、クロスが発生したタイミングの根拠を強めることができます。

以下がHIGHエントリー狙いの基本的な条件です。

  1. MACDラインがシグナルラインをゴールデンクロス
  2. ローソク足より上にある「雲」が薄い場合

以下がLOWエントリー狙いの基本的な条件です。

  1. MACDラインがシグナルラインをデッドクロス
  2. ローソク足より下にある「雲」が薄い場合

なお、MACDの使い方については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションでMACD攻略!基本から合わせ技まで完全網羅「MACD」はバイナリーオプション取引をする上で重要なインジケーターだと聞いたことがある人もいるでしょう。 テクニカル分析では多く...

一目均衡表をバイナリーオプションに活用する際の注意点

一目均衡表をバイナリーオプションに活用する際の注意点

一目均衡表はエントリーする相場の状況によってダマシが多くなる場合もあるため、エントリーポイントをしっかり見極めることが重要です。

ここでは、一目均衡表をバイナリーオプションに活用する際の注意点について詳しく解説していきます。

レンジ相場ではダマシが多い  

一目均衡表はレンジ相場の場合ダマシが多くなるため、すべてのタイミングでエントリーしないように注意が必要です。

一目均衡表では「雲」を上抜けたらトレンド発生のタイミングです。しかしレンジ相場では、一度「雲」を上抜けたとしてもすぐに下降に戻ってくることが多く、かならずローソク足の方向性にトレンドが発生するとは限りません。

特にレンジ相場の中では「雲」が抵抗体の役割を持たないことが多いため、頻繁にダマシが発生しやすくなります。

また「雲」以外にも、転換線と基準線もダマシが発生しやすいといえるでしょう。

本来ならば、転換線が基準線を上抜けたら上昇トレンドの示唆になりますが、レンジ相場ではすぐに価格が下降することが頻繁にあります。

したがって一目均衡表だけでエントリーを決めるのではなく、ほかのインジケーターで現在の相場を確認しましょう。エントリーする際は、現在がトレンド相場なのかを判断することが重要です。

エントリータイミングが少ない 

一目均衡表の「三役好転」と「三役逆転」は、ほかのインジケーターと比べてもエントリーの根拠として強いことが特徴です。

しかしエントリー回数が多くないため、利益をあまり積み上げられない点がデメリットとして挙げられます。

特にバイナリーオプションでは値幅が関係ありません。

値幅の取れるFXなどであれば大きく勝つ可能性がありますが、バイナリーオプションでは投資額に対するペイアウト率が決まっています。そのためどんなに三役好転の後に上昇したとしても、1回のトレードで大金を稼ぐことは難しいでしょう。

しかしバイナリーオプションの一目均衡表においても、ほかのインジケーターを活用すればエントリー回数を増やすことが可能です。本記事でも「一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法 」で解説しているため、ぜひ実践してください。

バイナリーオプションで一目均衡表を完全マスターするには 

バイナリーオプションで一目均衡表を完全マスターするには 

一目均衡表はシンプルなエントリーポイントが魅力的なインジケーターですが、どうしても単体で活用するにはエントリーポイントが少なく、大きな利益を出すことは難しいです。

もちろん「三役好転」と「三役逆転」も十分に活用できるエントリーポイントですが、一目均衡表を使いこなすには他のインジケーターとの組み合わせが必要不可欠といえます。

今回は一目均衡表とボリンジャーバンド、一目均衡表とMACDの組み合わせについて紹介しましたが、その他のインジケーターとの組み合わせによって、より有効なエントリーが行えます。

特に一目均衡表の特徴である5本のラインは奥が深く、完全に理解してトレードに活かせれば、絶大な効果を発揮するといっても過言ではありません。

本当に一目均衡表で勝てるように活用していくためには、5本のラインをはじめ一目均衡表について完璧にマスターしているプロトレーダーに学ぶのが近道です。

一目均衡表だけでなく他のノウハウについても効率良く学べれば、バイナリーオプションのマスターになるのもそう難しくないでしょう。

この機会にプロトレーダーの私とつながって、一目均衡表の使い方を徹底的にマスターしてみませんか

以下の画像をクリックすれば、私のLINEにご登録いただけます


現時点ではまだ登録を受け付けていますが、このチャンスを活かせるかどうかはあなた次第です。

私が持つ情報を活用し、トレーダーとしてレベルアップしていきましょう。

まとめ 

まとめ 

一目均衡表は一見難しく感じますが、使い方をマスターすれば有効活用しやすいインジケーターになります。

そのためには「三役好転」と「三役逆転」以外の使い方を知ることからはじましょう。

プロトレーダーとつながればスピードをもって学ぶことができるため、ぜひ私のLINEを登録し活用してください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら