バイナリーオプション

バイナリーオプションのインジケーターの種類と特徴【現役トレーダーが徹底解説】

バイナリーオプションは、インジケーター使用や解析を行わずに単純に勝つか負けるかでも取引は可能です。

しかし投資として勝率を上げていきたいなら、インジケーターを使うのは必修科目と言ってよいでしょう。

そこでここでは、現役トレーダーがバイナリーオプションのインジケーターの種類や特徴、またお勧めの組み合わせについてもご紹介していきます。

バイナリーオプションのインジケーターとは?

簡単に言えばバイナリーオプションのインジケーターは、チャート上に出てくる線やさまざまな指標のことです。バイナリーオプションでは様々な通貨ペアの値動きをチャートに表示して追いかけることになりますが、値動きのデータだけではなかなか分析がしづらいという特徴があります。機械には認識しやすくても、人間の目ではなかなか見づらいのがチャートの特徴です。
そこで人間の目の理解を助けてくれるのがバイナリーオプションなどでよく使うインジケーターというわけです。ちなみにインジケーターはFXなどの他の為替取引などに関連する投資取引でもよく見られます。

インジケーターを利用することにより取引そのものはより直感的に、そしてエントリーの根拠はよりテクニカルで分析に基づいた立ち回りができるようになります。そのため、バイナリーオプションで勝率を上げたいのであれば、インジケーターを覚えておいて損はありませんし、プロのトレーダーとしてやっていくなら、最低限のインジケーターの種類と特徴などは覚えておかなくてはならないというわけです。

ちなみに、FXなどその他の投資取引でチャートを見た経験のある方は、すでにインジケーターについてある程度知見を持っていらっしゃるというケースもあるのではないでしょうか。

これはバイナリーオプションにそのまま利用することができますので、この記事は「バイナリーオプションではそれぞれのインジケーターはどのような役回りで、どのようなタイミングで利用すべきなのか?」という内容を確認するためにお読みください。投資取引が初めてで、インジケーターとはなんぞや?という状態の方は、このまま読み進めていただいてOKです。

インジケーターの種類と特徴


インジケーターの種類と特徴についてご紹介していきます。インジケーターにはいくつかの種類があります。その中でも、ここでは特に初心者の方でも扱いやすく、また様々な場面で利用するものを相場の状態別に取り揃えてみました。それぞれの種類と特徴をまず頭に叩き込みましょう。
インジケーターの種類と特徴をそれぞれつかみ覚えておくことにより、より適切なエントリーが可能となります。反対に、インジケーターを覚えておかないといつまでたってもギャンブル的なバイナリーオプション取引が続くことになります。ギャンブル的な取引を続けていると必ず勝率は50%前後にまとまることになります。

これは確率の問題から解明されていることであり、勝率50%だと、バイナリーオプションで収支をプラスにするのはかなり難しいものがあります。
もしくは、インジケーターが不要で特にテクニカル分析も必要としないような30秒取引など、バイナリーオプションではあるものの、投資取引からは若干カテゴリが外れるような取引しかできないことになります。

30秒取引オンリーでバイナリーオプションに取り組むならそれもまた良いことですが、基本的にはどの取引時間でもインジケーターの種類や特徴を覚えて、テクニカル分析を出来るようになった方が良いでしょう。

トレンド系(順張り系)のインジケーター

まずご紹介するのはトレンド相場などで利用するインジケーターです。いわゆる順張り取引の時に利用できるようなもので、これらを使うことにより、トレンドが続いているか、トレンドがどの段階で終了するかなど多角的に見極めつつ順張り取引ができるようになるでしょう。

移動平均線(MA)

移動平均線とは、ある期間の平均価格を折れ線グラフにしたものです。平均価格は時間が経過するとどんどん変化(移動)していきますので移動平均線と呼ばれます。バイナリーオプションだけではなく、FXや株の取引にも使われるメジャーなものとおぼえておきましょう。全体的なトレンドの把握に有効なインジケーターです。
移動平均線は、どの期間の平均価格をとるかで短期・中期・長期にわけられています。使い方としては、短期・中期・長期の移動平均価格がすべて同じ方向に動いている時は強いトレンドが現れている、またそれぞれの移動平均価格が交差するポイントがトレンドの変化のタイミングになる、などがあります。
また、移動平均線とローソク足を組み合わせるのがチャート分析の第一歩。そのほか多彩なインジケーターと組み合わせて予想の精度をあげられます。
注意点としては、移動平均線はあくまで過去の数値ですからトレンドの変化には緩やかに反映されます。そのため全体的なトレンドの把握が得意でも、瞬発力のある判断はほかのインジケーターに一歩譲ります。

一目均衡表

一目均衡表とは、日本人が開発したインジケーターです。特徴的なのは「雲」と呼ばれる2本の線の間の色がついた範囲で今後の値動きを予測する点。

FXや株では一目均衡表の5本の線を活用しますが、バイナリーオプションの場合は2本の線の間に構成される雲をメインに使用します。

雲の面積が大きければ「雲が厚い」、面積が小さければ「雲が薄い」と表現し、トレンドの変化の抵抗線として見ます。
使い方としては、ローソク足と組み合わせるのがオーソドックス。まず、ローソク足が雲より上の場合は上昇トレンド、下にある場合は下降トレンドです。そしてトレンドが変化する際にローソク足が雲にタッチします。

その際、雲が厚ければ抵抗が強く、トレンドが変化しそうでも雲にはじかれてしまう傾向があります。逆に雲が薄ければ抵抗が弱めで、雲を突き抜けてトレンドが変わる傾向があるのです。
注意点としては、雲の厚さは絶対ではないということです。雲が厚くても、それ以上に強いトレンドの変化で突き抜けていくこともあります。

ADX/DMI

ADX/DMIはいわゆる「順張り」で使えるポピュラーなインジケーターです。ADXはトレンドの強さを表し、DMIはトレンドの有無と強さを表します。
まず、ADXから解説します。ADXはトレンドが強いかどうかを表すインジケーターです。ただしトレンドが強いかどうかはわかりますが、方向性はわかりません。ですので、ほかの方向性を表すインジケーターと組み合わせて使います。
DMIはADXと似ている部分があります。それはトレンドの強弱と有無を表す点です。相場のボラティリティを参考に数値を算出します。数値が+方向に行けば値動きが上向きとなり、-方向に行けば値動きが下向きとなります。
つまり、ADXとDMIの値がどちらも落ち着いていたらトレンドはなく、ADXの数値が上がるとトレンドが出現したサイン。そしてDMIの数値が+DI方向に動くと上昇トレンド、-DI方向に動くと下降トレンドとなります。
注意点としては、強すぎるトレンドが出現した場合、ADXの値が大きくなりすぎ予測が困難になることです。ほかのインジケーターと組み合わせるなどして弱点を補うようにしましょう。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャー氏により編み出されたインジケーターです。ボリンジャーバンドは移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差、合計5本の線でできています。ボリンジャーバンドも非常にメジャーなインジケーターで、FXや株の売買で活用されているのです。
統計学を活用して考案されたボリンジャーバンドの特徴は「価格が約95%の確率でボリンジャーバンド内で動く」という点です。
つまりローソク足が上側のボリンジャーバンドに近づけば価格は下る可能性があり、ローソク足が下がって下側のボリンジャーバンドに近づけば価格が上る可能性があるということです。
とはいえ強いトレンドがきた場合はボリンジャーバンドを超えてしまうこともあります。あくまで約95%の確率ということですから、他のインジケーターと併用することをおすすめします。

ボリンジャーバンドについては別の記事でも詳しくご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

バイナリーオプションとバンドウォークの相性は?仕組みや発生タイミングもわかりやすく解説バイナリーオプションで利益を出すにおいて、チェックしておかなければならない指標は数多くあります。バイナリーオプションは相場を読む力が重要...

パラボリックSAR

パラボリックSARは、使いやすいインジケーターのひとつで、放物線という意味の「パラボリック」と「ストップアンドリバース」の略語SARを組み合わせたもの。ローソク足と組み合わせて、トレンドの転換点を予想できます。
パラボリックSARの点がローソク足より上にある場合は相場が上がっていて、点がローソク足より下にあれば相場が下がっていると見られます。
そしてトレンドの転換期が訪れたら、SARの点が今までと逆の位置に表示されるようになります。いくつかの点が連続して表示されたらトレンドが転換したと見て良いでしょう。
注意点としては、1つや2つのSARの点が逆に表示されたからと言って、必ずトレンドが転換するとは限らない点です。トレンド転換が頻繁なケースでは、複数のSARの点が同じ連続するのを確認してから判断することをおすすめします。

オシレーター系(逆張り系)のインジケーター

基本的に相場は永遠に上がり続けることもなければ永遠に下がり続けることもありません。必ずどこかで反転して、跳ね返ってくるというイメージでいた方が良いでしょう。
相場の取引に詳しい方なら常識ですが、バイナリーオプション取引や為替相場のチェックを始めたのがつい最近だ、という方はこのあたりをまず覚えておきましょう。
そして、相場は人の心が含まれていますので、一般的に一つの方向に偏りすぎるとそれを押し戻すような動きが必ず発生します。

一つの方向に偏りすぎていることを売られ過ぎ・買われ過ぎと表現したりします。
ここをチェックするのがオシレーター系指標というわけです。一般的に逆張りをする際に判断基準の一つとなるのがオシレーター系のインジケーターです。
いわゆる逆張り取引の際にはオシレーター系指標をよくチェックしながら投資判断やエントリーポイントを探っていくことになります。

オシレーター系指標は基本的に、現在の相場がどのくらいの振り幅で動いているかを教えてくれる指標となります。

こういった要素を持つ指標を使いこなすことにより、逆張りの勝率をアップさせることができるようになるでしょう。

ここでは、代表的なオシレーター系インジケーターをいくつかご紹介しています。

MACD

MACDはオシレーター系でメジャーなインジケーターです。MはMoving、AはAverage、CはConvergence、DはDivergenceの頭文字で、日本語に訳すと「移動平均収束拡散法」などとなります。実際にはMACDをマックディーと呼ぶ方が一般的。
トレンドの強さや転換点を判断するのに重要な役割を果たします。
MACDの中心線より上にMACDの線が出ていれば上昇トレンド、中心線より下にMACDの線が出ていれば下降トレンドです。
そしてMACDの線の長さが長くなると、強いトレンドであることを示します。トレンドの転換期には線がどんどん短くなっていき、中心線の反対側に線が表示されます。

つまりMACDの線が長い間はそのトレンドが進んでいて、線が短くなってついには逆方向に線が伸びるようになればトレンドの転換と判断できます。
注意点としては、MACDの線が短くなってきても、反対側に伸びるまではトレンドの転換を確信しないことです。

しっかりと反対側にMACDの線が伸びる、ほかのインジケーターがトレンドの転換を表示しているなど、じっくりと見ていきましょう。

ストキャスティクス

ストキャスティクスもオシレーター系でメジャーなインジケーターです。ある期間の変動幅と価格をみて相場の勢いを表示します。「売られすぎ」「買われすぎ」といった相場の勢いが見えるので、トレンドの転換を予測できます。
ストキャスティクスは上下2本のラインと折れ線グラフで構成されていて、上側のラインに折れ線グラフがタッチしたら「買われすぎ」、下側のラインに折れ線グラフがタッチしたら「売られすぎ」と判断できます。
つまり、「これだけ買われすぎたら、だんだんと買う人が減ってきて価格が下がるかも」「これだけ売られすぎたら、売る人がいなくなってきて価格が上がるかも」と予測できるのです。
注意点としては、必ずほかのインジケーターと併用する必要がある点です。あくまでストキャスティクスはサブのインジケーターとして使用しましょう。

特に強いトレンドが連続しているときは、ストキャスティクスは上か下に貼りつきっぱなしとなりインジケーターとしては使いにくいものとなります。

RSI

RSIもオシレーター系のメジャーなインジケーターです。RSIは「Relative Strength Index」の頭文字を組み合わせた略語で、日本語では「相対力指数」などと翻訳されます。ただし実際に使われるのは略語のRSIのほう。
使い方としてはストキャスティクスと同様「売られすぎ」「買われすぎ」を判断するインジケーターとして使います。
数値が0~100%で表示され、0%に数値が近いと「売られすぎ」、100%に数値が近いと「買われすぎ」と判断されます。

つまりRSIが100%に近づくと「買われすぎているのでそのうち価格が下がってくるかも」と見られます。逆に0%に近づくと「売られすぎているのでそのうち価格が上がってくるかも」などと予想できます。
さらに、ほかのインジケーターと組み合わせることでトレンドの転換を予測することも

例えば、上昇トレンドでローソク足がボリンジャーバンドの上側にタッチしたあと、RSIの数値が下がれば買われすぎによる上昇トレンドが一服しそう、などという具合です。
注意点は、ほかのインジケーターと組み合わせて使用することです。特に強いトレンドの場合は数値が上や下に貼りつきっぱなしとなることもあります。

CCI(Commodity Channel Index)

CCIは、ドナルド・ランバート氏により考え出されたテクニカルインジケーターです。統計学を利用して、相場にサイクルがあるという考え方のもとに数値を算出します。

その数値をもとに「売られすぎ」「買われすぎ」の判断をして値動きを予測するのです。
数値には最大値や最小値はなく、一般的にCCIの数値が100%を超えたら「買われすぎ」のため売り、マイナス100%を下回ったら「売られすぎ」のため買いというサインの目安になります。

ただし強いトレンドが出現した場合はその限りではなく、逆のサインの目安になることもあります。
注意点としては、先に述べたようにCCIは逆張りにも順張りにも使えるインジケーターなので、単体で使用しないことです。

CCIは統計上の価格サイクルを予測してくれますが、100%を予測してくれるものではありません。ほかのインジケーターと組み合わせて使用することで本領を発揮するのです。
ボリンジャーバンドやRSIなどと組み合わせて精度を向上させることを意識しましょう。

RVI(Relative Volatility Index)

RVIは、先に述べたRSIと似ていますが別のインジケーターです。RVIは相場のボラティリティが拡大しているのか、縮小しているのかを判断するのに使います。ボラティリティとは、変動率のことで、ボラティリティが拡大していれば変動が大きく、ボラティリティが縮小していれば変動が小さいと捉えられます。

メインのインジケーターというよりも、相場の動きを確認するためのサブ的なインジケーターと言えます。
RVIはシグナルラインとの交差方向でサインを確認します。RVIが上からシグナルラインを下に突き抜ければ下落のサイン、逆にRVIが下からシグナルラインを上に突き抜ければ上昇のサインです。

注意点としては、RVIはあくまでサブとしてのインジケーターとして使用し、ほかのインジケーターと組み合わせて使用することです。ボラティリティが拡大したり縮小したりすることだけで判断するのは至難の業、RVIは方向性を確認するだけにとどめましょう。

【決定版】インジケーターのおすすめランキング3選


それでは、インジケーターを利用してバイナリーオプション取引を進めるにおいて、特におすすめのインジケーターにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、初心者から上級者まで幅広く使っておきたいインジケーターのおすすめランキングを3つ、ピックアップしてみました。

移動平均線(MA)

大まかな流れを読むなら移動平均線の利用はマストと言えるでしょう。移動平均線を見ながら取引をすることにより、大まかにどのような動きを過去にしていた買ってそしてこれからどのような動きになると考えられるかなど、ある程度予測を立てやすくなります。また移動平均線そのものはそこまで難しいインジケーターではありませんので、初心者の方はまず移動平均線の利用から考えてみましょう。

MACD

このインジケーターはトレンドの強さを推し量ることができます。そのため、エントリーポイントを見つける際にこのインジケーターを使っておくと、より明確な根拠をもってエントリーすることができるようになります。

ちなみに、このインジケーターと、もう1つ2つ別のインジケーターを組み合わせることによりさらに明確に、そして正確にエントリーポイントを推し量ることも出来るようになります。組み合わせについては後ほどご紹介します。

一目均衡表

国産インジケーターの中で特にオススメなのがこちらです。やはりチャートはビジュアルでかつ直感的に理解をしたほうが良いケースもあります。

そんな時に利用したいのがこちらのインジケーターというわけです。主にFXなどでも利用されるのですが、こちらのインジケーターを利用することにより、シンプルにエントリーポイントを抑えることが可能となります。

インジケーターの最強の組み合わせをプロが特別に公開!

インジケーターは実は組み合わせていくことにより、より強固にエントリーの根拠を固めていくことができます。

つまり、いわゆるギャンブル・場当たり的にエントリーをするのではなく、きちんと相場の流れがこのようになっているからこのタイミングでエントリーをしよう、のような根拠を持ったエントリーが可能となるわけです。
インジケーターは、組み合わせることにより、というよりは組み合わせを間違えなければ、かなり強力なエントリーポイントの判定材料となります。

そこでここでは、プロが実際に使用しているインジケーターの最強とも呼べる組み合わせを公開します。こちらのインジケーターを組み合わせて、より確実に勝ちを積み重ねていけるようなイメージでエントリーをしていきましょう。

バイナリーオプションの最も重要なことは、一度きりの勝負で勝つのではなく、勝敗も含めてトータルで勝率を上げていくことです。そのため、こういった着実に勝率を上げていく取り組みは重要と言えるでしょう。

移動平均線×RSI

定番中の定番と言われればそれまでですが、移動平均線とRSIはまず組み合わせて利用しておきましょう。

これは基本中の基本と言えます。この組み合わせのインジケーターで見ておけば、デッドクロスもゴールデンクロスも両方を発生のタイミングをチェックすることができます。

これにより、上昇する力が強いのかあるいは下落する力が強いのかなど、現在のチャートの様子や持っているパワーをチェックできますので、より根拠をもってトレンド相場などでエントリーをすることができるようになります。

ただし今回ご紹介しているこの組み合わせは、基本的に力が強すぎず、穏やかな場面でのみ利用可能だと思っておきましょう。強烈なトレンド発生時には、あまりこの組み合わせは有効ではありません。

移動平均線×ボリンジャーバンド×一目均衡表

3つのインジケーターを組み合わせることにより、より強固に予想を組み立て、根拠のあるエントリーをすることが可能です。

そこでまずご紹介しておきたいのがこの組み合わせ。ボリンジャーバンドを組み入れることにより、より確実な路線で相場の値動きを予測することができるようになります。

多くの場合、インジケーターの数は多くても二つなのですが、会えて三つのインジケーターの組み合わせで相場を追いかけることにより、よりテクニカルな分析が実現します。

ストキャスティクス×RSI×MACD

FX界隈などでも、最強の組み合わせだ!という投資家の多いこの組み合わせ、バイナリーオプションでも応用可能となっています。大まかな方向性はMACDによりチェックしておき、方向性がどうなっているか、またどのような相場になっていくか?を計測するにはストキャスティクスを合わせます。

さらに、RSIも組み合わせることにより、より俯瞰的にデータを解析することができるようになるというわけです。

この方法を実践することにより、根拠があり、また確実に取れるところは取りこぼさないというエントリースタイルを確立することができるようになるのではないでしょうか。

インジケーターを無料で使う方法

チャートの動きを分かりやすく視覚化してくれるインジケーター、無料でなんとか使う方法はないかと検索している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、インジケーターは基本的には無料で利用することができます。ただし、無料で利用するには、いくつか押さえておかなければならないポイントがあります。
インジケーターには、有料のものもありますがその多くは無料です。というのも、インジケーターは特に勝てるタイミングを絶対的に教えてくれるような魔法のツールというわけではなく、ただ単純に相場の流れや状態をインジケーターという人間の目にはわかりやすい状態にビジュアライズしてくれるものだからです。
そのため、多くの場合インジケーターは無料提供されています。取引のチャートを追いかけることができるソフトにMetaTrader4、MT4というツールがあります。このツールを利用すると、多くのインジケーターを無料で利用する事が可能となります。

ちなみにMT4は無料で利用可能となっており、全世界の投資家が利用しているツールでもあります。
バイナリーオプションやFX取引を行うなら必修科目のツールと言っても過言ではありません。
ちなみに、MT4のダウンロードからインストールまではこちらの記事で詳しくご紹介していますので併せて確認しておきましょう。

また、既にMT4を持っているが、インジケーターの表示方法がよくわかっていない、表示できていないインジケーターがあるかも、という方は、あわせてこちらの記事でおさらいをしておきましょう。

MT4のダウンロードから使用開始まで徹底解説【2020最新版】

矢印の出るインジケーターを使えば勝率は上がる?

インジケーターをいろいろと探していると、特定のポイントで矢印が出て、相場の状態変化を知らせてくれるインジケーターがあることに気づきます。この矢印が出るインジケーターを使えば勝率は上がるのでしょうか?

基本的には、正しく使いこなすことができれば上がるといってよいでしょう。
ただし、矢印の出るインジケーター単品だけで勝率が急激にアップするかといえば、残念ながらそうではありません。矢印が出るインジケーターは、基本的に特定の条件を満たした際にチャート上にわかりやすくビジュアルを表示してくれるといった役割となっていますので、これは一つの判断基準に過ぎません。
様々な状況を考慮し、他のインジケーターの情報などを踏まえてエントリーを行うことが出来れば、勝率は上がっていくでしょう。
反対に、矢印だけを猛烈に信じ込んでしまい矢印が出た瞬間にエントリーをするようなスタイルだと勝率を上げていくことは不可能に近いと言えます。きちんと情報を見極めてエントリーをしましょう。

まとめ

このようにバイナリーオプションのインジケーターには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

特徴とどのような場面で使うべきか?ということを押さえておけば、バイナリーオプションがギャンブルではなくれっきとした投資に生まれ変わって行きます。
そして現役トレーダーとして断言しますが、バイナリーオプションで勝ち上がりたいならインジケーターの種類や特徴は頭に叩き込んでおくのがマストです。

今回ご紹介したようなランキングやおすすめの組み合わせも、実際の取引の時に利用できるようにしておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder