バイナリーオプション

バイナリーオプションの費用は意外と安い?初期費用の内訳も解説します

バイナリーオプションは投資の一環ですから、それなりに初期費用もかかるものと思っている方が多くいらっしゃいます。しかしそんなことはありません。バイナリーオプションの費用は意外と安いのです。ここではバイナリーオプションをスタートさせるのにかかる費用をご紹介します。

(一般的に)投資の元手はいくら必要?

一般的に投資で収益を得ようとすると、いくらかの初期費用がかかります。例えば株式投資。株式投資は、各企業ごとに最低これくらいの株は購入してください、といういわゆる単元株が存在します。そのため、多くの企業の株は一株だけバラ売り購入、ということが基本的にはできないのです(※最近は証券会社などによってバラ売りやバラでの購入が可能なオプションが用意されているケースもありますが)

そのため、仮に一株1500円という株が単元株100株とすると、初期費用は15万円となります。

その他、事業投資の場合はどうでしょう?例えば新たな事業を立ち上げる際に、店舗を購入したり、フランチャイズの権利を購入するといった場合です。この場合は初期投資として最低でも300万円以上の元手が必要になることでしょう。

その他、フランチャイズの権利を購入するために初期費用で300万円以上、その他店舗を購入したり店舗の土地を取得するのにかかる費用は別途オーナーが負担しなければならないケースもあります。

このように原則的にはバイナリーオプション以外の事業投資や株式投資の場合、かなりの初期費用がかかることがわかります。

バイナリーオプションの費用は意外と安い!

株式投資やその他の投資はかなり高額な初期費用がかかることが分かったところですが、ここでバイナリーオプションの初期費用について確認してみましょう。

結論から言えば、バイナリーオプションの初期費用はほとんどかからないと言って良い水準です。少なくとも、一般的な事業投資などの場合のような数百万円単位の初期費用がかかることはありえません。もちろん、初期費用は多ければ多いほど投資の収益も上がりやすくなりますが、参入するための最低金額という部分で考えるならば、バイナリーオプションの初期費用はほぼ数万円以内で収まります。

この部分も、バイナリーオプションが投資として優れているポイントだと私は考えています。投資は参入障壁が低ければ低いほどチャレンジしやすいものです。

少なくとも、バイナリーオプションは事業投資や株式投資ほどは参入障壁が高くなく、チャレンジしやすい投資だといえるでしょう。

最低入金額とは?

ここで一つ、バイナリーオプションに関連して専門用語を解説しておきます。

最低入金額というものがバイナリーオプションの世界には存在します。最低入金額は文字通り、各取引の業者や証券会社でバイナリーオプションを行うときに入金しなければならない最低限度の金額です。

特にバイナリーオプションの口座を開設した際に入金する金額のことを初回入金額と言います。バイナリーオプションに参入するために最低限必要な金額といえば、初回入金額のことを指すと言ってよいでしょう。

この初回入金額、つまり最低入金額はそれぞれバイナリーオプション業者によって異なります。

最低入金額は業者によって異なりますが、おおよそ25000円くらいまでのレンジで初回入金額となるケースがほとんどです。

そのため、バイナリーオプションを始めるために必要な金額は高くとも一つの業者あたりおよそ25000円程度と思っておいてください。

バイナリーオプションの初期費用・支払い方法は?

バイナリーオプションの初期費用は、どんな支払い方法があるでしょうか。多くの場合は、銀行振込もしくはクレジットカードからバイナリーオプションの取引に必要な入金を行うことができます。(※クレジットカード入金が可能なのは海外バイナリーオプション業者のみ

日本国内のバイナリーオプション業者や証券会社との取引を行う場合は基本的に初期費用や投資にかかる費用はすべて現金で払わなければならないと思っておいてください。反面、海外のバイナリーオプション業者の場合はクレジットカードから入金をすることができると覚えておきましょう。

それではなぜ、バイナリーオプションの費用は海外のみクレジットカードで払えるのか?国内の取引会社や証券会社はクレジットカード決済NGなのか?についても解説しておきましょう。

答えはいたってシンプルです。日本国内のバイナリーオプションの支払いは全て、クレジットカード決済NGと金融庁がお達しを出しているからです。

そのため、日本国内で認可を受けて営業している証券会社やFX業者(バイナリーオプションはFX業者の商品のひとつというケースがほとんどです)などはバイナリーオプションの費用をクレジットカード決済で受け付けることができないのです。

【コラム】初期費用50万円の謎

バイナリーオプションの初期費用について情報探索していると、たまに初期費用50万円というキーワードが出てくることがあります。これはどのような事情で初期費用50万円と出ているのでしょう?

結論からいうと「バイナリーオプションを始めるために必要な金額が50万円」と出てきたらその時点で詐欺案件だと思っておいてください。もちろん、バイナリーオプションの取引や流れを勉強したり、テクニカル指標の読み方を教えてくれるセミナーやスクールということであればそれは正当な対価と言えます。その金額が高いか安いかは別として、ひとまず商取引は成立しています。

しかし悪質なケースでは、バイナリーオプションの取引そのものを始めるため+これがないと絶対に勝てないというツールの代金として50万円という値段設定をしているケースがあります。何度でも申し上げますが、バイナリーオプションを始めるために必要な最低金額はせいぜい数万円単位です。

本人確認書類の取得で住民票を取ったとしてもせいぜい+数百円程度でしょう。50万円ないとバイナリーオプションをスタートできない、ということは絶対にありませんのでご安心ください。

Q.口座開設にお金がかかると言われた場合は?

たまに、バイナリーオプションの説明会などがオフラインで開催されていることがあります。友達の友達経由などで話を聞いてみたら、バイナリーオプションは海外の業者だから口座の開設にお金がかかる、と費用を請求されたという事例もあります。

基本的にこれも99.9%詐欺案件です。少なくとも私が知る限り、初回入金金額はあれど口座開設そのものにお金がかかるバイナリーオプション業者や証券会社は存在しません。海外も同様です。

そもそも、バイナリーオプション業者や証券会社はバイナリーオプションで取引をしてくれる人を増やさなければ彼らの利益にはつながっていきません。取引の手数料をもらって商売としているわけですから、そもそもバイナリーオプション口座を開くために料金を取る必要はどこにもないのです。

むしろ、無料で口座開設をしてバイナリーオプションに取り組んでくれる人を増やしたほうが彼らの利益に繋がっていくのですから、有料で口座開設を持ちかけられた際には詐欺だと思っておきましょう。

バイナリーオプションのスタートにかかるその他の費用は?

バイナリーオプションのスタートには、最低限は口座開設と初回入金額の入金が完了していれば事足ります。

そして、その他にかかるスタート費用はあるでしょうか?結論、ほとんどありません。もしあるとすれば、取引をやりやすくするためにツールを購入したり、ちょっとした有料コミュニティに入って情報を得たり、取引を円滑にするための費用がいくつか発生する程度ではないでしょうか。

人によっては、パソコンで本格的にトレードをしたいのでデスクを購入した、というケースも聞かれますね。この程度の費用しかかかりませんから、安心してトレードするようにしたいところです。

Q.バイナリーオプションにかかった費用は経費として計上できる?

A.可能です。

バイナリーオプションの取引のために掛かった費用は、確定申告の際に経費として計上することができます。どの程度認められるのか、どういった費用が経費として計上できるのかなど詳しいことについては別の記事でも詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。基本的にバイナリーオプションの取引を事業として行う場合は、バイナリーオプション取引に関連した経費は計上することが可能と覚えておいてください。

まとめ

 

バイナリーオプションの費用は、そこまで高いものではないことがわかりました。例えば、事業投資であれば一括で数百万円から数千万円単位の費用がかかることもあるでしょう。株式投資も単元株の問題がありますので、参入障壁が低いといえど結局は数百万円単位で元手が必要になるケースもあります。しかし、その反面バイナリーオプションは口座を開設する費用も無料ですし、初回入金金額もほぼ2万円程度に収まります。

海外のバイナリーオプション業者を使えば、クレジットカードでの入金に対応してもらうことすらできてしまいます。有料コミュニティやセミナーなどの参加をひとまず抜きにして考えれば、バイナリーオプションは極めて低い費用で参入できる投資と言えるでしょう。

もちろん、バイナリーオプションは最初から大きく取引すると負けたときのリスク管理が大変になりますので、初期費用にかかわらず最初のうちは小さく取引をするのが鉄則です。

バイナリーオプションに興味はあるけれど、元手がかかりそうだから…と敬遠されていた方も、この機会にバイナリーオプションという新たな収益の柱を立ててみてはいかがでしょう?

当ブログや限定無料LINEでも、様々な有力情報をご提供しています。私とのLINEは無料で繋がれますので、こちらも合わせてチェックされてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder