バイナリーオプション

バイナリーオプションの国内業者まとめ最新版【結局儲かるのは海外業者?Amazon4冠投資家が忖度なしでオススメの業者を暴露します】

バイナリーオプションには国内業者と海外業者の二通りの取引先が存在します。

ネット上の多くの記事では、海外業者の情報が力を入れて紹介されている印象です。しかし国内業者はどのような状態なのでしょうか?

今回はバイナリーオプションの国内業者のまとめ最新版として、Amazon4冠達成の投資家が忖度なしで、国内業者の状態やそれぞれの業者の特徴を解説するとともに「結局儲かるのは海外業者なのか?」といった疑問についてもご紹介していきます。

「バイナリーオプションの業者で国内業者と海外業者があることを理解はしているが、どちらを選んだら良いか判断がついていない」
「海外業者メインで取引していたが、国内業者を取引するメリットはあるのかどうか?」

など色々とお考えの方は、こちらの情報を得て判断の材料とされてください。

【大前提】国内業者でバイナリーオプションはできる?


国内にもバイナリーオプションはできますし、国内にもバイナリーオプション業者は存在します。

しかし、国民生活センターはバイナリーオプションのことを

「一見すると単純な取引だが、リスクの高い取引である」

と認定しており、

「何度も繰り返して損失を被る恐れがある」

と国民に警告しています。

このような観点から、国内ではすでに複数の規制がかけられています。

具体的には「1分間や5分間といった短時間での取引を禁止とする」「1日あたりの取引上限回数を12回とする」などです。バイナリーオプションの1回あたり取引時間が2時間となっているのはこのためです。

そして金融庁は、バイナリーオプションを始めるトレーダーに対しては、投資家としての経験などを尋ねる質問をすることも業者に義務付けています。このテストに合格しないと投資家はバイナリーオプションをすることができません。

また、金融庁は金融業者に対して、バイナリーオプションのサービスを始める際には金融庁に対して金融商品取引業としての登録をすることを義務付けています。

海外でライセンスを持っているバイナリーオプション業者にも、日本国内で日本人に対してビジネスを展開するときは、金融庁に対して金融商品取引業としての登録を義務付けており、金融商品取引法の登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法と定めています。

このような状況から、日本国内でのバイナリーオプションは、かなり制限がかかった状態で実施せざるをえないのです。

国内バイナリーオプション業者で取引するメリット


国内バイナリーオプション業者で取引するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

結論から言えば、国内バイナリーオプション業者へ取引するメリットはいくつかあるものの、一番大きいのは「安心感」といった部分ではないでしょうか。

詳細は後ほど項目別に詳しくご紹介していきますが、国内バイナリーオプション業者で取引する最大のメリットは、日本の監督官庁による指揮監督を受けている業者で取引できることにあると言えるでしょう。

それではここからは、項目別に国内の業者と取引するメリットをご紹介していきます。

最低入金額(予算)の低さ

国内のバイナリーオプション業者を選ぶメリットは、最低入金額を低く設定できることです。

海外の業者の場合、1万円以上など最低入金額が設定されていることが殆どです。それに対し、国内のバイナリーオプション業者は最低入金額が決まっておらず、自由な金額を選択できるようになっており、千円からなど自由な金額から取引を開始することが可能です。

元手が多ければ気軽に取引を繰り返すことができるという点もメリットになるでしょう。しかし、予想が外れた際に冷静さを失い、その状態で取引を繰り返したことにより資金を全て失ってしまう可能性もあり得ます。

最初から元手を少なく抑えておけば、それ以上の損失を出すことはありません。他の投資法とは違い、バイナリーオプションはエントリーをした金額以上のリスクは発生しないものです。

そのため、千円などの少額のみを入金する形を選べば、失うことがあっても最大で千円という形になり、想定外の損失を防ぐことに繋がります。

リスクを最小限に抑えたいと考えるのであれば、少額のみの入金も選べる国内のバイナリーオプション業者を選んでおくと良いでしょう。国内の業者は入金額だけでなく、取引自体も少額からスタートできるというメリットがあります。

金融庁認可のある業者で取引可能

国内のバイナリーオプション業者の魅力は、金融庁の認可を受けていることです。

バイナリーオプション業者の中には、入金をさせて出金をさせないなど、詐欺紛いの行為を行う業者も存在します。

こうした悪質な業者の特徴は、金融庁の認可を受けずに営業を行っていることです。その国の金融庁の認可を受けていない業者に関われば、経営者の逮捕などのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

それに対し、金融庁が定めたルールを守っている業者であればトラブルの心配なく安心して取引を行うことができます。

ペイアウト率がどれだけ高くても、本当に出金できるか不安を感じる状態では、落ち着いて取引ができません。国内の業者の中でも金融庁の認可を受けた業者を選んでおけば、安心してバイナリーオプションを行うことができるでしょう。

安心して取引できる業者を選んでおけば、口座に入っているお金を出金することができないなどのトラブルで頭を悩ませる心配もありません。

本当に認可を受けているかを確認したい時は、登録番号を確認してみてください。登録番号がない、不審な点があるなど、問題点を感じることがあればその業者は選ばず、安心して利用できる業者を探す方が良いでしょう。

ルール規制の存在

相場が上がるか下がるかを予測するだけのシンプルなハイロー型取引の禁止など、国内のバイナリーオプション業者には様々なルール規制がかかっています。

ルール規制の多さはデメリットと感じる人もいますが、利用をする人にとってメリットとなるルールも存在します。

利用者にとって大きなメリットとなるのが、総取りの廃止です。

ハイロー型では指定された時間に相場が上がるか下がるかを予測してエントリーをしていくことになりますが、上がるか下がるかを的中させてもその金額が一定のラインを超えると「参加者全員が負け判定」となり、業者が総取りをするというルールが存在します。

国内のバイナリーオプションでは、このルールに関する規制が行われたため、業者側が一方的に総取りを行うことができなくなりました。これは、取引をする側にとって大きなメリットといえます。

もう一つのメリットが、限度額に関する申請が義務付けられたことです。

申請は面倒、限度額を設定せずに自由に取引したいと考える人もいるかもしれません。しかし1年の途中で限度額に達した場合、その年はそれ以上取引ができない状態となりますが、使い過ぎなどを防ぐことができます。

少しでもリスクを減らしたい人にとって取引限度額の設定は、大きなメリットのひとつとなるでしょう。

バイナリーオプションのおすすめ国内業者まとめ


ここからはバイナリーオプションの中でもオススメできる国内業者をまとめてご紹介していきます。

すでにFXや株式投資など別の投資取引などで下記の業者と取引のある方もいらっしゃるかもしれません。そういった方はそのままスライドする形でバイナリーオプションの取引を始めることも可能でしょう。

国内業者は金融庁の認可を受けて営業している業者のみ取り扱います。

GMOクリック証券

GMOクリック証券では、為替に連動するバイナリーオプション以外に、株価指数に連動するバイナリーオプションのトレードをすることができます

どちらもデモ口座が用意されていますので、初心者はデモ口座でトレードに慣れることができます。

なお、GMOクリック証券では口座開設キャンペーンは実施していますが、バイナリーオプション関連のキャッシュバックなどのキャンペーンは実施していませんので注意が必要です。

営業時間は、株価指数連動型が午前9時から翌日の午前4時まで、為替連動型は午前8時から翌日午前5時までです。株価指数連動型も為替連動型も、2時間単位での取引時間設定となっています。

ペイアウト金額は両方とも上限が1000円となっているため、ペイアウト倍率は最低1.1倍程度から30倍程度までとなっています。

また、最低入金金額は50円でも問題ありません。50円でも購入可能なケースもあります。

そして取引金額の上限は1日あたり1万枚(1口500円なら500万円)となっています。1回あたりの上限は、200枚(1口500円なら10万円)です。

出金については、15時までに出金手続きをすれば、翌営業日には自分の銀行口座に出金されます。出金手数料は無料です。

YJFX!

YJFX!は、Yahoo!Japanグループが運営するバイナリーオプション業者です。

YJFX!を利用するメリットは、常時口座開設キャンペーンを実施していますが、FX取引をした場合にキャッシュバックが行われる点は注意が必要です。

なお、バイナリーオプションをおこなうためにはYJFX!のなかの「オプトレ」でトレードをする必要があります。

オプトレにはデモ口座があるため、初めてバイナリーオプションを取引する人は、まずデモ口座で取引に慣れることができます。これは初心者にとってはメリットです。

営業時間は、平日の午前7時25分から翌日の午前5時25分までとなっています。1日22時間の取引が可能です。2時間単位で取引時間が設定されています。

オプトレには、レンジオプションとラダーオプションの2つの取引が用意されていますが、両方ともペイアウト金額は1000円となっています。

取引開始時刻におけるオプション価格は、最高値で900円を超える一方、最安値で30円程度しか値がつかないことから、ペイアウト倍率は1.1倍程度から約33倍までと幅広く設定されています。

そして、最低入金額は1万円であり、最低取引金額は1口購入から可能なため、30円から取引を開始することもできます。

最後に、出金する場合は、まずオプトレ口座から外貨ex口座にお金を振替えます。これはYJFX!内での振替ですので、すぐにできます。
その後、自分の銀行口座に出金手続きを行い、翌営業日には出金を確認できます。出金手数料は無料です。

IG証券

IG証券とはイギリスを拠点に世界中で金融サービスを提供する金融会社です。ロンドン証券取引所に上場し、イギリスでは45年以上の歴史があります。

日本国内でも2008年に参入し、国内で10年以上営業しているという安心感があります。俳優の斎藤工さんを起用したTVCMもありますので、一度ご覧になった方も多いでしょう。また、毎週木曜日は東証から生LIVEで最新情報を放送しています。

IG証券はバイナリーオプションはもちろんのこと、CFD取引、FXなどが国内で取引可能です。海外のIG証券ではビットコインなども取引可能で、世界的に幅広い銘柄、幅広い取引方法が用意されています。

また、IG証券のバイナリーオプションにフォーカスすれば、FXはもちろん、日経平均といった株価指数や、NY原油先物などの金銀原油の商品もバイナリーで取引できます。

数千円から始めることができ、無料デモ口座も用意されています。ペイアウト額は、日本円なら0.1ロットで10,000円、1ロットで100,000円です。出金は、平日14時半までの依頼で翌営業日に着金となります。

ヒロセ通商

ヒロセ通商は、大阪府大阪市西区に本社がある日本の金融先物取引業者です。「LION BO」という名前でバイナリーオプションのサービスを提供しており、人気のサービスとなっています。

LION BOのサービスの取引時間は1回が2時間となっており、1回目は午前8時25分に開始され午前10時25分に終了し、その後は2時間毎に9回行われる仕組みです。

1日の最後の取引は午前2時25分終了ですから、会社員が帰宅後に取引することも可能でしょう。購入と清算は判定時間の2分前までなので、最短で2分後にレートが上がるか下がるかを予想すれば済みます。

取引日は土曜と日曜、全市場の休業日である特定日を除いた全ての日に行う事ができます。

取引可能な通貨ペアは「米ドル円」「ユーロ円」「ユーロ米ドル」「ポンド円」「豪ドル円」の5種類です。

ペイアウト金額は1ロット当たり1000円であり、取引金額は0円から1000円まで選択できるので、少額でも取引可能となっています。オプション購入代金以上の損出は発生しないうえに、取引手数料も無料です。

ただし1回あたり最大ロット数は50までと制限されている点には注意しておく必要があります。LION BOにはデモ口座も用意されているので、最初は実際のお金を使わず、試しに取引してみると良いでしょう。

トレイダーズ証券

トレイダーズ証券が運営しているバイナリーオプション業者に「みんなのバイナリー」というものがあります。

トレーダーズ証券株式会社はもともと日本初のFXオンライン取引サービスを扱った業者として知られており、いわば業界の老舗と言えるのではないでしょうか。その営業年数の長さから、FXの取引でお世話になったことがあるという方が多いのも、こちらのトレイダーズ証券の特徴です。

トレイダーズ証券のバイナリーオプションは、「ドル円」「ポンド円」「ユーロ円」のスタンダードな3つの通貨ペアが利用可能となっています。

バイナリーオプション初心者の方は、この3つの通貨ペアが利用できればまずまずバイナリーオプション取引が可能といったところではないでしょうか。なお、仮想通貨ペアなどの取引はできません。

また、購入金額は50円からと極めて低い金額から取引可能となっており、良くも悪くも、バイナリーオプションの国内業者の中ではスタンダードな存在といえます。

【疑問】国内から海外のバイナリーオプション業者は使えるのか?


意外なことかもしれませんが、日本国内から海外のバイナリーオプション業者は利用可能です。

というのも、あくまでも国内業者のみが金融庁の規制や指揮監督を受けて営業しているというだけの話で、日本国内から海外のバイナリーオプション業者を使うことは不可能な話では全くありません。

むしろ、プロのバイナリーオプション投資家や、利益を上げてバイナリーオプション一本で生活しているような人の中には、国内業者ではなく海外のバイナリーオプション業者のみを利用しているというケースも多く見られます。

p海外のバイナリーオプション業者は、日本の金融庁の規制などを受けない存在ですので、日本のものと比べると比較的自由に取引を行うことが可能です。

判定時刻やペイアウト率についても日本国内業者のそれとはまた違いますので、ルール無用とは言わないまでも、自由に取引をしたい方は海外のバイナリーオプション業者の方が楽に取引できると言えるでしょう。

国内のバイナリーオプション業者は入金も現金振り込みオンリーとなっていたりしますが、海外のバイナリーオプション業者の中には、クレジットカードでの入金が可能なケースもあります。

国内から取引可能な海外業者

国内からでも、海外のバイナリーオプション業者を使うことができます。

安心してバイナリーオプションを始めたいのであれば、海外よりも国内の業者の方が良いと考える人もいるでしょう。しかし、実際にバイナリーオプションを行う人の多くは、国内ではなく海外の業者を利用しています。

国内と海外の業者の違いは、取引の仕方です。

以前は国内でも相場が上昇するか下降するかを予測するだけのシンプルな取引内容でしたが、規制がかかり判定時間が長くなっただけでなく、エントリー方法もやや複雑なものへと変わってしまいました。

それに対し、海外の業者は従来のハイロー型を採用しており、シンプルな取引を行うことができるようになっています。そのため、バイナリーオプションを始める際には、国内の業者ではなくあえて海外の業者を選ぶ人が増えています。

海外の業者は怪しいのではないかと疑う人もいるでしょう。しかし、しっかりとした実績のある業者を選べば、安心して取引を行うことができます。

これからバイナリーオプションを始めたいと考えているのであれば、国内だけでなく海外の業者にも目を向けてみると良いでしょう。

ザバイナリー


ザバイナリーは海外業者でありながら、日本人スタッフによるサポートが受けられる業者です。なにか困ったことがあっても日本語でサポートが受けられます。

取引は100円から可能で、最高取引額は50,000円です。

取引時間は平日午前7時から午前3時で、登録や取引にかかる手数料は無料です。最低入金額は20,000円と、気軽に始めやすい仕組みとなっています。

海外業者は不安だけど日本語でサポートが受けられるなら、という方に使い勝手が良いといえます。

ワールドクリプトバイナリー

ワールドクリプトバイナリーの特徴は、何といっても仮想通貨の取引に対応しているところと言えるでしょう。

日本国内のバイナリーオプション業者の場合は、あくまでも通貨のペアで取引を行うことが前提条件となっていて、ビットコインやイーサリアムクラシック、リップル、ジーキャッシュなど、仮想通貨でバイナリーオプション取引を行うことはできません。

この問題を解決したのがワールドクリプトバイナリーです。ワールドクリプトバイナリーではビットコインやダッシュ、イーサリアム、その他主要な仮想通貨でバイナリーオプション取引を行うことが可能となっています。

すでに昨今のビットコインブームや仮想通貨ブームで仮想通貨の手持ちがある方にとっては、とても取引しやすい業者と言えるでしょう。

ハイローオーストラリア


ハイローオーストラリアは海外にあるバイナリーオプション業者ですが、国内からでも取引可能です。日本語にも対応しており、サポートも充実した業者としても知られています。

ハイローオーストラリアのペイアウト率は1.85倍ですが、キャンペーンによって2倍以上になることもあります。

海外のバイナリーオプション業者の場合、出金手続きをしてもなかなか口座に入金されない状態となることは少なくありません。そんな中、ハイローオーストラリアは早ければ銀行の翌営業日、遅くても良く翌営業日に入金されるようになっています。1万円以上の残高があればいつでも出金可能な上、手数料もかかりません。

安心して取引をスタートできるようにデモ取引ができるだけでなく、余裕を持った状態でエントリーできるようにキャッシュバックキャンペーンなども用意されています。

最低入金額は5,000円、最低取引額は1,000円と気軽に取引を始められるようになっています。

取引時間は、午前7時から翌日の午前6時となっているため、仕事が忙しい人でも無理なく取引を始めることができるでしょう。

バイナリーオプションを始めたい時は、老舗としての安心感もあるハイローオーストラリアを選んでおくことがおすすめです。

以下の記事で口座開設方法を詳しく解説していますので、ぜひこの機会に取引を行ってみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

【結論】結局、儲かるのは国内業者?それとも海外業者?


結論から申し上げれば、儲かるのは海外のバイナリーオプション業者です。

ただし海外のバイナリーオプション業者は日本のようなガチガチの規制が存在しないため、予備知識ゼロで取り組むのはちょっと厳しいところがあります。

そのため、LINEでアドバイザーのような存在を作っておくことが何よりも重要と言えるでしょう。

海外業者の場合は日本国内から情報が入りづらいケースもあり、実際問題として、キャンペーンやルールの変更が頻繁に行われるのも海外バイナリーオプション業者の特徴の一つと言えます。

最新情報を教えてくれたりバイナリーオプションの取引の方法や鉄板手法などを教えてくれる存在がいることにより、海外業者でも安心して利益を上げるための取引が可能となります。

そして「そんな投資家やバイナリーオプションに熟練している人間がどこにいるか?」ということですが、ラッキーなことにここに一人のバイナリーオプション投資家が存在します。

私です。

私は元々バイナリーオプションの投資などは関係のないところの人間でしたが、どん底の人生を逆転するべく一念発起してバイナリーオプションの勉強に取り組み、文字どおり人生の再起をかけてバイナリーオプション投資家として生まれ変わった人間です。

だからこそ、私はバイナリーオプションで生活を変えたい人、人生を変えたい人、どん底からの下剋上を達成したい人をライフワークとして支援することに決めています。

人生を変えたい方、バイナリーオプションの海外業者での勝ち方を学びたい方、その他何か質問のある方はぜひ私のLINEで繋がりましょう。

友達になりましょう。

友達ですから、お金を取ることはありません。
無料で情報を提供します。

まとめ

バイナリーオプション国内業者は金融庁の指揮監督を受けてそのルールの中で営業をしています。そのため、国内業者はいくつかありますが、ほとんどのケースではそこまで差がないのが現状です。

バイナリーオプションで利益を上げたい、儲けたいと思っているなら、海外業者の利用を行った方がスムーズと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder