バイナリーオプション

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】

バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。

テクニカル分析をする上では基礎となる方法ですが、あまりよくわかっていなくて詳しく知りたいという人も多いでしょう。

これからバイナリーオプションのトレーダーとして成長していく上で重要になるので、この記事で線の種類や引き方を詳しく理解しておきましょう。

バイナリーオプションにおけるライントレードとは

バイナリーオプションでよく使われているライントレードは、端的に言えばチャート上にラインを引いてテクニカル分析をする方法です。

そのラインとローソク足の関係からエントリーポイントを見定めていき、バイナリーオプション取引をしていくのがライントレードの基本です。

実践にあたって、まずは有効性について確認しておきましょう。

ライントレードが有効な理由

ライントレードが有効なのは、世界中の投資家たちが使っているからに他なりません。

FXや通貨の売買をしている人たちがどのようにして「買い」と「売り」を判断しているかを知るのは、値動きを理解するための基本です。

買いポジションや売りポジションを決めるときに、為替取引をしている投資家はラインを使ってテクニカル分析をしています。相場の動きはトレードによって生み出されているので、投資家が使っている手法を使えば値動きの予測ができるのです。

いくら為替に影響を及ぼす出来事が起こったとしても、投資家が動かなかったら相場も動きません。つまり、相場は投資家の心理や思惑、あるいは感情などが表出したものなのです。

いつどのポイントで投資家たちが取引をするかを予想すれば、価格変動は見極められます。ライントレードはその手法の1つとして汎用されていると理解しておくと良いでしょう。

バイナリーオプション初心者でもできる?

ライントレードと聞いて難しそうに思う人もいるでしょう。テクニカル分析の一種だと言われるとますます抵抗感が生まれるかもしれません。

しかしライントレードはバイナリーオプションの初心者でもできます。むしろテクニカル分析の中では初心者に優しい方法なので、積極的に取り組むのがベターです。

ライントレードは、初心者にとって以下のような点がメリットとなります。

ライントレードのメリット

ラインを引くだけで優位性のある取引ができる
シンプルなので判断しやすい
ずっと相場を眺め続ける必要がない など

ライントレードは多くのプロトレーダーも使っている手法なので信頼性もあります。基礎的な分析方法を覚える必要はありますが、使いこなせるようになればプロの再現を取るのも難しくありません。

特に重要なのは有効なラインを引けるようになることです。そのためには実践が必要ですが、インジケーターを使うよりもわかりやすいので、エントリーサインを簡単に見つけられるようになりたいならライントレードを始めてみましょう。

バイナリーオプションのライントレードの基本①水平線

バイナリーオプション取引でライントレードをしていくには色々な知識が必要です。そのもっとも基礎となるのが水平線です。

水平線は相場の高値同士または安値同士を水平に結んだだけのシンプルなラインなので、うまく活用できるようになりましょう。

ここでは水平線の活用シーンと引き方のポイントを解説していきます。

水平線が適している相場

水平線の活用は、相場の状況から判断するのが定石です。

水平線が適しているのはレンジ相場です。レンジ相場は高値と安値の幅があまり変動しないのが特徴で、相場の様子を水平線から見極めやすくなっています。

レンジ相場+水平線でわかること

レンジ相場で水平線を引くと、為替レートがどのようなボックスの中で推移しているのかを理解することができます。単純に考えると、高値のところで水平線を引けば、それ以上には値上がりしにくいと考えられるでしょう。同じように安値のところに引いた水平線よりも値下がりすることはあまりないだろうと考えられます。

それと同時に、もしラインを抜けたらレンジ相場からトレンド相場に変わる可能性がありそうだという予測ができます。

水平線の引き方

水平線はシンプルな考え方で引けるので初心者にもおすすめです。

水平線の引き方には、以下の2通りの方法があります

高値または安値に合わせて引く方法
複数回反発しているポイントに引く方法

それぞれについて具体的な引き方を見ていきましょう。

サポートライン(下値支持線)を引く方法

安値に着目して引く水平線はサポートライン(下値支持線)と呼びます。

為替レートの動きを見たときに極小値を示しているところがいくつも見つかるでしょう。この中から代表的な安値を選び、安値同士を結んで引いた線がサポートラインです。

レンジ相場では相場を下から支える線になっていて、投資家の動きとしてはサポートラインよりも下に値下がりしないようになっていることが示唆されます。

サポートラインは安値の選び方によって何本も引くことができますが、今の相場を象徴しているようなものをピックアップし、それらを通るように引くと信頼性がある水平線になります。

この付近では多くの投資家が買い注文をしたことがわかるということも覚えておきましょう。

レジスタンスライン(上値抵抗線)を引く方法

高値に着目して引く水平線は「レジスタンスライン(上値抵抗線)」と呼びます。

レジスタンスラインの場合には相場を代表する高値をピックアップして結ぶことによって引けます。要するにサポートラインと対照的な考え方で引けば良いので、一方を理解できれば簡単に両方とも引けるようになります。

今まで投資家たちがこのレジスタンスライン付近で売り注文をしてきたというのがわかり、レジスタンスラインを越えて高値になるようなことはあまりなく、ラインに触れたら次に価格の下落が起こると考えることが可能です。

レジスタンスは抵抗や反発を意味するので、これ以上高くなるような場合は通貨が売られてしまい、なかなか越えられない障壁になっていると理解しておくと良いでしょう。

複数回反発しているポイントに引く方法

複数回反発しているポイントに引く方法は高値や安値に合わせるのに比べると難しそうに思われがちですが、慣れてしまえば簡単です。

大体同じような価格で反発が起こっているところをチャート上で探してみましょう。それが見つかったときに、その複数回反発しているポイントをつなぐようにして水平線を引くのがこの手法です。

今見ている時間足で複数回反発している箇所は、投資家たちが意識しているポイントです。その水平線に乗る前後で投資家が売買の判断を下しているので、これからも同じポイントで反発が起こる可能性が高いと判断できます。

ただし高値や安値を指標にして水平線を引く場合も同様ですが、ラインだけを判断材料にしてエントリーすると失敗するリスクが高いので注意しましょう。他の判断材料も合わせることで根拠を固めるのが、バイナリーオプションで成功するコツです。

【補足】水平線を引く位置はどこが正解?

水平線を引こうと思ったときにどこで引いたら良いか迷うことはよくあります。

ローソク足チャートを見ていると、一つ一つの指標はローソク足の実体とヒゲで構成されているので、どこを見たら良いのかわからないと思うのはもっともなことです。

結論的には実体に水平線を引く投資家もいれば、ヒゲに水平線を引く投資家もいるので一概には言えません。どちらも重要で注目されているという認識をしておく必要があります。

確実にどちらが正しいということはないので、相場の状況から総合的に判断する必要があります。ライントレードは実践が必要とお伝えしたのは、経験を通じてその判断力を養わなければならないからです。

基本認識としては「実体に引いたラインとヒゲの先に引いたラインとの間で反発する可能性がある」というくらいが適切でしょう。

バイナリーオプションのライントレードの基本②:トレンドライン

ライントレードではトレンドラインも頻繁に利用されます。バイナリーオプションではトレンドの見極めが重要になるからです。

トレンドラインとは現在の相場のトレンドやこれから生じる転換点を見つけるのに役に立つラインです。トレンドラインが役に立つシーンと引き方のコツを押さえておきましょう。

トレンドラインが適している相場

文字どおり、トレンドラインはトレンド相場の分析をするのに向いています。トレンド相場とは為替の値動きが一定の方向性を持っている相場です。

一般的には一定の割合で価格が大きく上昇または下降している状況をトレンド相場と呼びます。割合の大きさはケースバイケースで、動きが大きいときは強いトレンドが生じているという表現をするのが通例です。

トレンド相場+トレンドラインでわかること

トレンドラインを引くと、ライン上で何回も反発を起こしながら同じ方向性で値動きが起こっている様子が見えます。その状況ではトレンドが強いので、継続して順方向の値動きが続くと考えられます。

そして、それと同時にトレンドラインを抜けるようになっているとトレンドが終息する方向に向かっているという予測が可能です。

トレンドラインの引き方

トレンドには上昇トレンドと下降トレンドのときがありますが、引き方のポイントには特に大きな違いはありません。

上昇トレンドのときには全体として右肩下がりのチャートになっているでしょう。微視的に見ると山と谷を作りながらジグザグに値動きをしていますが、全体としては上向きの方向性を持って推移しています。この際に上昇トレンドが始まったローソク足の安値付近を軸にして、上昇している相場の安値を結ぶとトレンドラインができます。

下降トレンドの場合には右肩下がりになっているので、下降トレンドが始まったローソク足の高値付近を軸にして、高値の部分の高値を結ぶとトレンドラインができあがります。

このようにして引いたトレンドラインを越えたときには、トレンドの終了や転換を示すので注意しましょう。

【補足】チャネルラインを併用しよう

ライントレードではチャネルラインの併用も重要です。

チャネルラインとは

トレンドラインに平行なラインで、ローソク足の反対側に引きます。チャネル(channel)は「水路」「航路」という意味があり、相場はトレンドラインとチャネルラインの間を推移しながらトレンドを形成していくと考えられています。

チャネルラインを引くと「長さ」「角度」「値幅」の3つの視点から相場を判断することが可能です。

長さ
長いほど抵抗や支持の力が強く、ブレイクしたときには大きな反動が起こると予想できます。
角度
急なほどトレンドの勢いが強いことを意味していますが、急なまま長く続かない場合がほとんどです。
値幅
広いときほどトレンドが長期的にはっきりと続く傾向があります。

このようなポイントを押さえておくと、エントリーの確度を高められるでしょう。

バイナリーオプションのライントレード上級編:フィナボッチライン

ライントレードの基礎を理解したところで、バイナリーオプションの上級者もやっているフィボナッチラインの活用についても見ておきましょう。

フィナボッチラインとは、数学者レオナルド・フィボナッチが考案した「フィボナッチ数列」の考え方を応用したラインです。

フィボナッチ数例は古くから建築などに取り入れられていますが、投資の世界でも投資家の人間心理による値動きを読み解くのに用いられています。

「フィナボッチ」とは

フィボナッチとは、数学者のフィボナッチが導き出した「自然界のあらゆる現象において人間が無意識的にキレイだと感じる比率」のことです。

よく知られているのがフィボナッチ数列で「1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233・・・」という1から始まって2つ前の項と1つ前の項を足した数列を指します。

各項を次の項で割った数列も計算値がほぼ同じ比率(0.236, 0.382, 0.618, 1.618, 2.618, 4.236)なのが特徴で、これは黄金比と呼ばれ自然界や建造物にも多く存在しています。

動植物:ひまわりの種の配列・カタツムリの渦巻き・松ぼっくりのカサ など
建造物・彫刻:パルテノン神殿・ミロのヴィーナス・ピラミッド など

この比率が使われているものを見ると人間は直感で美しいと判断するといい、為替相場は投資家の集団心理で形成されているため、無意識にフィボナッチ比率の影響を受けると考えられています。

フィナボッチラインの引き方

フィボナッチラインは安値と高値を基準とする水平線なので、フィボナッチ数例について理解できていれば簡単に引けます。

フィボナッチ数列により導き出された黄金比率の「0.236、0.382、0.618」に当たる価格で反発が起こると考えるのが基本です。

安値と高値の水平線を引き、その間をこの三つの比率に基づいて分けるようにして水平線を引けば、それがフィボナッチラインです。

一般的な値動きの予想ではトレンドの強さに着目します。強いトレンドが発生しているときには0.382前後まで戻り、弱いトレンドのときには0.5前後か0.18まで戻る傾向があります。また、0.618を超えたようなときにはそのまま1の価格まで戻ってくると考えるのが通例です。

バイナリーオプションで時間帯を意識したライントレードの方法

バイナリーオプションでライントレードをするときには時間帯を意識するとやりやすくなります。為替レートはどの市場が開いているかによって変動の様子がまるで異なるからです。

ここでは三大市場と呼ばれる「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」に合わせて時間帯による有効なライントレードの方法を紹介します。

東京時間(9時~17時)

東京市場は午前9時にオープンする日本では取引しやすい時間帯です。三大市場の中で最も取引量が少なくて値動きが出にくいのが特徴です。

欧米は夜という影響もあり大きなトレンドが生じにくいのが東京時間で、レンジ相場になる傾向が強くなっています。そのため、サポートラインとレジスタンスラインを引いてライントレードをするのが基本です。

ただし、他の市場についても同じですが、オープン直後は比較的取引が活発になります。そこでトレンドが発生したと解釈できる場合もあるものの、東京時間ではレンジ相場になりやすいので注意しましょう。

また、東京市場が閉じる頃にロンドン市場が開くので、その影響を加味しておくと失敗しません。

ロンドン時間(17時~翌3時)

ロンドン市場がオープンするのは日本時間では17時です。ロンドン市場が開くのに合わせて多くの投資家が動き始めるので、相場は動きやすくなります。

三大市場の中でもオープン直後の取引量が多いことがよく知られていて、オープン直後は相場が荒れることも少なくありません。

ただ、間もなく落ち着いて相場の方向性がはっきりとしてくるケースが多く、落ち着いてきたところで相場の方向性や勢いを見てトレンドラインを使うライントレードが適しています。

次に続くニューヨーク時間との兼ね合いも考えてトレードを進めるようにしましょう。

ニューヨーク時間(22時~翌5時)

ロンドン市場で活発な取引が行われている最中にニューヨーク市場は開きます。時差にして5時間あるので、ロンドン市場のオープンによる相場の傾向を引き継ぎやすい傾向があるのがアメリカ時間です。

市場が開いたことによって取引が活発化されるため、アメリカ時間の開始によってさらに値動きが活発化するのが通例です。世界の基軸通貨を使っているアメリカの市場なので影響力も大きくなります。為替相場に影響をおよぼす経済指標もこの時間に発表されることが多いので注意しましょう。

いずれにしてもニューヨーク市場が開いている時間は明確な方向性を持つ値動きが目立ちます。そのため、ロンドン時間と同様にニューヨーク時間もトレンドラインを使ったライントレードが向いています。

バイナリーオプションの必須ツール「MT4」を使ったラインの設定手順

ライントレードをするためには、チャート上にラインを引く必要があります。

ラインの引き方は使用している分析ツールによって違いがありますが、ここではバイナリーオプショントレーダーの定番ツール「MT4」を使ったラインの設定手順を紹介します。

今回ご紹介したどのラインについても、MT4のチャート画面の上部にあるツールバーのボタンを押せば引くことができます。

水平線:水平線(ー)
トレンドライン:斜め線(/)

と、このように引きたいラインを選んで、チャート上のラインを引きたいところにカーソルを合わせてクリックするだけです。

なお、フィナボッチラインはMT4で「フィボナッチ・リトレースメント」と呼ばれています。点線が並んでいて右下にFと記載されているボタンをクリックすると、同じようにでフィボナッチラインを引くことが可能です。

バイナリーオプションでライントレードする時の注意点

バイナリーオプションでライントレードをするときは、よくある失敗についても知っておくのが大切です。

初心者が陥りがちなトラブルが二つあるので、ここで確認しておきましょう。失敗は事前に知っておくことで回避しやすくなります。

ラインにこだわりすぎない

まず、初心者が失敗しがちなのは、ラインにこだわったために失敗するというケースです。

「ラインを引けばわかりやすくなる」と思い込んでいると、たくさん引きすぎて本質を掴めなくなります。その一方で、正確性を求めすぎるあまりになかなかラインを引けないという人も少なくないようです。

丁寧にラインを引いても、実はあまり意味がありません。チャートシステムによってずれがあるので、誤差を気にしても時間の無駄になってしまいます。

もちろん正しく引くことは大切ですが、厳密さを追求するのはやめましょう。そして、多くの投資家が注目している部分を狙って素早くラインを引くのが大切です。

ダマシに気を付ける

ライントレードではダマシも発生するので注意が必要です。

ライントレードでのダマシはラインブレイクによるエントリーの失敗につながります。「ブレイクしたけれど元に戻ってしまう」というのが典型的なダマシです。

ダマシに引っかからないようにするには、確度を高めるルールを決めることが大切です。

例えば、ラインにローソク足が触れただけでなく、反転を起こしたことを確認してからエントリーするとダマシに遭うリスクが減ります。各種インジケーターを併用して、本当にそのブレイクから相場が変わるのかを分析するのも重要です。

以下の記事にダマシ回避の方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

バイナリーオプションで騙しを回避!ダマシの仕組みと対策を徹底解説バイナリーオプションでは、初心者から上級者まで「騙し」による悩みを抱えていることがよくあります。 特に初心者の頃には、騙しに遭うの...

バイナリーオプションでライントレードを極めるコツ

ライントレードをマスターすれば、バイナリーオプションで勝てそうだと思った人も多いでしょう。

最後に、バイナリーオプションでライントレードを極めるためのコツを解説します。一朝一夕にして身につけられるものではないのを念頭に置いて、じっくり取り組んでみてください。

ラインを引く練習をする

ライントレードを成功させるには何よりも練習が大切です。

ラインの引き方は基本的には同じですが、実際に引いてみると人によって癖があります。その微妙な違いによってエントリーポイントの判断のしやすさが大きく左右されるので注意が必要です。

ライン引きは学問やスポーツと同じで、色々なパターンの蓄積があってこそ精度が高くなります。時間帯や形状を意識して練習を積み重ねていきましょう。

実戦で失敗すると資金が失われてしまいますので、業者が提供しているデモトレードや過去のチャートを使って練習するのが良い方法です。

長い時間足から始める

ライントレードの練習には長めの時間足が適しています。短い時間足のチャートは相場の動きを瞬時に見極められるようになってからでないと使いにくいからです。

相場に惑わされないようにするには数時間~1日足で始めるのがおすすめです。余裕を持てる時間足でラインを引くと、時間が経っても引いたラインが有効なので無駄になりません。

そのラインに基づいて相場の動きをじっくりと見るのが、ライントレードのスキルを向上させていくのに有効なコツです。

熟練者を味方につける

ライントレードでバイナリーオプションを攻略するためには、近道を選ぶのも大切です。

ここまでの説明を理解できたなら、ライントレードで有効なラインを引けるようになるには、とにかく実践で学んでいく必要があるとわかったでしょう。

知識はあくまで前提のもので、本当に使えるラインを引けるようになるまでは試行錯誤の繰り返しで、実際の取引を通じて身をもって覚えていくしかないのです。

ただ、初心者が一から始めると時間がかかってしまうことは否めません。デモトレードなら損失は生まれませんが、いつまでも利益が出せないままもどかしい日々を送ることになる場合もあります。

この打開策としておすすめなのが、熟練者を味方につけることです。

プロトレーダーとして成功を遂げている人にとって、ライントレードは常識です。当然のように使いこなしているので、あらゆることを熟知しています。そのノウハウを伝授してもらえれば、一人で試行錯誤を続けるよりも習熟が早いのは明らかでしょう。

では、そんなプロのトレーダーとつながりを持つにはどうしたらいいのか。
答えは簡単、以下の画像をクリックしていただければ私とLINEでつながります。

LINEでつながってくれた方には、トレードで役立つ限定情報をお届けしています。ライントレードのノウハウはもちろんのこと、プロだからこそ知っている常勝のコツが満載です。

もちろんお金は一切いただいておりませんので、どうぞ遠慮なくお受け取りください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

まとめ

ライントレードはバイナリーオプション取引の初心者でも始めやすい、テクニカル分析の基本です。

ダマシ回避としてインジケーターなども使っていくことが勝率を高めるには不可欠ですが、まずラインを一通り使いこなせるようになるとトレードへの自信が生まれてきます

スムーズにマスターできるように、ぜひ私とLINEでつながりましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら