バイナリーオプション

バイナリーオプション取引時間別の攻略法【何分取引がおすすめなのか徹底比較】

バイナリーオプションは取引時間によって勝負の仕方や勝ち方が変わります。つまり、バイナリーオプションの取引時間と投資家には相性のようなものがあってしかるべきなのです。そこでここでは、バイナリーオプションの取引時間別・攻略方法をご紹介するとともに、との取引がオススメなのかという情報もご紹介していきます。

バイナリーオプションの取引時間別の攻略法を公開!

バイナリーオプションは、取引時間別に取引の戦法や攻略法を変幻自在に変えていくのがまず基本的な攻略法となります。
つまり、30秒取引で有効な攻略方法が1時間取引でそのまま使えるかと言えばそうではありませんし、逆もまた然りなのです。

基本的なルールはどれも同じですが、取引時間が違えばチャートの見方も全く変わってくると言って過言ではないわけです。そこでここではそれぞれの取引時間別にどのような攻略方法が取れるのか、そしてどの取引時間が結局おすすめなのか比較できるようにわかりやすく具体的な解説をお届けしていきます。

全ての取引時間について取引経験を持ち、また現役でバイナリーオプションの収益を上げ続けているプロ投資家による解説ですので、どうぞ安心してご覧ください。

30秒取引

バイナリーオプション30秒取引は、主に海外バイナリーオプション業者で利用されている極めて短いスパンでの取引となります。
文字通り30秒で1回あたりの取引が完結し、エントリーから30秒後には自分が勝ったのか負けたのか、すぐにわかります。

これほどシンプルで、これほどスピーディーなバイナリーオプション取引は他にありません。
元々60秒取引が最も短いバイナリーオプションの取引時間とされていましたが、それの半分ということで、この取引時間が出てきた時には、極めて話題となりました。
こちらの取引手法は、他のバイナリーオプションの取引時間とは明らかに一線を画すものであり、うまく組み合わせることができれば、より多くの利益を上げることも不可能ではありません。

ちなみにバイナリーオプション30秒取引は、このような特徴があります:

・特徴
判定時刻までの期間が極めて短く、わずか30秒で勝敗が決する
複数回の取引を短期的に繰り返すことが可能
途中決済・転売機能は利用できない

海外バイナリーオプション業者の中で提供されていることが多い機能である途中決済や転売機能は、あまりにも取引時間が短すぎるため利用することができません。
そのためリスクヘッジという部分でこういった機能を使っている場合は、機能そのものが使えませんので戦略が一つ封じられたというようなイメージです。しかしそれを補って余りあるポテンシャルのある取引時間ですので、ファンが多いのはうなずけます。

そして30秒取引の場合は極めて取引時間が短いためギャンブル的な要素を含むこともある、と日本国内では認識されており、基本的に日本国内では30秒取引のバイナリーオプションは不可能となっています。(※日本国内のバイナリーオプションは、基本的に2時間に規制されています)

これもまた、日本国内から海外バイナリーオプション業者の人気が高い理由の一つでもあるわけですが、30秒取引は、色々な意味で大人気の取引時間となっているわけです。

では、30秒取引の方法としてどのような攻略方法が狙えるのかご紹介します。こちらの箇条書きをご覧ください。

・攻略方法
トレンド相場で順張りする
ボラティリティの大きい通貨ペアでエントリーする
強烈なトレンド発生タイミングを熟知する
30秒ならではの「ノイズ」を利用して逆張りする

転売機能などは利用できませんが、トレンド相場は臨機応変に対応することができるという最大のメリットがあります。
例えば、5分間も継続するかどうかは怪しい!といったトレンド相場であっても30秒なら何とかその方向に動き続けるであろうという場合、30秒取引ではかなりの確証をもってエントリーをすることができるようになります。
トレンド転換が発生しようとしたとしてもそしてその動きがあったとしても、10秒から20秒程度であればその動きが間に合わず、利益が確定してしまうケースのほうがイメージ的には多いわけです。

また、ボラティリティの大きい通貨ペアでエントリーをすることにより、このトレンドが発生しやすく、またチャンスも多いという印象です。さらに30秒ならではの攻略法としてはノイズの存在が挙げられます。
ノイズというのは相場の動きの中で突発的に発生する極めて短く、数秒程度で収束する超強力な値動きのことです。一瞬だけ一つの方向に大きく針が触れますので、ここで逆張りエントリーをすることにより、勝率をアップさせることが可能となります。
なお、30秒取引に関する詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

バイナリーオプション30秒取引の勝ち方【順張り・逆張り・エントリータイミングのロジックを攻略】バイナリーオプションには30秒という取引時間があります。通常は1時間や2時間、もっと長い判定時刻を取るケースもある中で30秒は極めて短く...

60秒取引(1分取引)

60秒取引は1分間で取引が完結し、超短期間で判定が出る取引時間です。30秒の取引よりは若干時間が長めに取れますが、どの取引方法よりも刺激的で状況が読みづらいという声はかなり根強く存在します。
つまり、相場は読みづらく、それでいてハイリスク・ハイリターンな取引時間と言えるでしょう。
60秒取引は、多くの取引を繰り返すことができるなどといったメリットもある反面、取引回数が増えすぎると様々なデメリットが生ずる可能性もあります。まずは、60秒取引の特徴についてまとめてみましたので確認してみましょう。

・特徴
比較的瞬間的に取引を行うようなカラーの取引
どの取引時間よりも刺激的で、状況が読みづらい

60秒取引の特徴は何と言っても上記2つのポイントです。瞬間的に取引を行うようなカラーの取引であるため、テクニカル分析はほぼ役に立ちません。
もちろんテクニカル分析をかけることも不可能ではありませんが、この時間の取引で収益が上げられている人はどちらかと言うと強めのトレンドを順張りフォローするなどの対策を行っている印象が強いと言えるのではないでしょうか。

また、30秒取引と同様に取引回数が極めて多くなる傾向にあります。そのため、資金管理は徹底して行わなければならないでしょう。
精神的にも歯止めがきかなくなるケースが多く、例えば1分取引で何度も連敗するような状況だと、ついつい心と頭がオーバーヒートしてしまいさらに負のスパイラルに突入してしまう可能性があります。理論上、わずか数分間の間に数百万円以上の資金を溶かしてしまった!ということもゼロではありません。

資金管理とメンタル管理は万全の状態にしておき、さらに勝てるポイントは決して見逃さないといった手法がおすすめです。攻略方法については下記にまとめましたので確認しておきましょう。

・攻略方法
相場の取引量に気を配る
資金管理を徹底する
強めのトレンドは順張りでフォローする
上位足は必ずチェックすべし
ノイズを見逃さない

さらに詳しい情報についてはこちらの記事で解説しています。合わせてご覧ください。

バイナリーオプションの60秒(1分)取引を攻略するには?特徴と勝ち方を解説しますハイローオーストラリアなど海外のバイナリーオプション業者では60秒取引が提供されています。このバイナリーオプションの60秒・1分取引を攻...

3分取引

日本国内のバイナリーオプション業者が提供している取引時間と比較すれば確かに短い取引時間ではあるものの、30秒取引・1分取引に比べるとある程度の時間が取れるため、攻守のバランスが取れている取引時間が3分取引です。
若干マイナーな取引時間ではあるものの、3分取引をうまく制すことができれば、勝率が安定するという投資家の方も多いのではないでしょうか。
3分取引は、下記のような特徴があります。

・特徴
攻守バランスの取れている取引時間(中庸的)
若干マイナーであり、公開されている情報が少ない

こういった特徴がありますので、バランスのとれた投資戦略をとることにより安定して勝ち続けることも不可能ではないというわけです。
それでは、どのような攻略方法が取れるのかについてご紹介していきます。
バイナリーオプションの3分取引では下記にご紹介するような攻略方法がオススメと言えます。

・攻略方法
5分足を使う
転売機能を使う
取引量の少ない時間帯は避ける
強いトレンドのみを見分ける
テクニカル分析を利用する

意外や意外、3分取引では、ローソク足を使った戦法がおすすめです。それも、5分足を使う方法です。
5分足と3分足では2分間のタイムラグがありますので、これを利用して5分足のローソク足の行方を見ながら3分取引でうまく立ち回るというわけです。その他、3分取引は短いスパンの取引と比較的長時間なスパンの取引の「ハイブリッド」のような特徴を持っていますので、トレンドフォローを行う際には、取り分け強いトレンドのみを利用するという方法もおすすめです。

また、3分取引は多くの場合転売機能が使えます。うまく組み合わせることで損失を最小限にしたりリスクを抑えるような周りが良いでしょう。
さらに、テクニカル分析などを合わせて利用することによって特段に強いトレンドを見分けることも出来るようになりますし、より磐石に勝率を高めていくことも可能となります。このような事情から、バイナリーオプションの3分取引は特に、バランスのとれた取引を望まれる方にはお勧めできる手法と言えます。

バイナリーオプション3分取引については、こちらでもご紹介しています。詳しくはこの記事をご参照ください。

バイナリーオプションの3分取引を攻略する方法を徹底解説30秒取引では短すぎるし、1時間取引では長すぎる、そんなバイナリーオプションの取引時間にお困りの方に新たにご提案したいのが3分取引です。...

5分取引

5分取引は、バイナリーオプションの取引時間としては極めて短い部類に入りますが、海外バイナリーオプション業者の中では比較的に長いスパンの取引と言えます。この取引時間は以下のような特徴を持ち合わせています。

・特徴
長期的な取引の良いところと、短期的取引の良いところを掛け合わせたような存在
バランスが良く長期的な取引の時に使用するような攻略手法が比較的通用しやすい

30秒取引などと比較すると、かなり時間に余裕のある取引となりますので攻略方法もある程度変わってきます。その中でも特にお勧めできるのは以下のような攻略方法となります。

・攻略方法
レンジ相場を利用して逆張りでエントリー
オシレーターのダイバージェンスで逆張り
トレンド転換を見逃さない
トレンドが強すぎるときは取引をしない
ボラティリティに気をつける

3分取引まではトレンドが強い時に取引をすべき、といった攻略方法が利用可能でしたが、5分取引になった場合は、トレンドが強すぎる時はトレンド転換などが起こる可能性もあるので取引をしない、という攻略方法もまた必要なポイントとなってくることがあります。

その他、レンジ相場であることを利用して逆張りエントリーを行ったり、ダイバージェンスで逆張りを行うなど、いわゆるテクニカル系の分析を使うことで勝率を安定させることのできる取引時間と言えます。
30秒取引や60秒取引はノイズの存在などを使った若干トリッキーな戦い方が求められていましたが、5分取引以降の取引時間では、いわゆる王道の取引手法が有効となりつつあります。

そして、5分取引についてはこちらの記事に詳しい情報が掲載されていますので一度確認しておくと良いでしょう。

バイナリーオプションの5分取引はどう攻略する?プロが教えますバイナリーオプションの人気の取引時間の一つに5分取引というものがあります。5分取引はどのように攻略するのがベストでしょうか。ここでは、プ...

15分取引

人気のバイナリーオプション取引時間と言えば、そうです、15分取引です。キング・オブ・バイナリーオプション取引時間と言っても過言ではないでしょう。とにかくネット上にも情報量が豊富で、ほとんどのバイナリーオプション業者が提供している15分取引。この取引時間には以下のような特徴があります。

・特徴
取引を重ねやすい
ペイアウト率が比較的高い水準にある

ある程度時間が確保されている取引時間でありながらにして、やはりバイナリーオプションの中では短いスパンでの取引となりますので、取引を重ねやすいというメリットはそのまま持っているのがこの15分取引の特徴です。

それでいて、30秒取引のように刹那的な取引をする必要はなく、さらに全体的に見れば短い取引時間であるということでペイアウト率が比較的高い水準で設定されることが多いのもうれしいポイントです。
このようなバランスのとれた特徴を持つ取引時間だからこそ、攻略手法はより王道で、より効率重視のものが有効となります。

・攻略方法
毎月の5の倍数日である「ゴトー日」にエントリー
安定したトレンドが発生している通貨ペアを選択
値動きのパターンを見つける

さらに、他の取引時間ではあまり見られませんが、時間軸がある程度長めに設定されているので毎月の5の倍数日など、貿易関係の決済日に該当する日は、エントリーをするとよいでしょう。勝率をアップさせやすい・安定させやすいタイミングがあります。

これが15分よりも短い時間での取引になると様々な変動に押されて勝率が安定しませんが、15分というある種どっしりと構えることのできるような取引時間であれば、テクニカル分析というよりは毎月のパターンで発生するフォーメーション分析のようなものが使えたり、パターン化されているタイミングでエントリーを行うことも不可能ではありません。また、トレンド相場での戦い方としては、急激なトレンドを狙うというよりは緩やかでも安定して芯のあるトレンドをフォローするような戦い方がおすすめです。

もちろん、15分取引でも転売機能の利用は可能となっていますので、リスクヘッジのためにこのような手法を使うというのもおすすめです。短すぎる時間だと転売機能が利用できなかったり、利用できたとしても実質的にかなり利率が悪いなどのケースがありますが、15分取引まで来れば、そこそこの数字で転売機能などを利用することが可能となります。

また、15分ということでどうしても他の取引時間に比べるとペイアウト率が低くなる傾向にありますが、それでもペイアウト率の高さには目を見張るものがあります。そして、15分取引のペイアウト率では満足できないということであれば、スプレッド取引などを組み合わせることである程度ペイアウト率を担保出来ます。

なお、15分取引についてはこちらの記事でも詳細を解説しています。

バイナリーオプションのプロが解説!15分取引のおすすめ攻略法とはバイナリーオプションには海外バイナリーオプション業者を中心に15分取引という取引時間が提供されています。 この15分取引バイナリーオプ...

1時間取引

海外バイナリーオプション業者が提供している取引時間の中でも1・2を争うほどの長いスパンでの取引時間が1時間取引です。

一般的な為替取引・相場を追いかけるタイプの投資取引であればかなり短いスパンの取引に見えますが、バイナリーオプションという枠組みで考えれば、最強レベルに取引時間が長いという特徴があります。その他、細かい特徴としては以下のようなものがあります。

・特徴
良くも悪くも動き方が他の時間軸に比べて緩やか
エントリーの根拠や分析さえしっかりしていれば安定して勝率を集めていくことが可能

良くも悪くも、他の時間軸に比べれば1時間取引は動き方が緩慢であり、また急激な変動ということで相場が動いたりすることもほぼありません。
またでバイナリーオプション取引は30秒取引の場合などで最後の1秒、最後のコンマ1秒まで気が抜けないものですが、1時間取引の場合はそのような急激な動きや数秒単位で勝敗が分かれると言ったこともありませんので、勝つか負けるかについてある程度早い段階で見立てを立てることができます。

その関係上、攻略方法もリスクを抑えるタイプの戦い方が出来るなどバリエーションが豊富という特徴もあります。また、1時間取引は刹那的で場当たり的な取引ではなく、きちんと根拠と確証をもってエントリーをすることの方が重要となります。そのため、エントリーの根拠や分析を行っていれば、安定して勝率を集めていくことも不可能ではありません。

このような要素を煮詰めた攻略方法については以下のようにまとめてみました。

・攻略方法
転売機能をうまく使って損を小さくし、利益を確実にする
「ロンドンフィックス」を利用した逆張り
トレンドに乗じた順張りエントリー
色々な時間のローソク足を見る

詳細はこちらの記事で詳しくお伝えしています。

バイナリーオプション1時間取引を攻略する方法を解説バイナリーオプションには、短い時間の取引と長い時間の取引が2つあります。1時間取引は、その中でもやや長めの取引時間に分類されます。そして...

バイナリーオプションの取引時間は何分取引がおすすめ?

バイナリーオプション取引時間は基本的に戦い方やスタンスによって使い分けるべきです。それぞれの取引時間にはメリットとデメリットが存在しますので、この情報をまずまとめてみましょう。

取引時間の種類 メリット デメリット
30秒 ・手軽
・判定時刻が早い
・戦略が立てづらい
・連続して取引を重ねてしまいやすい
60秒(1分) ・勝敗が素早く決定する
・心理的負担が少ない
・他の取引時間や分析手法で培ったものが必ずしも適用できるわけではない
3分 ・ペイアウト率が高め ・メンタル管理や資金管理が極めて難しい
・ギャンブル性が高くなりすぎる
5分 ・精神的なプレッシャーがかかりづらい
・ペイアウト率が高い
・基本的にドロー判定が出ることがまずない
・中途半端な取引時間
15分 ・転売機能を利用できる
・精神的に安定しやすい
・ノイズによる逆張りエントリー手法が使えない
・精神状態によっては負けが大きくなる可能性がある
・トレンドを追い切れない可能性がある
1時間 ・しっかりと安定したトレンドが形成されている時は、勝率をアップさせやすい
・スプレッド取引を使うことでペイアウト率が若干高くなる(ハイローオーストラリア限定)
・突如発生した強烈なトレンドには対応しきれない
・ペイアウト率が若干低め

基本的に、取引時間が短いものについては、手軽であったり勝敗が素早く決定するために精神的負担が割合少ないなどのメリットが目立ちます。
ただし、どちらかと言うと長い取引時間で培ってきたような王道的取引手法は有効でないケースの方が多く、場合によっては極めて短い時間の間で、多くの金銭を失ってしまうリスクもはらんでいます。

これに対して長めの取引時間のメリットとしては、様々な取引手法やテクニカル分析などを応用することも不可能ではなく、転売機能などを利用することによりリスクを最小限に抑えた上で取引ができるといったメリットなどがあります。反面、良くも悪くも急激な相場変動に対応しきれません。

どのような戦略を立てるかは最初のうちに決めておくべきですが、このように取引時間の特徴やメリット・デメリットをよく理解しておかなければ、せっかく立てた戦略が不成立になってしまったり、必ずしも戦略と取引時間がマッチしないというケースも出てくることでしょう。

計画が最初からずれていると勝率を安定させるのは極めて難しい話となってしまいますので、ここでご紹介したような取引時間別のメリットやデメリットは上記の表を反復学習したりスクリーンショットしておくなどして、頭に叩き込めるようにしておきましょう。
それを踏まえてここからは、それぞれの立場やスタンスに応じておすすめの取引時間をご紹介していきます。

とにかくハイリスク・ハイリターン派の人は60秒取引

とにかくハイリスク・ハイリターンで場数を踏みながら取引回数を増やしていきたい方や、リスクがあることは重々承知の上でペイアウト率が高く、その場で結果が出るようなスタンスの取引を希望される方は60秒取引が絶対的におすすめです。

60秒取引は相場が読みづらく、そのためにペイアウト率がかなり高く設定されています。また、日本国内のバイナリーオプション業者では到底なしえないような極めて短い時間での取引となりますので、スリルも満載といってよいのではないでしょうか。

また、60秒取引とハイローオーストラリアの場合はスプレッド取引を組み合わせることができます。この場合はかなりのペイアウト率となりますので、一撃リターンを望まれる方は、この取引時間がおすすめです。ただし、テクニカル分析などはほとんど通用しないので、ここはご注意ください。

30秒取引・60秒取引の場合、テクニカル分析をしてデータがで揃うまで待つというのもなかなか実際の取引には合わない話であり、さらに、時間が短すぎてテクニカル分析を行ったとしてもその精度が十分でないケースもあります。こういった事情から、分析のデータを基に着実に勝利を掴み取りに行くと言った取引の手法は60秒取引には特に合わないわけです。

テクニカル分析が得意な人は15分取引

ある程度テクニカル分析が得意で、バイナリーオプション取引にも取り入れたいということであれば、15分取引がおすすめです。
バイナリーオプションの恩恵である短いタイミングで結果が出やすいというところと、ある程度テクニカル分析が使いやすいというポイントを踏まえれば、15分取引は最もおすすめな取引時間の一つとなります。

この時間でテクニカル分析などを行うことにより最も効率的にバイナリーオプションの取引回数を重ねていくことができるでしょう。
ちなみにこれよりも長い時間での取引でも、もちろんテクニカル分析は利用可能です。

その方がより正確にテクニカル分析の手法が生きてくるという意見もありそうですが、できる限り分析の良いところとバイナリーオプションの良いところを組み合わせた方が勝率が安定するということで、今回はテクニカル分析が得意な方には15分取引をお勧めしています。

完全初心者の人は30秒取引

完全初心者の方で、バイナリーオプションの取引の経験がないといった場合や、どんなものか少し試してみたい、お金は少しはあるからエントリーしてみたいなど、とにかくバイナリーオプションの世界観に触れてみたいという方は30秒取引が総合的におすすめです。
30秒であれば極めて短い時間のうちに判定が出ますので、勝負がどうなったかすぐに確認することができます。
また、チャートの流れも1秒ごとに変動があるので、相場の変動も追いかけることができます。このように、バイナリーオプションの雰囲気を味わうことができるという利点の他にも、まだメリットがあります。

それがノイズを利用できるという部分となります。バイナリーオプションは相場の流れを読むのにテクニカル分析やファンダメンタル分析が必要となりますが、初心者の方がいきなりテクニカル分析やオシレーター系指標などを使うのは極めて難しいものがあります。

FX経験者などであれば話は別ですが、初心者の場合は30秒取引ならではの要素を用いて、相場やFXのような難しい分析を抜きにしてまずはバイナリーオプションの取引を楽しんでみるというのはいかがでしょう。
ノイズ発生を察知し、そのタイミングで逆張りエントリーをするだけである程度勝率を安定させることが出来るわけです。このように、極めてシンプルな戦略が使えるのが30秒取引の良いところなので、完全にバイナリーオプションを始めたてという方は、この方法を使ってみるのがおすすめです。

FX経験者は1時間取引

FXの経験者は、バイナリーオプションの短すぎる取引時間だとなかなか感覚が取り戻せづらかったり、あるいは勝率を安定させるのが難しいというケースもどうしてもあります。
そのため、FX経験者の方は特段1時間取引に取り組んでみるのはいかがでしょうか。
そしてプロのバイナリーオプション投資家から見てもFXや他の投資取引ご経験のある方は最初のうち1時間取引を採用するのが最も適していると断言できます。FXは同じ通貨ペアのチャートの動きを追いかける取引とはなりますが、バイナリーオプションのように極めて短期的な取引ということではありません。

そのため、まずは1時間取引でチャートの動き方や全体的な雰囲気をつかみ、今までのご経験や体に染み付いている感覚と、バイナリーオプション取引の感覚のズレを矯正するところから始めるのがお勧めです。

まとめ

このように、バイナリーオプションは取引時間別にカラーが異なります。
カラーが異なるということはその分だけ戦い方や勝ち方も異なるわけです。さらにこのような特色があるということはそれぞれ投資家さんのスタンスに合わせておすすめの取引時間があるということになります。
ご自身のスタンスに合わせて、最も勝ちやすく、最も取引しやすく、最もストレスフリーに楽しくバイナリーオプション投資ができるような取引時間を見つけてみましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder