バイナリーオプション

移動平均線を使ったバイナリーオプション攻略法!組み合わせ方も紹介

移動平均線はバイナリーオプションのテクニカル分析で最も頻繁に用いられているインジケーターの一つですが、初心者の中には移動平均線の見方がよくわからなかったり、意味を理解できていなかったりする人もいるでしょう。

この記事では、バイナリーオプションにおける移動平均線の活用法を基本から応用までわかりやすく解説します。

バイナリーオプションで有効な「移動平均線」とは?基本的な見方も解説

バイナリーオプションのテクニカル分析で用いられる移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を滑らかなサインでつないだものです。

例えば、日足のチャートで7日間移動平均線を描く場合には、ある日から6日分遡った日までの7日間の終値の平均値を計算します。

この計算を全ての日に対して行ってプロットし、つなぎ合わせて表示したものが移動平均線です。それぞれの点は過去の終値を加味した平均的な値を示しているのが特徴です。

移動平均線の基本的な見方

移動平均線は基本的に価格を示すローソク足との位置関係によって相場の状況を見るのに使います。

上図のように、ローソク足が移動平均線よりも上にあるときには過去の終値の平均値に比べて現在の価格が高く、上昇傾向が強い相場であることがわかります。

反対にローソク足が移動平均線の下側にある場合には、過去の終値の平均値に比べて現在の価格が低くなっているため、下降傾向の相場だと判断できます。

また、移動平均線とローソク足が同じような位置にあって、ローソク足が移動平均線を繰り返しまたいでいるようなときもあります。この際には終値を平均的に見た値が実際の終値と大差がないことを示し、上昇傾向も下降傾向もない相場だと考えられます。

設定期間による違い

移動平均線を使って相場を分析するときは、設定期間の違いを意識するのが大切です。期間は任意に設定することができるため、目的に応じて期間を決めるのが重要となります。

移動平均線の設定期間による違い

移動平均線の期間設定が長いほど、より古い時期の終値を反映することになります。逆に期間設定が短いと直近の終値のみに影響される指標になるのが特徴です。

そのため、期間設定を長くするほど過去の値動きに影響されて緩やかな曲線になり、期間を短くするほど現在の値動きに敏感に反応するようになります。

短期移動平均線と長期移動平均線を組み合わせて分析する手法もあるので、設定期間によって感度に違いが生じていることは念頭に置いておきましょう。

移動平均線の種類

移動平均線として最もよく用いられているのは単純移動平均線(MA)です。これは一定期間の終値を単純に加算して平均にしたものですが、平均化の仕方によって異なる種類の移動平均線を引くこともできます。

移動平均線の種類

単純移動平均線(MA)
加重移動平均線(WMA)
指数平滑移動平均線(EMA)
修正移動平均線(WMA)

WMAやEMAなどは全ての終値を等価に扱うのではなく、加重を付けて平均化しています。

バイナリーオプションでは単純移動平均線を使うのが一般的なので、以下では単純移動平均線の活用という観点で解説をします。

【MT4】バイナリーオプションに適した移動平均線の設定方法

バイナリーオプションで移動平均線を使うときには分析ツールを使い、インジケーターの設定をする必要があります。

ここでは分析ツールとしてMT4を使用する場合の表示方法や設定方法を、バイナリーオプション向けに解説します。

設定方法①「Moving Average」を開く

まずはMT4を開いてチャート上に移動平均線を表示させましょう。

MT4を起動したら、画面上部にあるツールバーから「挿入」をクリックします。そして「インディケータ」から「トレンド」を選び「Moving Average」を選択しましょう。

移動平均線は英語で「Moving Average」と表記するので、略称は「MA」になっています。

設定方法②「期間」を設定

「Moving Average」を選択すると設定画面が表示されます。一番左側のタブの「パラメーター」から基本的な設定をすることが可能です。

単純移動平均線を表示する場合には、種別は「Simple」のままで問題ありません。他の種類の移動平均線を使用したいときも、このプルダウンリストから選択できます。

その上にある「期間」を設定するのが重要なポイントです。

短期移動平均線なら「20」
長期移動平均線なら「100」

このように設定するのが適切です。

移動平均線を活用したバイナリーオプション攻略法

移動平均線をうまく使いこなせるようになると、バイナリーオプション取引でのエントリーポイントを見つけやすくなります。

ここでは代表的な移動平均線のパターンを用いたバイナリーオプション攻略法をご紹介します。移動平均線を使ってテクニカル分析をする際にはどのような見方をすればよいのかを具体的に理解していきましょう。

上昇トレンド発生時に有効な手法

上昇トレンドが発生しているときに有効な方法として、以下の2つがあります。

ゴールデンクロス
押し目買い

この2つは視覚的にわかりやすいのが特徴です。具体的にどのようなものなのかを知っておきましょう。

ゴールデンクロス

「ゴールデンクロス」の発生を見つけるためには、チャート上に短期移動平均線と長期移動平均線を表示して、2本の線の位置関係を見ます。もともと下側にあった短期移動平均線が長期移動平均線とクロスして上に抜けるときがゴールデンクロスです。

このゴールデンクロスが発生したときには、バイナリーオプションではHIGHエントリーをすると良いタイミングだと判断できます。

ゴールデンクロスは短期移動平均線が長期移動平均線に比べて大きくなるときに起こります。期間が短い移動平均線の方がより直近の終値の影響を強く受けるため、直近の終値が高くなってきたことがわかります。つまりゴールデンクロスは、価格の上昇傾向を示唆するサインなのです。

押し目買い

「押し目買い」は主に短期移動平均線とローソク足の関係を見たときに、ローソク足が移動平均線よりも上にあり、価格が下がったときに移動平均線に跳ね返されるような形になっているときです。

実際にチャートで分析している際には、移動平均線に沿って価格が上昇した後、価格が移動平均線の近くまで戻ってくるのを見つけます。そして移動平均線の上側で反発が起こり、価格が上昇しているときがHIGHエントリーのポイントです。

このように、移動平均のところで価格が反発するポイントを「押し目」といいます。

上昇トレンドが起こっているときに値下がりが起こると、投資家は割安になったタイミングで買って値上がりを期待しようと考えます。この値下がりの最安値が移動平均線付近だと考えられ、移動平均線にローソク足が触れるところで反発が起こって価格の上昇が起こりやすいのです。この「買い」の動きが押し目買いと呼ばれています。

下降トレンド発生時に有効な手法

上昇トレンドと同様に、下降トレンドの場合にも有効な手法があります。典型的なのは以下の2パターンで、有効性が高いことから多くの投資家が活用しています。

デッドクロス
戻り売り

それぞれどのようなパターンなのかを確認しておきましょう。

デッドクロス

デッドクロスはゴールデンクロスを上下反転させたパターンです。

こちらも短期移動平均線と長期移動平均線のクロスを見ることでエントリーするポイントを見極めることができます。長期移動平均線よりも上側にあった短期移動平均線がクロスし、上から下に抜けたときに下降トレンドが起こると判断することが可能です。

このクロスのことをデッドクロスと呼び、バイナリーオプションではLOWエントリーに適したポイントになります。

この際に起こっている相場の動きもゴールデンクロスと逆で、短期移動平均線の数値が長期移動平均線の数値よりも小さくなる方向に値動きが起こっていることから、直近の価格が過去の価格を加味した平均値に比べて低くなっていることがわかります。すなわちデッドクロスは、これから下降トレンドが発生するサインだということです。

戻り売り

戻り売りは押し目買いと逆の現象で、ローソク足が移動平均線よりも下にあり、価格が上がったときに移動平均線に押し戻されるような形になっているときです。

下降トレンドが発生しているときには価格が高いときに買いポジションを取り、価格が下がりきったところで買い戻すことにより利益を得ようと考えるのが一般的です。移動平均線に沿って価格が下がっている際に価格が上昇して戻ってきたときには一時的に割高になっているため、上がりきったところで売ろうとする動きが起こります。

この「売り」の動きが戻り売りで、移動平均線のところまで戻ってきたところで価格が再び下がり始める傾向があります。バイナリーオプションでは、このタイミングでLOWエントリーをすると予測が当たりやすくなります

なお、このような下降トレンドで価格が移動平均線のところに戻ってきたポイントを戻り目と呼び、戻り目での「売り」の動きを戻り売りと言います。

チャートパターンを使った手法

さらに、特徴的なチャートパターンからエントリーポイントを見極める方法を紹介します。

「フラッグ」「ペナント」と呼ばれているパターンを長期移動平均線と組み合わせることで、エントリーポイントを見つけられます。

フラッグ・ペナントの分析には、トレンドが発生していた状況からレンジ相場に移行したときに、レジスタンスラインとサポートラインを引きます。

フラッグ:2本のラインが平行になっているとき
ペナント:右側に向かってすぼまるような三角形を描いているとき

特にペナントが形成されているときには、はっきりとしたトレンドが発生する可能性が高いことを示唆しています。

実際のエントリーポイントの見極め方は以下のとおりです。

長期移動平均線から離れていくトレンドを見つける
レンジ相場へ移行したら、フラッグまたはペナントが形成されることを確認
そこから抜け出して同じ方向のトレンドが再び発生したらトレンド方向にエントリー

移動平均線をバイナリーオプションに活用する際の注意点

移動平均線はバイナリーオプションで使いやすいインジケーターですが、活用する際には注意点もあります。

有用なインジケーターだと思って安易に使っていると失敗することもあるので、何に気を付ける必要があるのかを確認しておきましょう。

期間が短いと騙しが増える

移動平均線は期間設定が短いと直近の終値の影響を大きく受けます。

「現在の値動きに敏感になる=価格の推移を予測しやすくなる」のではないかと思う人もいるでしょう。それは半分事実ですが、実際にはリスクも高まることになります。期間設定が短すぎると現在の値動きに敏感に反応しすぎてしまい、騙しが増えるのです。

相場の状況を反映し多数値を示すようにするには期間を長めにすることが大切ですが、期間を長くし過ぎるとローソク足と移動平均線が離れてクロスが起こりにくくなるため、エントリーポイントが発生する可能性が減ってしまいます。

先述した短期移動平均線で「20」、長期移動平均線で「100」を基本として分析をするのが無難です。

移動平均線だけで予想するのはリスクが高い

移動平均線は見慣れるとわかりやすく、ローソク足との関連性も一目で見て取れることから、トレードに使うのが簡単です。バイナリーオプションで予想をするときにも、移動平均線があれば十分と思うようになる人もいるでしょう。

しかし、移動平均線はあくまで過去の一定期間の終値を平均化して視覚的に見やすいように表示しているだけなので、得られる情報量はそれほど多いわけではありません。ゴールデンクロスやデッドクロスがあれば100%トレンドが発生するわけではなく、押し目買いや戻り売りが起こらないこともあります。

移動平均線は期間設定に応じて過去の値動きを加味した相場の予測ができる点で優れていますが、移動平均線だけで予想するとリスクが高いことは念頭に置いておきましょう。他のインジケーターも使って弱点をカバーするのが大切です。

移動平均線と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法

上述したとおり、移動平均線を単独で使うだけでは明確なエントリー根拠は得られません。

根拠を強めるためには、移動平均線と相性の良いインジケーターを組み合わせて使うことが大切です。ここで具体例を5つ紹介するので、取引の際にぜひ活用してください。

トレンド系インジケーターとの組み合わせ

まずは移動平均線とトレンド系インジケーターを組み合わせる手法をご紹介します。

トレンド系とは相場の方向性を見極めるのに使うインジケーターのことです。ここでは「ボリンジャーバンド」と「ADX」を併用した手法についてそれぞれ要点をまとめました。

移動平均線×ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線に標準偏差を加味したインジケーターです。標準偏差σを用いて±1σ、±2σ、±3σのラインを引き、バンド状に表示するのが特徴です。

ボリンジャーバンドは値動きの範囲を確率的に示したもので、±2σのバンドに入る確率がおよそ95%以上となっています。そのため、一般的にはボリンジャーバンドの2σラインによって形成される領域で価格が推移すると考えることが可能です。

ここでは移動平均線とボリンジャーバンドを組み合わせてエントリーポイントを見極める方法を概説します。

ボリンジャーバンドの中心線と移動平均線を比較して、ボリンジャーバンドの中心線が上側にあることを確認します。そして、ボリンジャーバンドの2σラインから反発を受けたローソク足が移動平均線に触れたときがエントリーポイントです。移動平均線のところで反発を受けやすいのでHIGHエントリーします。

もっと詳しく知りたい人は、YouTube動画とあわせて以下の記事もぜひご覧ください。

バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー...

移動平均線×ADX

ADXはAverage Directional Indexの略称で、モメンタム分析に用いられるテクニカル指標の一つです。日本語では平均方向性指数といいます。

ADXは0から100までの数値で表示され、「25」を超える場合はトレンドの勢いが強いと判断するのが一般的です。

このADXを移動平均線と組み合わせることで、ゴールデンクロスやデッドクロスでのエントリーをより正確に行えるようになります。

移動平均線がゴールデンクロスしたとき
ADXが20%から30%くらいの範囲で上昇している場合はHIGHエントリー
移動平均線がデッドクロスしたとき
ADXが20%から30%くらいの範囲で上昇している場合はLOWエントリー

ただし、ADXは値が高くなりすぎているときには予想が難しくなると言われているため、エントリーの判断は慎重に行うようにしましょう。

オシレーター系インジケーターとの組み合わせ

移動平均線はオシレーター系インジケーターと組み合わせることもできます。

オシレーター系は相場の過熱感を示すインジケーターで、簡単に言えば「売られすぎか・買われすぎか」がわかるものです。

ここでは「RSI」「MACD」「CCI」との組み合わせ方を見ていきましょう。

移動平均線×RSI

RSIはRelative Strength Indexの略称で、日本語では相対力指数と呼ばれています。

値上がり幅を値動きの全体幅と比較して算出されているのが特徴で、買われすぎか売られすぎかを評価するのに用いられます。一般的にはRSIが70%~80%以上で買われすぎ、20~30%以下で売られすぎと判断します。

RSIと移動平均線を組み合わせる方法はいくつも考案されていますが、ここでは以下の動画で解説している1分足専用順張り手法の概要を紹介します。

短期移動平均線が長期移動平均線よりも上にある相場で、値上がり傾向があるのを確認します。そしてローソク足が陰線になり、その陰線が短期移動平均線よりも上にあるときには値下がりが起こり始めた可能性を示すサインです。このときにRSIが70%以上になっていたらLOWエントリーで勝てると期待できます。

なお、RSIには他にも様々な活用方法があります。以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【バイナリーオプション】RSIを使った逆張り必勝法!CCIやMACDとの組み合わせ技も紹介バイナリーオプションでは、テクニカル分析によって根拠のある予測をするのが合理的な方策の一つです。 インジケーターによるチャート分析...

移動平均線×MACD

MACDはMoving Average Convergence Divergenceの略称で、一般的にはマックディーと呼ばれています。日本語では移動平均収束拡散法が正式名称です。

MACDは短期指数平滑移動平均と長期指数平滑移動平均の差である「MACD線」と、その単純移動平均を計算した「シグナル線」、MACD線とシグナル線の差である「ヒストグラム」を使って解析します。移動平均線よりも直近の値動きに敏感なのが特徴で、感度の高い分析が可能です。

移動平均線とMACDの併用は両者の「クロス」を活用するもので、MACDの感度の高さを利用してタイミングを見計らうエントリー手法です。

MACD線とシグナル線がゴールデンクロスした場合
移動平均線と長期移動平均線のゴールデンクロスを確認してHIGHエントリー
MACD線とシグナル線がデッドクロスした場合
移動平均線と長期移動平均線のデッドクロスを確認してLOWエントリー

なお、MACDの使い方については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションでMACD攻略!基本から合わせ技まで完全網羅「MACD」はバイナリーオプション取引をする上で重要なインジケーターだと聞いたことがある人もいるでしょう。 テクニカル分析では多く...

移動平均線×CCI

CCIはCommodity Channel Indexの略称で、日本語では商品チャンネル指数と呼びます。高値と安値と終値の平均値を指標として計算されているインジケーターで、単純移動平均が過去の価格の平均値からどの程度離れているかを示しています。

CCIは商品取引における値動きの周期性の分析から生み出された指標ですが、為替の値動きにも有効ということがわかっています。一般的にはCCIが100以上で買われすぎ、-100以下で売られすぎと判定することが可能です。

移動平均線とCCIの組み合わせは比較的簡単なので、初心者にも理解しやすいでしょう。

移動平均線の上にローソク足があるとき
CCIが-100の基準値を下から上に抜けたらHIGHエントリー
移動平均線の下にローソク足があるとき
CCIが100の基準値を上から下に抜けたらLOWエントリー

もっと詳しく知りたい人は、YouTube動画とあわせて以下の記事もぜひご覧ください。

【バイナリーオプション】CCIを完全攻略!究極の合わせ技も伝授バイナリーオプションでは、様々なインジケーターを使ったチャート分析をして予想を立てるのが基本です。 CCIは攻略法でもしばしば登場...

【プロ直伝】移動平均線の使い方を完全マスターするとっておきのコツ!

移動平均線はベーシックなテクニカル指標なので、バイナリーオプションに取り組んでいくならぜひマスターしておきたいものです。

ここで紹介したトレンド系インジケーター、オシレーター系インジケーターとの組み合わせ方はあくまで一例で、他のインジケーターとも併用して有効なエントリーポイントを見極めることができます。

移動平均線は見た目でもわかりやすいものなので、初心者でもすぐに使えるようになるでしょう。ただ、移動平均線の種類や期間の設定、そして他のテクニカル指標との組み合わせが可能なことを考慮すると、かなり奥が深いのも事実です。

実は上級者と言われている人でもマスターできていないケースもあり、初心者が本当に使いこなせるようになるまでにはかなり長い時間がかかります。

しかし日頃から移動平均線を常用し、多くのトレード経験を積んでいるプロトレーダーから学べば、そんなに難しいことはありません

この機会に、プロトレーダーの私から情報を得て、移動平均線の使い方をとことん学んでみませんか。以下の画像をクリックすれば、私の直通LINEにご登録いただけます。

LINE配信だけの限定情報は、いずれも必ずあなたのトレードにお役立ていただけるはずです。もちろん情報提供料などは一切いただいておりませんので、どうぞご安心ください。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

まとめ

移動平均線はシンプルでありながら汎用性が高いテクニカル指標です。初心者も積極的に原理や応用方法を学んで早い段階でマスターし、バイナリーオプションで勝てるようになりましょう。

移動平均線は奥が深いことを考慮して、プロからノウハウを学ぶのが効率的です。プロトレーダーの持つ情報は質も鮮度も高いので、ぜひ私とのLINEを成長の機会としてご活用ください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら