バイナリーオプション

【バイナリーオプション】RSIを使った逆張り必勝法!CCIやMACDとの組み合わせ技も紹介

バイナリーオプションでは、テクニカル分析によって根拠のある予測をするのが合理的な方策の一つです。

インジケーターによるチャート分析は慣れないうちは大変ですが、勝てるようになるために頑張りたいという人も多いでしょう。

この記事ではテクニカル分析の際によく耳にする「RSI」というインジケーターについて解説します。

バイナリーオプションの逆張りに必須の「RSI」とは?

バイナリーオプションの戦略を考えるときには、自分なりの戦略を立てることが大切です。

テクニカル分析はエントリーのタイミングを決める際に重要な役割を果たします。分析に用いるインジケーターとしてRSIがよく登場しますが、意味も使い方もよくわからない人も多いでしょう。

まずはRSIとは何かを基礎から簡単に紹介します。

RSIはオシレーター系のインジケーター

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、日本語では相対力指数と呼ばれています。

RSIは平たく言ってしまうと「価格が上がる力と下がる力がどのくらいの強さになっているか」を判断することができるオシレーター系のインジケーターです。

テクニカル分析にまだ慣れていない人は、オシレーター系いう言葉もよく理解できていないかもしれません。

オシレーターとは「振り幅」を意味します。つまり、オシレーター系のインジケーターを見ると現在の見ている通貨ペアについて買われすぎか売られすぎかがわかり、値動きを起こしやすい状況になっているかどうかを判断することが可能です。

RSIはそれを数値化した指標の一つで、グラフを使って視覚的に相場を分析することができます。

RSIの他にもオシレーター系のインジケーターには「ボリンジャーバンド」や「ストキャスティクス」などがあり、逆張りをするときによく用いられているのが特徴です。

RSIの基本的な見方

RSIのオシレーター系のインジケーターとしての特徴をもう少し詳しく理解しておきましょう。

RSIは過去一定期間における前日比の上昇値幅の合計を、同じ期間の上昇値幅の合計と下落値幅の合計を足した数字で割って100を掛けることで計算されます。

RSIは0%〜100%の数値で示され、50%を中心としてRSIが大きいほど買われていて、小さいほど売られていると判断できます。以下の極端な例を考えてみると、RSIの見方をイメージしやすいでしょう。

RSIが100%:期間中の価格が全て前日と比べて上昇(買われすぎ)
RSIが0%:期間中の価格が全て前日と比べて下落(売られすぎ)
RSIが50%:期間中の前日比の上昇値幅の合計と下落値幅の合計が同じ(買いと売りが均衡関係)

このような3点を頭に入れておくとRSIを直感的に見て取ることができます。

一般的にはRSIが「70~80%以上で買われすぎ」「20~30%以下で売られすぎ」と判断されていることも覚えておくと良いでしょう。

RSIを活用するタイミング

RSIのイメージをつかめたところで、実際にバイナリーオプションで活用するシーンを考えてみましょう。

RSIは0~100%の間で定義されている指標なので、0より下がることや100を超えることはありません。したがって、以下のように判断することが可能です。

0付近まで下がったとき:いずれは上昇するはずだ
100付近まで上がったとき:いずれは下落するはずだ

つまり、現状とは逆方向へのトレンドの転換が起こる可能性が高いと予想できます。

オシレーター系のインジケーターであるRSIが逆張りでよく用いられているのは、RSIが高い値または低い値を示しているときにトレンドが転換すると考えられるからです。

この考え方をバイナリーオプションに適用すると、RSIが0に近いときにはHIGHでエントリーし、100付近まで上がっているときにはLOWのエントリーをすれば勝てると期待できます。

実際にはタイミングの見極めも重要ですが、勝率を上げるための根拠の一つとして有効でしょう。

バイナリーオプションでRSIを使うメリット・デメリット

RISは買われすぎ、売られすぎという状況を簡単な数値で判断できる便利な指標ですが、使用する前にはメリットとデメリットを整理しておくことが大切です。

バイナリーオプションのテクニカル分析で使用するインジケーターを効果的に活用できるようになるには、特徴を全体的に把握しておく必要があります。ここではRSIについて、より詳しくなっておきましょう。

RSIのメリット:レンジ相場で力を発揮してくれる

RSIのメリットは、レンジ相場でのバイナリーオプション取引で力を発揮できることです。

一般的に、レンジ相場ではトレンドがわかりづらい状況で予想が困難になります。しかし、RSIを使えばレンジ相場からの値動きのタイミングが見えるのでエントリーのチャンスを見極めることが可能です。初心者でもきっと勝てるチャンスを増やすことができるでしょう。

初心者にとってはRSIはわかりやすいインジケーターなのもメリットです。インジケーターによっては何本ものラインが出てきて分析の仕方で混乱してしまうことも珍しくありません。しかし、RSIはたった一つの指標なので曲線は一本しか表示されず数値の幅も0%~100%で限られているので、解釈を誤ることもないでしょう。

RSIは為替レートの値動きともチャート上で一致しやすいため初心者でも混乱を生みにくく、冷静に分析できる点で扱いやすい指標なのもメリットと言えるでしょう。

RSIのデメリット:ダマシが発生する可能性が高い

RSIのデメリットとして最も気を付けなければならないのが「ダマシ」です。ダマシとは、本来想定される現象とは別の原因で特定の数値になってしまう状況を指します。

RSIでは「0%付近になったら上がるはずだ」「100%付近になったら下がるはずだ」と予想するのが定石です。しかし、強いトレンドが発生するとRSIは0%や100%に張り付いてきてしまいます。強いトレンドが生じると上昇値幅や下落値幅が大きくなるからです。

このようなタイミングで逆張りをすると負けるリスクが高いので、トレンドの確認も怠らないように注意しましょう。

便利だからと言ってRSIしか見ていないと、ダマシによって大失敗をする可能性があります。他のインジケーターについても同様ですが、RSIを単独で使うのは基本的には得策ではありません。

別のインジケーターを併用して分析力と正確性を上げることで、勝てる可能性が高いタイミングなのかどうかを見極められるようになります。

RSIの使い方とパラメーター設定

バイナリーオプションでRSIを使える気がしてきたら、早速使って試してみましょう。特性さえわかっていれば、実践的に使っているうちに活用方法も体得できます。

ここではRSIの入手方法と、RSIを使用するときに必要になるパラメーター設定について解説します。

RSIの使い方

RSIを使ってチャート分析をするには「MT4」と呼ばれる分析ツールが必要です。

MT4は「メタトレーダー4」が正式名称のFX向けに作られた分析ツールです。各種チャートの表示もテクニカル分析も高度なレベルでできることから、世界的に用いられています。

バイナリーオプションでも勝率を上げるためにはFXと同等のチャート分析が必要になるのでMT4を使用している人が大勢います。バイナリーオプション業者によってはMT4で取引もできることがあるので、ダウンロードして使い慣れておくと便利でしょう。

MT4ではRSIが標準のインジケーターとして搭載されているので、以下の手順で簡単に表示できます。

  1. メニューバーの「挿入」から「インディケータ」を選択。
  2. 「オシレーター」の中から「Relative Strength Index」を選択。

これでRSIの設定画面が表示されるので、必要な設定をしてOKボタンを押せばRSIがチャートの下に表示されます。

パラメーター設定方法

RSIは一定期間の上昇値幅と下落値幅を使って計算するので、期間を設定することが必要です。どのような設定をするかによって得られるRSIの値も意味も変わるので注意しましょう。

バイナリーオプションでは、RSIの設定期間は14日とするのが一般的です。これはRSIが考案された1978年当時は14日間周期の相場分析が標準的だったことに由来していると考えられています。RSIの発案者であるJ.W.ワイルダー氏も14日の設定を推奨しているので、多くのトレーダーがこの設定でRSIを使っています。

現在は相場状況が変わっているので、本来であれば現在の相場状況に合わせた時間設定をするのが適切だと言えます。ただ、RSIの設定期間はあまり短くしすぎるとフェイクが起こりやすく、長くしすぎるとサインが鈍くなってしまって使いづらくなります。

そのため、最初は14日で使い始め、いくつかのパターンで他のインジケーターと組み合わせてみると良いでしょう。最終的には自分が取引しやすい方法を見つけて使いこなせるようになるのが大切です。

RSIを使ったバイナリーオプション取引の鉄板手法

RSIについての概要や使い方がわかったところで、本格的にバイナリーオプション取引に活用する方法を学びましょう。

ここから実践編の入り口として逆張りの手法を解説します。RSIを使ったバイナリーオプション取引では鉄板とも言われているので、具体的にどのように使えば良いのかを理解して使ってみましょう。

RSIを逆張りで活用する

RSIを逆張りに活用する方法の基本は、RSIが「100%に近くなったら下がる」」「0に近くなったら上がる」というシンプルなものです。実際には0%や100%になることはまずないので、RSIが30%以下または70%以上を基準とするのが一般的になっています。

ただ、勝率をしっかりと上げるには20%以下または80%以上を基準にするのが良いでしょう。このくらい厳しい条件の方が信頼度が高くなって大きな失敗をせずに済みます。

そして、RSIがこの範囲になっていたときにレンジ相場の天井や大底の反転タイミングを見極めてエントリーしましょう。

レジスタンスラインやサポートラインを引いたり、三尊やダブルボトムなどのパターン分析をしたりするとわかりやすくなります。逆張りなのでRSIが大きいときには下がる予想で、RSIが小さいときには上がる予想でエントリーします。

相場がわかりにくい時は移動平均線を併用

RSIは基本的にレンジ相場でないとダマシに苦しむことになって、予想が外れてしまいがちです。トレンド相場かレンジ相場かの区別が付かないときには、RSIを使って分析すべきかどうかがわからずに悩んでしまうでしょう。

その際にはまず相場の方向性を把握するために移動平均線を使うのが適切です。短期移動平均線と中期移動平均線とを合わせると、およそ相場を読めます。

中期線がほぼ横ばいの状態で推移していて、さらに短期線が一定で上下しているときにはレンジ相場です。中期線が傾いているときにはトレンド相場になっている可能性が高いので、RSIによる逆張りは避けた方が良いでしょう。

このようにチャートとRSIだけを見ていてもエントリーすべきかどうかわからないときにも、他の分析手法を併用すれば判断できるようになります。

この場合には相場がトレンド相場かレンジ相場かがわからなかったので移動平均線を併用しました。同じ考え方で他のインジケーターも併用すると確度が上がっていきます。

サインが出ていてもエントリーしてはいけないパターン

逆張りでエントリーすると良さそうなサインが出てきたときには、チャンスを逃さないようにエントリーを急いでしまいがちです。しかし、RSIだけしか使わずに20%以下・80%以上になったからといって、安易にエントリーすると失敗するリスクがあります。

ダマシについては既に説明しましたが、20%以下、80%以上のラインにぴったりと張り付いている状態が長く続いているときにはリスクが高いので見送るのが賢明です。

RSIが高い値または低い値を示し続けるのは、相場のバランスに偏りが生じていることを示しています。大きなトレンドが発生して急な値動きが起こっていた可能性もあり、これから安定したトレンド相場になるか、レンジ相場に戻るかも予想するのが難しい状態です。

急いでエントリーすると危険なので焦らずに見送り、もっと確率が高いエントリーポイントを探すのが大切です。

RSIと相性の良いインジケータを組み合わせた逆張り必勝法

RSIは通常逆張りのタイミングを図るのに用いるインジケーターですが、他のインジケーターと併用すれば用途は他にもたくさんあります。

例えば、他の数値を見ることによってトレンド発生の確認にも使えるなど、エントリー条件を見極めるのに有効な方法も豊富です。

ここでは「ボリンジャーバンド」「MACD」「CCI」を組み合わせた必勝法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせた逆張り必勝法

ボリンジャーバンドをRSIと組み合わせると、必勝の戦略を見出すことができます。

ボリンジャーバンドは相場のボラティリティがわかるインジケーターで、順張りにも逆張りにも活用可能です。レンジ相場になっているときにボリンジャーバンドとRSIを使えば、確度の高い予想を立てることができます。

RSIが80%以上のとき RSIが80%以上になっていたときにボリンジャーバンドを確認し、ローソク足が+2σを超えているようであれば逆張りをするタイミングです。ここから大きく動いて値下がりを起こす可能性が高いのでLOWでエントリーすれば勝率が高いでしょう。
RSIが20%以下のとき RSIが20%以下になっているときにボリンジャーバンドを見て、-2σ以下にローソク足が伸びていたときにはこれから値上がりを起こすと予想できます。この場合にはHIGHでエントリーすれば勝てる可能性が高いと考えられます。

このように、ボラティリティとローソク足の伸び方を考慮するとRSIによって予測する逆張りのタイミングの確度が高まります。

RSIとMACDを組み合わせた逆張り必勝法

RSIはMACDとの相性も良いので、うまく組み合わせると逆張りで勝てる可能性が大幅に上がります。

MACDは移動平均線と類似しているインジケーターですが、より近い時期の数値を大きく反映しているのが特徴です。実際の為替レートとの位置関係によってトレンドやトレンドの転換点を見極められるので、RSIと合わせて転換点を見つけると確度が高まります。

RSIが80%以上のとき RSIで80%以上の値が出てきたときにMACDを確認し、その前後でMACDが為替レートのラインを上から下に抜けていたらエントリーです。この場合には上昇トレンドから下降トレンドへ転換したと考えられるので、LOWでエントリーすることになります。
RSIが20%以下のとき 20%以下のRSIになっていたときに、MACDが為替レートのラインを下から上に抜けたらHIGHでエントリーすると良いでしょう。このときにはRSIもMACDも下降トレンドから上昇トレンドへの転換が起こると示しているからです。

RSIとCCIを組み合わせた逆張り必勝法

CCIは「Commodity Channel Index」の略称で、単独でもテクニカル分析によく用いられています。オシレーター系のインジケーターなのでRSIと同様に買われすぎ、売られすぎを評価しやすいのが特徴です。そのため、逆張りにおいてもRSIとうまく組み合わせると確度が高まります。

CCIは統計的に考えたときに算出される平均値から為替レートがどれだけ離れているかを示すインジケーターです。CCIが大きいときには買われすぎ、小さいときには売られすぎの状況になりますが、RSIのように上限や下限が定まっているわけではありません。

概念的には次のようにエントリーすることで勝率が上がります。

RSIが80%以上でCCIが高いとき:LOWでエントリー
RSIが20%以下でCCIが低いとき:HIGHでエントリー

CCIがいくつになったときにエントリーするかが、勝てるかどうかを分ける重要なポイントです。

この数字には様々な意見がありますが、勝率重視なら「CCIが+200以上/RSIが80%以上ならLOW」「CCIが-200以下/RSIが20%以下ならHIGH」がおすすめです。

RSIは順張りで使うことは可能なの?

オシレーター系のインジケーターであるRSIは逆張りに有効なインジケーターというのが基本です。

バイナリーオプション取引では順張りをすることもよくありますが、その際にRSIは使えないのでしょうか。

実は考え方を少し変えるだけで順張りでもRSIを有効活用できるので、どのような考え方をすべきかを理解しておきましょう。

RSIでトレンド転換のタイミングがわかる

順張りにRSIを使うことができるのは、トレンドが転換するタイミングを見極めるための指標になるからに他なりません。

逆張りに活用するときの基本的な考え方は「買われすぎたから売られるはずだ」「売られすぎたから買われるはずだ」というものです。その変化が起こるのを見越して買われているうち、売られているうちにエントリーします。

しかし、実際にはRSIが20%~30%以下になって売られすぎていたとしても、強いトレンドがあるためにまだ売られ続けることもあります。トレンドが転換するかどうかがわからない状況で逆張りをしてしまうと、失敗するリスクがあるのです。

このリスクを低減させてRSIをトレンド転換点として捉えるのが、順張りで活用するときの考え方です。トレンドが生まれたのを確認してからエントリーするので勝率が上がりやすいのが魅力でしょう。

RSIを順張りで活用するポイント

RSIを順張りで活用するときのポイントを押さえておきましょう。

逆張りの場合にはRSIが20%~30%以下、あるいは70%~80%以上になった時点で逆向きのトレンドが生まれるのを予想してエントリーします。しかし、順張りの場合にはRSIがこのレンジに入ったときには、エントリーせずにチャートを追跡します。

例えばRSIが80%以上だったのが小さくなってきて70%、60%となるでしょう。この動きが出てきたことによってトレンド転換が起こったと判断して、価格がさらに下がる方向性でエントリーするのが基本的なやり方です。

このようにRSIが高い値または低い値になったときはエントリーポイントがやってくる予告だと考えるのがポイントです。新しいトレンドが生まれたタイミングでエントリーすると、高い確率で勝つことができます。

ただし、この方法も万能というわけではないので、トレンドが本当に生まれているのかどうかを他のインジケーターで分析してからエントリーしましょう。

RSIでバイナリーオプションを極める最短最速の方法

バイナリーオプション取引にはRSIを使うのは確かに効果的で、買いと売りの動向を把握しやすくなります。

RSIは初心者にも扱いやすいインジケーターなのでつい頼ってしまいがちですが、それではかなりリスクがあることも分かったでしょう。実際にはRSIは単独で使うとダマシに遭ってしまいやすいので、他のインジケーターと併用することが重要になります。

ここではRSIについて基礎から実践方法まで学びましたが、勝つためには他のインジケーターの特性も理解して使いこなし、適切な組み合わせで分析することが必須です。インジケーターの組み合わせ方やエントリー条件の決め方で自分の勝ちパターンを作り上げることが、バイナリーオプション取引で成功することに直結します。

RSIについてここで理解したくらいの初級者の場合には、まだまだこれから学ばなければならないインジケーターがたくさんあります。その組み合わせ方も膨大なので、本当の勝ちパターンを見つけ出すにはかなりの時間も労力もかかってしまうでしょう。

少しでも早くバイナリーオプションで勝てるようになりたいなら、プロの指導を受けるのが効果的です。RSIを使った取引の勝ちパターンを身につけて日々実践しているプロトレーダーに教われば最短最速で結果を出せるところまで到達できるでしょう。

私も現役のプロトレーダーとしてバイナリーオプションで成功を収めている一人です。現在は取引経験から培った「勝ちの法則」を伝授することをライフワークとしています。

RSIをはじめとするインジケーターを使いこなせるようになりたいと本気で思っているのなら、私に教わってみませんか。

これは私の直通LINEです。

LINEを通じて繋がった方々は、いわば私の大切な友人です。
友人ですから、情報料などと言ってお金をいただくようなことはありません。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

まとめ

インジケーターは使い方が多様で、色々なインジケーターを組み合わせると可能性が無限に広がります。RSIは逆張りのエントリーで使うのが主流ですが、順張りで使って勝率を上げる方法もあります

ただし、初心者にも使いやすい反面、単独でエントリーを判断するのにはリスクがあるのも確かです。勝率を上げたいと切実に思う人は、私の指導を受けることも前向きに検討してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder