バイナリーオプション

バイナリーオプションの元手はいくら必要?作り方まで徹底解説!

バイナリーオプション、投資商品として最近は注目を集めていますが実際にスタートするためにはどのくらいのお金が必要なのでしょうか?

ここでは、バイナリーオプションの元手を立てるための方法をご紹介するとともに、結局バイナリーオプションはいくらあれば勝負が出来るのかについてご紹介していきます。

また予算別にバイナリーオプションのおすすめの戦い方もプロの現役バイナリーオプショントレーダーがご紹介していますので必見です。

バイナリ―オプションの元手はいくら必要?

バイナリーオプションの元手は、いくらぐらいあれば良いのでしょうか?結論、バイナリーオプションの元手は数万円あれば、必要最低限は揃っていると言えそうです。

また、どのくらいの予算があるか、どのくらいの元手があるかによって戦い方を変えることも不可能ではありません。一般的にバイナリーオプションの元手を検索すると、可能な限りお金はあったほうが良いという一元的な回答になることが多いのですが・・・実際のところ元手はバイナリーオプションの場合そこまで多くなくても大丈夫です。

【元手別】バイナリーオプションの取り組み方

バイナリーオプションは元手がこのくらいなければならない、などの金額の指定は特にありません。

ただし、どのくらいの予算が用意できているかの「金額」によってバイナリーオプションの取り組み方は変えていく必要があります。

そこでここでは、バイナリーオプションの取り組み方をどのくらいの予算で行うべきか、つまり予算別のバイナリーオプションの取り組み方をご紹介していきます。

1万円~10万円:投資+種銭作り

バイナリーオプションの元手は多いに越したことはありませんが、初心者のうちは無理せず1万円から10万円程度から始めておくと良いでしょう。

相場を読んだり過去のデータを元に分析を行ったりすることで、負けのリスクを減らしていくことができるバイナリーオプションですが、想定外の値動きが続きあっという間に元手が底をついてしまう可能性がないとは言い切れません。

こうした時のリスクを少しでも減らしたいのであれば、最初の元手は少なめに設定しておくことがおすすめです。

その先の取引を考えるのであれば、バイナリーオプションで取引をする以外に副業を行い種銭作りを始めておくことがおすすめです。

慣れてきたら、有り金すべてをバイナリーオプションにつぎ込みたいという人もいるでしょう。

しかし、どんな形であっても投資というのは余裕資金を使って行うものです。

そのため、バイナリーオプションでより多くの取引をしたい、まとまった金額をエントリーしたいと考えるのであれば、生活のための資金を脅かすことがないように種銭作りをしておいて損がありません。

元手に余裕が生まれれば、その分落ち着いて値動きの確認や分析などを行うことができるようになるでしょう。

10万円~30万円:「情報」にも予算を割く

バイナリ—オプションでは10万~30万円の元手があれば、ある程度の利益が狙えます。

なので、サインツールの勉強やテクニカル分析について学ぶのも良いのではないでしょうか。

いきなりこの元手で運用するのは危険ですから、デモトレードをやって実際の動かし方を学びましょう。

要領が掴めたら、元手の数十万円でやるというのが大損しない意味でもおすすめです。

その他、ある程度の予算が確保できているため、ツールや様々なセミナーへの参加も検討してしかるべきと言えるでしょう。なぜなら、バイナリーオプションは独学で進めて億万長者になれるほど甘いものでは決してありません。

というより、バイナリーオプションは情報が命ですから、有料であっても様々なところから有益な情報をゲットしておくのは基本的な行動ですらあると言えるでしょう。バイナリーオプション関連の本当に有効な情報はそれ相応の対価が伴います。

セミナーや有料の動画商材などを購入するのも一つの方法です。今までの自分の考え方の持ち合わせにはなかったような新たな戦い方や新たな稼ぎ方を見習うこともできるからです。何よりある程度実績を出した方が行っているので、少なくとも自分よりは知識やバイナリーオプションの方法が分かると言えるのです。

しかし、評判や自分で学んでみて疑問を持った部分を的確に答えているようなものであれば、検討してみましょう。

闇雲に儲かるとか、勝てるとかアピールしているものではなく、内容が具体的でわかりやすいものを選びましょう。

30万円~:ツール購入も視野に

バイナリ—オプションの元手が30万円以上の取り組み方は学習とツールの導入の検討です。

いくらバイナリーオプションで2択と言っても今の相場の流れが見えないと外しやすくなります。

そう言った意味で今がどういう流れになっているのかを知る目的でチャートの見方を学びましょう。
通貨の特性も知ると便利です。

この日に政府の発表があって価格が変化するというタイミングを学んでおけばバイナリーオプションが有利になります。

いつ動くかどう動くかの予想が立てやすいメリットもあります。

テクニカル分析は過去の様々な相場に取り組んでいる人の間で開発された予測方法です。

これもバイナリーオプションに活かすことが可能となります。これらの知識を知った上で、ツールの導入を検討しましょう。

基礎を学ぶ他にツールの狙いはなんなのかを知ることができるのはより的確なツール選びができるようになります。詐欺ツールをつかまされない上でも大切です。

また使えるツールを手に入れても仕組みが分からないと導入しても使えません。

このようにあらかじめ基礎を学んでからツールを選ぶ事で、より有益な30万円の元手での取引ができるのではないでしょうか。

バイナリーオプションの元手が0円の時の戦い方

日々の生活で精一杯、クレジットカードのショッピング枠も残り少ないために、バイナリーオプションの予算が全く捻出できないというケースもあるでしょう。この時どうすべきでしょうか?

基本的に、無理をするのは禁物です。かといってバイナリーオプションを諦めろというのではありません。

この後でもご紹介しますがバイナリーオプションの予算として組み入れては絶対にいけないタイプのお金が世の中にはいくつかあります。

世の中には、バイナリーオプションは50%の確率で勝てるわけだから、多少のリスクをとってでも、いくつか勝負をしかければ予算を増やせるのではないか?とかなりギャンブル的な思考で、絶対に使ってはいけないお金をバイナリーオプションにつぎ込む人がいます。

しかしこれは失敗した場合に二度と太陽の下で暮らせなくなるかもしれないような大変な思いをする可能性がありますので、お勧めしません。バイナリーオプションで作った借金は基本的に債務整理をすることも難しいものがありますし、なにより債務整理という今までの日常生活に関わりのなかった行動が伴ってくるのは、人生で言えば間違いなくマイナスの方向に突き進んでいるからです。

バイナリーオプションの予算を確保できない時は、諦めるしかないのか?という考えもあるでしょう。しかしそういったことではありません。バイナリーオプションの予算がないなら作りましょう。

バイナリーオプションの予算を作るならどうすれば良いか?ビジネスです。サラリーマンだから専業主婦だから、そして学生だから、そんなビジネスをやってお金を稼ぐ時間はない、という方もいらっしゃるでしょう。

しかしよく考えてください。ビジネスで成功している人は、一般的なサラリーマンや専業主婦と学生さんよりもはるかに忙しい毎日を過ごしています。

それも、新しいことをどんどん実行しながら、とんでもない速度で走り続けながら忙しい毎日を過ごしているというわけです。つまり、本当にできる人はまず、そもそも時間の作り方や時間の有効な使い方をきちんと体で理解しています。

ここでもう一度伺います。あなたはサラリーマンだから時間がない、専業主婦だから時間がない、そして学生だから時間がない、とおっしゃいますが、あなたの人生は上記でご紹介したような敏腕経営者よりも忙しいのでしょうか?

そしてバイナリーオプションの予算を作るためのビジネスはそこまで大きな時間的なロスを産むことはありません。コツさえきちんとつかんでいれば、隙間時間でも着実に予算を作っていくことは不可能ではありません。その方法はどこで学べば良いのか?これも、時間的なコストのかかることですから出来る限り効率的に情報を吸収しなければならないでしょう。

そしてその情報を得るために対価として支払う金銭はどのくらいでしょう?ただでさえ予算が出せないのだから、ビジネスの方法を学ぶにしてもお金をかけることはできないというケースも多いのではないでしょうか。

今まで数多くの連絡やご相談を私は頂いてきましたが、サラリーマンだから主婦だから、大学生だから、年寄りの介護があるから、ビジネスをやる時間まではありません。でもバイナリーオプションで成功したいんです。人生を変えたいんです。なんとかなりませんか?というものが多かった印象です。

私から言わせれば、隙間時間を作る覚悟もないのに連絡してこないでいただきたい、とすら思ってしまいました。

おそらく多くの方は、私に対して「自分は特別だから時間を作ることができないんだ」、と反論するでしょう。それで私が納得すれば、あなたは勝ち誇ったような感情を持つこともあるのではないでしょうか。

確かにあなたは私との口論に勝ったかもしれません。でも、その段階で私はあなたに対して興味を失いますし、あなたもまた、お金を稼げるようになるための階段を自分から降りてしまい、そしてその階段は二度と登ることができなくなってしまうでしょう。

それではあまりにも勿体ない。だからこそ、まずは行動を起こしていただきたいのです。どんな小さな一歩でも構いません。どんな小さな行動でも構いません。時間にして、1分かかっていなくてもいいんです。

まずは、何か行動を起こしましょう。ビジネスをしてバイナリーオプションの予算を稼ぐためにはどうすればよいか?も、やり方を調べる必要があります。

もちろん、情報を手に入れるための対価も予算として組むことが難しければ無料で情報をあなたに対して懇切丁寧に教えてくれる相手を探す必要があります。

そしてその教えてくれる相手も、ある程度の実績を持っていないと信頼するにはやや材料が足りないというケースもあるでしょう。つまり、すべての条件を満たす相手を探すことを考えれば、今すぐにでも行動を起こさなければなりません。

その上で、あえて公開します。私のLINE@です。

お金はかかりません。無料で様々な情報をお教えすると共にバイナリーオプションの元のお金を稼ぐためのビジネスの方法も応援しています。

ここまでやっているのは私がもともと工場勤めで、ライフラインが止まったボロアパートの一室で震えながら人生のどん底を経験しているから。一人でも私と同じように人生を這い上がっていただきたい、この想いから、ビジネスなどとは一切関係なく本当に個人の使命(ミッション)として行なっていることです。

まずは無料で繋がりましょう。話は全てそれからです。

バイナリーオプションの元手にしてはいけないもの

バイナリーオプションの元手、正直どんなお金でもお金はお金ですから、つぎ込んでしまえばいいのではないか?という方もいらっしゃることでしょう。

しかし答えはそうではありません。バイナリーオプションの場合、きちんと余剰資金で投資に取り組まなければ後から大きなトラブルに巻き込まれてしまうこともあるのです。

ここでは、バイナリーオプションの原資に組み込んでは絶対にいけないお金をいくつかご紹介していきます。もし今バイナリーオプションの予算をこの辺りのお金から捻出しようと考えている方については、悪いことは言いませんから今すぐにその考えを捨ててください。さもないとバイナリーオプションどころの騒ぎではない人生の修羅場とも言えるような大変な目に遭ってしまう可能性があります。

実際に人生のどん底を経験した人間だからこそわかる、バイナリーオプションの予算にしてはいけないお金についてご紹介していきます。

生活費

バイナリーオプションの元手を生活費から出すことは、危険な行為です。

理由は、バイナリーオプションでは簡単にお金が減ってしまうためです。

お金が簡単に減ってしまう理由としては、為替レートが自分の予想通りに動くケースは少ないことが挙げられます。

とくに日本時間の昼間の時間帯は、アメリカドル円やユーロ円の通貨ペアの値動きは、きわめて平坦です。為替レートの値幅が、わずか50銭以内で推移することも珍しくありません。

このため、とくに日本時間の昼間の時間帯にバイナリーオプションでポジションを持つと、自分が狙っている為替レートまで動くことなく、ポジションが無価値となってしまうのです。

また、日本時間の夜間の時間帯であれば利益がでるかというと、けっしてそうではありません。

夜間の時間帯にアメリカやヨーロッパの重要な経済指標や金融政策の発表があると、為替レートは一気に2円幅で動くことも珍しくありません。

このため、夜間の時間帯ならば利益を稼ぎやすいと考えがちです。

ところが、そのような重要な経済指標や金融政策が発表されるときは、バイナリーオプション業者は値幅を通常の数倍に広げて設定します。

つまり、為替レートが1円動いても、価格が動かないように設定しまうのです。

このような背景があるため、バイナリーオプションでは簡単に利益を稼ぐことはできず、むしろお金を消失してしまう確率が高くなってしまうと言えそうです。

もちろん、精神的な負担も大きくなります。つまり生活費であればバイナリーオプションで負けてしまった場合今後の生活に支障が出る可能性が極めて高く、ご家族とも何かトラブルになる可能性があります。このようなリスクを背負ってまでバイナリーオプションをするとなれば、必ずどこかでメンタルにブレが生じますので、そういった部分でも勝率を上げることは難しくなってしまいます。

そのため生活費をバイナリーオプションの元手とすることは危険なのです。

借りたお金

バイナリーオプションの元手に人から借りたお金をあててはいけません。

バイナリーオプションは大きな利益が見込める投資ですが、人から借りたお金を元手にすると途端に勝率が下がってしまいます。

これには単なる迷信やジンクスではなくきちんとした理由があります。

世の中には

  • 人から借りたお金に対して自分のお金以上に責任を感じるタイプ
  • 自分のお金ではないからと責任を感じないタイプ

の二種類が存在します。

前者のタイプは借りたお金に対して必要以上に責任を感じてしまうため損失を出すことを極端に警戒します。

バイナリーオプションはある程度リスクを考慮した上で積極的に投資しなければ利益が見込めませんが、借りたお金に対する責任感が強すぎるとどうしてもリスクを過大評価してしまい取引チャンスでもエントリーをためらってしまいます。

結果として大きなチャンスを見逃すことが続き、いつまでたっても利益どころかエントリーさえろくにできない状態に陥ってしまいます。

では自分のお金ではないからと責任を感じにくいタイプの人なら利益が出るのか、といえばそうではありません。

借金を軽く考えるタイプの人は往々にして投資につきまとうリスクを軽視しがちです。エントリーの判断も自己資金での投資に比べると甘くなってしまうため負けやすくなります。

どちらにしても人から借りたお金をバイナリーオプション取引の元手にすると勝率は下がってしまいます。

利益をめざすなら責任と覚悟が伴う自己資金で取引するのがバイナリーオプションの勝率を高めるコツです。

事業資金

会社経営者であっても、事業資金をバイナリーオプションの元手として使うことはできません。
事業資金というのは、あくまで経営などのために使うものです。バイナリーオプションを行う際には、事業資金ではなく個人の余裕資金の中から元手を用意することが大切です。

会社経営をしていると、会社のお金も自分のお金のように錯覚をしてしまう人は少なくありません。しかし、事業資金に対しては法人税、個人の所得に関しては所得税などかかる税金が異なります。そのため、会社経営者であっても事業資金に手を付けることはできません。

役員借入金という形で計上をすれば、事業資金でバイナリーオプションを始められるのではないかと考える人もいるでしょう。その場合、会社に対して利息を支払う必要が出てきます。

こうしたことを考えると、事業資金をバイナリーオプションに回すということは得策ではありません。

個人の所得の中で、余裕資金が生まれたらその時点で取引を開始するようにする方が良いでしょう。
バイナリーオプションというのは、リスクも伴うものです。リスクが大きくなれば、会社経営にも影響が出る可能性があるだけに、バイナリーオプションは個人の余裕資金で行うことがおすすめです。

家族の預金

家族の預金をバイナリーオプションの元手にするのは絶対にやってはいけない行為です。

バイナリーオプションで勝てば資金が増えるのだから家族のためにもなるじゃないか、という考えははっきり言って甘すぎます。ちなみに最悪の場合、警察に捕まり、普通に窃盗案件として刑事事件として起訴される可能性があります。

起訴されると、相手がどれだけ家族であっても「ちょっと借りただけだった」だったと主張しても、被害者感情・処罰感情などもありますから、場面によってはリアルに実刑判決が下り、たかだかバイナリーオプションの予算をちょっと家族から拝借しようくらいの軽い考えでやってしまったことにより、逮捕歴と服役の履歴がついてしまう可能性があります。

そうなると、どうしても残念ながら日本の社会では今後平和に暮らしていくことは難しいと言わざるを得ません。そんな人生のどん底を味わってほしくないために、あえて何度でも申し上げますが、家族の預金をバイナリーオプションの予算として組み入れるのは絶対にやめましょう。何もいいことはありません。

どんなに優秀な人でもバイナリーオプションの勝率が100%になることはありません。バイナリーオプションで巨額の試算を築いた優秀な人でも勝ったり負けたりを繰り返すのが当たり前で、連勝で利益が積み上がることもあれば負けが続いて損失が膨らむこともあります。

家族の預金を元手にバイナリーオプションに挑戦してもし負けがつづてしまったらどうなるでしょうか。

もしそんなことがあれば損失を取り返そうとさらに取引にのめり込んでしまうのは明白です。そのような状態ではリスクに対する冷静な判断は失われ、無茶な取引をして損失を取り戻すどころか大切な元手を失ってしまう恐れもあります。そうなればことは自分だけの問題ではおさまりません。

家族にまで多大な迷惑をかけてしまいお金の問題にとどまらず信用問題に発展してしまいます。バイナリーオプションは自分自身で責任を撮れる範囲で実践するのが原則です。家族のお金を元手にしていいことなど何もありません。金銭以上に大切なものまで失うことのないように自己資金でチャレンジしてください。

まとめ

バイナリーオプションの元手は、一般的な投資商品のようにまとまった金額でなくても問題はありません。ただし、予算に応じてスタンスを変えていくことでより最適化されたバイナリーオプション投資が可能となります。そのためどのくらい予算が用意できるかによって戦い方を変えていく必要があると言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder