バイナリーオプション

バイナリーオプションの専業トレーダーになる!実現のための行動計画

バイナリーオプションに本格的に取り組んだら、その利益だけで生きていけるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

バイナリーオプションの専業トレーダーになることは現実的に可能なのでしょうか。

この記事ではその疑問に端的に答えた上で、本気で専業トレーダーを目指す人のための行動計画をわかりやすく具体的にご紹介します。

目次
  1. バイナリーオプションの専業トレーダーは実在する!どれくらい稼げているのか調べてみた
  2. バイナリーオプション専業トレーダーにみられる共通点
  3. バイナリーオプション専業トレーダーとして成功するための必須条件
  4. バイナリーオプション専業トレーダーになるまでの具体的なアクションプラン
  5. バイナリーオプション専業トレーダーに適した取引業者
  6. バイナリーオプション専業トレーダーを目指すならマスターすべき相場分析のテクニック
  7. バイナリーオプション専業トレーダーを目指すあなたへ!先輩トレーダーが成功のコツを教えます
  8. まとめ

バイナリーオプションの専業トレーダーは実在する!どれくらい稼げているのか調べてみた

専業トレーダーになりたいと思っている人は、そもそもバイナリーオプションの専業トレーダーは存在するのかどうかを最初に知りたいでしょう。

結論からお伝えすると、専業トレーダーとして成功している人は実在します

株やFXと違ってあまりクローズアップされていないだけで、バイナリーオプションを専業にしている人もいるのです。

それを聞くと、やはり気になるのは収入面ではないでしょうか。

そこでまずはじめに、バイナリーオプション専業トレーダーがどれくらい稼げているのかをご紹介していきます。

専業でどれくらい稼いでるの?

バイナリーオプションの専業トレーダーになるとどのくらい稼げるのか、これはバイナリーオプションに限らず株式投資やFXでも同様ですが、トレーダーによって”ピンキリ”です。

月収としては数十万くらいの人が比較的多くなっていますが、本気で専業トレーダーとして稼ごうと努力している人の中には数百万、数千万と稼ぐ人もいます

ただ、バイナリーオプションは投資なので収益には多少の波が生じます。そのため、毎月安定した収入を得られているというわけではなく、多い月と少ない月をならして数十万円、数百万円、といったケースがほとんどでしょう。

いずれにしても、生活していくのに困らないだけのお金をバイナリーオプションで稼ぐことができているのが専業トレーダーです。

億トレーダーもいるってホント?

投資の世界には「億トレーダー」を目指したいという人も多いですが、バイナリーオプションの専業トレーダーでもそんな人が存在するのでしょうか。

株式投資では億トレーダーもいることがよく知られていますが、バイナリーオプションでも理論上は可能なので、もしかしたら本当にいるかもしれません。

わかりやすいように、海外業者でペイアウト率1.9倍の取引だけをしたことを例として考えてみましょう。

【例】

1回のトレードに1万円を使ったとすると、予想が当たれば利益は9000円です。1日20回連続で勝ち続ければ9000円×20回=1日18万円の利益になります。
平日だけ取引をしたとして1ヶ月(20日)にしてみると、20倍の360万円の月収です。これを12倍すれば1年で4320万円を手に入れられます。

この計算では2年かかりますが、トレードに使う金額はもっと増やせます。複利効果を活用すれば瞬く間に1億円稼ぎ出せるようになると考えられるでしょう。

稼いでるアピールする人は偽物?!

優秀な専業トレーダーがいるならネット上でよく見かける「専業で〇〇万円稼いだ」という話もきっと本当だと思うかもしれません。

しかし、ネットでは匿名で好き放題に情報を流すことができるので、100%本当の内容だとは限りません。稼いでいるのを前面に出してアピールしているような書き込みには悪質業者が関わっている可能性があります。

高額な取引ツールや情報商材を売りつけられた
怪しげなセミナーやコミュニティに勧誘された

といったような、悪質業者による被害は今までに何件も報告されています。

全てが虚偽の情報とは限らないものの、安易に鵜呑みにしてしまうと詐欺の被害に遭うおそれもあるので注意しましょう。

バイナリーオプション専業トレーダーにみられる共通点

本当に専業トレーダーがいるのなら、本物を見つけてつながりを持ちたいという人も多いでしょう。本物のトレーダーがどんな人かを知っていれば、詐欺まがいな業者かどうかを見極めるのにも役立ちます。

そこで続いては、自分の力で稼いでいるバイナリーオプションの専業トレーダーの共通点を解説します。どんな人物なのかをイメージしながら読み進めてみてください。

最初は副業トレーダーだった

バイナリーオプションに限らず、株でもFXでも専業トレーダーになった人の多くは元副業トレーダーだったというケースが多くなっています。

もともと「少し稼げれば良い」というくらいのスタンスで地道に取引をしていた人が、専業トレーダーになって生計を立てることに成功している事例は多数あるのです。

職歴は人それぞれですが、取引をはじめてから1~2年くらいの間は安定した仕事に就いていて、生活には困らない環境で経験を積んでいるという点は多くの人に共通しています。

取引の実績から長期的に勝ち続けられるかどうかをよく考え、確信を持てるようになってから専業化に踏み切っているのが通例です。

こうした準備期間もなく、突然専業トレーダーになれるのは極めてレアなケースだと考えておいた方が良いでしょう。

倹約家である

トレーダーとして稼いでいると言われると、さぞかし派手な暮らしをしているのではないかと思っている人もいるでしょう。

ところが、専業トレーダーは意外と倹約家です。

バイナリーオプションは投資なので、毎月決まった給与をもらっているサラリーマンに比べると収入が安定しません。この点も株やFXの専業トレーダーと同じで、収入が不安定になることを懸念して無駄遣いをしない習慣が身につく人が多いのです。

中には普段から大金を使っているトレーダーもいないわけではありませんが、どちらかというと少しでも手元資金を減らさないように堅実に生活している人が多くなっています。

自分の裁量で取引している

このブログでも「バイナリーオプションは裁量による取引が重要」ということを何度もお伝えしていますが、専業トレーダーになった人はまず間違いなく裁量トレードをしています。

自動売買ツールやサインツールなどに頼りきりではなく、自ら培ってきた知識とテクニックで取引に挑んでいます。

自身の裁量で判断できないと、安定して勝ち続けることはできません。勝敗に波があるようでは、毎月の生活費を工面するのも難しいでしょう。「根拠があるから自信を持ってエントリーする」というやり方を貫き通せるようになり、ようやく専業トレーダーになる勇気を振り絞れるのです。

もちろん利益も損失も自分で理解して取引をしていて、反省を経てさらに成長を続けています。稼げる状況を維持向上させていかなければならないので、専業トレーダーは自分の実力を高める努力を怠らず、多くの時間を勉強や特訓に使っています。

1日のエントリー回数が少ない

バイナリーオプションに焦点を置くと、専業トレーダーはエントリー回数がかなり少ないのが特徴です。

稼いでいる人は無数のエントリーをしているのではないかと思いがちですが、専業トレーダーだからといって四六時中エントリーしているわけではありません。リスクが高いエントリーをする必要はないので、逆に稼いでいる人ほど高確率で稼げるタイミングだけを狙って取引をしています。

これは間違いないだろうと思えるようなポイントは実際にはあまりないので、いかにして見つけ出してそのときだけエントリーするかを考えているのが成功している専業トレーダーの共通点です。

ここでも育んできた裁量が生きているとも言えるでしょう。

バイナリーオプション以外の投資も経験している

バイナリーオプションの専業トレーダーというとバイナリーオプションしかやったことがないと思うかもしれません。

しかし、実際にはバイナリーオプションしか経験がない人はレアで、他の投資にも取り組んできた人がほとんどです。

トレーダーとして生きていくなら最も稼げるものを選ぶのが当然のことで、他の投資にも挑戦してみないと比較できません。株や仮想通貨などもやってみた結果としてバイナリーオプションを選んでいるのです。

バイナリーオプションと仕組みが近いFXだけやったことがあるという人も多く、専業と言いながらFXとバイナリーオプションを両軸で行っている人もいます。知識やテクニックに共通点があるので、資金を分散してリスクヘッジするには合理的な選択と言えるでしょう。

バイナリーオプション専業トレーダーとして成功するための必須条件

バイナリーオプションの専業トレーダーの様子を見てみると、イメージとだいぶ違ったという人も多いでしょう。

多くの専業トレーダーは、このような現実をよく知ったうえで専業化を決断しています。

この理解を経て、やはり専業トレーダーを目指したいというなら、以下に挙げる3つの条件を満たしているかどうかをチェックしてみてください。

扶養家族がいない

成功しているバイナリーオプション専業トレーダーには扶養すべき家族がいないケースが目立ちます。

投資を主な収入源として生活していくうえでの問題として、先述したとおり毎月一定の収入を得られる保証がないことが挙げられます。収入が不安定になってしまうことを考慮すると、自分の収入だけで家族を養うのはリスクが高いと考えざるを得ません。

必ずしも独身である必要はないですが、世帯を持っているなら配偶者が正規雇用で働いているなど、自分自身に扶養義務がない方が安心できるのは明らかです。子どもや高齢の両親などを自分が養う必要があるのなら、脱サラや専業化を考えるべきではないかもしれません。

バイナリーオプションでは専業トレーダーばかりが成功しているわけではありません。元を正せば副業トレーダーだった人が多いということからもわかるように、兼業・副業でも成功してるトレーダーは大勢います

あえて専業トレーダーになるのなら、その理由をよく考えて、家族の了承も得てから専業化に踏み切りましょう。

安定した勝率を維持できている

専業トレーダーとして成功するためには、安定した勝率を維持できていることも必須条件の一つです。

バイナリーオプションでは、予想が外れると投入した資金が全額失われることになります。そのため、コンスタントに一定以上の確立で勝てるようにならないと資金を失う一方です。

勝率とペイアウト率の関係

ハイロー取引なら単純に考えるとバイナリーオプションは50%の確率で勝てますが、多くの業者はペイアウト率2倍以下です。つまり、ランダムに取引をしていたら資金は減っていくだけになるのです。

同じ金額を掛金として勝率が安定して高めになっていれば、一回の勝敗は抜きにして考えてトータルで見ると利益を生み出し続けられます。目安として60%~70%程度の勝率を維持できれば、ペイアウト率が高い海外のバイナリーオプション業者を選んで生計を立てられるでしょう。

勝率が不安定では収入も安定せず、場合によっては資金がなくなるので注意が必要です。

メンタルをコントロールできる

自分自身のメンタルコントロールができることも、専業トレーダーとして生きていく上では欠かせません。

バイナリーオプションでは、予期せぬ事態によって負けることがしばしばあります。一回の負けなら仕方ないと思えても、連続で負けてしまうと気持ちも落ち着かなくなってくるでしょう。

何とかして損失を取り戻したいという気持ちが強まると、焦って取引をしてさらに失敗するリスクが生じます。

目先の利益を追って冷静さを失ってしまってしまうと、

根拠もなくエントリーを繰り返す
確たる証拠がないのに多額の掛金を投入する

といった問題を起こしてしまいがちです。

これでは資金がいくらあってもうまくはいきません。いかなる状況でも落ち着きを取り戻すことができるかどうかを自問自答してみましょう。家族や友人などから客観的な意見を聞いてみるのも良いかもしれません。

もし激しやすい傾向があるなら、専業トレーダーになるのは避けた方が無難です。

お金の悩みを抱えていない

メンタルを乱す大きな原因となり得るのがお金の悩みです。

「借金を抱えていて何とか返済しなければならないから専業トレーダーになって稼ぎたい」というのはあまりにもリスクが高すぎます。利益を得ることに対してのプレッシャーが大きすぎるので、冷静な取引を続けるのは困難です。

そもそも投資は余剰資金を使って行うものなので、最初から負債があるような状況では行ってはなりません。他のことならメンタルコントロールができているつもりでも、お金のことになると冷静さを失う可能性が高いので注意が必要です。

専業トレーダーを目指すなら、まずはお金の悩みを解決しておきましょう。この資金は投資に使っても問題ないというくらいの貯蓄ができてから専業トレーダーになるのが賢い判断です。

バイナリーオプション専業トレーダーになるまでの具体的なアクションプラン

バイナリーオプション専業トレーダーになるための必須条件は満たしているからやってみようという場合には、何から始めたら良いのでしょうか。

専業トレーダーに今日からなろうと思っても、無理な場合がほとんどです。これから先に取るべきアクションプランを具体的に紹介するので、自分の状況がどの段階にあるかを考えてみましょう。

安定した仕事に就く

専業トレーダーを目指す上では安定した仕事に就くのがスタート地点です。バイナリーオプションで稼ぐためには元手が必要になるので、トレードに利用できる資金を用意する必要があります。

余剰資金を生み出すためには仕事をするのが最も近道です。専業トレーダーになるためには副業トレーダーを経た人が多いことからも必要性がわかるでしょう。定職に就けば安定した収入が手に入るので余剰資金を作りやすくなるのです。

今すぐに資金を蓄えられるというなら定職にこだわらなくても良いですが、ここは安定して給料を受け取ることができる働き方をするのが適切です。職種にこだわる必要はないので、十分な収入を得られて働き続けやすいものを選びましょう。

貯蓄をはじめる

取引の元手となる資金を作るためには貯蓄が欠かせません。

よほど低賃金の仕事でない限り、定職に就いているのであれば毎月の給料を全額生活費にせずとも暮らしていくことは可能でしょう。給料の一部をいくらか回す形で、計画的な貯蓄をしていきましょう。

借金がある場合は返済が優先です。返済が終わってしまえばその分を貯蓄に回すことができるようになります。

毎月の貯蓄額を決める2STEP
  1. 専業化するにはいくらあったら良いかを考えて目標金額を設定する
  2. いつまでに達成するかを決め、そこから逆算して毎月の貯蓄額を決める

その金額が現実的なものならそのまま取り組み、生活が苦しくなるようなら計画を練り直しましょう。無理をしても長続きしません。

きちんと計画を立てても、気の緩みで貯めたお金につい手を伸ばしてしまうこともあります。生活費とは口座を分けるなどの工夫もしながら覚悟を決めて貯蓄を継続しましょう。

取引に集中できる環境を整える

専業トレーダーになるには環境整備も重要です。

バイナリーオプションはわずかな時間の差で勝ち負けが決まる性質があるため、ちょっと気を抜いたり、気が逸れてしまったりしたために失敗することがあります。集中して取引できる環境を用意して、そこで過ごすことに慣れておきましょう。

バイナリーオプションに理想的な環境

他人に干渉されない
パソコンの動作・ネット回線ともに良好
見やすいチャートを使える

パソコンはチャート分析がしやすく、複数のウィンドウを同時に見られるので便利です。スマホやタブレットが良いという人もいるかもしれませんが、モバイル端末は取引とチャート分析を同時並行できないので取引上は不利になります。専業トレーダーになるならパソコンで取引をしていきましょう。

なお、バイナリーオプションに最適なパソコン環境の整え方については以下の記事でご紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

バイナリーオプションに最適なパソコンの選び方とは?【初期費用を抑える方法~入れたいソフトまで解説】バイナリーオプションで勝つために、パソコンが必要だという方もいらっしゃるでしょう。 バイナリーオプションで勝てるパソコンの選び方は...

自分なりの手法を身につける

専業トレーダーとして自信を持って取引できるようになるには、バイナリーオプションの手法を自分なりに身につけることが大切です。取引に適した環境が整ったら、実践的に経験を積んでいきましょう。

知識やテクニックを学びながら取引を重ねていき、自分が勝てる方法を導き出していくのがこの段階です。専業トレーダーになるための登竜門とも呼べる時期で、自ら試行錯誤をしたりプロから教えを受けたりしながら成長していく必要があります。

最も大変と言える時期でもありますが、成長した暁には勝率が向上して勝てるトレーダーになれます。ここでプロとしての裁量を身につけられれば生計を立てていけるようになるでしょう。

税金の知識をつける

専業トレーダーを目指すにあたっては、税金の知識をつけておくことも重要です。

雇用されて働いているときには勤め先が所得税や住民税を納めてくれますが、独立して専業トレーダーになったら自分で確定申告をして納税しなければなりません

税金は国内と海外どちらの業者を利用するかによって計算方法が違うので注意が必要です。

国内外の税金の違い

海外業者を利用する場合
取引の利益は雑所得になり、累進課税制度が適用されます。
国内業者を利用する場合
申告分離課税のため一律で20.315%の税金を納めることになります。

「節税をして手元に残るお金を増やす」という考え方も重要になるため、控除などについても理解してどのようにして生計を立てていくかを検討しておきましょう。

一年分の生活費と資金が貯まったら専業トレーダーデビュー

十分な準備を終えたら、ついに専業トレーダーとしてデビューする時です。

専業トレーダーになって予定していたように利益が上がらないリスクもあることを考慮して、少なくとも1年分の生活費を投資資金とは別に用意しておきましょう。

社会的な激動が起こって為替を読みづらくなり、今までの取引の仕方では勝てなくなる可能性もあります。そんな時も1年分の生活費が確保されていれば大きな不安を抱くことはないでしょう。今まで培ってきたノウハウを生かせばきっと冷静になって持ち直せるはずです。

このようなトラブルがなかったとしても、勝率を上げるための努力は欠かせません。学びの姿勢を維持し続けて、もっと利益を上げられるトレーダーを目指していきましょう。

バイナリーオプション専業トレーダーに適した取引業者

専業トレーダーになるときにはどの業者を選ぶかも慎重に考える必要があります。勝率が高くても業者が挙げている条件によって利益率に違いが生じるからです。

ここでは専業トレーダーがよく選んでいる「ハイローオーストラリア」について紹介します。なぜハイローオーストラリアを多くのトレーダーが利用しているのでしょうか。

ハイローが選ばれる理由①:ペイアウト率が高く稼ぎやすい

ハイローオーストラリアが選ばれる理由は、まず何と言ってもペイアウト率が高いことが挙げられます。

ハイローオーストラリアのペイアウト率の高さは業界随一で、通常のハイロー取引でも1.9倍近いペイアウト率が設定されているのが魅力です。

各取引のペイアウト率は以下のようになっています。

ハイローオーストラリアのペイアウト率

HighLow:1.88倍~1.90倍
Turbo:1.85倍~2.00倍
HighLowスプレッド:2.00倍
Turboスプレッド:2.00倍~2.20倍

ペイアウト率が高ければ一回の取引による利益が大きくなるので、稼ぎやすいのは明らかでしょう。さらに高ペイアウト率のスプレッド取引もできるという点も、専業トレーダーにとってはメリットです。

ハイローが選ばれる理由②:取り扱い商品が豊富

ハイローオーストラリアでは取り扱い商品が豊富で、時間帯や社会情勢に応じた取引が可能です。

バイナリーオプションでは通貨ペアに着目する場合が多いですが、為替相場があまり動いていないと勝ちにくくなるのでどの通貨ペアを選ぶかが重要となります。ハイローオーストラリアは通貨ペアの選択肢が17種類もあるのが魅力です。

さらに、為替相場が不安定なときにも仮想通貨や金、石油などの商品、さらには各国の株価指数まで取り扱っています。その時々に応じて勝率が高いエントリーを続けやすいことから、ハイローオーストラリアは専業トレーダーにとってメリットが大きいのです。

ハイローが選ばれる理由③:サポート体制が整っている

数ある海外業者の中でも、ハイローオーストラリアはサポート体制が万全に整った業者として定評があります。

国内業者ならどこもサポートがしっかりしているのであまり不安になる人はいませんが、海外業者の場合は言葉が通じないため、トラブルが起こった時の対応が気になるでしょう。その点、ハイローオーストラリアは日本語に対応しているので安心して利用できます。

そもそも国内業者を利用すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、国内業者は規制によって専業トレーダーにとって使いづらい状況になっています。

そのため、海外業者でありながらトラブル時には日本語でスムーズに対応してくれるハイローオーストラリアが選ばれているのです。

ハイローが選ばれる理由④:入出金がスムーズ

専業トレーダーにとって重要なポイントとして、ハイローオーストラリアは入出金がスムーズだという点も挙げられます。

海外業者ではお金の出し入れに関するトラブルがしばしば起こっていますが、ハイローオーストラリアではいつでも問題なくスムーズに行える体制が整っています。

また、ハイローオーストラリアの口座入金は銀行からの送金だけでなくクレジットカードも利用可能です。クレジットカードなら即時反映されるので必要なタイミングで必要分だけ資金を入れられます。出金対応も早く、利益を現金資産にしやすいのもメリットです。

このように資金管理がやりやすい仕組みになっているのは、利益がそのまま生活費に直結する専業トレーダーにとっては有難いものではないでしょうか。

また、最低入金額も他の海外業者が2万円前後なのに対してハイローは5,000円と、専業トレーダーとしてのデビュー前から使いやすいという点でも優れています。

まだハイローオーストラリアを利用したことがないなら、ぜひ以下の記事を参考に口座開設を行ってみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

バイナリーオプション専業トレーダーを目指すならマスターすべき相場分析のテクニック

続いては、これから本格的にバイナリーオプション専業トレーダーを目指す人のために、相場分析のテクニックをご紹介します。

バイナリーオプションで勝率を維持向上させるためにマスターしておくべきテクニックに絞り込んで解説するので、本気で習得して稼げるトレーダーになりましょう。

ラインを引けるようになろう

相場分析をする上で基礎となるのがラインを引くことです。

相場は投資家が売買をすることによって生み出されるものなので、完全に予測することはできません。ただ、多くの投資家が意識している部分がわかればその後の値動きを読みやすくなります。この投資家が注目するポイントを視覚化するのがラインです。

相場分析では様々な種類のラインが知られていますが、意味のあるラインを引けるようになるには実践経験が必要です。専業トレーダーを目指すなら有効なラインを引けるように日々努力を続けて、優位性のある取引を行えるようになりましょう。

まだライントレードの経験がない方は、以下の記事を入門書としてご活用ください。ラインの種類から引き方まで詳しく解説しています。

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で...

重要な相場理論を理解しよう

専業トレーダーを目指すなら、相場理論を把握しておくのも重要になります。

自分の考えが合っているかどうかを何に基づいて判断したら良いかと悩んだときにも、今後の取引戦略を考える上でも、多くのトレーダーが知っている相場理論が有用です。

中でもダウ理論は最もよく知られている相場理論で、上述のライントレードもダウ理論におけるトレンドの定義に基づくものです。詳しくは以下のページで解説しています。

バイナリーオプションにダウ理論を活用!勝率を高める重要な考え方市場の値動きを予測するための理論の一つに「ダウ理論」というものがあります。 バイナリーオプションでもダウ理論の活用によって成功して...

また、ダウ理論から導き出されたエリオット波動もトレード方法の各所に登場してきます。こちらも詳細は以下の記事で解説しています。

バイナリーオプションをエリオット波動で攻略!実戦テクニックも紹介テクニカル分析を知っている人の中には「エリオット波動」について聞いたことがある人もいるでしょう。 バイナリーオプション取引にも応用...

どちらもトレーダーとして成長する上での基礎になるので、相場理論の理解は早い段階から始めておきましょう。

インジケーターを使いこなそう

相場分析では、ラインと合わせてインジケーターを使いこなせるようになることが欠かせません。テクニカル分析をする上で基盤になるのがこの二つのテクニックです。

インジケーターとは

過去から現在に至る価格に対して統計的な演算を施すことによって意味のある数値に変換したものです。チャート上にグラフとして表示して数値を可視化することで分析に活用します。

相場の状況や目的に応じて「トレンド系」「オシレーター系」のインジケーターを使い分け、ときには組み合わせていくとエントリーの根拠を強められます。使い慣れてみないとわからないインジケーターも多いので、専業トレーダーになるなら十分に使いこなせるように練習を積むのが大切です。

主要なインジケーターについては以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションのインジケーターの種類と特徴【現役トレーダーが徹底解説】バイナリーオプションは、インジケーター使用や解析を行わずに単純に勝つか負けるかでも取引は可能です。 しかし投資として勝率を上げてい...

ファンダメンタルズ分析を併用しよう

テクニカル分析と対にして取り組むべきなのがファンダメンタルズ分析です。一般的には中長期取引で重視される手法ですが、バイナリーオプション取引でも重要な意味を持ちます。

ファンダメンタルズ分析とは、社会事象の解析を通して相場の値動きを予想する分析手法で、相場の値動きに影響を与える社会事象としては以下のようなものが挙げられます。

相場の値動きに影響を及ぼすもの

世界各国の経済状況や政治動向、金融政策
雇用統計などの重要な指標の発表
リーマンショックや同時多発テロなどの世界的ニュース
地震や台風、洪水などの大規模災害

経済指標が発表された後などには大きな値動きが起こるため、その瞬間を狙って短期取引をする戦略も取れます。専業トレーダーになると取引する時間を選びやすくなることから、このようなタイミング狙いの取引を検討するのも賢い方法です。

以下の記事では、経済指標の中でも特に重要な米国雇用統計を活用した取引方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションは雇用統計で勝つ!基礎知識から攻略法まで解説バイナリーオプションでは「今、社会で起こっていること」に注目してチャート分析を行うトレーダーがいます。政治や経済の動向に合わせて為替レー...

バイナリーオプション専業トレーダーを目指すあなたへ!先輩トレーダーが成功のコツを教えます

バイナリーオプション専業トレーダーになるということは、言い換えればプロとしての道を歩むということです。

プロトレーダーになるためには特別な資格も届出も必要なく、資金と知識やテクニックがあれば誰でもなれます。

ただ、プロになったからといって成功するとは限りません。

専業トレーダーには裁量が不可欠なので、十分に勉強して自分なりの考え方を持つことが大切です。資金調達にも根気が必要なことを考慮すると決して楽な道ではないので、途中で挫折する人も少なくありません。

プロになるのにはそのくらい努力も覚悟も必要になります。

それでも本当に専業トレーダーになりたいから頑張るという人もいるでしょう。その可能性を高めるためには、専業化に成功している人を味方につけるのがいちばんです

かく言う私も、知識ゼロの状態から投資の道を歩み始めました。もちろん順風満帆にここまで来れたわけではありませんが、同じ道を乗り越えてきた先輩からだからこそ、あなたの役に立つアドバイスがきっとできます。

ここから先はLINEでつながってくれた方だけに特別にお伝えしますので、よろしければ以下の画像をクリックしてぜひご登録ください。

険しい道のりも、伴走者がいると心強いものです。プロとつながっていると思うだけでも、走り続ける勇気が湧いてくるのではないでしょうか。

プロになる覚悟を決めたあなたからのご連絡をお待ちしています。

まとめ

バイナリーオプションは稼げるのではないかという思いが強くなると、専業トレーダーを目指すのは魅力的な道でしょう。

ここで紹介した専業トレーダーの現実は思っていたようなものではなかったかもしれません。厳しい道のりがあるのは事実ですが、先人から教わりながら進んでいけば大きな壁も乗り越えられるはずです。

本気でプロトレーダーになると決めたなら自分だけで努力せず、すでに成功しているプロを味方につけましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちら