ハイローオーストラリア

バイナリーオプションのスプレッド取引とは?通常取引との違いやプロ投資家が実践する攻略法を紹介!

バイナリーオプションでは「スプレッド」という専門用語が登場します。取引に慣れてきた方であれば、すでに何度か耳にしているかもしれません。

スプレッドはFX取引でもよく見かけるキーワードの一つですが、バイナリーオプション取引におけるスプレッドはFXのそれとはまったく異なります。

バイナリーオプション特有の仕組みを理解すれば、通常取引とはまた違った観点から戦略を考えることができるようになり、効率的に稼いでいくことが可能です。

今回の記事では、バイナリーオプションにおけるスプレッド取引について詳しく解説するとともに、プロ投資家の私が実践するスプレッド取引攻略法をお伝えします。

バイナリーオプションにおける「スプレッド」とは

まず最初に、スプレッドという言葉の意味や通常取引とスプレッド取引の違いについて解説します。

国内業者と海外業者でもバイナリーオプションのスプレッド取引の内容に違いがあるので、両者の基本的な仕組みについても簡単に紹介します。

スプレッドとは「購入時と売却時の差額」のこと

バイナリーオプションに限らず、一般的なスプレッドの意味は「購入時と売却時の通貨取引価格の差額」を意味します。

為替取引では、同じ為替レートのときでも購入時と売却時で業者との取引価格が異なります。

例えば、アメリカドルと日本円について1ドルが110.3円で売却できるときに、スプレッドが0.3銭と設定されていると、110.6円で購入できるというのが基本的な仕組みです。

つまり、FX取引では「あるタイミングにおける通貨ペアの買値と売値の差額」がスプレッドです。この差額を加味して、利益を十分に得られるタイミングでエントリーと利益確定をすることで稼いでいけます。

しかし、バイナリーオプションの場合は買値と売値の差は大きな意味を持ちません。

バイナリーオプションのスプレッドで重要なのは、

エントリーしたタイミング
判定時間のタイミング

で、通貨ペアのレートがいくつになっているかです。

バイナリーオプションでは純粋に購入時と売却時の差額のことをスプレッドと言い、FXで業者が利益を得るために設定している売買時の価格差とは異なる意味を持っています。

この指標を用いて行う方法がスプレッド取引と呼ばれていて、FXにはない取引の仕方になっています。

通常取引とスプレッド取引の違い

では、バイナリーオプションのスプレッド取引は通常取引と何が違うのでしょうか。

スプレッド取引では、エントリーしようと考えて詳細を見てみると、通常取引にはない「スプレッド幅」という項目が表示されます。このスプレッド幅を使った取引になるのがスプレッド取引の特徴です。

詳細は国内業者と海外業者で異なりますが、例えば海外業者でスプレッド取引をするとスプレッド幅が「±0.9」などといった形で表示されています。

エントリーして判定時刻になったときに「為替レートがスプレッド幅の中に入ってしまっていた場合は負け」というのがスプレッド取引です。

よく行われているハイローの通常取引では、判定時刻のタイミングにおいて、購入時点と比べて為替レートが高いか低いかで勝敗の判定をします。

それに対してスプレッド取引は、スプレッド幅が設けられている影響で目標レートが購入時点のレートとは異なるのがポイントです。スプレッド幅が大きい取引ほど判定時刻までに大きな値動きが必要になることから、勝率が低いと考えられています。

その代わりにペイアウト倍率が高めに設定されているのが一般的なので、取引の仕方次第では効率よく稼げる可能性も秘めているのがスプレッド取引です。

国内業者と海外業者の違い

前項で海外のバイナリーオプション業者でのスプレッド取引について簡単に説明しましたが、国内業者を利用する場合にはまた違った考え方をすることになります。

海外業者のスプレッド取引

海外業者では目標レートが購入時点のレートとは異なる値に設定されて、勝ちに該当しない幅が生み出されているのが特徴です。
スプレッド幅が存在する影響で勝てない領域が生まれてしまうので勝率が低くなるものの、ペイアウト倍率が高いので稼げる可能性も秘めています。

国内業者のスプレッド取引

国内業者ではどのくらい上がるか下がるかを予想してエントリーするラダー取引が行われているのが一般的で、予想が大きく外れてしまった場合は途中売却や転売が可能です。
途中売却をするときにはペナルティーのような位置付けで、購入価格よりもスプレッド幅の分だけ低い価格での売却になるという仕組みになっています。

国内業者では60円や120円という形でスプレッドが予め設定されています。購入価格も動くので途中売却をすると損をするとは限りませんが、予想が外れてしまったときにどのくらいのリスクを負うかをスプレッド幅から判断することが可能です。

「そもそも転売って何?」という方は、こちらの記事で転売の仕組みを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションの転売とは?【投資家が失敗から学んだ損切・利確のタイミング・注意点を暴露】バイナリーオプションには「転売」という機能があります。FXなどでいうところの利確や損切りのような動きをしてくれる機能です。 しかし...

バイナリーオプションのスプレッド取引のメリット・デメリット

バイナリーオプションのスプレッド取引を実際にやるかどうかを考える上では、どのようなメリットやデメリットがあるのか気になるでしょう。

取引による利益を増やしていくためには、取引方法の特徴を理解して戦略を考えることが重要です。

ここではバイナリーオプションにおけるスプレッド取引のメリット・デメリットの両面をわかりやすく解説します。正しく理解して、自分に合った取引方法なのかどうかを見極められるようになりましょう。

メリット

そもそもスプレッド取引をすることに魅力がなかったら、通常取引で十分と考えてしまうでしょう。メリットとしてどのようなものがあるかをまず確認して、本気でやる価値があるのかどうかを見極めるのが大切です。

バイナリーオプションのスプレッド取引のメリットは、ペイアウト倍率が高いことです。海外業者ではペイアウト倍率が2倍以上になっていることも多く、一度の取引で大きな利益を生み出せる可能性を秘めています。

スプレッド幅が広い取引ほどペイアウト倍率が高く設定されているのが一般的で、少額資金を投入するだけでもやり方次第で大きく稼げる方法として魅力があります。もともと大きな資金がある人にとっても資金を一気に倍増させられる期待が大きいのがスプレッド取引を選ぶ魅力です。

スプレッド取引では、明らかな上昇トレンドや下降トレンドがあってどのくらいのレートの動きがあるかを予想しやすいタイミングで勝率を上げやすいでしょう。具体的な方法については後述しますが、通常取引とは違う観点から戦略を考えると上手に稼いでいけるようになるのがスプレッド取引の面白さです。

デメリット

では、バイナリーオプションでスプレッド取引を選ぶデメリットは何なのでしょうか。

ハイリターンを期待できるのがスプレッド取引のメリットですが、それに比べてデメリットが大きいと感じられたら通常取引の方が良いかもしれません。ここでどのようなデメリットがあるかを確認しておきましょう。

バイナリーオプションのスプレッド取引では、スプレッド幅があることによって勝率が低くなりがちなのがデメリットです。

スプレッド取引の場合には、判定時刻における為替レートが業者によって設定されているスプレッド幅を越えてくれないと勝ちにはなりません。わずかな値動きだったときには「通常取引なら勝ちなのにスプレッド取引では負け」といったことが起こり得るのです。

つまりスプレッド取引では、通常取引よりもさらに値動きの大きさに対して敏感になる必要があります。「少しくらいは上がるはずだ」という希望的観測で取引をするのではなく「このスプレッド幅以上には上がる可能性が高い」といったように、ある程度の確実性をもって予想をする力が身につくと勝ちやすくなるでしょう。

通常取引で慣れてきた人にとっては、もう一歩踏み込んだチャート分析をしなければならないのも大変だと感じるかもしれません。ただ、それが常識化してしまえば、スプレッド取引でも難なく勝てるようになる可能性は高いでしょう。

バイナリーオプションのスプレッド取引におすすめの業者は?選び方のポイントも解説

バイナリーオプションのスプレッド取引をしていきたいと思ったときには、取引業者をどこにするかが重要になります。

  • 勝てる可能性が高いか?
  • リスクが高いか?
  • そもそも取引をしやすいか?

といった点は業者によって大差があるので、それぞれ比較して決めましょう。

ここでは特にスプレッド幅について注目して、国内と海外のバイナリーオプション業者のおすすめを紹介します。選び方のポイントも説明するので、どの業者を選ぶのが自分にとってベストかを考えてみてください。

国内業者

国内のバイナリーオプション業者でスプレッドに着目した取引をする場合には、以下に挙げる3社がおすすめです。

国内業者でのスプレッド幅は「転売をするときの損失分や手数料」に相当するものなので、単純にスプレッド幅が狭ければ良いと考えて問題ありません。

予想が外れてしまって「まずい」と気づいたときに、速やかに途中売却を決断できるかどうかがスプレッド幅の狭さによって変わると考えると良いでしょう。

そのため、国内業者は基本的にスプレッド幅が狭いことを重視して選ぶのがポイントです。それに加えてバイナリーオプション業者としての特徴や魅力を色々な角度から見てみて、自分なりに使いやすい業者を選び出すようにしましょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券では「外為オプション」という名称でバイナリーオプション取引のサービスを提供しています。

外為オプションは大手のGMOが運営している安心感があることに加え、初心者からプロトレーダーでも納得できる取引ツールを使えることで人気です。直感的にわかりやすいユーザーインターフェースになっているだけでなく、チャート分析に使えるインジケーターも充実しています。

長期的にバイナリーオプションで勝っていきたい人にとって魅力が大きい業者です。デモ取引にも対応しており、ツールの使い方も確認しやすいのもメリットでしょう。

外為オプションはラダー取引専門で、ブラック・ショールズモデルに基づいたスプレッドを加味した取引レートを設定しています。

スプレッドは60円に設定されていて、日本国内業者の中では低い水準になっているため、スプレッドをうまく活用して買っていきたい人にとってメリットが大きいバイナリーオプション業者です。

GMOクリック証券 おすすめポイント
  • 直感的にわかりやすいインターフェース
  • インジケーターが充実
  • スプレッドは60円と低コスト

ヒロセ通商(LIONBO)

ヒロセ通商が提供する「LIONBO」は、50種類もの通貨ペアに対応しているバイナリーオプション取引サービスです。

新型チャートを取り入れてから、使いやすく高度な分析もできるという点でますます注目度が高まっています。LIONBOはチャートの見やすさを重視しているので、初心者でも始めやすいのがメリットです。

ラダー取引が基本となっていますが、システム的に7種類に分かれているため取引戦略の幅を広く取れます。それに合わせたツールが提供されているので、上手に使いこなすことができるとオリジナルのやり方で稼げるようになる可能性があるのが魅力です。

また、LIONBOはスプレッドも業界最低クラスの価格水準となっており、本気で転売を生かしながらバイナリーオプション取引をしていきたい人に最適です。

LIONBOのスプレッドは50円です。100円を超えるスプレッドを設定していることもある他の国内業者と比較してみるといかに低い水準かがわかるでしょう。

ヒロセ通商 おすすめポイント
  • 50種類の通貨ペアに対応
  • 新型チャートが使いやすい
  • スプレッドは国内最安の50円

YJFX!(オプトレ!)

YJFX!の提供している「オプトレ!」は、ワイジェイFX株式会社によって手掛けられているバイナリーオプションサービスで、Yahoo!の関連会社ということから信頼性が高いということで注目されています。

オプトレ!ではラダー取引だけでなくレンジ取引も選べるのがメリットで、多様なバイナリーオプション取引を駆使していきたいという人の期待に応えてくれます。アプリが使いやすいのも魅力の一つで、スマホを使ってバイナリーオプション取引をしたい人達に選ばれているサービスです。

ただ、パソコンで使うツールの使いやすさについては賛否両論があります。インジケーターが少ないのが特にプロからは指摘を受ける点ですが、初心者にとっては余計な機能がないのでわかりやすいという評価もあるのが実態です。

YJFX!のオプトレ!はスプレッドが80円で、上述の2社に比べるとやや高めの設定ではあるものの業界全体では低めの水準になっています。「いざというときにはスプレッドを使いたい」というくらいの考え方を持っている人にとっては、候補の一つになるでしょう。

YJFX! おすすめポイント
  • レンジ取引ができる
  • スマホアプリが使いやすい
  • スプレッドは80円で国内でも安値の部類

海外業者

海外のバイナリーオプション業者でスプレッド取引をするときには、業者が設定しているスプレッド幅とペイアウト倍率のバランスが重要になります。

基本的にスプレッド幅が広く設定されているほどリスクが高いので、ペイアウト倍率も高くないと割に合いません。ただ、業者としてはこのバランスによって収益率が変動するので、うまく利益を上げられるように独自の工夫をして決めています。

そのため、海外業者を選ぶときにはスプレッド幅がどのくらいの範囲にあり、それに応じてペイアウト倍率がどのくらい高く設定されているのかを見極めるのが肝心です。

以下に挙げる3社はこの2つの指標について魅力が大きい海外業者なので、特徴を確認していきましょう。

ザオプション

海外のバイナリーオプション業者の中でも、ザオプションはサービスのバランスが良いことで定評があります。

ザオプションは高機能でプロも満足の取引ツールを運用していて、日本語にも対応していることからユーザーが多いのが特徴です。

ボーナスも充実していて30秒取引もできるため、さまざまな取引戦略を考えることができます。最低ペイアウト率が高めで、利益を上げやすいこともよく注目されている点です。

ザオプションではハイローと短期取引の2つの取引方法がありますが、どちらについてもスプレッド取引が可能です。スプレッド取引では一律で2.00倍のペイアウト倍率になっているのが特徴で、スプレッド幅は取引時間に応じて決まるシンプルな仕組みになっています。

基本的に短い取引ほどスプレッド幅が狭いので、値動きの状況によってはかなり稼ぎやすいでしょう。短期取引でスプレッドを使いたい人にとってはザオプションが魅力的な候補です。

ザオプション おすすめポイント
  • 高機能で使いやすい取引ツール
  • 日本語対応
  • 短期取引でもスプレッド取引が可能

ジェットオプション

ジェットオプションは、少額取引が可能な海外のバイナリーオプション業者としてよく着目されています。

たった100円から取引できるので気軽に始められますが、利用者は他に挙げる2社に比べるとあまり多くはありません。

ジェットオプションでは、スプレッド取引における最高ペイアウト倍率が2.1倍になっています。2.0倍を超えている業者は少ないことを考慮すると、スプレッド取引を本格的に使いたい人にとって大きな魅力と言えるでしょう。

ジェットオプション おすすめポイント
  • 100円からの少額取引が可能
  • スプレッドのペイアウト倍率2.1倍

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアは、海外のバイナリーオプション業者の中でも日本人からの人気が高く、完全日本語対応で利用できます。

取引ツールもシンプルでわかりやすく、必要十分な機能があるので安心して使えるという点が人気です。ペイアウト倍率の高さ、取引できる通貨ペアも業界トップクラスで、迷ったら選んでおくと間違いがないのがハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアではハイローとターボの2種類のバイナリーオプション取引の方法がありますが、どちらもスプレッドに対応しています。

ハイロースプレッドの場合にはペイアウト倍率が2.00倍、ターボスプレッドの場合にはペイアウトが最大2.30倍に固定されています。短期取引のターボでスプレッド取引をして成功すれば業界最高水準の利益を得られるでしょう。

2.30倍にするには30秒取引をしなければなりませんが、勝ち方のコツがわかれば最も稼げる業者として期待できます。

ハイローオーストラリア おすすめポイント
  • ペイアウト率の高さ・取引可能な通貨ペアの数は業界No.1
  • 日本語対応
  • ターボスプレッドのペイアウトは最大2.30倍

なお、以下の記事ではハイローオーストラリアの口座開設手順を詳しく解説しています。よろしければぜひこちらを参考に、取引をスタートしてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

【プロ投資家直伝】バイナリーオプションのスプレッド取引攻略法

優良なバイナリーオプション業者を選び出せたとしても、勝つための方策を練っておかないと、スプレッド取引で効率よく勝つことはできません。

では、バイナリーオプションのスプレッド取引で勝つためにはどうしたら良いのでしょうか。取引の仕組みから考えると通常取引よりも勝率が低くなることを考慮し、いかに勝てるようにするかを考えてみましょう。

ここでは特に重要な3つのポイントを紹介するので、スプレッド取引を始めるときの参考にして下さい。

タイミングを見極めてエントリーする

スプレッド取引に限らないことですが、バイナリーオプションで勝つには「勝てるタイミング」にエントリーするのが大原則です。

スプレッド取引の場合は、スプレッド幅が広い取引ほどリスクが大きくなるので、きちんと根拠のある予想を立てて自分なりのルールで勝てるタイミングにだけエントリーしましょう。

スプレッド取引で勝つための原則は、いかにして「スプレッド幅が狭いポイントを見つけ出すか」を考えることです。

スプレッド取引で確実に勝てるタイミングは、自分なりに研究してゴールデンルールを作って見極められるようになるのが大切ですが、まずは一般的な傾向を頭に入れておくと良いでしょう。

例えば、通貨ペアの値動きが小さいタイミングを狙うとスプレッド幅が小さくなるので確率的に考えると勝率が高いと考えられます。値動きが大きいときには取引を避けて他の通貨ペアを見るようにすると、適切なエントリーポイントを選び続けられるはずです。

また、通貨の取引量が少ないタイミングでは値動きが穏やかになるため、やはりスプレッド幅が小さくなります。

このようなタイミングを見計らってエントリーすることで勝率を上げ、バイナリーオプションのスプレッド取引のデメリットを減らすと勝ちやすくなります。

インジケーターの特徴をとらえる

バイナリーオプションで勝てるようになるためには、インジケーターを使ってチャート分析をすることが欠かせません。

移動平均線を読み解けるのがチャート分析の基本になりますが、さらに他のインジケーターを駆使できる能力を身につけることで自分なりに勝てる戦略を立てられるようになります。

繰り返しになりますが、スプレッド取引で勝率を上げやすいのはスプレッドの幅が狭くなるタイミングです。

値動きの大きさ
取引量の多さ

まずはこの2つの観点からインジケーターを使うことを考えましょう。

どのくらい価格が変動しているのかを視覚的に読み解くには「ボリンジャーバンド」がわかりやすく、初心者のうちから活用しやすいインジケーターです。取引が多く発生しているかどうかを判断できるインジケーターとしては「RSI」がわかりやすいでしょう。

この他にも色々なインジケーターがあるので、組み合わせを考えてスプレッド取引で勝つための読み解き方を考えてみるのが大切です。

スプレッドを直接可視化できるインジケーターを使えるツールもあるので、使ってみるとスプレッドについて理解が深まります。勉強のつもりで使ってみるとスプレッド取引についてわかってきて、だんだんと勝てる法則を見出せるようになっていくでしょう。

現役トレーダーから学ぶ

バイナリーオプションのスプレッド取引で本当に勝てるようになりたいなら、独学で学ぶことはもちろん「プロに教わる」というのも重要な考え方の一つです。

初心者が一から自分なりのルールを作り上げて勝てるようになるには、やはり年月がかかってしまいます。本に書いてある内容や、バイナリーオプションについての解説サイトに掲載されている記事を読んでみても、多くの場合は本当にキーになる勝ち方について詳しく示されていません。

絶対に勝てるゴールデンルールを一般公開してしまうと、トレーダーが勝ち過ぎてバイナリーオプション業者が苦しくなってしまう問題があるからです。

しかし、私のように現役でバイナリーオプションで成功しているプロトレーダーと直接のつながりを持てば、話は別です。

あなたのバイナリーオプションに対する考え方に合わせて「勝つためのコツ」を教えているので、あなたの勝ち方をより確度の高いものに仕上げていくことができます。あなた独自の成功法則を作るためのパートナーと考えると良いでしょう。

そんなパートナーが欲しいと思ったら、現役トレーダーの私とつながってみませんか。

私は本気でバイナリーオプション取引で勝ちたい人のコーチとして、LINEで多くの人とつながっています。


もちろん、お金は一銭もいただきません。
完全無料であなたを一からサポートいたしましょう。

私とLINEでつながっている方は、いわば私の友達です。
友達に何かを教えるときに、お金をもらうことはありませんよね?

私と友達になりましょう。
そして、ともに人生を勝ち上がりましょう。

あなたからのご連絡をお待ちしています。

まとめ

バイナリーオプションのスプレッド取引はスプレッド幅を使う取引で、海外業者を利用すると高いペイアウト率で効率的に稼げる可能性を秘めています。

負け判定になってしまう値幅があるので通常取引に比べると確率論的には勝率が低いですが、エントリーポイントを見極めることができれば稼ぎやすい取引方法に様変わりします。

すぐにでも勝てるようになりたいと思ったら、ぜひ私とLINEでつながってあなたなりの勝てる法則を作っていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder