ハイローオーストラリア

バイナリーオプションは土日NGってホント?プロ投資家の【土日の使い方】も伝授します

バイナリーオプションは平日に取引できるのは誰もがよく知っているでしょう。その一方で、土日にも取引ができるのかどうかが気になっている人もいるかもしれません。

バイナリーオプションとよく一緒に話題にされるFXは、土日の取引はできない仕組みになっています。その点を考慮すると、もしかするとバイナリーオプションも土日に取引はできないのではないかと思う人もいるでしょう。

この記事では、土日にバイナリーオプションをできるのかどうかを端的に説明した上で、プロの投資家ならどのように土日を使おうと考えるのかを紹介します。

バイナリーオプションは土日も取引OK?

よくあるこの疑問について結論から言いますと、一般的に行われている外国為替のバイナリーオプションは土日に取引をすることはできません。

そもそも業者が受け付けてくれないので、休日には取引不可能と覚えておきましょう。

土日にバイナリーオプションが出来ない理由

バイナリーオプションで稼ぐなら土日も取引をしたいと考えるのをもっともなことですが、原理的に考えると休日には無理だということがわかります。

バイナリーオプションは外国為替が変動していき、判定時刻になった瞬間の為替レートで勝ち負けを判断することになります。数字が常に一定だったら、誰もが予想を当てられてしまうでしょう。

バイナリーオプション業者は負けてくれた人のお陰で利益を得ることができているので、誰もが勝ってしまうとただ損失を生むだけになってしまいます。つまり、用いている指標が変動しているときでなければバイナリーオプション取引はできないということになります。

外国為替市場は休日には休んでしまっているので、為替レートが変動しません。そのため、土日には原理的にバイナリーオプション取引ができないのです。

土日でもバイナリーオプションが出来る方法は?

このようにバイナリーオプションの仕組みを考えると土日には取引ができないとわかりますが、実は抜け道がないわけではありません。

土日でも取引をするにはどんな方法があるのでしょうか。

仮想通貨取引

バイナリーオプションでは外国為替を指標にして取引をするのが一般的ですが、仮想通貨を指標にすることもできます。

海外のバイナリーオプション業者では、仮想通貨取引を取り入れている業者が増えてきました。仮想通貨は土日も関係なく取引をしているので、土日にもバイナリーオプションができます。

【土曜日早朝のみ】時差を利用する

国内については市場が動いていないので取引できないと考えるかもしれません。しかし、海外市場は時差があるため、日本国内の市場が動いていないタイミングでも取引が行われています。

その影響で、土曜日になら取引できる場合があります。例えば、ハイローオーストラリアでは日本時間にしたときの取引時間が月曜日の7時~土曜日の6時です。

土曜日の早朝は何時まで対応しているかは業者によって異なりますが、5時~6時くらいまで購入できるケースが多いと覚えておきましょう。

祝日はバイナリーオプションが出来るってホント?

バイナリーオプションは休日は全部取引ができないわけではなく、祝日ならできるという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

祝日の取引ができるのは本当のことで、たまたま土日が祝日だったとき以外は取引が可能です。国内の為替市場は日本が祝日の場合には閉じてしまいますが、海外の祝日は日本と同じではないので、海外市場は動いています。

祝日になるとその国の経済はあまり動かなくなるので、為替レートの変動にも違いが生じるのには注意が必要ですが、休日でも祝日だけはバイナリーオプションができるのは念頭に置いておくと良いポイントです。

土日でも取引可能なバイナリーオプション業者

土日もバイナリーオプションをしたいという人のために、土日の取引が可能なバイナリーオプション業者を紹介します。

ここに挙げる5つの業者は、全てではないにしても仮想通貨を取り扱っています。

ただ、取引できる通貨ペアなどには違いがあり、業者としての安心度やサービスの特徴にも差があります。

特に土日の営業時間の差は大きいので、それぞれ比較してより良い業者がどこかを見極められるようになりましょう。

ゼントレーダー

ゼントレーダーはセントビンセント・グレナディーン諸島の金融庁認証を得ている安全性が高い海外バイナリーオプション業者として知られています。

土日祝日も含めて24時間営業になっているのが特徴で、ビットコインやイーサリアム、ライトコインの仮想通貨取引を土日も行うことができます。17種類の通貨ペアや日経平均などの株価指数、金や銀などにも対応しているので幅広いバイナリーオプションの取引ができるのが魅力です。

土日にできる仮想通貨取引は対応していませんが、オンデマンドと呼ばれるペイアウト率が180%~195%という高い水準の短期取引もできます。

平日はオンデマンドで勝負し、土日は仮想通貨で緻密に取引をするといった戦略が立てられるバイナリーオプション業者です。

ザオプション

ザオプションはマーシャル諸島共和国にあるTCG holdings Ltd.が運営していて、金融ライセンスも持っていることから安心して利用できる海外バイナリーオプション業者です。16種類の通貨に対応していることに加え、金銀の取引もできるのが魅力です。

ビットコインの取引にも対応していますが、実は土日は本格的に営業しているわけではありません。ザオプションでは平日の朝7時から開始して翌朝6時に終わる形で取引をしているので、土曜日の朝に結果が出るだけなのです。

ただ、通常の外国為替のバイナリーオプションは土曜日の朝6時まで、金銀は朝5時まで取引できます。早朝まで取引できれば十分という人に向いているバイナリーオプション業者でしょう。

ファイブスターマーケッツ

ファイブスターマーケッツは多様な指標に対応していることで定評があるバイナリーオプション業者で、バハマに拠点を置いています。

ファイブスターマーケッツでは外国為替の他にも株価指数にも対応していて、仮想通貨についてはビットコインやイーサリアム、ライトコインやリップルなどの主要な種類を含む11種類も取り扱っているのが特徴です。

営業時間は土日も含めて24時間になっていて、仮想通貨であれば土日でも一日中取引をすることが可能です。

仮想通貨のバイナリーオプションでも30秒や1分といった短期取引を取り入れているのも特色で、本気で仮想通貨トレードで稼ぎたいと思っている人にとって大きな魅力があります。

他の選択肢も豊富なので、色々な指標に手を出してトータルで勝ちたい人にも向いています。

TRADE200

TRADE200はトレードポイントというポイントシステムを取り入れている点がよく注目される業者です。入金やキャンペーン、イベントなどで付与されたポイントをバイナリーオプションの取引に利用できる仕組みになっています。

TRADE200は仮想通貨トレードには対応していませんが、ビットコインでの入金は可能です。取引できるのは7種類の通貨ペアだけで、1分、2分、10分の取引に限定されています。

営業時間は土曜日が朝の4時まで、日曜日は休みとなっていることから、あまり積極的に土日に使える業者ではないのは確かです。しかし、わずか200円からバイナリーオプションの取引ができるので、少額で土曜早朝の取引を試してみたいという人に適しています。

ソニックオプション

ソニックオプションは、高いペイアウト率と短期取引に特化している点で注目されているバイナリーオプション業者です。

仮想通貨の対応はなく、土曜日の朝4時までしか対応していないのですが、それでも土曜日の早朝までバイナリーオプションをやりたいという人が大勢利用しています。

これはレンジオプションで取引をするとペイアウト率が202%~となっていて、取引時間も30秒、60秒、90秒または15分という短時間になっているからです。

500円から取引可能なので、短期取引で稼ぎたい人にとってはかなりやりがいがあるでしょう。

ソニックオプションでは5種類の通貨ペアしか対応していませんが、短期取引なので限られたところに特化して取引をするのも賢い考え方でしょう。

ソニックオプションは、海外バイナリーオプション業者の絶対王者がハイローオーストラリアというバイナリーオプション業者であることもあって、日本語圏のWeb情報が少ない印象があります。

しかしソニックオプションには上記のような様々なメリットがありますので、ハイローオーストラリアの口座を持ちつつ必要に応じてソニックオプションでのバイナリーオプション投資に取り組むという方法もおすすめです。

基本的にはハイローオーストラリアを7割、どうしてもという場合のみスポット的にソニックオプションを3割程度利用するというのが、一つの選択肢と言えそうです。

バイナリーオプションで勝つために土日でやるべきことは?

バイナリーオプション業者の中には土日も仮想通貨で取引できるところもありますが、やはりせいぜい土曜日の早朝までが限界のことが多いというのがおわかりいただけたでしょう。

バイナリーオプションで勝つためには土日にも取引をして稼ごうと思うよりも「平日にもっと勝率を上げていけるようにする」のが重要です。

ここからは、取引の自由度が高い平日で勝てるようにするために土日にやるべきことを紹介します。バイナリーオプションで稼いでいるプロの投資家が休日に何をしているのかを確認しておきましょう。

仕事で土日も動かなければならないという場合、土日のリソースが限られてしまいます。その場合はなおのこと、バイナリーオプションで勝つために土日で集中して時間を使う必要があります。

今回は土日がお休みの方に向けた内容を中心にご紹介していますが、時間を圧縮することによって土日が仕事の人でも取り組むことが可能となっています。

口座開設

これからバイナリーオプションを始める人は、土日のうちに口座開設をしておきましょう。

ここまでは土日に取引をしやすいバイナリーオプション業者を紹介してきましたが、平日の取引をしていくならおすすめなのはハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアは先進国で金融登録も済ませている安心の業者で、世界的にも日本国内でも高い評判があります。

日本人にとっては口座開設で運転免許証やマイナンバーカードを使えることや、困ったときに日本人スタッフによる対応を受けられることがメリットとして挙げられるでしょう。

ペイアウト率も業界屈指で取り扱い通貨も多く、株価指数や仮想通貨でのバイナリーオプションもできます。

ハイローオーストラリアの口座開設を土日のうちにしておいて、平日にすぐに取引できるように準備しておくのがプロの成す業です。

平日になってバイナリーオプションをやろうと思ったときに、口座開設手続きが億劫になってしまうケースもありますので、取引できない土日に片づけておくというスタンスで口座開設をしておきましょう。

実際の手続きはスムーズに進むと数分で終わるので、やってみれば簡単です。全てオンラインで完結させられるので、気軽に口座開設手続きを行ってみましょう。

口座開設は一見するとそこまで労力のかからないタスクのように思えます。しかし、タスクにかかる労力が低いことと、すぐに実現できるかどうかは大きな隔たりがあると言わざるを得ません。投資家としてキャリアを歩むことになると、いやが応でも「1日には24時間という限られた時間しかない」という条件が突きつけられます。

つまり限られた時間の中で投資収益効率を最大化するということを考えなくてはならないのですが、そこを考えるとバイナリーオプションの口座開設は「タスクとしての難易度が低く、緊急性も低い」と判断されてしまいがちです。

なぜなら、タスクとしての難易度が低いが故にいつでも実現できる、という頭が働いてしまうからです。特に、まだ本業の仕事とバイナリーオプション投資家としての二足のわらじを履いているという方は、1日の中でどうしてもバイナリーオプションの口座を作ったり、横のつながりを作るといった作業は難易度が低く、優先度も下がってしまいがちです。

テクニカル分析の手法やインジケーターの使い方を覚えることの方が重要だと考える方も多いでしょう。しかし、シンプルに考えれば、バイナリーオプションの口座開設が進まなければ新たな一歩を踏み出すことはできません。

そこで、土日のうちにハイローオーストラリアの口座を開設しておくというのがプロの投資家としての考え方です。

プロの投資家としての優先順位の付け方としては、まず「難易度が低く、実現可能性が高く、緊急性はそうでもない」というタスクから順次解消していくのがおすすめです。

ハイローオーストラリアの口座開設手順については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらを参考に口座開設手続きを進めてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設~登録を最大限分かりやすく解説【2020最新版】【※重要:2020年3月追記※】 5000円のキャッシュバックは、いつ終わるかわかりません。間違いなく口座開設は早めの方が良いです...

トレードの振り返り

土日はある意味でバイナリーオプションの取引をする上での”節目”です。一週間に取り組んできたトレードを振り返って、来週はどのような形でバイナリーオプション取引を進めていくのかを考える時間にしましょう。

改めて振り返ってみると、自分なりにルールを決めてエントリーするかどうかの判断をしてきたけれど、このルールではまだ不十分だというのに気付くことがよくあります。勝っているパターンと負けているパターンを冷静に解析してみると、こういうときにはエントリーするリスクが高いのかと気付くこともあるでしょう。

悩んでエントリーしなかったケースも記録してあれば、本当はエントリーすべきだったタイミングもあらためて理解できます。このように取引を総復習して学習するのは次の成功を導き出すために欠かせないことですので、土日が良い機会だと考えて振り返ってみるようにしましょう。

脳の使い方的にも、土日はトレードの振り返りに適している時期と言えます。

基本的に週末はまとまって脳をリフレッシュすることができるタイミングと言えるでしょう。少なくとも、平日バリバリ働いている時と比べれば、リラックスできる時間が多いことは間違いなさそうです。

このようにリラックスできる時間だからこそ、落ち着いて自分のトレードや行動の振り返りを行うというのが重要です。

もちろん技術的な振り返りも大切ですが、その他にも、生活の中のあらゆる取捨選択や自分の行動について振り返るというのも深い意味で投資家として成長するためには必要な行為となります。

バイナリーオプションは小手先の技術を身につけるだけでは、いつか破綻します。きちんとトレードを振り返り、自分の行動を検証するという習慣をつけていなければ、相場の移り変わりに対応できなくなってしまうというわけです。

バイナリーオプションをギャンブルとしてとらえているのであれば、特に振り返りの必要もありませんが・・・投資としてきちんと取り組みたいと考えている人であれば、土日は貴重なトレードの振り返り時間として認識しましょう。

ファンダメンタルズ分析の情報集め

バイナリーオプション取引で勝てるようになるためには、ファンダメンタルズ分析も重要です。バイナリーオプションではファンダメンタルズ分析が疎かにされがちですが、やはり基礎的な情報が頭に入っていないと正確な予想をすることはできません。

特に中長期のトレンドを予測するのにファンダメンタルズ分析は適していると言われていますが、日単位の取引でもかなり意味があります。翌週に起こり得る大きな為替レートの動きをきちんと情報収集をしておくことで、かなり正確な予測ができます。

バイナリーオプションでは、想定外の急変によって大損をするリスクがあるのは確かです。各国の政治の動きや経済の変動の様子をニュースや新聞などで見てみると、次週にどのような変化がありそうかの予想ができるでしょう。

平日は取引に集中して、土日にまとめて情報収集をするというのは非常に効率的な戦略です。

バックテスト

さらに高度な取り組みで平日のバイナリーオプションで勝てるようになりたいと思ったら、バックテストを土日にやるようにするのも良い方法です。

バックテストとは?

数年前のチャートを活用し、利用している取引の仕方がどのくらいの勝率になるのかを分析することです。取引の仕方をプログラミングして、バイナリーオプションの取引ツールなどを使ってバックテストを実施するという流れになります。

自分のやっている取引の仕方や利用している手法を正確にプログラムに落とし込むことができれば、どのくらい勝ちやすいのかがわかるでしょう。

そして、そのプログラムを少し変えてまたバックテストをしてみると、その変更によって勝率が上がるのかどうかを判断できます。過去のチャートデータを使ったシミュレーションの一種だと考えても良いでしょう。

バックテストを行うことによって、資金を実際に使わずともこれからのバイナリーオプションの勝ち方を検証できます。作業的には時間がかかるので、まとまった時間を取れる土日にやるのが合理的でしょう。

マインド調整

バイナリーオプションでは”マインド”が重要になります。勝てるマインドを作るための時間として土日を使うのも良い方法です。

たとえば今週は負け越してしまったというときは、本当に翌週は勝てるのかと心配になって弱気になりがちです。逆に今週はずいぶん勝つことができたというときには、翌週も強気に取引に挑むでしょう。

実はこのどちらのケースも、バイナリーオプションではネガティブな結果をもたらす原因になります。

弱気になって今まで勝ってきたやり方に疑問を持つようになってしまうと、勝てるときにエントリーせずに終わって稼ぎにくくなってしまいます。一方、強気になると今まで培ってきたノウハウを無視して大きな資金投入をしてしまい、偶然外して大損をすることもありえます。

バイナリーオプション取引で勝つためには、どのような状況でも決して冷静さを失わないこと取引のない土日にマインド調整をするのはそのためです。

瞑想をして精神統一をしたり、普段から気になっていた悩みを解決するために動くなど、平日に穏やかな気持ちでバイナリーオプションを始められるように休日を過ごしましょう。

資金計画

今後の資金計画を立て直すのも、土日にやっておくと良いことです。

土日にはまとまった時間があるので、現座持っている資金がどのくらいあって余剰資金はどの程度なのかをあらためて確認できるでしょう。

「実は生活費が少なくて、今までバイナリーオプションに使っていたお金を少し生活費に戻した方が良い」、その反対に「余剰資金がかなり増えていたから、もっとバイナリーオプションに使える」といった大事なことに気付くケースもあります。

リスクマネジメントにも投資による資金形成の加速にも大きな影響があるので、定期的に資金を見直すのは大切です。

そして、その状況に応じて新しい資金計画を立てて運用していくようにすると、将来的により裕福な生活を送れるようになるでしょう。

まとめ

バイナリーオプションは為替取引の関係上、土日に取引を行うことはほぼ無理ということになります。

ただし「日本の祝日で世界的には平日」という日であれば、海外バイナリーオプション業者での取引は通常どおり可能です。

一般的な土日でバイナリーオプションの相場がストップしている時は、行動もストップさせるのではなく、

  • トレードの振り返り
  • バックテストの実施
  • テクニカル分析の勉強
  • ファンダメンタルズ分析における世界情勢の把握

・・・など、やるべきことはたくさんあります。

土日を以下に有効に使うか。
まさにこれが勝負の分かれ道と言えるのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder