バイナリーオプション

【完全保存版】バイナリーオプションの用語134選!初心者向けに専門用語を徹底解説

バイナリーオプションはとてもシンプルな取引が人気の投資ですが、為替などが関連する投資取引であるため、様々な専門用語が存在します。

専門用語を理解しているとバイナリーオプションの関連ブログ記事や詳細な分析手法が理解しやすくなるでしょう。ここでは、バイナリーオプションの取引において出てくる専門用語を完全網羅してお届けします。

あわせて、国内外の人気のバイナリーオプション業者についても情報を掲載しています。

こちらの記事はブックマークしておき、気になる用語が出てきたらページ内検索をかけていただくのが便利な使い方です。

目次
  1. バイナリーオプション全般の専門用語
  2. バイナリーオプションの取引に関係する専門用語
  3. バイナリーオプションの分析に関する専門用語
  4. バイナリーオプションの国内業者の名称
  5. バイナリーオプションの海外業者の名称
  6. まとめ

バイナリーオプション全般の専門用語

バイナリーオプション取引をするにあたり、基礎知識のように知っておくとよい用語をまとめました。FXではよく使う言葉でも、バイナリーオプションではあまり使わない、しかしバイナリーオプションでよく勘違いされる原因にもなるFXの専門用語もあわせて紹介します。

FX

FXとは外国為替証拠金取引のこと。日本円と米ドルのように2国間の通過を取引し、その差益を狙う。例えば、1米ドル110円の時に購入し、112円の時に売却すると2円の利益となる。逆に、1米ドル110円で購入したものの、108円になると損失となる。

証拠金

FX(外国為替証拠金取引)はFX会社(業者)が提供しているFX取引サービスを利用し、FXトレードを行う。その際、FX会社に取引の元手となるお金を預けFX取引を行うが、この預けるお金が証拠金。

レバレッジ

証拠金の1倍~25倍相当のFX取引ができる取引形態。レバレッジはいわゆるハイリスク・ハイリターンであり、レバレッジで損失が出ると場合によっては追加で証拠金が必要となる。しかしバイナリーオプションにレバレッジはない。つまり、バイナリーオプションはレバレッジ取引よりローリスクで取引が可能。

オプション取引

任意で決めた時間(期間・満期)に、一定のレートや価格で株などの金融商品を取引できる権利。必ず取引が発生する先物取引とは異なり、オプション取引では権利を放棄することができる。買うことができる権利をコール・オプション、売ることができる権利をプット・オプションとも言うが、詳しくは下記”コール・オプション””プット・オプション”を参照。

バイナリーオプション、バイオプ、BO、バイナリーオプション取引

為替レートが一定の時間後に上がるか下がるか予想し取引するオプション取引のこと(金融デリバティブのオプション取引の一種)。

つまり、米ドルやユーロなど取引通貨の動き(上昇、下降、横ばい)を予想し、その予想通りに市場が動くとペイアウト額がもらえ、予想が外れるとペイアウトはもらえない。BOは少額から始められ、レバレッジと異なり損失も予め分かりやすいというメリットがある。また、予測が外れ損失が出そうな場合でも、途中決済で損失を抑える方法もある。詳しくは下記”転売、途中決済、途中売却”を参照。

ペイアウト

バイナリーオプション取引で、予想が当たり(権利行使条件を満たし)、権利行使が行われる、つまり事前に決められた金額を支払うこと。

ペイアウト額

支払われるペイアウトの金額のこと。国内バイナリーオプションでは1口(1Lot)一律1,000円が多い。予測が外れると0円で、購入金額は戻ってこないので購入金額の分だけ損となる。

オール・オア・ナッシング

バイナリーオプション取引は予想が当たればペイアウトを獲得でき、予想が外れると購入金額の分だけ損をするというシンプルな取引形態のため、ペイアウトを得て利益が出るか、購入金額の分だ損をするかのどちらか、つまり、オールオアナッシング(all or nothing)でとも言われる。

ロスカット、ロスカットルール

FXのレバレッジなどで、相場の急変し損失が大きくなると強制的に取引を終了させるシステムのことだが、バイナリーオプションでは購入金額以上の損が出ないためロスカットはない。バイナリーオプションはリスクとリターンが明確にやすいという側面がある。

バイナリーオプションの取引に関係する専門用語

この項目では、バイナリーオプション取引の際によく使う・関係が深い専門用語をご紹介します。

通貨ペア

為替取引の対象となる通貨の組み合わせのこと。USD/JPYなどと表記する。主に「このバイナリーオプション業者は、以下の通貨ペアの取引に対応している」などの使い方が一般的。

約定

一般的に広く契約や注文が成立することを意味するが、バイナリーオプションの場合はエントリーが成立することを意味する。つまり、一定のタイミングでHigh\Lowでエントリーし、そのエントリーが成立する(=BET完了)と約定となる。

約定拒否

何らかの理由で取引を提供している業者側から注文またはエントリーを拒否されてしまうこと。例えば絶好のタイミングにエントリーをしたとして、そのエントリーがはじかれた場合は約定拒否にあったと表現できる。

一般的にはレートが激しく変動した際やオンラインシステムが遅延するほど注文が集中している場合などに発生する。約定拒否というキーワードだけ見れば拒否されているイメージが強いが、実質的には通信エラーなどで注文が通らなかったという意味合いの方が強い。

最低購入可能金額

最低購入額とも。1回のエントリーで購入できる最低の金額を指す。

最大購入可能金額

最大購入額とも。1回のエントリーで購入できる最大の金額を指す。バイナリーオプション業者で人気のハイローオーストラリアは、一回あたりの最大購入可能金額が20万円となる。

ハイロー取引

いわゆるHIGH&LOWのこと。カードゲームでも場に出ているカードの次に出てくるカードの数字が今のものよりも上がるか下がるかで賭けを行うことがあるが、バイナリーオプションでは、一定時間の後に通貨のレートがハイになるかローになるか予測する。

一般的に判定時刻にレートが上がっているか、下がっているか予測し、国内バイナリーオプション会社ではラダー、タッチ、レンジとハイロー取引の種類を選択できるケースがある。

ラダー取引、ラダータイプ、ラダーオプション

判定時間に目標レート(権利行使価格)よりハイになるかローになるか予測するバイナリーオプションの王道的な取引のこと。予想が当たればペイアウトが払われ、予測が外れるとペイアウトは0円。

タッチ取引、タッチオプション、ワンタッチ

判定時間までに為替レートが目標レートに一度でも到達(タッチ)するか予測するバイナリーオプションの取引方法のこと。目標レートに達しなければノータッチとなり、ペイアウト額は0円。国内バイナリーオプション業者ではFXTFで取引可能。判定時刻まで値動きが激しいときに使うケースが多い。

レンジ取引、レンジオプション

レンジ取引・レンジオプションは、バイナリーオプションの取引方法の一つ。エントリーから判定時間までの間、相場が一定の範囲内の幅から出ないことが勝利判定となる取引方法である。単純に相場が判定時刻に上がっているか下がっているかをエントリーするハイロー取引と比較すると予想難易度が高く、そのためにペイアウト倍率はどのバイナリーオプション業者でもハイロー取引より高く設定されるケースが多い。

一部のバイナリーオプション業者ではワイドレンジとして、取引の際に判定材料となるレンジを広くしたものもある。

取引開始時刻、取引開始時間

バイナリーオプション取引で、取引が可能になる・取引スタートが可能な時間のこと。原則的に月曜早朝から土曜早朝まで24時間いつでも取引が可能なFXと異なり、バイナリーオプションは一部の時間帯について取引を提供していないバイナリーオプション業者も多い。

判定時刻、判定時間、満期

いわゆるバイナリーオプションの勝敗が決まるタイミングのことを指す。どの用語も同じ意味を持つが、バイナリーオプション業者や投資家によってその呼び方は異なる。

例えば、判定時間が5分という取引であれば、5分満期と表現することもでき、判定時間が5分と表現することもできる。

レート

一般的に為替レートのことをさす。例えば、ある一定のタイミングで1ドルが112円だとした場合「今のドル円レートは1ドル112円」と表現することができる。

値幅

チャートで相場変動があった場合、どれほどの変動があったかという幅を表す語。例えばドル円チャートが42銭ほど動いたとしたら一日あたりの値幅は42銭という表現となる。

バイナリーオプションにおいては、エントリーから判定時刻までの間にどれくらいの値段でチャートが推移したかを表す時にもこの言葉を使う。

判定レート

バイナリーオプションで主に使用する単語。判定時刻にどのくらいの為替レートになっているかを表すレートとなる。分かりやすく大げさな値幅で表現すると、エントリー時に1ドル110円として、判定時刻に1ドル111円になっていれば、判定レートは1ドル111円ということになる。

デイトレード

FXや株式投資などに代表されるような取引のうち、1日の終了時に全てのポジションを決済してしまうのがデイトレード。

つまり、1日以上ポジションを保有したままにならない取引手法のことで、バイナリーオプションにおいてはそのほとんどが数時間単位で決着する取引となることからデイトレードという扱いになる。なお、メインの取引スタンスとしてデイトレードを採用している投資家のことをデイトレーダーなどと呼ぶ。

ペイアウト率、ペイアウト倍率

バイナリーオプションでよく使われる頻出単語の一つ。バイナリーオプションの予想が的中した際にどのくらいの倍率でエントリーした金額が支払われるかという率をさす。例えばバイナリーオプションで勝利した際のペイアウト率が1.5倍ということであれば、仮に2000円でエントリーした場合は3000円がペイアウトされることとなり、ペイアウト率2.0倍の場合は4000円がペイアウトされることとなる。

基本的に海外バイナリーオプション業者はペイアウト率が高めに設定される。

転売、途中決済、途中売却

バイナリーオプションの決済方法の一つ。例えば1時間判定でエントリーをした場合、途中30分の段階で途中決済をするとその段階で定められたペイアウト率に応じて利益を上げることが可能となる。

基本的に判定時間を迎える頃には負けになってしまう可能性が高いと判断した時に使える方法で、ペイアウト率に関しては正規の判定時刻を迎えて価値判定になった時よりも低くなることが一般的。

多少ペイアウト率が低くとも、バイナリーオプションで負ければ全くのゼロになってしまう資金をある程度保全することができるため、損切り的な意味合いで使うことも可能である。ただし、判定時間が30秒など極めて短い取引の場合は利用できないので注意が必要。

スプレッド

FXや仮想通貨・暗号資産取引で使われる用語と同じもの。この界隈で使われるスプレッドは購入価格と売却価格の差を意味するが、バイナリーオプションでスプレッドというキーワードが出てくる際には、主に途中決済(転売、途中売却)する際の買値と売値の価格差を指す。

途中決済を行う際はスプレッド・つまり価格差が狭い・小さいほど有利な取引が可能となる。これは国内のバイナリーオプション業者に多くみられる。

ただし海外のバイナリーオプション業者の場合、配信レートのズレによる価格差をスプレッドと呼ぶケースもある。市場が急激に動いたり、配信/通信状況によって同じ通貨ペアでも価格が異なるケースがあり、これを配信レートのズレと呼ぶことがある。

スプレッド取引

ハイローオーストラリアなどに代表される海外バイナリーオプション業者でよく提供される取引方法の一つ。一般的なハイロー取引と基本的なルールや判定時刻は同一であるものの、勝利の判定が出るためには、予め購入時に設定されたスプレッド幅を超えた値動きが必須となる。

ハイローオーストラリアでは、ハイロースプレッド・ターボスプレッドという形でスプレッド取引が提供されている。一般的なハイロー取引に比べて勝率がやや下がることからペイアウト率は高めに設定されているケースが多い。

スリッページ(Slippage)

語源は「滑る」のスリップより。FX取引を中心に、相場が急変した時など急な変動があると通信スピードや処理時間により約定しても注文価格と実際の約定価格に差が出ることがある。これをスリッページと呼ぶ。

約定注文や逆指値、ロスカット注文、クイック注文などに起こり得る。

ターボ取引(Turbo)

ハイローオーストラリアで提供されている取引形態の一つ。その名の通り、一般的なハイロー取引の判定時刻よりも短い時間で判定が行われており、一番短いものだと30秒で判定時刻が到来する取引が存在する。ハイローオーストラリアの場合30秒に・1分・3分・5分という範囲の中で取引を行うのがターボ取引と分類される。

15分・1時間・2時間など一般的なバイナリーオプションの判定時刻よりも短い時間の中で値動きを予想する必要があるため、難易度がやや高く、ペイアウト率も2.0倍などの高水準になるケースが多い。

なおターボ取引は日本国内のバイナリーオプション業者では提供がなく、提供されているのは海外のバイナリーオプション業者であることに注意が必要。

マーケットリスク

市場に存在する資産低価リスクのこと。FX取引やバイナリーオプション取引を含め、金融市場の値動きを利用した取引を行う際、現在保有している・投資している資産にマイナスが発生する可能性を指す。

原則的にバイナリーオプションやFX、その他市場に関わるすべての金融商品取引を行う際には、市場における急激な相場変動などによって元本割れのリスクがあることを理解することが求められ、日本国内の各業者は特に、口座開設時にマーケットリスクを負うことについて同意を必須としている。

マージン

バイナリーオプションをはじめとする金融取引においては、いわゆる種銭と同じ意味を持ち取引を始めるために必要な金銭を意味する。

ボラティリティ

ボラティリティ・ボラなどとも呼ばれるが、これはある一定の期間内の一定の通貨ペアの取引量を指す。例えば、この通貨ペアは日本時間深夜のボラが大きいので狙い目である、のような解説や使い方をする。ボラティリティが大きい場合は、取引が活発であることから値動きも比較的大きなものになりやすく、スプレッド取引などではボラティリティが大きい通貨ペアと時間帯でトライすることが重要である。

期待値

様々な投資やギャンブルの世界でも使われる言葉。平たく言ってしまえば、買った時にどれくらいのメリットが得られるかという指標と勝てる確率、そして同様に負けた時に発生するデメリットと負ける確率を全て足して平均したようなもの。これがわずかでもマイナスの方向に数値が出るようであれば期待値が薄いため、投資判断としては勝負をするべきではないということになる。

チャート

バイナリーオプション取引においては、通貨ペアの値動きなどを表示しているグラフのようなものを指す。チャートを見ながらバイナリーオプション取引を進めていくこととなる。

ローソク足

株式投資やFXなど投資の広い場面で見ることになるもので、ろうそくに形が似ていることからこのように呼ばれている。基本的に1本のローソク足は始値、高値、安値、終値を表し、複数のローソク足の推移を見て相場の動きを読むために利用する。

ヒゲ

ローソク足の一部のこと。ある一定の期間内に、それぞれどのくらいまで相場の値段が動いたかを表すもの。このヒゲの長さで相場の分析を行うことができる

陽線

ローソク足の種類の一つ。一定の期間内で取引が始まった時よりも終わった時の方が値段が上昇している場合はこの陽線が発生する。

陰線

ローソク足の種類の一つ。一定の期間内で取引が始まった時よりも終わった時の方が値段が下降してしまっている場合はこの陰線が発生する。

窓開け

為替相場がクローズしてから次にオープンするまでの間に為替相場を大きく変動させ得る世界的な動向があった場合、クローズ時の値とオープンの際の値に乖離が生じることがある。これを窓開けという。

市場流動性

単に流動性とも表記する。市場流動性は、一定の通貨ペアなどのマーケットにどれほどの取引があるか、どれほど取引が活発かといった内容を示す。

順張り

為替相場がある一定方向に動いている時に、さらにその動きが加速すると判断して現在動いている方向と同じ方向にエントリーをすること。例えば、現在の相場が右肩上がりの際、判定時刻が到来した時もまだ右肩上がりであると判断してエントリーをすると順張りのエントリーとなる。

逆張り

順張りの対義語となる。相場がある方向に動いている時、この次は反対の方向に相場が動くと判断してエントリーをすることを逆張りという。バイナリーオプションでは、レンジ相場の際などに逆張りエントリーを行うのが一般的といえる。

トレンド・トレンド相場

相場がひとつの方向に動いている状況、またはその状態となっている相場のこと。右肩上りの相場であれば上昇トレンド、反対は下降トレンドと表現することが多い。

レンジ相場・保ち合い相場

ある一定の範囲で相場が上昇と下降を繰り返しており、全体を通してみると大きな動きが見られず、トレンド状態にもなっていないさま。

レンジブレイク・ブレイク

レンジ相場が続いた後、そのレンジ相場が崩れてトレンド相場に移行する状態のことを意味する。レンジ相場の継続が長ければ長いほど、ブレイク後のトレンドは強烈なものになる傾向にある。

レジスタンスライン

上値抵抗線と呼ぶこともある。チャート分析の際に利用するラインとなっており、このラインは過去に推移してきた価格の高値を結んだラインであることから、ラインを越えて相場が上がることはあまりないという判断材料とすることができる。

サポートライン

下値支持線とも呼ぶ。レジスタンスラインの対義語である。レジスタンスラインは過去の価格推移のうち高値を結んだラインであるのに対して、サポートラインは反対に過去の安値を結んだラインとなる。

押し目

トレンド相場で登場する単語。例えば上昇トレンドの場合、一直線に相場が上がるのではなく、トレーダーや相場全体の心理的な作用で一時的に値を下げるケースがある。この部分を押し目と呼び、押し目にエントリーをすることを押し目買いと表現する。

戻り目

押し目の対義語であり、下降トレンドに入っている際に、相場が一瞬だけ上昇するタイミングのことを意味する。この際にエントリーを行うことを、戻り売りと呼ぶこともある。

60セカンズ

主に海外バイナリーオプション業者などで提供されているバイナリーオプションの判定時間の一つ。文字通り、60秒での取引のことをこのように表現する。

キリ番・心理的節目

0ライン・ダブルオーと呼ぶこともある。バイナリーオプションにおいてキリ番というのはレートの末尾の数字が0二つになることを意味する。(110.00など)いわゆる切りの良い数字ということでキリ番というキーワードとなった。心理的にこのタイミングで決済をしたりエントリーをしたりする投資家が多く、チャートに変動が出る事が多い。

デモ、デモ取引

実際に金銭の移動やエントリーを伴わず、ゲームのデモプレイのようにまずは実際の相場やチャートを使って模擬的に取引を行うこと。多くのバイナリーオプション業者やFX業者が提供している機能で、現実世界と全く同じ為替レートでデモ取引が可能なことから、様々な練習や取引画面の使い勝手を確認するのに利用可能。

コール・オプション

(投資などで)商品を購入する権利のこと。

プット・オプション

(投資などで)商品を売却する権利のこと。

始値

一定の期間内の相場を見た際に最初に取引された価格をさす。

終値

始値の対義語。一定の期間内に最後に取引された価格のことを意味する。

ヒット

バイナリーオプションにおいては、エントリーした取引が的中してペイアウトされた状態のことを意味する。

アウト

ヒットの対義語。バイナリーオプションでエントリーをした取引が判定時間に外れてしまった場合はアウトと表現できる。

マイナーカレンシー

通貨の分類を指す言葉。いわゆる、米ドル・日本円・ユーロ・イギリスポンド・スイスフラン以外の通貨すべてをマイナーカレンシーと表現する。

メジャーカレンシー

マイナーカレンシーの対義語で、米ドル・日本円・ユーロ・英ポンド・スイスフランを意味する。

イン・ザ・マネー

ある一定のタイミングで権利行使をすることで、利益が発生する状態の意味

アウト・オブ・ザ・マネー

ある一定の状態・タイミングで権利行使をした際に損失が発生する状態を意味する単語。

アット・ザ・マネー

ある一定のタイミングで権利を行使した際に、本も利益も発生しない状態のこと。

両建て

ある一つの通貨ペアにおいて、売り注文・買い注文両方を注文するという意味で、バイナリーオプションにおいては、ひとつのタイミングでHigh/Low両方のエントリーを行うことを意味する。

バイナリーオプションの分析に関する専門用語

ここからは、テクニカルな分析やチャートの解析の際によく登場する単語についてご紹介していきます。

バイナリーオプションの詳細を解説しているサイトなどでもよく出てくる単語となっており、またYouTube動画などでも、プロの投資家がこのような用語を用いて解説を行っています。分からない単語が出てきたら、こちらをまずは確認してみてください。

経済指標

アメリカや日本・イギリスなど各国政府はもちろんのこと、その他金融市場に関係する公的機関などが発表したり会見を行うことで公表する重要な経済的指標のこと。この情報によってリアルタイムに相場が大きく変動することもあり、各国の重要な経済指標発表タイミングをあらかじめ抑えておくスタイルの戦略も存在する。反対に、バイナリーオプションの取引中に急激な相場変動が発生した場合には、世界各国いずれかの政府又は公的機関が重要な経済指標の発表を行った可能性も考えられる。

連邦公開市場委員会、FOMC

アメリカ合衆国の金融政策などを判断・決定する委員会のこと。一年で8回開催されるこの委員会は、原則的に日本時間の深夜から早朝にかけて記者会見等が行われる。そのため、この時間帯は、全体的に相場の大きな変動が見られる傾向にある。

連邦準備制度理事会、FRB

アメリカ合衆国の金融政策やレート関連の重要な意思決定を行う意思決定機関の意。日本で言うところの日銀と同等のものとなる。

デフォルト

バイナリーオプションというよりは、金融市場などで主に使われる単語で、いわゆる利息の支払や返済等にスケジュールの遅れなどが発生することを意味する。いわゆる債務不履行状態。

テクニカル分析

バイナリーオプションを中心とした、相場分析のための一つの手法を総称したもの。ローソク足や各種ラインなどをチャートに引いて分析を行うことにより、相場の推移を予測して投資を行うための判断材料とすることをテクニカル分析という。

ファンダメンタル分析

テクニカル分析とは異なり、各国が公表している国の景気や経済指標、その他各企業がどのような売上を立てているかなどの「人や企業の動き」などを中心に分析を行う手法。テクニカル分析が人や企業などの動きは勘定に入れずあくまでも数値化した情報を元に分析を行うのに対し、ファンダメンタル分析の場合は、テクニカル分析よりも幅広く様々な情報を織り込んで分析を行う。

パターン分析

テクニカル分析ファンダメンタル分析と同様に、チャートを分析するための方法の一つ。相場は、ある一定のパターンに沿って動きを見せることが多く、こういった過去の事例からチャートのパターンを分類・分析する方法がパターン分析となる。別名フォーメーション分析。

失業率

景気動向の判断で利用する、基本的な指標の一つ。世界各国の労働力人口の中でどれくらいの人が失業しているかを見るための数字。

テクニカル指標

テクニカル分析を行う際に参照するべき様々な指標の総称。

トレンドフォロー系指標

現在の相場がトレンド相場であるかどうかを判断することに加え、その勢いを元にトレンドの転換点がどこに来るのかを判断するための指標の総称。

オシレーター系指標

オシレーターという単語そのものは投資の世界では振り幅という意味を持ち、オシレーター系指標はそれぞれの相場において、一定の銘柄が買われすぎているか・売られ過ぎているかなど、過熱している状態を判定するための指標の総称。

パラボリック

パラボリックチャート・パラボリックSARなどとも呼ばれる。テクニカル経営指標の一種で、ローソク足と組み合わせて使うことでエントリーのタイミングを図ることができる。

移動平均線、MA、Moving Average

ある一定の期間の間の終値の平均値を取った、平均的な値動きのラインのこと。移動平均線を用いたゴールデンクロスやデッドクロスによる予測手法もある。

単純移動平均線、SMA

ある期間の終値の平均値を出し、線でつないだ曲線。10日間の移動平均なら10SMAと表記するケースがある。新しいトレンドの発生の発見には向かない。

指数平滑移動平均線、EMA

SMAが苦手とする直近の動きをみるため、直近の価格に比重をかけて算定する指標。

移動平均乖離率

現在の価格が、移動平均線からどれほど離れているかを表した指標のことで、こちらもまた、オシレーター系指標と同様に、買われすぎまたは売られすぎなどを判断する一つの指標となる。

平均方向性指数、ADX

テクニカル指標の一つ。またの名をDMIと呼ぶこともある。チャート上に3本のラインで表現されるADXはトレンドの強さを分析できる指標となっている。

ストキャスティックス、ストキャスティクス

オシレーター系の指標の一つであり、ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスの2種類が存在するが、基本的にはスローストキャスティクスが各ブログや解説記事などでも使われている。

インジケーター

チャートに様々な情報をオーバーレイ表示することにより、相場の状態をより視覚的に分析しやすくすることのできる各種指標のこと。基本的にはMT4などの相場をチェックできるソフトなどで表示して使用する。

MACD

テクニカル系指標の一つで、現在のトレンドの強さなどをもとに、今エントリーを行うべきか否か?を判断するために使用する指標。

一目均衡表

テクニカル系指標の一つ。日本産のチャートとしても知られる。チャートにはローソク足とともに5本のラインが表示されており、これらを元に分析を行う。

RSI

統計指標の一つで、相場が売られすぎているのか買われすぎているのか判断できる極めてシンプルな指標のこと。

RCI

順位相関係数とも。一定期間の時間と価格情報の相関関係から買われすぎ・売られすぎを判断することができる。

MT4

正式名称はMetaTrader4。ロシア・メタクオーツ社が開発しているトレードプラットフォームのことで、バイナリーオプションやFXなどで取引を行う際にはほぼ必携のソフトと言って良いツール。MT4の入手自体は無料。世界中で利用されており、各種指標やインジケーターの追加表示などが独自に行えるため、極めて拡張性の高いツールと言える。

酒田五法

日本で生まれた相場の分析方法のこと。江戸時代の相場師である本間宗久が考案した現代でいうところのテクニカル分析手法の一種となる。なお、同じく本間宗久が江戸時代に日本で考案したローソク足を基準として分析を行うため、様々な投資の分野で活用が可能となっている。

三山

さんざん。ヘッドアンドショルダーズトップと同義。文字通り、相場が三つの山を形成し、その三つの山の頂点が同じ値段で推移している場合、その三つの山の頂上が天井である=今後相場が下がってくるという分析となる。

三川

さんせん。またの名を逆三山。三山と同様に、ひとつの安値ラインを3回にわたって突破できなかった場合、そのラインが相場の底になっている可能性が高いという分析手法。フォーメーション分析に分類されるヘッドアンドショルダーズボトムと同じ。

三尊天井

三山と基本的な分析は同一だが、三つの山のうち、真ん中の山が最も高い場合は三尊天井と表現する。逆三尊はその逆。

三尊天井に関する詳しい情報はこちら

三空

さんくう。いわゆる、相場の大きな値動きなどで発生する窓(窓開けなど)のことを「空」と表現したもの。3回同じ窓が空いた時にはその後相場が逆転する可能性があるという判断を行うことができる。なお三空踏み上げと三空叩き込みの2種類が存在するが。前者は強烈な上昇トレンド相場の場合に発生し、後者は強烈な下降トレンド相場で発生することとなる。

三兵

さんぺい。ローソク足が3本連続で発生する状態のことを指す。例えば、陽線が3本連続で出現すれば赤三兵、反対に陰線が三つ連続で出現すれば黒三兵と表現する。

三法

さんぽう。いわゆるレンジ相場では取引をしないという選択を行い、レンジ相場がブレイクしたら再び取引を稼働させるという戦略のこと。

上げ三法

レンジ相場からブレイクした際、上昇トレンドが発生した場合に順張りを行う方法のこと。

下げ三法

レンジブレイクの後、明らかにレンジの安値を突破して相場が下がった際には、下降トレンドで順張りを行う方法。

ダイバージェンス

逆行現象の意味。バイナリーオプションにおいては、現在のトレンドの価格とオシレーター系指標の値が逆転した状態のことをダイバージェンスと表現する。

詳しい情報はこちら

ダマシ、騙し

各種フォーメーション分析などを用いて、相場がこの方向に動くと判断した際にその方向に動かずまた別の動きをすることを指す。バイナリーオプションでは、騙しが発生すると即座に負けを意味するため、騙されないように注意が必要である。

ボリンジャーバンド

ジョンボリンジャーが開発したインジケーターの一つで、ボリンジャーバンドはある一定のラインの中に一定の確率で相場が収まるというもの。ボリンジャーバンドは標準偏差を利用する。

バイナリーオプションとバンドウォークの相性は?仕組みや発生タイミングもわかりやすく解説

1σ(シグマ)

ボリンジャーバンドで登場する一つの指標。プラス1σとマイナス1σが存在し、それぞれのラインにチャートが収まる確率はおよそ68.3%となる。

2σ(シグマ)

ボリンジャーバンドで登場する一つの指標。プラス2σとマイナス2σが存在し、それぞれのラインにチャートが収まる確率はおよそ95.4%となる。

3σ(シグマ)

ボリンジャーバンドで登場する一つの指標。プラス3σとマイナス3σが存在し、それぞれのラインにチャートが収まる確率はおよそ99.7%となる。

スクイーズ

ボリンジャーバンドの状態を表す言葉の一つ。スクイーズは圧縮するしボールという意味があり、文字通りレートの動きが小さく、ボリンジャーバンドがスクイーズされている状態のことを指す。

基本的にスクイーズ発生時は、ボラティリティが小さくなっていることが考えられる。

エクスパンション

スクイーズの対義語で、ボリンジャーバンドの状態を表す言葉となる。エクスパンションが発生している時は、バンドが膨張しており、極めて強いトレンドが発生していることが予想される。

バンドウォーク

ボリンジャーバンドの状態を表す言葉の一つ。バンドウォークは、ボリンジャーバンドのエクスパンションが発生した際にトレンドが極めて強くバンドをローソク足がタッチし続けている(ウォークしているように見える)ことを意味する。そのため、強いトレンドが発生していると判断できる材料となる。

HLバンド

別名ハイローバンド。一定期間のそれぞれの高値および安値が更新された場合に売買シグナルが点灯するというもの。

エンベロープ

移動平均線を主軸として、一定の間隔のラインを上下に表示させるインジケーターがエンベロープである。このエンベロープを用いることによって、移動平均線から現在の価格がどれほど乖離しているかを判断できるという利点がある。

なお、ボリンジャーバンドと見た目が似ているが、エンベロープはボリンジャーバンドと異なり固定されているためエクスパンションやスクイーズは発生しないという特徴がある。

トレンドライン

トレンド相場発生時において、2点以上の高値同士/安値同士を通る線をひいたもの。トレンドの転換などを察知するためにも利用可能。

バックテスト

過去の相場を下敷きにして様々な手法を試すためのテストのこと。過去10年などの相場の推移を用意し、追体験する形で様々なインジケーターや手法を使い、予測通りの方向に相場が動くかどうかを判断するために使用する。

ゴールデンクロス、GC

移動平均線のうち、短期移動平均線が中期または長期移動平均線を下から上に追い抜くこと。上昇トレンドが発生し、ハイの目安となる。

デッドクロス、DC

移動平均線のうち、短期移動平均線が中期または長期移動平均線を上から下に追い抜くこと。ゴールデンクロスの逆。下降トレンドが発生し、ローの目安となる。

ヨーロピアンタイプ、ヨーロピアンオプション、ヨーロピアンタイプオプション

行使期間の最終日(満期日、オプション満期)に権利行使の有無を決定できるオプション取引のこと。国内バイナリーオプション業者の多くがヨーロピアンタイプを設定している。

アメリカンタイプ

ヨーロピアンタイプと異なり、取引の開始日から最終日の期間(行使期間中)であればいつでも権利行使ができるオプションのこと。

バミューダンタイプ

複数の権利行使日があり、そのいずれかの日に権利行使ができるオプションのこと。債券のオプションなどで使われる。

バイナリーオプションの国内業者の名称

国内でバイナリーオプションの取引サービスを提供している主な会社です。海外のバイナリーオプション業者と異なり、日本国内ではいくつかバイナリーオプション取引提供において規制があるため、海外のバイナリーオプション業者と比較してやや取引に制限がかかるケースもあります。

 

その反面、安心して取引できるような仕組みが整備されており、そもそも日本国内のバイナリーオプション業者ですから日本語でコミュニケーションを取ることができる魅力もあります。

GMOクリック証券

渋谷にあるGMOクリック証券株式会はインターネット証券会社。株式取引、投資信託、先物オプション、FX取引、オプション取引、株価指数バイナリーオプション、maneo、CFD、債券、NISAなど幅広い金融商品を取り扱っています。GMOクリック証券では外為オプション取引で、ラダータイプ、ペイアウト金額は1枚につき1,000円固定のバイナリーオプションを利用できます。

FXプライムbyGMO

GMOインターネットのグループ企業である株式会社FXプライムbyGMOはFX専門の会社で、スタンダードなFX取引はもちろん、バイナリーオプション取引、システムトレードも用意されています。過去9年間でサーバーダウンがありません。

バイナリーオプションは「選べる外為オプション」から取引でき、1枚あたり50円前後から取引可能。ラダータイプでペイアウト金額は1枚固定1,000円。

トレイダーズ証券

トレイダーズ証券株式会ではみんなのFXやLIGHT FXなどFX取引サービスを運営しており、「スプレッド業界最狭水準宣言」を宣言するなど顧客第一主義に徹しています。提供サービスはみんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション。

バイナリーオプションはみんなのオプションで取引でき、ラダータイプ、レンジタイプの取引を選択できます。チケットは50円から、ペイアウトは一律1,000円です。

IG証券

ロンドンを拠点とする歴史あるIG証券は本国イギリスを始め、日本を含め世界15カ国に拠点がある一大金融グループです。FX、CFD、ノックアウトオプションなど幅広い金融商品取引が提供され、日本では港区泉ガーデンタワーにオフィスがあります。

FX、株価指数、コモディティ(NY原油先物など)の幅広いバイナリーオプションが用意され、ラダーオプション、ヨーロピアンタイプ、FX原資産のバイナリーオプションでは7通貨ペア、0.1ロット単位で取引可能、損益通貨が日本円の場合0.1ロットでのペイアウト額は10,000円となっています。

外為どっとコム

2002年設立の株式会社外為どっとコムはFX取引会社で、外貨ネクストネオ(FX)、外貨ネクストバイナリー(BO)といったサービスを提供。バイナリーオプションは外貨ネクストバイナリーで取引できます。ラダー取引、ヨーロピアンタイプ、6通貨ペア、最低取引単位は1Lot、ペイアウト金額は1Lot1,000円固定です。

ヒロセ通商

大阪を拠点とするヒロセ通商株式会社は、FX取引業者で2004年設立。クイック入金サービスや即時出金サービス、200以上の通貨ペア取り扱いなどFX業界でもいち早く利便性の高いサービスを始めることで有名です。

バイナリーオプションでは、LION BOにて取引可能、4通貨ペアに対応、ラダーオプション、ヨーロピアンタイプ、ペイアウトは1Lot1,000円、注文はオプションの新規購入・成行注文に対応しています。

FXTF

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社(旧株式会社FXトレード・フィナンシャル)はFX取引業者で、なんと日本史上最狭水準のスプレッドに挑戦し、USD/JPYが0.1銭などFXトレーダーから人気。FXTF MT4を提供、バイナリーオプションはバイトレで取引可能。取引はラダー、レンジ、タッチから選択でき、6通貨ペア、ペイアウトは1,000円か10,000円で選択可能。国内バイナリーオプションの中でも選択肢が広いといえます。

YJFX!

ヤフーグループのワイジェイFX株式会社はFX取引(外貨ex)、オプション取引(オプトレ!)、投資信託のサービスを提供しています。バイナリーオプションはオプトレ!で取引でき、ラダー取引とレンジ取引から取引方法を選択可能、ヨーロピアンタイプ、8通貨ペア、ペイアウトは1口1,000円です。

バイナリーオプションの海外業者の名称

海外のバイナリーオプション業者は日本国内のバイナリーオプション業者と異なり、法規制が緩和されている部分もあります。そのため自由度の高いバイナリーオプション取引が可能です。また、そこに魅力を感じて日本から海外のバイナリーオプション業者を利用する投資家も多数存在します。

ここでは、海外のバイナリーオプション業者の中でも特に国内で人気の高い業者をピックアップしてご紹介します。

ハイローオーストラリア(HighLow Australia)

マーシャル諸島共和国に所在するHLMI Ltd.が運営し、世界中から大人気のバイナリーオプション業者がハイローオーストラリアです。

初回取引でキャッシュバックキャンペーンを実施していたり、日本語でのサポートが受けられる部分でも特に人気のバイナリーオプション業者で、その特徴は何と言っても最高2.0倍のペイアウト倍率と豊富な取引方法です。

海外バイナリーオプション業者のため、クレジットカードでの入金にも対応しているなど、様々な方法でバイナリーオプションに取り組めるのも嬉しいポイントです。

日本からのハイローオーストラリア口座開設も身分証があれば3分で完了するなど、極めて使い勝手の良い業者でもあります。

取引銀行はナショナルオーストラリア銀行で、賠償責任保険はロイズ保険組合。また、金融先進国のオーストラリア金融当局が監督局を務めているなど、海外バイナリーオプション業者の中でもトップクラスの信頼性と安心感が人気です。

ハイローオーストラリアの口座開設方法は、こちらでまとめています。

ザ・オプション(The Option)

ザ・オプションはハイローオーストラリア同様に日本国内でも人気の高い海外のバイナリーオプション業者です。日本語でのサポートを受けることもでき、また、口座開設時には様々なボーナスが得られるキャンペーンが実施されていることもあります。デモ取引も可能であるため、口座開設前に使い勝手をチェックすることも可能です。ただし、出金手数料は月一回まで無料ということで、1ヶ月の間に複数回出金する場合は出金手数料がかかることに留意が必要です。

ザ・バイナリー

セーシェル共和国のルールに則って運営されている海外バイナリーオプション業者がザ・バイナリーです。100円から取引が可能など、低い金額でもバイナリーオプションの取引が可能と言うバイナリーオプション業者ではありますが、利益の出金などに関しては様々な制約などがあり様々な事例が報告されているため、万人受けというよりは玄人向けのバイナリーオプション業者と言えるでしょう。初心者のうちはハイローオーストラリアの利用がおすすめです。

ファイブスターズマーケッツ

ファイブスターズマーケッツはバハマに所在する業者による運営で、投資した金額に対するキャッシュバックやペイアウト率の安定性、その他様々な取引に役立つ機能を提供していることで国内からの人気も高い海外バイナリーオプション業者です。

特にドローの場合は多くのバイナリーオプション業者で負け判定がとなる中、ファイブスターズマーケッツは払い戻しが行われるのがポイントです。

トレード200

K2 Ventures Limitedが運営している海外バイナリーオプション業者がトレード200です。こちらは、最低出金金額も低めに設定されており、サポート体制にも特に問題がないという意見も多いバイナリーオプション業者ではありますが、海外バイナリーオプション業者の中でも特に人気の高いハイローオーストラリアのペイアウト率には及ばないケースもあります。また運営会社はソニックオプションと同様であり、ライセンス未取得や所在地が不明瞭である点は留意しておくべきでしょう。

ジェットオプション

Act Plus Holdings Ltd.が運営しているバイナリーオプション取引サービスがジェットオプションです。

多くのバイナリーオプション業者が一回あたりの最低取引金額を1000円近くにしている中で、ジェットオプションは100円から取引が可能です。

少ない金額でも取引ができるのは評価すべきポイントですが、日本国内のユーザーからの出金トラブルなどに関する事例も報告されていることから利用には一定の注意を払うべき取引業者と言えそうです。

fxbinary(FXバイナリー)

シンプルな取引画面や人気を博している日本語サポートなどで一定の人気を博しているのがこちらの業者です。所在地はセーシェル共和国、ペイアウト率は最高2.0倍など国内のバイナリーオプション業者に比べて比較的高いレイアウトを受け取ることもできます。

ワールドクリプトバイナリー

いわゆる一般的な通貨ではなく、ビットコインなどの仮想通貨や暗号資産を利用したバイナリーオプションが可能なのがワールドクリプトバイナリーです。ワールドクリプトバイナリーは、仮想通貨・暗号資産での取引が人気で、Bitcoin・イーサリアムはもちろんのこと、ライトコインやリップルなどでも取引可能なバイナリーオプション業者となっています。

日本語サポートも可能となっているため、仮想通貨や暗号資産メインでバイナリーオプション取引を希望する場合は、有力な選択肢の一つとなる業者です。

バイナリーオプションブレイク

セーシェル共和国で運営されているバイナリーオプションブレイクは、日本国内からでも取引可能なバイナリーオプション業者です。ただし、利用できる通貨ペアの対象銘柄が8種類に限定されており、出金手数料も日本円に換算すると4000円弱となるため、特段の理由がない限りはハイローオーストラリアの利用で事足りるでしょう。

ソニックオプション

最低取引金額が500円であることや、トレードに役立つ重要な情報をメールマガジン・ニュースレターで配信していることでも評判の海外バイナリーオプション業者が、ソニックオプションです。

ただし、ソニックオプションはライセンスを取得しておらず、また業者の所在地などについても不明瞭な部分があるため、日本国内でも信頼性について疑問の声も上がっています。

まとめ

バイナリーオプションは専門用語を理解することができればより技術的な解説資料などを読み進めやすくなります。また専門用語の意味が理解できると、必要な情報を探しやすくなるというメリットもあります。

パイナリーオプションや投資に関連するわからない用語が出てきたら、いつでもこのページを表示して単語検索をかけてみてください。

もし何かバイナリーオプションの取引で困ったことや分からないことがあれば、このように用語検索をかける他にもう一つ解決法があります。西条のLINE@に登録してみることです。

Webでは大々的に公開できないような内容や、テキストコンテンツ以外のスペシャルコンテンツも含め、LINEでは様々な情報をお届けしています。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder