バイナリーオプション

バイナリーオプションで審査落ち?見落としがちなバイナリー審査否決の理由を解説

豊かな生活を勝ち取るため、バイナリーオプションをスタートさせようと口座開設を申し込んでみたところまさかの審査落ち。そのようなケースにぶち当たっている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、バイナリーオプションで審査に落ちてしまった時に確認したい、見落としがちなバイナリー審査否決の理由をわかりやすく具体的に解説していきます。

バイナリーオプションで証券会社の口座開設審査に落ちてしまった方、もしくはバイナリーオプションを始めたいけれども審査落ちが怖いという方は是非参考にして頂き、バイナリーの審査落ち対策を行いましょう

そもそもバイナリーオプションの審査とは?

そもそも、バイナリーオプションの審査とはどのようなものでしょうか。

バイナリーオプションの審査は結論から言ってしまえば、いわゆるクレジットカードやカードローンなどの審査とはまた違うものです。根本的にベクトルが異なります。

 

例えば、クレジットカードやカードローンの審査では、年収や勤続年数、その他自宅の固定電話の有無などが主な審査項目となっており、中でも一番審査の対象となるのはCICといった個人信用情報機関に蓄積されている申込者の個人信用情報、つまりクレジットヒストリーです。

 

CICやJICCなど様々な信用情報機関に蓄積されているカードローンや携帯電話の分割金など様々な支払い状況が見られるのがいわゆる消費者金融系の審査です。

 

しかし、バイナリーオプションの審査はこういった情報を見るのではありません。バイナリーオプションで見るのは単純に、

 

・バイナリーオプション取引が可能な属性の人なのかどうか?

・年収は安定して投資に回せるだけあるかどうか?

・(無職もしくは年収が極端に低い場合は)万が一の際に対処することができるだけの金融資産を持っているかどうか?

 

などのポイントとなります。

バイナリーオプションの審査には何が必要?

バイナリーオプションの審査には、基本的に

・メールアドレスや電話番号などの連絡先

・運転免許証やマイナンバーカードなど、写真付き本人確認書類

この二つが必要となります。

 

その他可能であれば本人確認書類の住所に届いているガスや水道の郵便物などがあればより安心です。これらの書類を用意して審査に臨むこととなります。

【ケーススタディ】バイナリーオプション審査落ちの理由を解説

書類審査でバイナリーオプションの口座開設ができないケースがあります。

いわゆる審査落ちという状況です。

 

では、バイナリーオプションはなぜ審査落ちになってしまうのでしょうか?

ここではバイナリーオプション審査落ちのケーススタディをご用意いたしました。それぞれのケースに当てはめてご自身の状況を確認してみましょう。

ケース1:海外在住で口座開設できなかったケース

自営業のビジネスが大当たりし、資産運用や投資でより大きな収益を見込んで日本国内のとある証券会社にバイナリーオプションの口座開設を申し込んだAさん。

 

本人確認書類にも問題はなく、さらに書類にも不備がないはずなのに口座開設を断る旨の連絡が来てしまいました。いわゆる審査落ちです。

 

資産状況にも問題がないのに、なぜなのでしょう?

これは、Aさんの現在の住所に問題がありました。実はAさん、現在のお住まいはシンガポール。国内FX業者やバイナリーオプションを扱う証券会社は、本人が日本国内に居住していることを確認できないケースでは、審査落ちとしています。

 

そもそも、口座開設基準には日本国内に居住していることを大前提として掲げていますので、日本国内に居住して住所を持っていなければバイナリーオプションの口座開設はいくら資産を持っていても不可能です。

 

仮に日本国内に居住していると虚偽の申告をしていても、Webから申し込む際のIPアドレスなどにより海外に生活の実態があると判断された場合には審査落ちになってしまうケースがほとんどです。

ケース2:そもそも未成年だったケース

大学に進学し、ビジネスや投資の世界に足を踏み入れたばかりのBさん。

 

アルバイトの収入を貯めて投資の世界にいざ繰り出そうとした時、バイナリーオプションの口座開設を断られてしまいました。資産にも問題なく、大学生といえどもきちんとアルバイトで収入を得ているわけですから審査には通過できそうなものですが、ここにも落とし穴がありました。

 

今回も申し込みをしたのは20歳以上からでなければ取引ができない証券会社だったのです。業者によって、未成年では金融取引の口座を開くことができないというわけです。

 

反対に、今回は未成年だったため審査に通過することができませんでしたが、場合によっては90歳のご高齢など、年齢が上過ぎても証券会社各社が個別に定めるバイナリーオプション口座開設の基準を満たさないということで審査落ちになってしまうケースがあります。

 

また、未成年の場合はバイナリーオプション口座を作ることができないか?と言えばそうでもありません。

 

未成年の方でも18歳以上であればバイナリーオプション口座の開設に対応している証券会社が幾つか存在します。こういった証券会社に申し込みを正しく行うことで、未成年の方でもバイナリーオプションの口座を作ることが可能です。

ケース3:そもそも書類不備だったケース

バイナリーオプションを行うために、証券会社へ申込みを行ったCさん。

 

申し込みが完了してから待てど暮らせど、証券会社からバイナリー口座の開設手続き完了のお知らせが届きません。資産状況にも問題はなくて年齢も20歳以上であり、さらに住所も日本国内。

本人確認書類も、写真付きの運転免許証で有効期限内のものを既に送付済みです。

 

特に問題はなさそうなものですが、結果的に数日後、口座開設を断る内容の連絡が来てしまいました。

こちらもバイナリーオプションの口座開設審査落ちです。

 

なぜ今回審査に落ちてしまったのか?

それは申し込みの際の書類に理由がありました。

 

一般的にバイナリーオプションの口座開設申し込みはWebから行います。申し込みが簡単なのはとても良いことですが、いわゆるお申し込みフォームのようなところに住所や氏名年齢などの個人情報を入力して行くこととなります。

 

この時、Cさんは大きなミスを犯していました。

 

運転免許証に記載されている住所と、申し込みの際に記載した住所に違いがあったのです。

 

Cさんの住所は、免許証に記載されているものは住んでいるマンション名や部屋番号まで記載されているのに対し、CさんがWebから申し込んだ時、住所欄に記入したのは、省略された住所だったのです。

 

部屋番号はもちろんのこと、マンション名の記載すらなく、これが原因で本人確認書類と申し込み地の住所に違いがある・本人確認が取れない、ということで今回は審査落ちになってしまったというわけです。

 

「このくらいだからいいじゃん!」

 

という方もいらっしゃいますが、金融取引はそもそもセンシティブなもの。投資の世界では、細かいミスや間違いが命取りになることもよくあります。また、こういった細かい違いに大雑把だと、結果的に取引は難しいと言ってよいでしょう。

 

口座開設という非常に重要な段階でこのように住所を大雑把に入力したり、本人確認書類と違うものを入力したことに気づかないようであれば、証券会社側から口座開設を断られてしまっても無理はありません。

 

住所の他にも電話番号や求められている入力欄を適当に入力してしまうと、最終的に本人確認が完了できず口座開設の審査落ちにつながります。

よく確認した上で正確な情報を記載するようにしたいところです。

重要な取引だからこそ慎重な用意を!

一般的にバイナリーオプションで審査落ちになってしまうのは、そもそもバイナリーオプションを提供している証券会社などが掲げるバイナリーオプション口座開設の基準を満たしていないケースです。

 

他にも、明らかに求められている情報が提供されていないなど、資産状況や年収といった条件面以外の部分で審査落ちになってしまうケースも非常に多くなっています。

 

例えば、忙しいからといって運転免許証の写真を不明瞭なもので提出していたり、証券会社からのメールを見落としてしまい、再提出期間が過ぎたことによって口座開設の審査落ちになってしまったり、こういったケアレスミスなどが原因となって審査落ちになってしまうケースが多いというわけです。

 

このように気をつけていれば防げたような事情でバイナリーオプション口座開設を断られてしまうというケースはバイナリーオプションで投資を行う以前の問題です。重要な取引だからこそ、慎重に用意をして間違いのないように申し込みをしたいところです。

 

特に、このような金融取引では近年各社ともKYC(Know Your Customer=顧客情報の管理徹底)の観点から確実に本人が投資を行っていることを確認したがる傾向がありますので、本人確認書類が不鮮明だったり、指で隠れてしまっていたり、ピントがぼけていたりすると高確率で審査が通らないこととなります。

 

その他、郵便物およびその他の補助書類に関しても、きちんとピントが合っており、証券会社側で求めている情報が掲載されているものを確実に送付するようにしたいところです。

 

こうすることで、バイナリーオプションの口座開設を断られるいわゆる審査落ちという最大限に配慮することができるでしょう。

 

投資する人間のスペック的な問題もさることながら、このようなケアレスミスの部分を証券会社が重視していることも十分に頭に入れておくべきです。

まとめ

オークションの口座開設を断られて審査落ちになってしまった時には、もちろん資産状況やバイナリーオプション投資を行うことが適切でないと判断されてしまっているケースもありますが。

 

しかしそもそも明示されている条件にそぐわない申し込みだったり、申し込み書類や申し込み内容に不備があるのを見落としてしまって審査落ちしているケースもかなりの数存在します。

 

バイナリーオプションや投資をすることにより上の世界に行きたいのなら、こういった基本的なところから着実に確認できるようなクセを付けていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder