バイナリーオプション

バイナリーオプションVS.人気の副業!結局どっちの生産性が高いの?

お金の悩みから解放されて、自由になるためには様々な選択肢があります。

結局、バイナリーオプションもその選択肢の一つに過ぎません。

言ってしまえば、副業の方が稼げるのならそちらの方でも良いのです。

 

そもそもバイナリーは投資、副業は労働集約型ビジネス。このような違いがありますが、結局バイナリーと副業ではどちらの生産性が高いのでしょうか?

いいかえれば、どちらが効率的に稼げるのか、という話にもなります。

 

ここではそれぞれ人気の副業とバイナリーオプションを比較してどちらの生産性や収益性が高いのか?についてご紹介します。

自由になること、そして豊かになることに主眼を置いて解説します。

副業OKの会社も増え、ますます副業の機運高まる

働き方改革が声高に叫ばれる昨今、今までは会社の副業禁止規定に悩まされて副業に手を出すことができなかった方々も多くいらっしゃることでしょう。

もしくは、以前から投資に興味があったのだけれども、副業にあたるために投資に手を出すことができなかった、というケースも聞かれます。

 

ところが最近は働き方改革が進み、また企業の考え方も徐々に変化してきており、日本国内ではアクセンチュアなどの大企業を中心に副業OK・副業解禁の機運が高まりつつありますそのため、公明正大に副業をして、収入の柱を本業とは他にもう一本立てることができるようになってきています。

 

もちろん、副業の他に投資に手を出すのもアリです。

 

なぜか日本は昔からお金を稼ぐこと=悪のような風潮があり、特にご両親の世代は投資と聞いただけで明らかな嫌悪感を持たれる方も多いのではないでしょうか。続いて出てくる言葉は、投資なんてやめておきなさい、損をするだけだから。

 

これは仕方のないことでもあります。昭和の教育の賜物と言った方が良いでしょうか。

 

しかし、それは昭和の時代は終身雇用が当たり前の世界だったからです。

 

1回会社に勤めてしまえば定年まで面倒を見てもらうことができ、そして定年でリタイアした後には年金が満足に支給されることで一生安泰だったからに他なりません。今の状態で副業もせず投資もせず、いつ会社をクビになるかわからない状態で生活していくのは丸腰でサファリパークの中をうろつくようなイメージです。ご家族がいれば、ご家族もご一緒に丸腰です。

 

つまり今の時代は副業をして投資をして、自分と家族を守らなければならない時代なのです。

サラリーマンが投資や副業に取り組むべき理由

サラリーマンは、副業や投資に勤しんで安心できる将来の生活を手に入れるべきです。

 

少し前までは投資や副業といえばハイリスク・ハイリターンで、投資に取り組んでいる人は何かと怪しいことをしている人だ、と陰口をたたかれることもありましたし、そういった見方をする方がいらっしゃったのも事実です。

 

しかし、今の時代はどうでしょう?

昭和が終わり、平成も終わり、時代は令和です。新しい時代です。

 

むしろ、東京都内では副業に取り組んだり投資をして資産形成に取り組んでいるサラリーマンも非常に多く、地方都市に至るまで「サラリーマンは副業に取り組むべき」という考え方が浸透しつつあります。

 

この後ご紹介するように、サラリーマンが副業や投資に取り組むべき理由はいくつかあります。

理由1:終身雇用の保証がないため

まず第一に、今勤めている会社が終身雇用である保証が一切ありません。昔は会社が倒産することはほとんどありませんでしたし、中小企業でもそれなりに長い年月の間会社が存続していました。

 

しかし今はどうでしょう?

 

終身雇用どころか一年先も分からないという企業が非常に多くなってきており、上場企業でさえも一瞬の出来事で会社が倒産したり早期退職者を大量に募集するような有様です。

 

会社に一生守ってもらえるということはなくなった、と言わざるを得ません。会社が守ってくれないなら自分で自分と家族の身を守る必要があります。

理由2:年金がもらえる保証もないため

年金さえきちんと払っていれば、会社を定年した後は年金で食べていける─これも残念ながら昭和の遺物です。

 

時代は令和、様々な不祥事や年金の記録問題などが次々に勃発し、今後私たちが年金を受け取れるかどうか、その雲行きが極めて怪しくなってきました。

 

この事態を見越して数年ほど前から民間の年金などが流行るようになってきました。資産運用に傾いている方も多くいらっしゃいます。

 

大手企業が副業を解禁したり、国の方で声高に働き方改革を叫ぶようになったということは、つまりそういうことなんです。時代の潮流に乗るべく、今すぐにでも副業やバイナリーオプションによる投資を始めた方が良いでしょう。

理由3:本人が過労でダウンしてしまう可能性もあるため

人間、どう頑張っても稼げるのは一人分の賃金です。忍者のように分身するわけにもいきませんし、稼働量を増やすなら一人で限界を超えて働き続ける必要があります。しかし、24時間365日働き続けられる人はいません。仮にいたとしても、それは長続きしません。人間はそういう風にできています。

 

その上、様々な社会保障費の上昇や物価の高騰、更に増税などによってどんどん実入りが減っていき、一ヶ月あたり自由に使えるお金も少なくなってくると、家族のためにも本人がさらに稼働しなければならないという負のスパイラルに落ちていってしまいます。

 

こうなるとどんな未来が待っているかというと、本人が過労でダウンしてしまう可能性があります。そうなると、当然ですが投資も副業もなければ収入は断絶してしまいます

 

家族を路頭に迷わせるくらいなら、今のうちから収入の柱を仕事以外にも立てておくのは決しておかしいことではありません。理にかなっていることとさえ言えるでしょう。

バイナリーオプションと他の副業、優れているのはどっち?

 

バイナリーオプションと今人気の副業、優れているのはどちらでしょう?

 

一概にどちらが優れているとは言えませんが、ここでは最近ネットを騒がせている人気の副業とバイナリーオプションを比較し、どちらの生産性が高いのか?を、検証します。

副業を始めるか、バイナリーオプションに進出するかで悩んでいる方は、ぜひ参考にされてください。

バイナリーvs.せどり

古本屋もしくはインターネットのオークションサイトやフリマサイトから中古品を購入して転売する「せどり」と、バイナリーオプションではどちらが優れているでしょう?

 

結論から言うと、よほどのことがない限りはバイナリーオプションの勝利です。せどりはリアル店舗に足を運ぶにせよ、電脳せどりといってインターネット上で仕入れを行うにせよ、商品選定や注文に時間的なコストがかかります。

 

さらに在庫を抱えるリスクなどもあり、資金の回転に関しても極めて早いとはなかなか言えません。隙間時間に取り組むこともできますが、結局は商品管理や発送などが入るため、時間が圧迫されるのは言うまでもありません。

 

その点バイナリーオプションはスマートフォンから取り組むことも可能ですし、そもそも在庫を抱えるタイプのビジネスではないので、物理的な負担もほぼないと言ってよいでしょう。

 

その他せどりはそもそも卓越した商品知識をもって価格差のある商品を見つけるのが本質ですから、よほど特定のジャンルに対して詳しくなければなりません。

これから参入するなら、バイナリーオプションを学んだ方が生産性や総合的なコストは良好と言えるでしょう。

バイナリーvs.アフィリエイト

副業といえばアフィリエイトと呼ばれるほど、アフィリエイトは昨今市民権を獲得しました。

ブログやSNSに広告を掲載し、その広告経由で売上が発生するなどすれば本人に収益が入る。これがアフィリエイトです。

 

結果的に、アフィリエイトで月100万円から数千万円単位で収益を上げ続けている方もいらっしゃいます。

 

しかし、こちらはアフィリエイトを極める前にまずブログやSNSなどの媒体特性を理解してマーケティングを学び、さらに検索エンジンの順位変動などにも絶えず気を配らなくてはならないなど、非常に不確定要素の多いビジネスでもあります。

 

マーケティング関係に明るい、アフィリエイトを会社で取り組んでいるなど事前知識があれば話は別ですが新たに取り組むのだとすれば、一つの物事に集中して情報を得ていればOKという性質を持つバイナリーオプションの方がお勧めできます。

バイナリーvs.ライター業

週末ライターという言葉がある通り、最近は副業で記事の執筆をするライターさんが増えてきました。ライター業は昨今インターネット広告関係のビジネスが拡大していることもあって人気の職業であり、副業の中でも手軽に取り組むことができるのが人気のポイントです。

 

事実、会社に勤めながらにしてライター業で副業収入を得ている方も多くいらっしゃいます。しかしライター業は近年競争が激化しており、場合によっては1日かけて記事を書き上げても収益が数百円にしかならなかったというケースもあります。

 

またGoogleによる検索エンジンアルゴリズムの変動によって副業ライターでは太刀打ちできないほど記事執筆の難易度が上がってきているという事情もあり、これから新規に副業として取り組むなら、バイナリーオプションで投資に勤しんだ方が結果的に生産性やクオリティオブライフが高くなると言えそうです。

バイナリーvs.MLM

これに関してはもはや言うまでもありませんが、バイナリーオプションの圧勝です。総合的に人生の質や生産性、そしてコスト・リスクを考えるのなら、バイナリーオプションの方が遥かにリスクが低いと言えるでしょう。マルチレベルマーケティング、つまりネットワークビジネスは昔でいうところの「ねずみ講」です。

 

特に会社勤めの状態でマルチネットワークビジネスに手を出すと、あとから人間関係で非常に痛い目を見ることもありそうです。バイナリーオプションの良いところは、特に人と関わりを持たずして収益を上げ続けることができるところにもあります。

 

お金の悩みの次に日本人の悩みの上位に来るのが人間関係の悩みです。人間関係に全く懸念がなく、どのようなトラブルが起こっても対処できる方なら話は別ですが、少しでも心を穏やかに暮らしていきたいならバイナリーオプションで収益を安定して得られるところまで自分を磨き続けましょう。

まとめ

バイナリーオプションは投資ですから、そもそも副業とは性質が異なる部分もあります。しかし、本業以外に収益の柱を増やす、という目的は変わりません。ただし、様々な副業のデメリットやリスク、そして参入障壁の高さを考えるなら、結局人生の生産性が高いのはバイナリーオプションです。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder