投資

投資初心者でもできる債券投資とは?ローリスクで投資を始めよう

債券投資

「投資で破産した」

銀行の金利がほとんど無くなり、「投資」に注目が集まると同時にこのようなニュースを目にする機会が増えてきました。

これから投資を始めようと思っている人にとって、もっとも怖いのは投資で損失を出してしまうことなのではないでしょうか。

確かに投資は「リスクを伴うもの」です。

 

しかし、全ての投資に高いリスクがあるわけではなく、投資商品を選べば、投資のリスクを限りなく低くすることができるのです。

そして数ある投資の中でも、もっともリスクが低く投資初心者でも取り組みやすいと言われているのが「債券投資」です。

 

今回はこれから投資を始めたい投資初心者の人に向けて債券投資の魅力やリスクについて解説します。

この記事を読めば、債券投資がいかにリスクが低く、投資初心者でも取り組みやすいかお分り頂けると思います。

以下よりご確認ください。

債券投資とは?

債券投資とは、債券を購入することにより得られる利益を狙う投資です。

債券投資

では債券とは一体何なのでしょうか。

債券とは国や企業が資金を集めるために発行する借用書です。

つまり、借用書を購入してもらうことで資金を集めるのです。

しかし、いくらお金を貸すのが国や企業とは言え、タダでは誰もお金貸してくれませんよね?

 

そこで国や企業は債券を購入してもらった人に対して、決められた利息を支払います。

の利息こそが、債券投資における利益となるのです。

 

また、債券は決められた期限(満期)に必ず返済しなければならないと義務付けられているので、国や企業は満期になれば必ず債券の額面金額を返済しなければなりません。

つまり、債券投資で購入に利用した元本は満期日に必ず返却されるということです。

 

このように債券投資は、購入した時点で元本が保証されている非常にローリスクな投資であると同時に、保有しているだけで利息として利益が手に入る簡単な投資です。

投資初心者でも十分取り組める投資だと言えるでしょう。

時価売却も可能

債券投資では、満期日まで債券を保有することで発生する利息で利益を狙うと説明しましたが、実は満期日を迎えるまでに流通市場で債券を時価で売却することもできます。

債券を時価売却するメリットは、購入時より債券の価値が上がっていた場合、差額で利益を得ることができることです。

 

このように債券投資では、利息で利益を狙う運用益だけではなく、債券を売買することで売却益を狙うことができるのも大きな特徴です。

債券の種類

債券について理解出来てきたら、次は債券の種類を学んでいきましょう。

債券は以下のように分類することができます。

債券の種類
公共債 国債
地方債
政府保証債
民間債 社債
金融債

債券には大きく分けると国や自治体が発行している「公共債」と企業が発行する「民間債」の2つがあります。

公共債は、国や自治体が発行していることもあり、民間債に比べると信用性が高いことが特徴です。

 

一方で民間債は、信用性こそ公共債に劣るものの、利息が公共債より高く設定されているのが特徴です。

債券と株式の違い

債券と同じような考え方で、資金を集めるために発行されているのが「株式」です。

企業は株式を購入してもらうことで資金を集めます。

どちらもお金を集めるために発行されているものですが、株式と債券には大きな違いがあります。

 

その違いとは、債券は投資家がお金の「貸主」になるのに対して、株式では投資家がお金を「出資」していることになることです。

実は、お金を「出資」する場合は返済する義務がないので元本が保証されません。

だから、株式の価値が下がってしまった場合は、損失を出してしまうことになるのです。

 

一方で債券は価値が下がったとしても、満期日になれば必ず元本が返却されます。

このように一見同じように見える「株式」と「債券」ですが、債券の方が圧倒的にリスクが低いことがお分かり頂けると思います。

債券投資のリスク

ここまでで債券投資がどのような投資なのかお分かり頂けたと思います。

債券投資

債券投資は、購入さえしてしまえば確実に利益が受け取れるうえに、元本が保証されていることから非常のローリスクな投資です。

しかし、このように優れた投資商品である債券投資にも一定のリスクが存在します。

ここからは債券投資のリスクを学んでおきましょう。

企業が倒産し、債務不履行に陥る

企業から債券を購入する「民間債」には、企業が倒産してしまうというリスクがあります。

先ほど解説したように、企業は債券を購入した人に対して、元本を返却する義務があるのですが、企業が倒産しまった場合に元本は返却されません。(債務不履行)

義務があっても、支払い能力がないのです。

 

実際に日本でも2001年にマイカル社債問題という債務不履行の大事件がおきています。

マイカル社は大阪市に本社を置く大手総合スーパーで当時約3500億の債券を発行していましたが、2001年にマイカル社は経営破綻し、債券全てが債務不履行になったのです。

この時は全額返済されなかった訳ではなく、元本の10%〜30%のみ返金されたようですが、元本はほぼ返ってこなかったことになります。

 

このように債券投資では、投資先の企業が経営破綻で債務不履行になった場合には、元本が返却されないというリスクがあります。

しかし、このような事態を避けるために、企業の信用を格付けする機関が存在しており、一定の水準を満たした企業を「投資適格債」と呼びます。

公共債を購入するときは投資適格債を購入することでリスクを低くすることができるでしょう。

時価売却時は損失が出る可能性がある

先ほどお話ししたように、債券は時価売却をおこなうことができます。

しかし、債券を時価売却をする時に購入した時よりも債券の価値が下がっていれば、損失が出てしまうのです。

債券は購入した時に決められた利息が満期日まで変動することはありませんが、市場では利息の変動が常におきています。

 

例えば、購入したときは3%の利息を受け取れる債券であったのが、1年経って5%の金利を受け取れる債券になっているということがあり得るのです。

このとき、普通に購入すれば5%の利息が受け取れる債券なのに、自分が持っている3%の利息が受け取れる債券を購入してくれる人はいませんよね。

この場合利息2%分を元本から差し引いて売却する必要があります。

 

基本的に債券投資は、時価売却で利益を出していく投資ではありませんが、どうしても債券の購入に利用した元本が必要になったなどの事態がおきて売却することになった時には、損をする可能性があることは覚えておきましょう。

買い手が見つからない場合がある

債券を時価売却したいと思った時に買い手が見つからないリスクがあります。

債券の時価売却は流通市場でおこなうのですが、買い手が見つからなければ売却することができないのです。

 

例えば、購入した企業が倒産しそうだから債券を売却しようと思ったとしても、そんな信用性が低い債券を購入してくれる人はいません。

また、元本がどうしても必要で売却することになったとしても、現在購入時より利息が上がっていたり、発行量が増えていた場合には、誰も個人から債券を買いたくないので購入してくれる人はいません。

 

このように債券は売却しようと思ったとしても、必ず誰かが購入してくれるわけではないのです。

債券投資のリスクを避けるためにおすすめの投資方法

債券投資は確かに簡単でローリスクな投資ですが、それでも一定のリスクは存在します。

債券投資

投資をするうえでリスクがあるのは仕方ないとは言え、どうしても気になってしまう人もいるでしょう。

実は債券投資は、ある投資方法を使えば、さらにリスクを低くすることができるのです。

債券型投資信託

債券投資をさらにローリスクにする投資方法とは、「債券型投資信託」です。

投資信託は、投資の専門機関が投資家から集めたお金を代理で様々な投資商品に分散して投資してくれる投資方法のことで、その中でも債券型投資信託とは、投資する商品を債券に絞り、複数の公共債や民間債に対して分散して投資する投資方法のことです。

 

分散して投資を行えば、ある特定の債券が債務不履行になったとしても、元本が返却されずに損をしてしまうリスクを軽減することができるのです。

例えば、債券Aにのみ投資していた場合、債券Aが債務不履行になると、ほとんどの元本が返却されず大損をしてしまいます。

 

一方で債券A、債券B、債券Cと3つに分散して投資していれば、万が一債券Aが債務不履行になったとしても、債券Bと債券Cの利息と元本があるため、損失を最小限に留めることができます。

債券型投資信託を利用することで、自動的に分散投資をおこなうことができるので、限りなくリスクを低くすることができるのです。

債券投資では物足りない人におすすめの投資

債券投資は、債券を購入すれば、満期日に利息が受け取れるという非常に簡単でローリスクな投資であることがお分かり頂けたと思います。

債券投資

一方で、受け取れる利益は利息のみとなってしまうことから、どうしても大きなリターンを目指すことは難しいのも事実です。

実際、債券の利息は良くても2%程度です。

つまり100万円投資したとしても一年間で2万円の利益にしかなりません。

 

いくらリスクが低くても、100万円を投資して2万円の利益であれば、物足りないという人もいるのではないでしょうか。

利息で儲けるという方法以外に時価売却という手段も存在していますが、時価売却は元本以上の損失を出してしまうことや買い手が見つからないというリスクがあるため、時価売却で利益を得ようとするのはおすすめできません。

 

では、債券投資と同じくらい簡単に取り組めて、ローリスクにも関わらずもっと稼ぐことができる投資は存在しないのでしょうか。

実は債券投資と同じくらい簡単でローリスクにも関わらず、債券投資以上の利益を狙うことができる投資が存在するのです。

 

最後に債券投資の利益では物足りない人に向けて解説したいと思います。

バイナリーオプション

債券投資と同じくらい簡単でローリスクにも関わらず、債券投資以上の利益を狙うことができる投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

多額の利益を狙える

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

 

債券投資が多くて2%の利息しか受け取れないことを考えると、いかに多額の利益を狙うことができるかが分かりますね。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

同じように多額の利益を狙える債券投資の時価売買であれば、元本以上の資金を失う可能性があります。

 

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

簡単

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

ただでさえ仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば取引を自動化することもできるので、放ったらかしにしておくで利益を狙える債券投資と同じくらい簡単に取り組めると思います。

【まとめ】ローリスクな投資は投資初心者に最適

今回は債券投資について解説してきました。

債券投資は、購入さえしてしまえば満期日まで利息を受け取ることができるので簡単なうえに、よほどの事態がない限りは元本が保証されているのでローリスクな投資です。

まさに投資初心者に最適な投資だと言えるでしょう。

 

一方で、受け取れる利益は利息だけなので、大きな利益は望めない投資でもあります。

まさにローリスク・ローリターンな投資商品なのです。

 

もし、ローリスクな投資を始めたいと思っていて、債券投資の利益では物足りないという人は最後に解説したバイナリーオプションをやってみてはいかがでしょうか。

ローリスクにも関わらず、債券投資以上の利益を狙うことができるかもしれません。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder