投資

コインランドリー経営で不労所得を実現できるのか?始め方からリスクまでを解説

「有望な土地活用」

「自動化された収入」

「将来性がある」

このよう期待から、近年急速に注目を集めているのが「コインランドリー経営」です。

特に機械が勝手に動いてお金を稼いでくれることから、「不労所得」として期待されています。

 

しかし、周りにコインランドリー経営の経験者がいる人は良いかもしれませんが、そうでない人にとっては情報が少なく、実際に始めるべきか迷っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はコインランドリー経営のやり方からリスクまでを徹底に解説していきます。

 

この記事を読めば、コインランドリー経営が本当に有望なビジネスか判断することができるでしょう。

以下より学んでみてください。

コインランドリー経営とは?

コインランドリー経営とは、街中で見かけるコインランドリーの施設を実際に経営することです。

基本的なビジネスモデルは、店舗を設置して利用者から利用料金を稼ぐというものになります。

皆さんもコインランドリーを利用されたことがあるかと思いますが、基本的に店舗は無人です。

つまり機械に任せておけば、お金を稼ぐことができるので、不労所得として期待されているんです。

コインランドリー経営が注目されている理由

では、なぜ今コインランドリーが注目されているのでしょうか。

その理由は「コインランドリーの社会的役割が変わってきた」からです。

 

かつてコインランドリーと言えば、一人暮らしで洗濯機がない人が利用することが多い施設でした。

しかし、現在では家族暮らしの方でも布団などの大きな洗濯物や、自宅で洗濯しきれない大量の洗濯物を選択するためにコインランドリーに訪れるようになったんです。

 

また、最近ではインバウンド客と呼ばれる訪日外国人も多くなり、こうした人たちが日本に長期滞在する際に利用されることも多くなりました。

実際にインバウンド客が多い地域では続々とコインランドリー点が開店しています。

 

このようにかつての「単身向け」という役割から、市場規模が拡大していることがコインランドリー経営が注目されている理由です。

コインランドリー経営のメリット

次にコインランドリー経営のメリットを解説していきたいと思います。

コインランドリー経営のメリットは以下の3つです。

コインランドリー経営のメリット

・人を雇う必要がない

・維持の手間、コストがあまりない

・土地の条件が悪くても開業可能

人を雇う必要がない

コインランドリーは基本的に無人で運営されており、機械が設置されているだけです。

つまり、コインランドリー経営を始めたとしても人を雇う必要はないんです。

 

人を雇うとどうしても人件費が発生し、また求人する場合には求人コストも発生します。

コインランドリー経営であれば、人件費や求人コストが発生しないは大きなメリットだと言えるでしょう。

維持の手間、コストがあまりない

コインランドリー経営では、人件費だけでなく、設備の維持の手間やコストもあまりかからないのが大きなメリットです。

基本的にメンテナンスが必要なのは、機械類だけですので維持の手間やコストが少なくてすみます。

 

似たような投資である不動産投資などでは、建物から設備までメンテナンス箇所が多いのに対して、コインランドリー経営ではメンテナンス箇所は非常に少なくなります。

土地の条件が悪くても開業可能

土地を持っていたからと言って、その土地が高い価値があるかどうかは別問題です。

厄介なのは、変形地や狭小地といった条件の悪い土地で、こうした土地ではアパートやマンションなどの不動産投資をすることは困難になってしまいます。

 

その点、コインランドリー経営では、土地の条件が悪くても土地に合わせた店舗設計が可能になるため、他の土地活用が難しい場合でもコインランドリー経営であれば問題ない場合も少なくありません。

コインランドリー経営のデメリット

メリットがあれば必ずデメリットもあります。

次にコインランドリー経営のデメリットを解説していきたいと思います。

コインランドリー経営のデメリット

・初期費用が高額

・開業後しばらくは利益が出ない

・不動産投資などに比べると儲からない

初期費用が高額

コインランドリーに設置する洗濯機や乾燥機などは業務用の本格的な設備なので、金額が非常に高額です。

また、建物を建てるのにもお金がかかるので、総額で1,500万〜2,000万円ほどの初期資金が必要になるんです。

コインランドリー経営をやりたいのであれば、高額な初期費用がかかることは覚悟しておいた方が良いと思います。

開業後しばらくは利益が出ない

コインランドリーは開業後すぐに利益ができることはあまりありません。

そもそも競合も多いですし、店舗の存在を認知してもらうだけで時間がかかります。

店舗の存在を認知してもらえて、固定客がついて初めて利益が出るようになるので、開業後1年くらいは赤字経営を覚悟しましょう。

 

赤字期間に耐えられないような資金力であれば、コインランドリー経営はやめておいた方が良いと思います。

不動産投資に比べると儲からない

よくコインランドリー経営と比較されるのが不動産投資ですが、不動産投資に比べるとコインランドリー経営は儲かりません。

コインランドリー経営では利回り10%〜15%が上限だとされていますが、これはよほど集客がうまく言った場合です。

基本的には不動産投資の方が高い利回りを実現できる場合が多いです。

コインランドリー経営を始める方法

ここまでコインランドリー経営のメリット、デメリットを解説してきましたが、それでもコインランドリー経営に乗り出す人は多いです。

やはり、機械が勝手に稼いでくれる不労所得であることにメリットを感じている方が多いのだと思います。

 

そこでコインランドリー経営を実際にやりたい方に向けて、コインランドリー経営を始める方法を解説していきます。

具体的な流れは以下になります。

コインランドリー経営をする方法

・経営方法を決める

・出店する土地を探す

・市場調査、出店計画をおこなう

・開業資金を用意する

・コインランドリー店舗を施工する

・集客

経営方法を決める

コインランドリー経営は大きく分けて

・完全自力経営

・フランチャイズ経営

の2つの方法で経営することができます。

まずは、どちらのスタイルで経営するかを考えましょう。

完全自力経営

完全自力経営の場合、店舗の準備や設備の調達などすべて自力で行う必要があります。

また、ノウハウもない状態で始める必要があるので、あまりおすすめはできません。

 

設備を入手するあてがあったり、すでにコインランドリーを経営した経験がある人は自力経営でも問題ないでしょう。

フランチャイズ経営

フランチャイズ経営は大手チェーン店に加盟して、そのフランチャイズ店のノウハウを生かしてコインランドリー経営を行います。

フランチャイズ店の看板を利用して経営するので、集客もしやすいのが特徴です。

ノウハウがなければ、フランチャイズ経営からスタートすることをおすすめします。

 

以下代表的なフランチャイズ店を紹介しておきます。

代表的なフランチャイズ店

・ダイワコーポレーション

・TOSEI

・洗濯革命本舗

・センカク

出店する土地を探す

コインランドリーを開業する土地がない人はまず土地探しから始めることになります。

先ほどの例でフランチャイズに加盟した場合は、フランチャイズチェーンから土地の選定のアドバイスを受けることもできるので、利用してみてください。

 

プロの意見を聞いて土地を探したほうが確実だと言えるでしょう。

市場調査、出店計画をおこなう

土地をすでにお持ちの方は市場調査、出店計画をおこなっていくことになります。(土地を購入して経営する方は土地選定段階で市場調査、出店計画は完了しているものとします。)

今自分が持っている土地にどれだけコインランドリーの需要があるかを調査しておかなければ、コインランドリーを経営してから需要がなかったという事態を招きかねません。

 

市場調査、出店計画は必ずおこなうようにしましょう。

もし、需要がない土地をお持ちなのであれば、コインランドリー経営をおこなうのはやめておいた方が無難です。

開業資金を用意する

次に開業資金を用意していくことになります。

コインランドリー経営の開業資金は高額なので、現金で用意できる人は多くはなく、ローンを利用する方が多いです。

 

開業資金を満額ローンで用意するとなると、融資が通りにくいので、ある程度自己資金を用意するようにしましょう。

コインランドリー店舗を施工する

資金が用意できたら実際にコインランドリーの工事に入ります。

コインランドリーの場合は、建物さえ出来てしまえば、後は設備を設置するだけなので、それほど大掛かりな工事は必要ありません。

集客

工事が完了して店舗がオープンできたら、後は集客を行います。

最初は近隣へのチラシ配りなど地道な作業になっていくと思いますが、諦めずに集客を続けていくことが大事です。

開店キャンペーンで割引イベントを開催するのも効果があります。

 

まずは、様々な手を利用して、コインランドリーを開業したことを近隣の方に知ってもらいましょう。

コインランドリー経営のリスク

ここまでで、コインランドリーを開業する方法はお分かり頂けたと思います。

コインランドリーは確かに不労所得として魅力的な事業ですが、相応のリスクもあるので、開業する前にリスクを理解しておきましょう。

コインランドリーのリスクは以下になります。

コインランドリーのリスク

・収益は周辺状況によって大きく変動する

・郊外型店舗はハイリスク

・セキュリティ上のリスク

収益は周辺状況によって大きく変動する

コインランドリー経営は周辺の状況により、収益が大きく変動します。

例えば、近隣に競合店舗ができたことにより、収益が落ちるというようなことが考えられるんです。

 

経営しているコインランドリーの収益が非常に良い場合、他の投資家もその土地に目をつけることため競合が出店しやすくなりますので、今収益が良いからといって油断しないようにしましょう。

郊外型店舗はハイリスク

郊外型店舗はどうしても駐車場をつけたり、店舗が大きくなったりと初期費用が高くなりがちです。

初期費用が高いということはその分リスクが高くなるので注意が必要になります。

 

また、郊外型店舗の場合、市街地に新しいコインランドリーができた場合に、そちらに顧客が流れてしまい、集客ができなくなるということも考えられるので、十分注意が必要です。

セキュリティ上のリスク

コインランドリーは無人で経営できるからこそ、不労所得が目指せるのですが、一方で無人なことがリスクになります。

それはセキュリティです。

店員がいないからこそ、機械を雑に扱う人もいますし、ホームレスが勝手に入っていたなんてことも考えられます。

 

もっとひどい場合、コインボックスを荒らし、盗難しようとする人もいるんです。

このような事態を避けるためには、防犯カメラであったり、機械の保険に入っておく必要があります。

コインランドリー経営はリスクが高いと感じた人は

確かにコインランドリーは、不労所得を狙える事業として有効です。

機械に働いてもらえば、何もしなくても収入を受け取ることができます。

しかし、その分リスクも高く、土地や初期費用なしで始めるのは危険です。

 

そもそも基本的に不労所得を目指せる事業というのはリスクが高いことが前提です。

不労所得を目指すのであれば、それ相応のリスクがあることを覚悟して取り組むべきなんです。

もし、高いリスクを負いたくないのであれば、不労所得以外の収入を目指す方が良いと言えるでしょう。

 

とは言え、出来るだけ作業はしたくないですよね?

 

そこでおすすめなのが「投資」です。

投資であれば、ローリスクでそれほど作業が必要ないにも関わらず稼げるものが存在するんです。

そこで最後にコインランドリー経営がリスクが高いと感じた人のために、おすすめの投資を紹介したいと思います。

ぜひ学んでやってみてください。

バイナリーオプション

コインランドリー経営よりも多少の手間がかかるものの、「しっかり稼げて」「ローリスクで」「簡単」投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼げる

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

ローンを組んでコインランドリー経営をおこなった場合、失敗すれば自分が持っている資金以上のお金を失うことになります。

つまり、元本以上の資金を失うということです。

 

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

 

簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

【まとめ】許容できるリスクを考えよう

今回はコインランドリー経営について解説しました。

コインランドリー経営は、

「有望な土地活用」

「自動化された収入」

「将来性がある」

として近年注目を集めていますが、実際はリスクが高い事業でもあります。

コインランドリー経営をやることをおすすめできるのは、元々土地を持っている人、ある程度の資金力がある人に限られると言えるでしょう。

 

一方で土地がなかったり、資金が不足している人は、最後に紹介した「投資」を取り組むことをおすすめします。

特に最後に紹介した「バイナリーオプション」であれば、ローリスクで手間がかからないにも関わらず、しっかりと稼ぐことができるでしょう。

もし、興味があればぜひやってみてください。

 

私のLINE@では、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder