投資

最近流行りのクラウドファンディング投資とは?メリット・デメリットから始め方までを解説

最近急速に注目を集めている「クラウドファンディング」を皆さんご存知でしょうか?

クラウドファンディングとは、「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」という造語を組み合わせた造語で、インターネットを通じて資金提供を呼びかけ、趣旨に賛同した人から資金を提供してもらう方法です。

 

クラウドファンディングの流行により、企業は、不確実性の高い新規事業などを展開する際に、リスクを負って自己資金を投入したり、実績を作って融資を受ける必要がなくなったんです。

クラウドファンディングであれば、事業の賛同者から資金を集めてスタートを切ることができます。

 

このようにクラウドファンディングが流行した結果、企業が実施するクラウドファンディングに投資を行う「クラウドファンディング投資」も注目され始めました。

 

そこで今回は最近注目されているクラウドファンディング投資について、メリット・デメリットから始め方まで徹底的に解説していきます。

 

この記事を読めば、今注目されているクラウドファンディング型投資について理解できるので、いち早く流行りのクラウドファンディング投資を取り入れ、利益を稼ぐことができるかもしれません。

以下より解説していきますので、しっかり学んでみてください。

クラウドファンディング投資とは?

クラウドファンディング投資とは、クラウドファンディングのプラットフォーム上で、企業や事業者に資金を貸し付ける投資方法です。

単純に資金を貸し付ける場合もあれば、株式を購入する場合もあります。

資金を貸し付けたり、株式を購入することで、事業者に対して出資した見返りに現金や株式の分配を受けることで利益が発生するのが特徴です。

 

実際のクラウドファンディングのプラットフォーム上には、複数の投資案件が公開されており、それぞれ投資案件には詳しい内容や担保、保証などの条件も公開されているので、その条件を元に投資判断を行なっていくことになります。

 

投資対象は、新規事業や将来性のあるベンチャー企業などが多く、クラウドファンディングのシステムを利用することで、インターネット上で気軽に投資ができるようになっています。

クラウドファンディング投資の種類

クラウドファンディング投資には大きく分けて3つの種類があります。

クラウドファンディング投資を始める前に、まずクラウドファンディング投資の種類を学んでいきましょう。

クラウドファンディング投資の種類

・ファンド型クラウドファンディング

・融資型クラウドファンディング

・株式型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングの特徴は、「プロジェクト」に対して出資することです。

プロジェクトの内容としては、「環境問題を解決する」「貧困問題を解決する」などの社会問題の解決を支援するプロジェクトが多いのが特徴的で、ただ投資としての利益だけでなく社会に貢献することができるという点でも特に人気の高いジャンルになっています。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、クラウドファンディング事業者が出資者を集め、集まった資金を融資を受けたい企業に融資するというものです。

企業側としては、金融機関の借り入れの代替手段として利用することが多く、金利が高く設定されていることから出資者へのリターンが大きいのが特徴になります。

 

金融機関を中抜きしていることから、企業側にとっては安い金利で資金を集められるメリットがあり、出資側にとっても大きなリターンで返ってくるので人気になっています。

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングとは、上場していない企業が、未公開株を提供することで、資金を集める方法です。

出資者としては、上場前の未公開株を入手することができるので、企業の業績が大きく伸びたり、企業が上場したりすると大きな利益を得ることができます。

 

このように将来的に株価が何倍にも上昇する可能性がある一方で、企業の将来性が不透明なため、「倒産リスクが高い」「未公開株のため売却が難しい」などのデメリットも抱えており、ハイリスク・ハイリターンの手法だと言われています。

クラウドファンディング投資の始め方

クラウドファンディング投資について理解できたら、次は実際にクラウドファンディング投資の始め方を解説していきます。

通常投資でよくある証券会社で口座を開設して行う投資方法とは少し違っているので、しっかり確認しながら学んでみてください。

クラウドファンディング投資の始め方

・プラットフォームを選ぶ

・会員登録・口座開設をする

・投資する案件を選ぶ

プラットフォームを選ぶ

クラウドファンディングを始める際には、まずプラットフォーム(クラウドファンディングの運営事業者)を選んでいくことになります。

通常の投資で言うところの証券会社みたいなものですね。

大きな違いは、プラットフォームごとに取り扱っている案件が全く違っていることです。

 

それぞれプラットフォームごとにコンセプトを持って運営しているので、自分が賛同できる案件を取り扱うプラットフォームを選びましょう。

また、プラットフォームによって、利回りや手数料、リスクなども大きく変わりますので、自分の投資スタイルにあったプラットフォームを選ぶ必要があります。

プラットフォームの例

1.ネクストシフトファンド

ネクストシフトファンドは、社会的なインパクト投資に特化したプラットフォームです。

インパクト投資

経済的な利益の追求だけでなく、自然環境や国際的な貧富の差を是正するような働きかけができる投資のこと

発展途上国に向けた投資案件を多く取り扱っているのが特徴的です。

最低投資額は2万円からで、利回りはおおよそ4.5%〜7.2%程度になり、少額で始められることから投資初心者にもおすすめです。

 

2.クラウドクレジット

クラウドクレジットは、数あるクラウドファンディング投資のプラットフォームの中でも案件数が多いことが大きな特徴です。

こちらも、外の案件に特化しており、特に後発開発途上国への投資が多いため社会的意義が高い投資をすることができます。

最低投資額は1万円からと少額から投資ができることも人気の秘訣になっています。

会員登録・口座開設をする

プラットフォームを決定すれば、そのサービスに会員登録を行い、専用口座を開設していくことになります。

プラットフォームによっては、口座開設の条件が厳しいところもあるので、開設に伴う規約をしっかり確認してください。

口座開設には、個人情報や顔写真付きの身分証明書を必要とし、通常1~2週間程度で審査が完了します。

 

基本的な流れは証券会社で口座開設を行うのとほとんど変わりませんので、証券会社で口座開設をしたことがある人はそれほど迷うことはないでしょう。

投資する案件を選ぶ

口座開設まで完了すれば、いよいよ投資する案件を選び、実際に投資をしていきます。

各案件には、利回りや運用期間やリスクなどが細かく記載されているので、必ずチェックしたうえで投資の判断をしてください。

基本的には、利回りが高くなるほどリスクも高くなるので、クラウドファンディング投資を始めたばかりであれば、利回りが低い案件から取り組むことをおすすめします。

また、投資を行う前までには入金を済ませておく必要があるため、案件を選んで投資するまでには、入金を済ませておきましょう。

クラウドファンディング投資のメリット・デメリット

ここまでで、クラウドファンディング投資について理解して頂けたと思います。

では、実際にクラウドファンディング投資をするうえで、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

以下で解説していきます。

クラウドファンディング投資のメリット

クラウドファンディング投資のメリットとして挙げられるのは以下の3つです。

クラウドファンディング投資のメリット

・少額から始められる

・利回りが高い

・社会貢献をしている実感がある

少額から始められる

クラウドファンディング投資は少額から始められる案件であれば、1万円〜2万円程度で始めることができます。

あまり投資に慣れていない人でも1万円〜2万円で始められるのであれば、始めやすいですよね。

 

また、基本的に運用に伴う手数料がかからないプラットフォームも多いので、運用資金が少なくても十分運用が可能でしょう。

利回りが高い

クラウドファンディング投資の利回りは4%〜10%で推移しており、株式投資や投資信託などに比べると高く設定されているのが特徴です。

投資で多くの利益を稼ぎたい人にとっては、高い利回りで資金を運用できることは大きなメリットでしょう。

社会貢献をしている実感がある

先ほどもお話ししましたが、クラウドファンディング投資では、発展途上国に対する投資ができたりと社会貢献につながる案件が非常に多いです。

お金を稼ぎつつ、社会貢献をしていると実感できるのはクラウドファンディング投資のメリットでしょう。

クラウドファンディング投資のデメリット

クラウドファンディング投資のデメリットとして挙げられるのは以下の2つです。

クラウドファンディング投資のデメリット

・貸し倒れリスク

・短期的な利益を得難い

貸し倒れリスク

もっとも大きなデメリットは、貸し倒れリスクがあることでしょう。

基本的にクラウドファンディングでは、将来性が不透明な企業や事業者に出資していくことになります。

うまくいけば大きなリターンになって返ってきますが、基本的にはリスクも非常に高いということです。

 

出資金の元本を失うのはもちろん、元本以上の損失を負う可能性もありますので注意が必要です。

短期的な利益を得難い

クラウドファンディング投資では、基本的に途中解約ができません。

満期を迎えるまで出金ができないので、急にお金が必要になった時に困ってしまいます。

 

運用期間はプラットフォームや案件で異なりますが、基本的に数カ月~3年といった期間で設定されている場合が多いので、それなりに長期間出金できないことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

クラウドファンディング投資をやるべきか?

クラウドファンディング投資は利回りも高く設定されているため、うまく運用すれば大きな利益を稼ぐことができます。

一方でリスクも高く、投資に慣れている人でもクラウドファンディング投資自体に慣れていなければ、案件の見極めが難しく大きな損失を追ってしまう可能性があるんです。

 

確かにクラウドファンディング投資は、利回りも高く、社会貢献も同時にできる素晴らしい投資ではありますが、誰でも気軽に取り組める投資ではないのが現実です。

もし、クラウドファンディング投資をやっていくのであれば、クラウドファンディング投資だけでなく、他の投資と組み合わせることで「分散投資」を行いリスクを低減していくことをおすすめします。

 

そして、その際に取り組む投資はできるだけ「ローリスク」で「少額」から「簡単」にできるものにしましょう。

クラウドファンディング投資と同時にハイリスクな投資を取り組むと意味がありませんし、分散投資をするうえで多額の資金を様々な投資に割くことは難しいと思うので少額からできる投資にするべきです。

また、同時にできるくらい簡単な投資だとベストだと言えるでしょう。

 

では、実際にそんな投資が存在するのでしょうか?

 

実は、数ある投資の中には、この条件に当てはまる投資が存在します。

最後に個人的におすすめできる「ローリスク」「少額」「簡単」を兼ね備えた投資を紹介したいと思います。

バイナリーオプション

ローリスクで少額から簡単に取り組める投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

また、バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるんです。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

 

元本以上の資金を失うクラウドファンディング投資に比べると元本以上の損失を負う可能性がない分バイナリーオプションがいかにローリスクかお分り頂けると思います。

少額からできる

バイナリーオプションは国内業者の場合であれば最低50円、海外業者の場合であれば最低1,000円から始めることができます。

クラウドファンディング投資も1万円〜2万円と少額からできますが、バイナリーオプションはさらに少額で取り組むことができるんです。

同時に取り組んだとしても、それほど負担にはならないでしょう。

簡単

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

【まとめ】クラウドファンディング投資とは注意しながらうまく付き合おう

クラウドファンディング投資は確かにリスクが高い投資ですが、うまく案件を選べば大きな利益を得ることができます。

また、社会貢献ができるという点でも、通常の投資とは違った魅力があります。

確かに通常の投資に比べると難易度は高いですが、うまく付き合っていきましょう。

 

そして、クラウドファンディング投資とうまく付き合うためのポイントは分散投資です。

分散投資をしてリスクを低減してくことが何より重要なので、最後に紹介したバイナリーオプションのように他の投資を組み合わせながら取り組んでみてください。

 

私のLINE@では、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder